096150 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

VEGAN・菜食からはじめるハッピーライフ♪

全373件 (373件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 38 >

2019.06.10
XML

人工肉バーガーが人気です!






米ファストフードチェーンが、割高でも人工肉バーガーは客足や売上高を伸ばすとの期待から投入を急いでいるのに対し、人工肉の供給業者は注文を満たすのに苦労している。

ビヨンド・ミートとインポッシブル・フーズが生産する人工肉は、ファストフード店によると米各地の飲食店2万店近くで販売されている。調査会社テクノミックが6000業者のメニューを調査したところ、3月の時点で米飲食店の15%が人工肉バーガーを提供しており、提供する店舗は前年から3%増加した。ベジタリアン向け商品の導入は、環境に優しくヘルシーな商品を求める若い消費者を呼び込もうとするファストフードチェーン間の競争を反映している。



ホワイト・キャッスル・システムは、インポッシブル・フーズの牛肉代替品を使用した商品を最初に投入した大手チェーンのひとつ。「インポッシブル・スライダー(ミニハンバーガー)」発売から2カ月で既存店売上高の成長率が4ポイント上昇した。ある幹部は同商品の発売が主因だとみている。

過去1年半にビヨンドやインポッシブルの商品を導入したチェーンにはこのほか、TGIフライデーズ、デル・タコ・レストランツ、CKEレストラン・ホールディングス傘下のカールズジュニア、レッドロビン・グルメバーガーズなどがある。






開発業者によると、新世代の人工肉バーガーは植物性プロテインやでんぷん、その他の材料を操作することで、かつての「豆・キノコ」バーガーから進歩している。その結果生まれたバーガーなどの商品は、ジュージューと焦げる音や焼き色ばかりか「肉汁」まで牛肉そっくりだ。







必要な穀物や水やエネルギーは家畜を育てるのに比べればわずかだが、生産コストは相対的に高いままだ。ビヨンドの共同創業者で最高経営責任者(CEO)のイーサン・ブラウン氏によると、同社商品を使ったバーガーのコストは標準的な牛ひき肉バーガーの2倍といったところだ。インポッシブルによると、同社のバーガーのコストも牛ひき肉バーガーより高い。


マクドナルドは最近、フィンランドとスウェーデンでビーガン向けの商品を投入したが、米国で肉の代替品を提供する計画は今のところないとしている。


フロリダ州のチェルシー・ドノバンさん(31)は「味に打ちのめされている」、「注文するたびに、間違って牛肉を使ったのだと思ってしまう」と述べた。



〜抜粋終了








Last updated  2019.06.10 19:11:37
2019.05.20






「インポッシブル・バーガー」は、肉を使わずに牛肉を再現した人工肉で作られたハンバーガー。

100%植物由来です。


アメリカでは、動物性の脂や、牛肉生産に使用されるホルモン剤を気にする人が増えています。
また、健康に気遣う人などにも、人工肉バーガーが人気です。

肉汁まで再現し、肉そっくりで、多少値段は高くても、売れ行きは好調だとか。




Impossible Foods(インポッシブル・フーズ)の人工肉原料とは。

肉のタンパク源は、小麦から抽出したプロテイン。

こんにゃく粉などから取った炭水化物でつなぎの役目を。

脂身は冷やし固めたココナッツオイルと大豆のプロテインで。

牛肉っぽさの再現には、マメ科の植物の根に存在する血液に似た成分「レグヘモグロビン」を。




Memphis Meats(メンフィス・ミート)は、培養技術を使い、牛の細胞から人工的に肉を生み出すことに成功しています。


環境に多大な負荷をかけている肉食。

中でも牛肉は群を抜いています。

ハンバーガー天国で食肉大国のアメリカが、バイオ技術の進歩により、人工肉の開発に力を注いでいます。

その開発競争に、終わりはありません。






世界で初めてベジタリアン向けの肉屋を始めたという有名店!
オランダのベジタリアンブッチャーが日本に上陸!


