2103328 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ナチュラルケアで犬猫ちゃんを世界一 !  幸せにしよう♪ 【happy-naturalcare】

全て | 雑記 | その他 | 心のケア(セルフ・ヒーリング) | ペットのごはん | ハッピー・ペットロス | カラダのケア(セルフ・ケア) | ペットの病気 猫 | ごはん以外のナチュラル・ケア | 海&華実 | 犬猫の病気 | 猫伝染性腹膜炎 FIP | 犬猫手作りごはん | ペットフード情報 | ワクチン | 季節のケア | トータル・ナチュラル・ケア | 飼い主さん 家族としての品格 | 美人革命~幸せ美人の法則 | 犬猫ペット雑ネタ | 猫ごはん・happy♪猫まんま | トッピングごはん基礎BOOK | Happy♪デトックス | ストレスバイバイHappy♪わんこ | ショウガで治す ! やせる ! 犬猫ママ情報 | ママさんハッピー健康法 | 若返る食べ方 ハッピー食習慣 | 女性ホルモン力でプレ更年期をハッピーに  | わんこ幸せトッピングごはん実践BOOK | 宇宙(そら)・人・ペット調和塾 | ヒーリングアート、ヒーリングフォト | 猫のトッピングごはん | 至福のレシピ 【 わ・カウンセリング 】 | 神猫・海からの愛のメッセージ | 至福のハーモニー 愛 ∞ | わんこの食べもの事典 | 至福のレシピ【わ・カウンセリング】至福33333シリーズ
2010.06.07
XML
猫の混合ワクチン接種。
また痛ましい事故です。

ある猫さん、猫伝染性腹膜炎=FIPで亡くなったそうです。
時期的に考えて、
「5種ワクチン接種が原因では ? 」

  (もちろん断定はできません)


猫伝染性腹膜炎の発症とワクチン投与の因果関係は
日本ではほとんど 認められていませんが
アメリカのあるホリスティックケア獣医さんは

「白血病ワクチンの接種後、2~3週間後
猫伝染性腹膜炎=FIPを発症するケースを数多くみている」
と、その著書の中で明らかにしています。

白血病ワクチンが病気を直接引き起こすのではなく、
コロナウィルスキャリアの猫に白血病ワクチンをすると
一時的に免疫力が低下し、
同時にウイルスが突然変異を起こして発病のキッカケになってしまうのでは、
という説です。 




                    ※ホームからとんで来てくださっている方
                     すべてが太文字になって見えるようです
                     きょうの日記タイトルをもう一回 クリックしてみてください
                     すると、普通の文字で 記事が読めるようになります




愛猫・ラグドールぴぴ麿も
5種ワクチンの接種後猫伝染性腹膜炎=FIPを発症。

その後2ヶ月もしないうちに、 月齢5ヶ月になったその日に
天国に還っていきました。


もちろん、獣医さんはその因果関係を認めてくれませんでした。

実はこの時、私たちは3種ワクチンを希望したのですが、
動物病院の方針だから、と5種ワクチンを接種されてしまったのです、
まったく一方的に、何の説明もなく。


経緯はどうあれ、
今となっては 本当の原因はわかりません。


猫さんに5種ワクチンは適切でしょうか。


室内生活であれば、3種ワクチンでも十分なハズ。
さらにいえば、
「猫さんのワクチンは絶対しなければいけないものでもない」
とする説もあります。


ワクチンは、自己責任です。
飼い主さん、もう一度ワクチンのことをお調べになってみてくださいね。


ワクチンは、種類が増えれば増えるほど
その抗体はできにくく、
その一方で猫さんのカラダに与える負担は大きくなります。

また、ワクチンはその投与によって
一時的に免疫系を抑圧する作用があるそうです。

(これもアメリカのホリスティックケア獣医さんの説)

特に、問題視されているのは、4種以上に含まれている【白血病】ワクチンです。

少ないワクチンでより多くの効果を望むのなら
3種ワクチンで十分かもしれません。


FIPのことを考えるのなら、
ワクチン接種前に、コロナウイルスの抗体価検査をされることを
オススメします。
コロナウイルスの数値がかなり高い場合は
ワクチン接種を見送った方がより安全だと思います。


 (100%信頼できる検査ではありませんが
  私は、しないよりはした方がいい検査のひとつと考えています)




私は少し前に書かせていただいた
猫にワクチンは必要 ? 不要 ? という記事でも、
猫さんのワクチン接種は慎重に ! ということを
お伝えしています。


理由

◆猫さんは、
ほとんどすべての哺乳類に備わっている
解毒能力がまったくないか
極度に劣っている生き物だとさえ言われています

薬物は一般には、体内で代謝されて、
主に肝臓で解毒され体外に排出されるのですが、
猫さんの体には、その代謝と解毒のメインルートである
グルクロン酸抱合能という働きに必要な酵素が少ないか
まったくないとされるのです


