074365 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

VEGAN・菜食からはじめるハッピーライフ♪

全3件 (3件中 1-3件目)

1

カテゴリ未分類

2018.11.29
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類



<染野屋 代表挨拶から>

我々染野屋は、江戸時代文久二年に、香取半次郎が茨城県取手市に創業した豆腐屋が起源です。現在は国産大豆・天然にがりの無添加のこだわり豆富を、120台の移動販売車にて直接お客様にお届けしております。

江戸時代に生きた先人たちは、当時地球上でもっとも平和で自然と調和した豊かな循環型社会を運営していたと言われています。

現在地球環境が著しい危機にある中で、江戸時代を起源とする我々が次世代の為に出来る事は、先人たちが築き上げてきた地球との調和型の発想から生まれた植物性食品の数々を、現代の人々の好みにいかに転化でき、いかに地球を持続可能なものに戻せるかであると考えています。

​そもそも豆腐とは、チーズ(乳腐)の植物性代替食品、がんもどきは雁(がん)の練り物から、擬製豆腐は卵焼きの植物性代替と、先人たちがつくり上げてきた知恵にSomeat(ソミート)の源流があります。

食文化をより豊かなものにしながら、環境負荷の低い食品を作り上げ、「食」の分野で持続可能な地球を達成する事が我々染野屋のミッションです。ひきつづきソミートシリーズのレベルアップとラインナップの充実を行っていきますので、よろしくお願い致します。









嬉しいわね〜!
お豆腐屋さんが作ってる!
しかも、安心な材料で!

江戸時代に生きた先人たちは、当時地球上でもっとも平和で自然と調和した豊かな循環型社会を運営していたと言われています。

現在地球環境が著しい危機にある中で、江戸時代を起源とする我々が次世代の為に出来る事は、先人たちが築き上げてきた地球との調和型の発想から生まれた植物性食品の数々を、現代の人々の好みにいかに転化でき、いかに地球を持続可能なものに戻せるかであると考えています。



そうなんですよ〜!
平和で自然と調和した豊かな社会を取り戻していきましょう!

地球との調和型の発想から生まれた植物性食品。
肉食(動物性食品)は、地球と全然調和していません。
生き物も搾取し、資源を浪費し、地球を傷つけ、動物のみならずヒトも傷つけています。
そのことに、気づいていください。

今の時代、通販では大豆ミートも進化しています。
ぜひ、お気に入りを見つけてください。




【クール便送料別途】飲食店プロ仕様!揚げるだけ大豆ミート唐揚げ ヴィーガン対応 800g​​



【送料無料】から揚げ用大豆ミート ブロックタイプ 大豆肉、からあげ 1kg












最終更新日  2018.11.29 13:31:53
2018.07.10
テーマ:犬猫派!(554)
カテゴリ:カテゴリ未分類


***




(内容から)

幼い子犬や子猫たち。その心身が健やかに育つように、販売規制の強化が議論されている。その材料となるデータが“改ざん”された疑惑が浮上している。ペットの業界団体が環境省にいったん出したアンケート結果を撤回。業界側に都合のいい回答になるよう「誘導」し、差し替えたというのだ。

【資料】1回目と2回目でこんなに違う!疑惑のアンケート結果はこちら

ペットショップなどでつくる一般社団法人「全国ペット協会(ZPK)」が、環境省の中央環境審議会動物愛護部会に3月に提出したアンケート結果に、疑惑の目が向けられている。

ZPKはペットショップや繁殖業者などを対象に、「犬・猫などの販売・流通に関するアンケート」(有効回答755件)をした。それによると、販売規制が45日から49日に強化されたことで、健康状態や社会性が「悪化傾向にある」となっている。49日から56日に規制が強化されることにも、否定的なものになっている。

子犬や子猫を生後まもなくに販売しても問題はないという、業界側の主張を裏付けるようなものだ。国内外の調査では早期販売には問題があると指摘するものが一般的で、それとは反対の結果になっている。

この結果をもとにZPKの脇田亮治専務理事は、3月26日の動物愛護部会で、「(繁殖業者から出荷されるまでの日数が)4日増えたことにより、出荷時の子犬・子猫の健康状態が悪化傾向にある」などと説明。ほかの委員に規制強化の問題点をアピールした。

しかし、驚くべきことにこのデータが“改ざん”されていた可能性がある。

短期間で「業界に有利なデータ」に差し替えられたのはなぜか。業界関係者によると、規制強化に反対するあるZPK幹部が最初のアンケート結果を見て、「こんなんじゃダメだ」などとして、後日再調査を指示したという。

再調査は2月から3月にかけて行われた。
関係者によると、用紙を配る際に担当者によって回答の「誘導」と受け止められるような行為があったという。ある競り市で用紙を配られた繁殖業者は、競り市の担当者がこう呼びかけていたと証言する。

「前回は何日で出荷しても変わりないかのようなアンケート結果だったけど、みんな本当にわかってるの。負担が増えるし大変なことになるよ」

アンケートの差し替えを主導したとされる、ZPK幹部に5月24日に直撃取材した。

「最初のアンケートは12月に短期間でやり、オークションに来ている人たちにその場で回答してもらうこともあった。経営者らに書いてもらう必要があったのにそうならなかったこともあり、もう少しきちんと考えて書いてもらわないといけないということになった。最初のは設問の仕方もわかりにくかった。再調査は私だけの指示ではない。私は改ざんだとは思っていない」

