106985 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

VEGAN・菜食からはじめるハッピーライフ♪

2018.06.29
XML


「グッチ(GUCCI)」がリアルファー使用廃止の一環で、アンゴラを使用しないことを決めた。2018年春夏シーズンから飼育・野生を問わず、ミンク、フォックス、ラビット、カラクール、ラクーン、カンガルーを使用しないと発表していたが、これにアンゴラが加わった。

アンゴラは毛皮ではなく、アンゴラウサギの毛を刈り取って使用する獣毛素材の一種だが、動物愛護団体の「動物の倫理的扱いを求める人々の会(通称:PETA)」によるとアンゴラの90%が中国産だという。「中国は動物虐待に関する罰則や、動物に対する適切な対応を促す規則が整備されていない国。セーターを買ってアンゴラが含まれていたら、原産国がどこと書いてあってもアンゴラは中国産であることが大半だ」と主張する。アンゴラの使用を廃止しているのは「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」「ラルフ ローレン(RALPH LAUREN)」などを含む330ブランドにおよぶという。




⇒GUCCI アンゴラの使用も廃止!

アンゴラはアンゴラウサギの毛を引き抜き、作られています。毛を引き抜かれるあまりの激痛に、声帯を持たないうさぎが喉を震わせてギャーと悲鳴をあげます。中国での生産が多いアンゴラですが、フランスでの生産も同じように残酷であることが分かっています。

アンゴラをやめるブランドを選びましょう。

アンゴラを使用したセーターや靴下や手袋を買わないようにしましょう。

アンゴラを使用するブランドに、アンゴラの使用をやめてほしいと伝えましょう。

消費者の意見が、動物たちを救います。




☆ ☆ ☆



動物を苦しめないという選択を!
アンゴラウサギの毛を使わなくても、私たちは着るものに困りません!
今も苦しんでいる動物を救えるのは、消費しないという行為です。
需要がなくなれば、殺される動物はなくなります。









Last updated  2018.07.01 08:55:51
[羊毛・ウール・毛・アンゴラ・モヘア] カテゴリの最新記事

PR

Calendar

Recent Posts

Free Space

Freepage List

Category

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.