オランダ発!ベジタリアンブッチャーMC2バーガーパティ【業務用】2.4Kg
※卵使用






Last updated  2019.05.20 12:35:16
2019.05.05



※無添加のおにぎり。有機食品店で買える安心おにぎり。



近年、世界各国で健康への弊害が指摘される物質、「トランス脂肪酸」をご存知だろうか? トランス脂肪酸は、液体の植物油などを固める加工過程で生成される物質で、体内で代謝されないことから、「食べるプラスチック」と称される。マーガリンやパン、ケーキやドーナツといった食品に含まれることが多い。

杏林予防医学研究所所長の山田豊文さんが言う。

「海外の研究では、トランス脂肪酸の危険性が数多く報告されています。心臓疾患、がん、認知症、糖尿病、うつ病、不妊や子宮内膜症などに加え、特に危険なのは胎児の脳発達に不可欠なDHAなどを阻害してしまうこと。妊娠中はとりわけ注意が必要です。世界では多くの国々が対策を進めており、アメリカ食品医薬品局やカナダ保健省は相次いでトランス脂肪酸を含む油脂類の原則使用禁止を決定した。日本でも早急に規制すべきです」

しかし、現状、日本では使用制限がないばかりか、商品への表示義務すらない。商品のパッケージを見ても、トランス脂肪酸を含むかどうか見分けられない。

『食の安全を考える会』代表の野本健司さんが指摘する。

「主要パンメーカーの多くはホームページ上でトランス脂肪酸の含有量を公表しています。神奈川県の学校給食ではトランス脂肪酸を2%以下にするなど、対策が始まっています。とはいえ、トランス脂肪酸の危険についての周知はまだ足りないので、消費者はメーカーのホームページなどで自ら情報を集めてほしい」

世界の中で日本だけが「野放し」になっている成分はほかにも多くある。

『子どもにこれを食べさせてはいけない』(三笠書房)の著者で食品ジャーナリストの郡司和夫さんが警鐘を鳴らす。

「抗菌性たんぱく質の『ナイシン』は原則として世界中で禁止されています。EUでは例外的にチーズなど乳製品のみで保存料として使われます。ところが日本ではチーズだけではなく、食肉製品、ソース、マヨネーズなどさまざまな食品に保存料として使われている。ナイシンの成分は抗生物質であるため、摂取すると、抗菌剤が効かなくなる『耐性菌』が出現する恐れがあり、早急な規制が望まれます」

ほかにも、うま味成分の1つであるたんぱく加水分解物を生成する際に発生し、インスタントラーメンやレトルト食品などに含まれる「クロロプロパノール類」には発がん性が認められている。海外では規制の網がかかるが、日本では規制を免れている。



数の子に利用される漂白剤である『過酸化水素』は、発がん性があるため1980年代に世界各国で禁止されました。日本でも1980年に食品への使用を禁止したが、業者への配慮もあり、数の子は現在でも利用が許されています」(郡司さん)

ところが過酸化水素には表示義務がない。数の子を買うなら「無漂白」を選ぶべし。規制をためらう日本を尻目に、海外では食品に関する注意喚起が続く。アメリカでライフスタイルや食生活と病気の関係性について研究する医師の大西睦子先生が言う。

「欧米の最新研究により、ジュースやお菓子などに含まれる『アスパルテーム』『スクラロース』といった人工甘味料に肥満と糖尿病のリスクがあることが示されています。それらの甘味料はカロリーゼロを謳っており、飲めばダイエットになるはずだったため、関係者には大きな波紋が広がっています。

また、冷凍食品などに含まれる『リン』を過剰摂取すると、死亡リスクが増すことも判明しました。まだ各国で規制されていませんが、欧米では『これらの成分は摂取を控えるべき』との声が強まっています」


※女性セブン2018年11月29日・12月6日号







ヴィーガンは、数の子食べないから、問題ないですね!😉

それにしても、アルパルテームとか、子どもたちも食べるお菓子やジュースが、野放しだなんてね。
政府は「規制をためらう」のですから、とことん業界寄りであって、国民寄りじゃない!
国民の健康をないがしろにしているんだから、利益追求の業界だけじゃないってこと。

