298611 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

この道〜明日はもっと輝いてる♪

全7件 (7件中 1-7件目)

1

免疫力を身につけ超健康に!

2021.06.04
XML

安保徹のやさしい解体新書 免疫学からわかる病気のしくみと謎​​


安保徹先生の著書は、本当に参考になります。
納得することばかり書いてあります。
読めば読むほど、医学界はこの安保徹先生の理論を取り入れて診療に役立ててほしいって心から思います。

👉https://youtu.be/bH6aqnR5WIM


アンチエイジングも、行き過ぎは不自然極まりないものとして映りますね。

例えば、テレビで有名人が美容と称して食しているものとか。
コラーゲン、フカヒレ、ツバメの巣とか、肌のために食べるとか言ってても、私は決して食べないし、「そこまでする必要はないのでは」と敬遠してしまいます。動物を犠牲にして美を保つという発想がいただけません。

そして、美とは関係ないのですが、血圧のこと。
老化したら動脈硬化がきて血流が悪くなって、血圧が高くなったほうが血行にいい、と安保徹先生は言っています。

まして加齢による動脈硬化はゆっくり進むため、脈が速くなったり、血圧がだんだん高くなってくるのは、慌てる必要のないもので、コレステロールや血圧の平均的な正常値は加齢によって変化し、血流をよくするための条件だと考えたほうが自然なのです。

知り合いが、高血圧だと言われたのを思い出しました。


非常識の医学書 [ 安保徹 ]






最終更新日  2021.06.06 09:27:48


2021.06.03
安保徹先生の免疫力の話は、ほんと参考になりますね。

どうすれば免疫力を高められるかがまとめてあり、その10ヵ条は次の通りです。
  1. 働きすぎない(←最も重要)
  2. 悩み続けない
  3. 怒らない
  4. 筋肉を使う
  5. バランスのとれた食事
  6. きちんと睡眠時間をとる
  7. いい人間関係
  8. 趣味を持つ
  9. よく笑う
  10. 自然や芸術に触れる


働きすぎ、悩みすぎ、怒りは慎む。
この3つは特に注意すべき点です。


自分ですぐできる免疫革命 (だいわ文庫) [ 安保徹 ]


ストレスを上手に解消する。
それには、頭ばかり使わずに、体をよく使うこと。
生き物としてよく生きる基本。

食事に気を使う、睡眠を確保する。

人間関係を良好に保ち、趣味を持って適度に張りのある毎日を送り、心から笑えるようになることは、人間としての生活の質を向上させることでもある。
平素から五感を刺激し、感動して潤いのある生活を送ることも、とても重要。

バランスがとれた質の高い暮らしを送ることが大事。

病気とは、それまでの生き方の間違いが体に表れたもの。
免疫力を高めて質の高い生活を送ることがいかに大事かを実感する。

病気は、生き方を変える大きなチャンスでもある。


ああ、納得!医者はみんな読んでほしい!


👇健康長寿のために40代から始めたい生活習慣が満載です!
なぜ40代からかというと、40代半ばにもなれば、長年の生活習慣の偏りのために疲れやすくなり、体の不調も起こってくるからです。


免疫力が上がる生活 下がる生活【電子書籍】[ 安保徹 ]










最終更新日  2021.06.06 09:35:52
2020.10.23

健康・老化に極めて大切な「抗酸化物質」



加工食品や動物性食品は、手軽さから言えば、とても便利なものかもしれません。
でも、老化の観点から言えば、抗酸化栄養素がほとんどありません。
ファイトケミカルに至っては、皆無です。

現代の食生活は、栄養面から非常に病気を起こしやすいことがわかります。
食べ物で、自らを病気にさせているようなものです。

  • 抗酸化物質とは、体が「フリーラジカル」を除去する手助けをし、フリーラジカルの生成を制御するビタミンやミネラル、ファイトケミカルを指す

フリーラジカルとは、不対電子(ペアの相手を無くして不安定な電子。他の分子から電子を奪って安定しようとする)を持つ分子で、非常に反応しやすくなっています。こうして不安定なことから、細胞内の構造体や他の分子を手当たり次第に破壊してまわります。

