1905846 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ナチュラルケアで犬猫ちゃんを世界一 !  幸せにしよう♪ 【happy-naturalcare】

全て | 雑記 | その他 | 心のケア(セルフ・ヒーリング) | ペットのごはん | ハッピー・ペットロス | カラダのケア(セルフ・ケア) | ペットの病気 猫 | ごはん以外のナチュラル・ケア | 海&華実 | 犬猫の病気 | 猫伝染性腹膜炎 FIP | 犬猫手作りごはん | ペットフード情報 | ワクチン | 季節のケア | トータル・ナチュラル・ケア | 飼い主さん 家族としての品格 | 美人革命~幸せ美人の法則 | 犬猫ペット雑ネタ | 猫ごはん・happy♪猫まんま | トッピングごはん基礎BOOK | Happy♪デトックス | ストレスバイバイHappy♪わんこ | ショウガで治す ! やせる ! 犬猫ママ情報 | ママさんハッピー健康法 | 若返る食べ方 ハッピー食習慣 | 女性ホルモン力でプレ更年期をハッピーに  | わんこ幸せトッピングごはん実践BOOK | 宇宙(そら)・人・ペット調和塾 | ヒーリングアート、ヒーリングフォト | 猫のトッピングごはん | 至福のレシピ 【 わ・カウンセリング 】 | 神猫・海からの愛のメッセージ | 至福のハーモニー 愛 ∞ | わんこの食べもの事典 | 至福のレシピ【わ・カウンセリング】至福33333シリーズ
2008.02.15
XML
☆加筆修正しました 
コメントをくださったみなさま すみません 前回ブログは削除させていただきました☆


猫伝染性腹膜炎 FIP 発症初期 あるいは発症予防のためには
普通「ネコインターフェロン」という薬剤が使われます

「発症前」、あるいは「発症初期」の投与に限り効果的とされる薬剤です

お薬のつねで 長期にわたって使用することによって
副作用があらわれる心配があると言われています

■参考
ネコインターフェロン

農林水産省 動物医薬品検査所ホームページ



ネコインターフェロンの副作用

を調べてみると三件の副作用情報がありました
そのうち二件は死亡となっています
(ただし FIP患猫に対する投与ではありません)
免疫力をあげる目的の薬剤ですが 体力の弱っているコにとっては
場合によっては 「毒」にもなってしまう ということなのですが

その判断を事前に下す、というのは
飼い主さんにとってはかなりむずかしいことです

そして 
このインターフェロン(=インターキャット)より 副作用が少ないとされているのが

経口投与剤ビムロンです

実際にこのビムロンを使って
コロナウイルス対抗価をさげ 猫伝染性腹膜炎 FIPの発症予防をされている

「りんぽぽ&しゃおらん」さんとお知り合いになることができました

私は、このビムロンについてはまったく知りませんでした
こうやって どんどん新しい情報に出逢えるのは ネットの素晴らしさですね

猫伝染性腹膜炎 FIPについては 私の

『にゃんこのハッピー健康法(仮)』

でもとりあげていますし また新作でも もっともっと掘り下げていきたいと思っています
きっと ぴぴまろもそれを望んでいるんだと思います(*^_^*)



「りんぽぽ&しゃおらん」さんのサイト猫logy Life【愛猫のためのお元気手帳】のこのページにもありますが


猫伝染性腹膜炎 FIP 最高の予防法は「免疫力アップ!!!!!!!!」に他ならないのです


このサイトにはFIP情報他、猫ちゃんに必要な情報もりだくさんですので
ぜひぜひ一度ご覧になってみてくださいね

とってもとっても素敵なサイトですよ(*^_^*)

me-line8.gif


で 私のおススメする免疫力アップ法

■生命力を引き出すごはん管理(手作りごはん)

■サプリメントでプラスαのパワーチャージ
 (ビタミンC、E.酵素は最低限 あとは猫ちゃんのカラダに合わせて
  特にウイルス性疾患にはビタミンCが効果的に作用するといわれている)

■メンタル・ケア(バッチ・フラワーレメディなどの利用やマッサージ)