解毒能力、あるいは解毒酵素の少ない猫さんに
混合ワクチンを毎年接種することのリスクが心配です。


もちろんワクチンを全否定するつもりはありません。
ワクチンによって守られる命があるのも事実です。


「ワクチンは、より少ない種類のものを」
「体調のよい時に」
そして
「ワクチン接種前後は、肝臓や腎臓などの解毒力応援をしっかり!!!!」


これがワクチンリスクを減らすホリスティックケア流の考え方です。


フロントラインと同時に、
去勢・避妊手術と同時に、
というのも絶対やめましょう。

解毒が追いつかなくて、
下手すると、肝臓も腎臓もパンクしちゃうこともあるかもしれません。
愛猫・ぴぴ麿のように。



ワクチンは、猫さんの命を守ってくれることもあれば、
命を奪ってしまうこともある、二面性をもった薬剤です。



また、ワクチンをしても抗体がちゃんとできなければ
その病気にかかる子はたくさんいます。


病気に負けないようにするためには、
毎日のごはんで 基礎体力をつけることが 本来は一番の「お薬」なんです。
これは、犬君でも、そしてヒトでもおんなじ。



ママさん、猫さんの体のこと、しっかりお勉強して
愛猫ちゃんの命を守ってください。


あなたの大切な愛猫ちゃんの魂に寄りそって
何がベターなのか、じっくりお考えくださいね。



       ※当記事はワクチンを否定するものではありません
        また、ワクチンを打たないことをオススメする記事でもありません
        記事のご判断は自己責任にて お願いいたします



命がけで、この真実を私に教えてくれた故・ぴぴ麿に感謝して……。


 「あなたのメッセージによってたくさんの猫さんの命が守られますように」


■猫さんのための血液サラサラ免疫力アップごはん !
毎日のごはんで 病気知らずの猫さんにしてあげましょう。


愛猫の幸せ寿命を3年延ばすhappy♪猫まんま
右矢印右矢印右矢印右矢印右矢印日本初 ! 超実践猫ごはん本

↑↑↑ 海が肥大型心筋症をほぼ克服したレシピもご紹介しています

猫読者さまのご感想、一部ですがアップしました !!




■犬猫ちゃんの体内有害毒素は病気の素です
 犬猫ちゃんの解毒力の応援の仕方を含めて、
 ホリスティックケアの臨床の現場で
 結果の出ている実践情報だけをお伝えしています。

 特に投薬前後はしっかり解毒応援!!!
 
 アフイリエイトではないです、ご安心ください。


【超実践しあわせ健康法】病気知らずの犬猫(わんにゃん)&美人さんを作るHappy♪デトックス
右矢印右矢印右矢印右矢印右矢印日本初 ! 【超実践しあわせ健康法】
病気知らずの犬猫(わんにゃん)&美人さんを作る
Happy♪デトックス


どきどきハート【ご購入者さま特典】ホリスティックケア動物病院リストご請求権
右矢印読者さまのご感想はこちら

↑↑↑
二人のホリスティックケア獣医さんといっしょに作った本です




さくら今月無料

■有料■登録初月無料のまぐまぐメールマガジン 11日、22日配信予定
『わんこと【ママさん】のハッピー健康法~2010・新版』

■無料プレゼント!!!!!
◎犬猫ちゃん&美人さんのための目からウロコの健康情報
犬猫ペットの手作り食&愛情ホリスティックケア

【犬猫&美人さんのための幸せホリスティックケア講座】全7回

初心者さま向け講座です。


↑↑↑

上記ふたつは携帯でもお申込みいただけます。

■無料で心臓病応援の情報プレゼントしています !
犬猫の幸せ寿命を3年延ばす薬に頼らない心臓応援ケア


上記に登録してくださる方、yahooメールだときちんと届かないようですので
フリーメールで登録される方はGmail をご活用ください。
Gmail






にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

☆↑ランキングに登録しました。
もっとたくさんの方に犬猫ちゃんのためのナチュラルケアを知っていただくために、
1日1クリック応援お願いいたします。


きょうもhappy♪ みぃんなhappy♪

  
   





犬君のための血液サラサラ超しあわせごはん
 ペットフードの栄養価をより高める方法をご紹介しています。

 
  

トッピング 小.jpg
『わんこの幸せ寿命をのばすトッピングごはん基礎BOOK』




緊急のご連絡・お返事の必要なものはコチラへ


阿部 プロフィール用.jpg




  お問い合わせなどはフルネームでお願いいたします。
 

  ただいま個人的なご相談にはおこたえしておりません。
どうぞご了承くださいね。

また当ブログの情報は自己責任にてご判断ください。


Copyright(C) SACHIKO ABE All rights reserved.
当ブログの著作権は私ペットlifeクリエイターあべ☆さちこにあります。
著作権保護にご協力いただきましてありがとうございます。







Last updated  2010.06.27 07:39:35
[猫ごはん・happy♪猫まんま] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.