それだったら、消費者が賢くならなくっちゃ、ね♪(^_−)−☆




病気がイヤなら「油」を変えなさい! 危ない“トランス脂肪”だらけの食の改善法 [ 山田豊文 ]​​



年代別・男女別・症状別 家族みんなが病気にならない食べ方事典 子供・女性・男性・お年寄りに合わせた実践栄養学 / 山田豊文 【本】​​



死ぬまで元気に生きるための七つの習慣 自然的生活のすすめ[本/雑誌] / 山田豊文/著​​



頭がよくなる脳内デトックス 決め手は油! [ 山田豊文 ]

​​
図解脳がよみがえる断食力 「ケトン体」を活かす〈山田式〉で頭が冴える!健康に [ 山田豊文 ]











Last updated  2019.05.05 09:02:48
カテゴリ:おいしいパン♪


いちごアーモンドクリームパン!
ヴィーガンです。

こんな平べっちゃいクリームパンも、いいね♪


国産小麦、粗糖、塩、自家製酵母、水、メープル、アーモンドプードル、豆乳、米油、ベーキングパウダー



BAKERさんのです。​​






Last updated  2019.05.05 08:37:19
カテゴリ:おいしいパン♪



卵・乳製品使ったものもある中で、
シナモンロールがヴィーガン仕様だなんて!
すてき〜!!!赤ハート


国産小麦、レーズン酵母、水、粗糖、米油、塩、シナモンシュガー



BAKERさんのです。​​









Last updated  2019.05.05 08:30:26
2019.05.02





表示義務も問い合わせ先もない「漂白剤」や「除草剤」「肥育ホルモン剤」などに要注意!

食品の輸入事情に詳しい東京大学大学院国際環境経済学教授の鈴木宜弘さんはこう言う。

「それらが含まれるのは基本的に輸入品です。特に防カビ剤は、国産であれば輸送距離が短いため使う必要がありません」

値段の面では外国産が魅力的なことも多いが、鈴木さんは「安いものは、実は高い」と指摘する。

「安い食品は防カビ剤肥育ホルモン剤、除草剤などが大量に残留します。そんな高リスクな食品を食べ続けると、病気になりやすいので医療費などがかさみ、結局は高くつく。だから多少値段が高くても、安全なものを供給してくれる人たちから購入することが大切です」








缶詰や肉類、輸入野菜はめったに買わない。。。
こういうの読むと、菜食やヴィーガンの食生活だと、より安全性が増すような気がしますね。

有機栽培や自然栽培のもの、やっぱり高いけれどね。
「おいしい」って思うものが、多いです。

バナナとか。特にね。

野菜も、えぐみがない。
素直に体が喜ぶと思えるものが多い。

そういったものを取り扱っている自然食品店や有機栽培取扱店で、選ぶ目を養っていきたいですね♪
そして、消費者の目も意識も変わらなければね。

よいものが流通するように知識を得て行動する。
それが、一番自分のためにも、みんなのためにもなることだから。






Last updated  2019.05.03 21:22:54
テーマ:感じたこと(2928)


倫理と環境問題の観点から!!!
動物性食品を除く消費者が著しく増加している‼️



この「倫理」というのが、どうにも我が国では受け入れられない要素みたいに思うのだけれど。

でも世界に目を広げれば、変わらなきゃ!ってなります。
そう、新しい元号の時代から、変わりましょ!


まずはこれ、読んでみる?
👇


動物の解放改訂版 [ ピーター・シンガー ]



そして、ベジタリアン食材、試してみる?
👇




何か、環境や動物や、そして人間にとっても良さそうなこと、
新しい元号の時代に、始めてみるチャンス!ですね❤️






Last updated  2019.05.03 21:21:41
2019.04.26






アメリカでは、大豆のミニバーガーからレンズ豆のソーセージにいたるまで、100%プラントベース(植物由来)の肉の人気が高まっている。そして消費者の多くは、ビーガンでもベジタリアンでもなく、肉を好んで食べる人たちである。

ヘルシー志向の高まりを受け、より環境に優しい食品であることが、プラントベースの肉に人気が集まる理由の一つである。オーツ麦ミルクやカリフラワーを使用したピザ生地、ココナッツオイルを原料とするスキンケア商品の売り上げが上昇している背景もまた同様である。


「肉が大好きな人でも、その肉が死んだ動物からもたらされるものだという事実を好ましくは思わないでしょう。感覚的な満足感や親しみやすさから肉を好んでいるのです。植物から作られるもので高い評価を得られる食品を提供できれば、肉を楽しむ人々を振り向かせるだけでなく、むしろ購入したいと思って頂けると思います」と、インポッシブル・フーズのCEOパット・ブラウン氏は話す。


