074734 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

VEGAN・菜食からはじめるハッピーライフ♪

全4件 (4件中 1-4件目)

1

羊毛・ウール・毛・アンゴラ・モヘア

2018.12.10
XML






<内容>

ユニクロなどを展開するファーストリテイリングは、セオリーなど傘下の7ブランドで、2020年までにモヘアの使用をやめる方針を決めた。7日にホームページで発表した。

モヘアはアンゴラヤギの毛から作る高級素材で、動物愛護団体が残虐な方法でヤギの毛を採取していると訴え、アパレル企業などに使用をやめるよう働きかけていた。同社広報は「動物愛護の観点から決めた。グローバル展開する企業として、原材料調達で最善を尽くすことが責務だと考えている」としている。

ファッション業界では、毛皮や革などの使用を見直す動きが相次いでいる。フランスのシャネルは、ワニやヘビ、トカゲやエイの革を製品に使わない方針を決めた。不使用とするのは、家畜以外の革で「エキゾチックレザー」と呼ばれるもの。ファッション部門の社長、ブルーノ・パブロフスキー氏が3日ニューヨークで明らかにした。同社の倫理基準を満たす方法で高品質の革を調達することが困難になっているためとし、「次世代の最高級の製品を生み出す機会につなげる」とのコメントを出した。







ユニクロは、「動物愛護の観点から決めた」と発表。

シャネルは、エキゾチックアニマルの革を廃止。
家畜の革は使うっていうと、牛や豚の革は当然のように使われるのね。

ユニクロはモヘア使わないのね。山羊の毛。

ダウンは使ってるね。
ウールもね。

でも、犠牲を減らしていこうとするのはいいよね。
少なくとも、今回はヤギが救われたんだから。


消費者が、動物の命を犠牲にしないファッションを徹底すれば、業界は売らなくなるから。
だから、ヴィーガンになろう!
ヴィーガンのライフスタイルの選択を!!!ね♪




【ポイント 10倍】【中古】動物の権利 /デヴィッド・ドゥグラツィア​​



動物の権利入門 わが子を救うか、犬を救うか [ ゲイリー・L・フランシオン ]



動物の権利 / 原タイトル:Animal Rights/ キャス・R・サンスティン/編 マーサ・C・ヌスバウム/編






最終更新日  2018.12.12 10:55:13
2018.11.13


コロンビア大の学生チームがココナツ、ヘンプ、マッシュルーム酵素から羊毛代替品を開発しました。

羊毛は多くの衣類に使われていますが、工業式農場や毛刈りのために羊毛生産は人道的ではありません。Woocoaは羊を必要としません。

WoocoaのメンバーOrtiz氏はこう言っています。「コロンビアでココナツファイバーは農業廃棄物だから、コミュニティーに経済的な利益を生みだせる。また、この地域はヘンプで内部抗争に苦しんだが、違法な植物の代替品としてヘンプを栽培できるだろう。」「コロンビアに雇用の機会を作り、繊維工業による環境への影響を減らせるエコフレンドリーな解決策です。」マッシュルーム酵素はココナツファイバーとヘンプを柔らかくして羊毛らしくします。

衣類製造業者は近年、パイナップルやワイン工場の廃棄物から作った人工シルク、人工ダウン、フェイクファー、ビーガンレザーといった、より動物を使わない代替品を提供しはじめています。しかし現在のところ羊毛の代替品は市場にありません。

Smithsonianmag.com






すっごくわくわくする記事ですね♪

人工シルク、人工ダウン、フェイクファー、ビーガンレザーなどの開発がすすんでいる!

今まで当たり前のように動物の皮膚や毛を搾取してきたけど。
動物たちに苦しみを与えてきたけど。
そして、動物たちの命を奪ってきたけど。

もう、動物を苦しめず、殺さずに、人類が快適に過ごせる土台が築かれつつある…!
植物性の廃棄物から作られる、しかも作る人にも、環境にも配慮された、エコフレンドリーな商品が広がりつつある!


素晴らしいこと!!!ダブルハート




新品 SAVE THE DUCK セイブザダック ULTRA LIGHT JACKET ライトダウンジャケット S チャコール メンズ​​


【MAX400円OFFクーポン】セイブ ザ ダック アイリス 5 ジャケット (save the duck iris5 jacket S3362W) 軽量 冬 防寒 保温 暖かい カジュアル 長袖 アウター コート トラベル ウェア ダウン 黒 グレー レディース​​


SAVE THE DUCK セイブザダック D4311W GIGA7 エコダウン フーテッド 中綿ジャケット コート パッカブル レディース【訳有】





きらきら世界で一番多くの動物を搾取している食事から♪

〝脱搾取〟‼️を目指そう!
どきどきハート

下向き矢印  下向き矢印  下向き矢印










最終更新日  2018.11.14 21:40:09
2018.06.29


「グッチ(GUCCI)」がリアルファー使用廃止の一環で、アンゴラを使用しないことを決めた。2018年春夏シーズンから飼育・野生を問わず、ミンク、フォックス、ラビット、カラクール、ラクーン、カンガルーを使用しないと発表していたが、これにアンゴラが加わった。

アンゴラは毛皮ではなく、アンゴラウサギの毛を刈り取って使用する獣毛素材の一種だが、動物愛護団体の「動物の倫理的扱いを求める人々の会(通称:PETA)」によるとアンゴラの90%が中国産だという。「中国は動物虐待に関する罰則や、動物に対する適切な対応を促す規則が整備されていない国。セーターを買ってアンゴラが含まれていたら、原産国がどこと書いてあってもアンゴラは中国産であることが大半だ」と主張する。アンゴラの使用を廃止しているのは「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」「ラルフ ローレン(RALPH LAUREN)」などを含む330ブランドにおよぶという。




⇒GUCCI アンゴラの使用も廃止!

