2011年07月29日

お墓参りあれこれ

カテゴリ:カテゴリ未分類
ふと思い立って、恩師のお墓参りに行く途中で、
靖国神社と千鳥ヶ淵戦没者墓苑にもお参りしてきました。

急に愛国者になったのではありません。

また、太平洋戦争(大東亜戦争)の是非について、
ここで語ることが目的でもありません。

国のために戦い、死んでいった人たちが、
どんな思いで、今の日本を見守っているのだろう?

命は滅びても思いが残るのなら、今どんなお気持ちなのか、知りたい。


ただあいにく、私は霊感ゼロの人間です。
この世ならざる者は見えないし、ラップ音とかも聞こえません。。

戦没者が祀られている場所に、
自分の身を置いてみることくらいしか、思いつきませんでした。


お参りした日は、曇りだけど蒸し暑い天気。
けれど、境内に足を踏み入れた瞬間、
気温が1~2度下がったような気がしました。

境内に植えられた木々のためか、気のせいなのかは分かりません・・・

実際にお参りしてみて感じたことを、言葉に翻訳するのは難しいです。

靖国神社は、国内外の思惑がからみあっているせいか、
強い磁力のようなものを感じる場所。
千鳥ヶ淵戦没者墓苑は、静寂な空気につつまれていました。

(庭園の写真です。拝殿は畏れ多いので、撮影を遠慮しました)

靖国神社
靖国神社の庭園

千鳥ヶ淵戦没者墓苑
千鳥ヶ淵戦没者墓苑


さらに、恩師のお墓参りもすませたあと、
何年も会っていない友人に、
夕方に一人、深夜に一人、相次いで街でバッタリ再会。

嘘のようなホントの話。

単なる偶然か、何かのお導きなのか・・・





TWITTER

最終更新日  2011年07月29日 16時28分39秒
コメント(0) | コメントを書く