4月1日、バーガーキングはインポッシブル・バーガーを販売すると発表した。グローバルに展開するファーストフード・レストランでは初の試みとなる。ミズーリ州セントルイスにある59店舗において今春、「インポッシブル・ワッパー」という名のパテを使ったハンバーガーが試験的に販売される。

バーガーキングのメニューには、すでに野菜バーガーがある。人参、マッシュルーム、オーツ麦、その他食材から作られた、モーニングスターファーム(米ケロッグ社のベジタリアン向け食品部門)のパテが使用されている。しかしそれは主として、ビーガンやベジタリアンを対象にしたものであると、北米バーガーキングを率いるクリス・フィナッゾ氏は述べる。


バーガーキングが行ったリサーチによると、プラントベースの肉を購入する顧客の9%がベジタリアンであり、一方で、肉も食べるがよりヘルシーな食品を求めて購入する顧客が90%を占めるという。



〜抜粋終了


インポッシブル・フーズは遺伝子操作したイースト菌からヘムを作り出している。ヘムは植物にも動物にも存在する分子で、ハンバーガーに肉本来の風味をもたらす。カリフォルニアにあるスタートアップ企業、メンフィス・ミーツは、動物の細胞から肉を培養している。

「おそらく、豆や野菜から作られた、昔ながらのハンバーガーも復活することになるでしょう」



アメリカにおける肥満の蔓延

アメリカでは、すでに1970年代後半から、「肥満」という流行病がはじまっていました。
現在では、この病がファストフードをひとつの媒体として、世界中に蔓延しつつあります。


肥満が原因で死亡する人が急増しています。
肥満は心臓病、結腸癌、胃癌、乳癌、糖尿病、関節炎、高血圧、不妊症、脳卒中などと関連していると言われます。

また、太り過ぎの人は、早死にする率が非常に高いといいます。
極度に太り過ぎの人は、標準体重の人に比べ、4倍も多く早死にしています。
アメリカの6歳から10歳までの超肥満児たちは、自分の体重が引き起こす心臓発作で死亡しています。


世界規模の肥満の蔓延を食い止めるには、治療ではなく予防が大事です。
ファストフード国家といわれるアメリカで、よりヘルシーな食べものを選びたいというのもわかるような気がします。
たとえ、ファストフードを買うという行為の一つひとつをとってみても。




ベジタリアンブッチャーブラートヴルスト(焼きソーセージ)2.16Kg ​​



ベジタリアンブッチャーMO2バーガーパティ2.4Kg












Last updated  2019.04.26 15:27:42
2019.04.22
テーマ:思うこと(2972)
商業捕鯨。
したいのは、「鯨を利用したい」「儲けたい(税金を貪りたい)」という人たちです。
それも、ごく一部の人です。
しかも、利権が絡んでいる問題。
そこが、重要です。





補助金に群がる官・省の人たち。
お金目当ての捕鯨推進です。


2017.6.13農水委「文化じゃなくて水産庁の利権なの」
https://youtu.be/cKeJLzfTfyI?list=PLZTrYt7iArOtAZF-cKlyWgeRdI7DngGNW



IWCは、クジラを保護することだけを考える機関として機能していると言われますが。
いくら、科学的な論証をしたところで、「クジラを殺す調査捕鯨は不要」とされれば、認められないものなのです。

価値観はその国や歴史的背景によって違いはあっても、世界共通の、人類として共通の価値観を考えなければなりません。

ある価値観を強要されるとか、環境問題だけを考えるとかではなく。
まして、捕鯨船団を極悪人としているのではなく。
欧米人にとっては、鯨は保護すべき対象として特別な存在だから、ではなく。

キリスト教にとっては、動物は人間のために作られたもので、自由に利用していいものだと信じられていて、知能の高いクジラは特別なのだという(人間に近いから)という理屈ではなくて。