競り市の会場で回答を「誘導」するような行為があったことについては、「現場にいないからわからない」。競り市の担当者がZPK側の意向を忖度して「誘導」したのではないかという疑問には、「いい意味での忖度はあったかもしれないね」と述べた。

ZPKの事務局は取材に対しこう説明している。

「1度目のアンケート結果に疑義が生じたため、再度、調査を実施することとしました。設問や選択肢も再度検証したことにより、より客観的な結果となったと考えております」

環境省は「提出データをいちいち疑えない」として、詳しい調査はしていない。(朝日新聞記者・太田匡彦)

※週刊朝日  2018年6月8日号



***




1回目のアンケート結果に疑義が生じたといい、再度、自分たちのアンケート結果に沿うように設問や選択肢も検証され行われたアンケート。それが「客観的」だとして環境省にデータ提出され、愛護部会も「参考になる」と褒める。

法改正といっても、もともと「結果」は決まっていて、パブリックコメントが反映されることはほとんどないような感じ。「真に動物をまもるための法改正」にはほど遠く、業界の意向が最大限に配慮される。でも、できることはやっていかなければ。絶望せず、前を向いて。そう思っている人が、たくさん、いる。




動物愛護法入門 人と動物の共生する社会の実現へ [ 東京弁護士会 ]






最終更新日  2018.07.10 15:23:58
2018.04.07
カテゴリ:カテゴリ未分類


「年金受給者 葉書1枚返送しないだけで税金が無茶苦茶取られる」
https://www.moneypost.jp/251803

【年金の「確定申告不要制度」に落とし穴】 

年金を受給している高齢者は、重税感を強めている。この20年の間に「老年者控除」「配偶者特別控除」「年金控除」が廃止や縮小されたことで、年金世帯の天引き額が大きくなったからだ。

現在80歳の人が年金生活に入った20年前、夫の年金270万円の世帯(妻は国民年金を受給)は「住民税非課税」で手取りは約265万円もあった。ところが、現在は同じ年金額でも手取りは約233万円と32万円も減っている。

そして年金生活者が完全に騙されているのが年金の「確定申告不要制度」だ。これは2012年からスタートし、政府広報オンラインではこう紹介されている。

〈年金受給者の皆さんの申告手続の負担を減らすため、公的年金等による収入が400万円以下で一定の要件を満たす場合には、所得税及び復興特別所得税の確定申告を行う必要がありません〉

“税務署に行かなくていいなら助かった”──この制度の狙いは年金生活者にそう思わせることにある。

よく読んでいただきたい。「申告手続の負担を減らす」とあるが、「税金の負担を減らす」とは書かれていない。実は、年金受給者の多くが、本来支払うべき金額よりはるかに多額の税金を年金から天引きされている現実がある。

そんな人が面倒くさいと確定申告しなければ税金は“払わされ損”になり、国は丸儲けである。国税OB税理士の内田誠氏の指摘だ。

「年金受給者には毎年8月末以降に日本年金機構から『扶養親族等申告書』という葉書が送られてくる。これに配偶者など扶養親族の所得情報などを書き込んで返送しなければならない。いわば年金受給者の年末調整のようなものですが、出し忘れると年金額の1割近くのとんでもない税額を天引きされる仕組みになっている。年金300万円の人なら本当は税金を7万円くらい払えばいいのにざっと27万円源泉徴収されます。実は、高齢者にはこの葉書を返送しないで高い税金を取られたままの人が非常に多い」

葉書1枚で天引きされる税額が4倍に増える? なぜそんなことが起きるのか。

原因は年金の税額計算のルールにある。葉書(申告書)を返信すれば、年金機構が一人ひとりの支給額から各種控除を差し引いて課税所得を計算したうえで、所得税率5%で課税する。だが、葉書を出さない人は公的年金等控除さえ縮小された上に、所得税率10%の高い税率の税額が源泉徴収される。


◆「返信しない受給者が悪い」

しかし、そもそも年金機構は受給者の年金収入を把握できるはずだ。税金計算にあたって、受給者全員が対象になる公的年金等控除の負担軽減措置まで縮小してわざわざ高い税額を計算する理由がわからない。日本年金機構の説明はこうだ。

「扶養親族等申告書の提出は受給者の義務。未提出の場合は源泉徴収する金額は大きくなる。これは所得税法のルールに則ってやっている。税金を払いすぎている人も最終的に確定申告すれば還付される」(広報室)

葉書を返信しないとペナルティで高額の税金を課税されるというニュアンスだ。政府広報で「年金受給者は確定申告を行う必要がありません」と宣伝しながら、取られすぎた税金を還付してほしいなら確定申告すればいいとは呆れる。

まるで高齢者が葉書を出し忘れ、確定申告もしないことを見越したような税金ぼったくりの仕組みではないか。


~転載終了

年金受給者ははがき一枚だけど、出し忘れないようにしないと税金ぼったくられます!
私は今年、確定申告の必要があったので税務署に行ったのですが、思った以上、びっくりするくらいの課税で目が飛び出そうになりました。知らないって、怖いことだなって実感しました。







最終更新日  2018.04.07 16:33:11

全3件 (3件中 1-3件目)

1

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

サイド自由欄

マイナスイオン扇風機【新林の滝】



コンデンス除湿機



コーボルトVK200




UV寝具用掃除機




スチームオーブン グランシェフ



バイタミックス






フリーページ

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.