そこに、フリーラジカルの天敵である抗酸化物質が足りないと、増えすぎたフリーラジカルが炎症を起こしたり老化を早めたりすることがわかっています。




抗酸化作用を持つのは、ビタミンCやビタミンE、葉酸塩、セレン、アルファ/ベータカロテン、その他のファイトケミカルです。

​抗酸化物質の大半は、果物や野菜、その他の植物を食べることによって体に供給されます。​

  • 動物性食品に含まれるファイトケミカルの量はごくわずかで、加工食品には含まれていない


ファイトケミカルは、抗酸化作用以外にも幅広い効能を持っていることがわかっています。
驚くべき体の治癒能力が活躍できるように、食生活を見直していきましょう。



老化を治すという概念


老化についての話題、こちらで要点がすぐわかります。



 


今の健康状態がどのようであろうと、改善することはできます。

健康改善は、手の届く範囲から始めればいいのです。
そして、美味しく実践できる方法を手に入れましょう。
それを実践する過程で、見た目がよくなったり、気分もよくなることが実感できます。

正しい選択をして、生活の質も健康も向上させる術を学んでいきましょう。


非常識の医学書 [ 安保徹 ]非常識の医学が病を治す [ 安保徹 ]​​安保徹のやさしい解体新書 免疫学からわかる病気のしくみと謎 [ 安保徹 ]​​「自分の免疫力」で病気を治す本 医師と薬に頼らない [ 安保徹 ]​​希望の免疫学 免疫力でガンと闘う [ 安保徹 ]


非常識の医学書 [ 安保徹 ]​​
非常識の医学が病を治す [ 安保徹 ]
安保徹のやさしい解体新書 免疫学からわかる病気のしくみと謎 [ 安保徹 ]
「自分の免疫力」で病気を治す本 医師と薬に頼らない [ 安保徹 ]
希望の免疫学 免疫力でガンと闘う [ 安保徹 ]​​











最終更新日  2021.04.29 07:48:27
2020.10.20

免疫機能を強く保つことの重要性を知る!


新型コロナで、より実感できるようになったと思いますが、今日、私たちは海外から持ち込まれる危険な感染症に、かつてないほど晒されています。

免疫力を低下させない食事が重要です。

飛行機やジェット機には、一部の地域に分布する病原菌や、新種の病原菌に接触した海外渡航者がたくさんいます。

病院や学校でも、抗生物質に対する耐性を持った細菌が蔓延しています。

科学者たちはずっと前から、環境や社会、そして栄養の変化によって、感染症がかつてないレベルで爆発的に増えていると警告しています。

新しい感染症の発生、そして感染症による死亡者が増え続け、深刻なウイルス性疾患が発生する可能性はずっと高まり続けています。


今回のコロナウイルスで、一度病気が発生すると、旅行や貿易によって瞬く間に世界中に広がることを目にしました。

特に、人口密度の高いところで急速に蔓延するウイルス性疾患は、伝染するスピードが記録的な速さです。


こうした危険な感染症のリスクが地球規模で広がっているだけでなく、特に先進国に住む人々を脅かしているのが、がんです。

現代の流行病ともいえるガンですが、癌から身を守るには、健康を向上・維持し、優れた栄養医学の研究結果を参考にする食生活を実践するということが最低限求められていると言えるでしょう。



日本人は、胃がんに注意を!


それは、白米と塩分の多さに起因すると言われています。
ご飯と一緒に野菜やキノコ、豆類を食べる代わりに、肉や精製食品、加工食品のおかずが増えているからです。

野菜が少なぎることが指摘されています。

今の日本人の食事は、糖尿病になりやすく、がんを招きやすいと言います。
白いご飯に精製食品、それにプラス甘いもの。
アメリカに比べると、太り過ぎの問題はさほど深刻ではないですが、過体重と肥満を心配するよりもまず、糖尿病です。


日本の現代の食事は、アメリカの標準的な食事に比べ、精製炭水化物と塩が多いそうです。

胃がんにおいては、アメリカ人の10倍という多さを示し、食塩の過剰摂取が原因していると指摘されています。

また、胃がんに加えて、乳がんの死亡率がますます増える恐れもあります。
日本における乳がんは、この50年で様変わりした食生活の欧米化と正比例して確実に発症率が高くなっています。





ファストフードや甘いお菓子、清涼飲料水、加工食品や食品添加物、農薬や化学肥料で栽培された野菜や穀物類など、脂肪や糖分が多く精製されたものを摂る機会の多い欧米型の食生活。こうした食の環境が現代人の健康を脅かしています。