アンゴラはアンゴラウサギの毛を引き抜き、作られています。毛を引き抜かれるあまりの激痛に、声帯を持たないうさぎが喉を震わせてギャーと悲鳴をあげます。中国での生産が多いアンゴラですが、フランスでの生産も同じように残酷であることが分かっています。

アンゴラをやめるブランドを選びましょう。

アンゴラを使用したセーターや靴下や手袋を買わないようにしましょう。

アンゴラを使用するブランドに、アンゴラの使用をやめてほしいと伝えましょう。

消費者の意見が、動物たちを救います。




☆ ☆ ☆



動物を苦しめないという選択を!
アンゴラウサギの毛を使わなくても、私たちは着るものに困りません!
今も苦しんでいる動物を救えるのは、消費しないという行為です。
需要がなくなれば、殺される動物はなくなります。









最終更新日  2018.07.01 08:55:51
2018.05.09


​​H&Mやザラ、モヘアの使用中止を表明 ヤギ虐待の訴え受け​​​
5/7(月) 11:18配信

H&Mなどの衣料品大手がモヘア素材の使用中止に踏み切ると表明した

ロンドン(CNNMoney) H&Mやザラ、ギャップなどの衣料品大手がこのほど相次いで、モヘア素材の使用中止に踏み切ると表明した。南アフリカの牧場で、毛皮がモヘア素材に使われるヤギの虐待が伝えられたことを受けた措置。

これに先立ち動物愛護団体のPETAは、南アフリカの12牧場でヤギが虐待されていると伝えていた。南ア農務省によれば、世界のモヘア素材の半分以上は同国で生産されている。

PETAのビデオには、牧場の作業員がヤギを引きずり回したり、乱暴に扱ったりする様子が映っている。作業員が毛刈りを手早く済ませようとして、ヤギにけがをさせることもあるという。

けがや喉の渇きで死ぬヤギもいるとされ、まだ意識のあるヤギの喉をかき切って殺す映像も公開された。

モヘア素材はセーターやコート、スーツ、家具などの製品に使われている。

H&MはPETAの報告を受け、「動物たちを大切に扱うことは我々にとっての最重要課題」と強調、2020年までにモヘア素材の使用を恒久的に禁止すると表明した。

ギャップも3日、傘下のバナナリパブリックやギャップ、オールドネイビーといったチェーン店の製品について、来年からモヘア素材の使用を禁止すると発表。ザラを展開するスペインのインディテックスは、2020年までにモヘアの使用を段階的に中止する。

ウール系素材を巡っては、2013年にもPETAの報告を受け、大手各社がアンゴラの使用中止に踏み切っていた。


~転載終了






【動画】ウールの実態(※閲覧注意)

2014 年動物の権利団体PETAにより、オーストラリアのウール産業の残酷な実態が明らかになりました。従業員は有罪判決を受け、ウール産業はこのようなことを二度と起こさないと、その時約束しました。
しかし2017年、PETAの調査で状況が全く変わっていないことが分かりました。
羊たちは、ボクシングの練習台のようにパンチを浴びせられ、皮膚を削られ、大きく開いた傷口は、麻酔無しで縫合されます。彼らの傷に対して獣医師が呼ばれることはありません。血の付いた床を引きずられ、蹴られ、ゴミ袋のように放り込まれます。生来穏やかな性質の羊たちが、怖がって動くとメタル製の道具で羊の顔を殴り、頭を踏みつけ、首の上に足をのせ、全体重をかけて床に押さえつけます。
従業員は時間給制でなく出来高制であるため、作業は素早く強引に行われ、羊たちは深い傷を体中に負います。

動画を見てください。これがウールの実態です。オーストラリア、アメリカ、チリ、アルゼンチン。ウール産業で虐待が蔓延していることを世界中の数々の調査が証明しています。
残酷ではないウールは存在しません。
羊たちは筆舌に尽くしがたい苦しみを味わっています。
タグをチェックしてください。「ウール」と表示されていたら、棚に戻してください。
ウールが入った製品を決して買わないでください。

PETA署名サイト
https://investigations.peta.org/australian-wool-industry-cruelty/#action

ウールの問題
http://www.no-fur.org/other-issues/wool/


#WoolFreeWinter
動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)の、動物虐待や洋服のために殺された動物たちに焦点を当てた「アイド・ラザー・ゴー・ネイキッド」シリーズの一環としてのキャンペーン。






最終更新日  2018.05.09 14:51:14

全4件 (4件中 1-4件目)

1

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

サイド自由欄

マイナスイオン扇風機【新林の滝】



コンデンス除湿機



コーボルトVK200




UV寝具用掃除機




スチームオーブン グランシェフ



バイタミックス






フリーページ

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.