人間の価値観や意識は変わっていくのです。
より進化したものへと。


そうした中で、捕鯨も、「継続すべき産業なのか」を問われています。
多くの人類の価値観に沿う決断が迫られることは、仕方ありません。

少なくとも、「日本人として、捕鯨は継続すべきことだ」と考えている人は、どれだけいるのでしょう。
日本の文化的伝統として息づいているとは、とうてい考えられません。

それよりも、なによりも!
「鯨を食べてはいけない、利用してはいけない」と動物の権利までにも考えが及ばないという人でも、税金を無駄にされ、国税を貪られることに怒りを覚える人は、たくさんいることでしょう。

捕鯨って、そういう問題です。
文化継承とか、そういう要素ではないと思います。



【中古】クジラの死体はかく語る /荻野みちる(著者)









Last updated  2019.04.22 15:42:53
2019.04.19
​​

(内容から)

ニューヨーク市は、市内の公立学校の給食に「ミートレス・マンデー(肉抜き月曜日)」を取り入れる、と発表した。今年秋に開始予定で、健康状態の改善と環境負荷の低減を目的としている。

ニューヨーク市の教育局長のカランザ局長は、ベジタリアン食が心臓病や糖尿病、ガンのリスクを減らすという研究結果を挙げ、ベジタリアン食の健康効果について説明した。

また、「二酸化炭素排出量を減らし、水などの重要な資源の消費を抑えることで、環境にも良い効果があります」と述べた。

ニューヨーク市の持続可能性市長室のマーク・チェンバーズ氏は、肉の摂取量を減らすことを、「 地球への環境負荷を低減するために個人ができる最大の方法の1つ」と表現した。

チェンバーズ室長はプレスリリースで、「ミートレス・マンデーにより、食事を少し変えることで自身の健康と地球環境に大きな変化をもたらすことができることを多くのニューヨークの若者が知ることになるでしょう」と述べた。

スタテンアイランド地区のジェームズ・オド区長は、現在の子供たちの健康状況に言及し、この取り組みに対する批判の声を一蹴した。

「小児肥満症や糖尿病予備軍の割合のデータを見てください。アメリカの12歳から14歳の子供の65%に脂質異常の兆候が見られます。同じようなやり方をしていてはいけないのが分かるはずです。ミートレス・マンデーの考えを歓迎することは、我々ができることの1つです」



〜抜粋終了


ミートレス・マンデー!
世界中で参加しましょう!





タンパク質についての神話が、アメリカでも崩れようとしています。
アメリカ人の食肉狂いは入念に育成されたもので、食肉業界が「とうもろこしをそのまま売るよりも肉の形に変えた方が儲かる」というかたちを作り上げただけに過ぎないといいます。

肉食はテクノロジーの悪用と資源の乱用であることが、理解され始めています。
動物を過剰生産するよりも、人間が穀物を直接消費するほうが効率がいいことが、また飢えたる世界の人々に分け与える方がいいことは明白です。
もちろん、世界の食糧供給がもっと公平に分配されるようになることが前提になってしまいますが。

でも、どう考えても、豊かな国の人間の食事の好みを変えることが重大なことには変わりはないのです。
アメリカにおいてであろうと、ほかのどんな国であろうとも。


浪費を極めたアメリカの食事水準を、世界中が真似をする必要は全くないのです。
手遅れにならないうちに、悲劇の神話を崩壊しなければならないのです。
動物蛋白はすばらしいものではないし、非効率で動物をとことん苦しめ、耕地をも破壊するものなのです。

それを、アメリカは罪滅ぼしのように示しているのかもしれません。
しかし、自国で売れなくなると、途上国に売り込む、つまり肉その他の動物製品の輸出拡大を図るんですよね。

途上国でなくとも、日本も、すでに魔の手が伸び続けているような気がします。
そして日本でも。同じようなことを途上国に…。


ああ、ベジタリアン食材、ちゃんとあるのにね。









こちらも、興味深い!

米国食肉産業のうんざりするような真実‼️



イーティング・アニマル アメリカ工場式畜産の難題











Last updated  2019.04.20 16:11:58

全373件 (373件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 38 >

PR

Calendar

Recent Posts

Free Space

マイナスイオン扇風機【新林の滝】



コンデンス除湿機



コーボルトVK200




UV寝具用掃除機




スチームオーブン グランシェフ



バイタミックス






Freepage List

Category

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.