現代人の食生活は、悲劇的な免疫力の低下を招いていることを知っておく必要があります。


体の中には、もともと強い抵抗力と自然治癒力があります。
自分の体を守り、病気の元となる要因を避けるように注意するのは、自分の責任です。
有害で病気を招くような食生活を避け、自分の体の管理を怠らないようにしましょう。

まずは、できることがあります。

  • 白米から5分づき米+雑穀に変える。一番いいのは黒米。
  • 昔ながらの野菜料理、キノコ料理を食べる。塩で味付けはしない。
  • 野菜、キノコ類、玉ねぎをもっと食べる。


日本人に身近な食材から、まずは取り入れてみましょう♪


長生き免疫学 年を取るのが楽しくなる [ 安保徹 ]
免疫力で理想の生き方・死に方が実現する 安保免疫学の完成 [ 安保徹 ]
病気にならない生き方 [ 安保 徹 ]​​
マンガで教えて安保教授!病気にならない免疫学 世界的免疫学者が究極の健康法を公開 [ 安保徹 ]
免疫力を高める生き方・食べ方・暮らし方 自律神経と白血球の働きが大切 [ 安保徹 ]










最終更新日  2021.04.29 08:05:18
2020.09.28



免疫機能​は、私たちの体をガンから守る働きをしてくれます。

白血球をはじめとする免疫担当細胞は、感染と戦い、人体の細胞に異変が起こると察知し、腫瘍やがんに転化する前に排除してくれます。

免疫システムは、私たちを常に見守り、周囲の危険から守ってくれる存在なのです。

「スーパー免疫力」を身につければ、より健康的な毎日を送ることも可能です。

またスーパー免疫力は、人間の寿命の限界に挑む手助けもしてくれると言います。
身体中に防御線を敷いて、軽度の感染症、重篤な感染症、癌に至るまでのリスクを極端に減らしてくれます。

もしウイルスに感染しても、ちょっとした不調で済んだり、危険な感染症に発展することもなくなる可能性があるとするなら、感染症に対する「スーパー免疫力」を獲得することが得策でしょう。

適切な栄養摂取によって、免疫の抵抗力を高め、80%のがんも防ぐことも可能な「スーパー免疫力」を身につければ、その上で老化を遅くすることも可能で、活力と素晴らしい健康状態を手に入れることができるのです。



コロナ禍で世界中がウイルス感染の蔓延で学ぶこと


ウイルスを排除することよりも、自分の免疫システムが正常に働くことを考えることです。
炎症反応の入り口である粘膜を健常に保つことが必要です。
これには、適度な水分と血流が大事だと言います。


また、ウイルスが悪いのではなく、今回のような新型コロナの世界的感染は、根本的には人間が好き勝手に自然や動物の命を扱っている傲慢な心や行いが招いたことです。

生きものに対するいたわりの心、生命を尊重する感情を取り戻し、自然界と調和して生きていくことを実践していきましょう。

そのために、まずは、健康革命を日々の食事から始めましょう。
今のような食生活は危ないのです。

  • ​​免疫機能を正常に機能させるためには、ビタミンやミネラルのほか、自然の植物に含まれる、何百種類ものファイトケミカルが必要です。​​

未精製の植物性食品を食べることによって得られる免疫増強作用
これに勝るものはありません。

自分が変わり、自分で自分の体を守る機能を身につけましょう。


免疫革命 (講談社+α文庫) [ 安保 徹 ]人がガンになるたった2つの条件 (講談社+α文庫) [ 安保 徹 ]自分ですぐできる免疫革命 (だいわ文庫) [ 安保徹 ]

免疫革命 (講談社+α文庫) [ 安保 徹 ]​​
人がガンになるたった2つの条件 (講談社+α文庫) [ 安保 徹 ]​​
自分ですぐできる免疫革命 (だいわ文庫) [ 安保徹 ]










最終更新日  2021.04.29 08:26:19
2020.09.27


スーパー免疫力を保つ生活を!