その他

■ストレス・マネジメント(飼い主さんとの関係を含む生活環境を整える)

さらに

■化学物質は極力体内に取り入れない、蓄積させない

●ワクチンの過剰摂取を避ける

犬猫ワクチン接種のその前に☆ワクチン接種時の注意点 1


犬猫ワクチン接種のその前に☆ワクチン接種時の注意点 2

猫伝染性腹膜炎 FIP 1 「白血病ワクチン」「化学物質の過剰投与」に気をつけて☆


●ケア用品は天然素材のものを
●シャンプーなどは極力少なく

●一説によると麻酔で発症してしまう場合もあると言われている
 安易に 歯石処理やトリミングのために麻酔などを使わないようにする

■ネガティブなパワーを送り込まない(飼い主さん自身の心身のケア)

ことが大切だと思います

life_bana.gifにも書かれていますがビムロンではなく

ホメオパシーのレメディ

を使ったケアなども同時にするとより免疫力があがることも期待できるハズです

ビムロンを使った場合などにはマリアアザミなど 肝臓強化のサプリメントなども
プラスするといいのではないでしょうか




つ・ま・り

コレこそが


ナチュラル・ケア=ホリスティック・ケア


なのですよね(*^_^*)

me-line8.gif

オマケ

猫ちゃんをお迎えする時に、
ブリーダーさんなどにコロナウイルス抗体価検査を申し出るのもひとつの手です

ただし 実際コロナウイルス抗体価検査の申し出に答えてくれるブリーダーさんが
どれだけいるかはむずかしい問題です

さらにコロナウイルスというのは100倍未満が一番下の単位になります
0という数値がないのです
ですから コロナウイルスフリーかどうかは実際には把握できません

また コロナウイルス抗体価が低くても猫伝染性腹膜炎 FIPを発症してしまう場合もあります

決して数値だけで判断できないのが 猫伝染性腹膜炎のむずかしいところです

ちなみにぴぴまろimage4359白猫.gifは100倍未満で猫伝染性腹膜炎 FIPを発症しています

いずれにしても とても残念ですが 発症後の予後は決してよくはないといわれる病気です

とにかく発症を未然に防ぐ「予防ケア」が大切だと思います

その一番のチカラになるのが「毎日のごはん」なのです(*^_^*)

愛猫の元気と幸せのために きょうも酵素たっぷり栄養満点の
愛情手作りごはん 楽しみながら作りましょ♪

また この病気に限らず 病気の発症予防を考えておく意味で
普段から信頼のおける獣医さんとお付き合いをしておくことが何より大切だと
思います

☆現在 猫伝染性腹膜炎の猫ちゃんを抱えていらっしゃるみなさま
 みなさまの猫ちゃんが少しでも楽になりますように 心からお祈り申し上げます



sakura_2r.jpg

幸せが循環していくこと
幸せのわが広がっていくことを心から願って 私は本を書いています
「ありがとう」のこだまが世界中に響くといいな~

ハート(手書き)どきどきハートハート(手書き)どきどきハートハート(手書き)

私の魂こめた「happy&natural ブック 三部作」は

やじるし

人間さんとペット君のストレス・マネジメント方法、セルフ・ケア方法、生命力を引き出すより自然なケア方法、ごはんレシピなどをご紹介(*^_^*)          


わんこのハッピー健康法


ハッピー・ペットロス

ぴぴまろのエピソード、死生観などについてはコチラでお話しています

                                          
緑ハートにゃんこのハッピー健康法 今春発売予定!!!! 

私の本はすべて経験豊かなホリスティック・ケアの獣医さん
阿部知弘先生
渡辺由香先生

に監修をしていただいています
また須崎恭彦先生
に推薦文をいただいています

先生方、「ありがとうございますぅ」



「みぃんな 幸せになろうね♪」

  
にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 食事・栄養へ

ポチッと応援していただけるととっても嬉しいですぅm(__)m











Last updated  2008.02.16 09:10:24
[猫伝染性腹膜炎 FIP] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.