すぐに始めましょう。
危険な感染症のリスクが地球規模で広がっています。
海外から持ち込まれる危険な感染症にさらされている今日の私たちには、自身の免疫機能の低下を防ぐ生活が重要です。







世界の各国で、古代から健康促進や病気の予防に役立つ食べ物が選別され認識されてきたことがわかっています。

食べものや乾燥した植物からエキスを抽出し、病気の治療に使ってきました。

何千年も前から植物由来成分に健康増進機能があることが知られ、それが応用されてきました。当然といえば当然です。

大地に暮らす人間の側には、同じように大地からの恵みである植物があるのです。


私たちは、進化の過程でさまざまな植物を食べてきて、それによってヒトの体は、健全な細胞機能を支えるために、植物の複雑な生化学成分から恩恵を得る生活をしてきたということです。



免疫機能が最大限に発揮されている状態を保つには



スーパー免疫力とは、体の免疫機能が最大限に発揮されている状態です。

特定の食材や栄養要因によって、免疫システムの防御力が2〜3倍にも高まるのですから、自分の心身にも素晴らしい力を発揮してくれます。

普通の免疫力が、スーパー免疫力に変わるのですから、その方法を学べはいいのです。

  • 細胞受容体に特定の栄養素を結合させ、細胞が必要としている条件を満たしてやる方法を学びましょう。


​スーパー免疫力​」が、今ほど必要とされている時代はありません。

新型インフルエンザや各種ウイルス感染症が世界的に蔓延するなか、私たちは 体の免疫機能を強く保つことが必要とされています。

免疫機能がきちんと働く状態を保つことで、病気どころか命が助かる場合もあります。

風邪や肺炎、心臓障害や神経麻痺、細菌性感染症などの予防のためにも、植物の力ファイトケミカルを見直しましょう。




食事のせいで、死なないために[病気別編] もっとも危ない15の死因からあなたを守る、最強の栄 [ マイケル・グレガー ]

​​
食事のせいで、死なないために[食材別編] スーパーフードと最新科学であなたを守る、最強の栄養 [ マイケル・グレガー ]






​​






最終更新日  2020.10.09 18:53:56
2020.09.26

スーパー免疫力を身につけることが健康長寿への鍵!

アンチエイジングは、「食事」「運動」「生きがい」が基本だと言われています。

これに、食材に含まれるファイトケミカル(植物に含まれる有効成分)の量が多くカロリーの低い食材を食べるということが欠かせないことがわかっています。








ファイトケミカルが豊富な、野菜と果物を積極的に摂りましょう。

摂取すべき食材は、果物、緑黄色野菜、ナッツ類、種子、豆類。

避けた方がよい食材は、加工食品、精製穀物、肉類、精製した油などです。


風邪、インフルエンザ、がん、リウマチ、心臓病、老化に伴う疾患などは、免疫機能が低下することにより発症します。

免疫力を強化すること、このキーワードが「ファイトケミカル」であり、この微量栄養素が健康には欠かせません。

ヒトの免疫機能がしっかり働くかどうかが、この多種多様な植物由来の成分にかかっています
ファイトケミカルが、病気への抵抗力や長寿をもたらす複雑なメカニズムを持っています。

今後ますます注目される栄養学であり、私たちの食生活に必須なものとなってくるでしょう。



【バーゲン本】スーパー免疫力レシピー100歳まで病気にならない食の習慣 [ ジョエル・ファーマン ]


この「スーパー免疫力」という栄養学の視点は、ファーマン理論に基づいています。
バランスの取れた栄養学の原典として、アンチエイジング医学を専門にしていて関連書籍を多数出版されている白澤卓二氏が推薦しています。


  • ファイトケミカルとは…植物の化合物を意味する用語。動物組織に働きかけ、ヒトの健康と免疫力に影響をもたらす。何千という植物由来の成分を指す。



アトピーを自力で治す最強事典 薬を使わず元から治すメソッド満載 [ 安保 徹 ]​​こうすれば病気は治る 心とからだの免疫学 (新潮選書) [ 安保徹 ]​​人が病気になるたった2つの原因 低酸素・低体温の体質を変えて健康長寿! [ 安保 徹 ]今すぐできる!免疫力を上げる31のルール (健康図解) [ 安保徹 ]​​安保徹の免疫力を上げる45の方法 健康実用 [ 安保徹 ]


アトピーを自力で治す最強事典 薬を使わず元から治すメソッド満載 [ 安保 徹 ]
こうすれば病気は治る 心とからだの免疫学 (新潮選書) [ 安保徹 ]
人が病気になるたった2つの原因 低酸素・低体温の体質を変えて健康長寿! [ 安保 徹 ]
今すぐできる!免疫力を上げる31のルール (健康図解) [ 安保徹 ]
安保徹の免疫力を上げる45の方法 健康実用 [ 安保徹 ]​​










最終更新日  2021.04.29 08:22:02

全7件 (7件中 1-7件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.