1618943 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ナチュラルケアで犬猫ちゃんを世界一 !  幸せにしよう♪ 【happy-naturalcare】

全て | カテゴリ未分類 | その他 | 心のケア(セルフ・ヒーリング) | ペットのごはん | ハッピー・ペットロス | カラダのケア(セルフ・ケア) | ペットの病気 猫 | ごはん以外のナチュラル・ケア | 海&華実 | 犬猫の病気 | 猫伝染性腹膜炎 FIP | 犬猫手作りごはん | ペットフード情報 | ワクチン | 季節のケア | トータル・ナチュラル・ケア | 飼い主さん 家族としての品格 | 美人革命~幸せ美人の法則 | 犬猫ペット雑ネタ | 猫ごはん・happy♪猫まんま | トッピングごはん基礎BOOK | Happy♪デトックス | ストレスバイバイHappy♪わんこ | ショウガで治す ! やせる ! 犬猫ママ情報 | ママさんハッピー健康法 | 若返る食べ方 ハッピー食習慣 | 女性ホルモン力でプレ更年期をハッピーに  | わんこ幸せトッピングごはん実践BOOK | 宇宙(そら)・人・ペット調和塾 | ヒーリングアート、ヒーリングフォト | 猫のトッピングごはん | 至福のレシピ 【 わ・カウンセリング 】 | 神猫・海からの愛のメッセージ | 至福のハーモニー 愛 ∞ | わんこの食べもの事典 | 至福のレシピ【わ・カウンセリング】至福33333シリーズ
2017.12.07
XML

ありがとうございます !  宇宙(そら)・人・ペット調和塾 ~作家 阿部 佐智子です。
有料カウンセリングを承ります。詳細はこちらからご確認いただけます。
至福のハーモニー 愛 ∞

愛のひかりのエネルギー、必要な方に届きますように。




お話したいことがたくさんあります、その中で一番にお知らせしたいのは、
やっと心の貧しさ、解放、 !   の機会に恵まれたということです。 
 
当ブログでずっとマカオ旅行のお話をしていました。
多分、この解放はマカオ旅行の流れ、
そして旅行前から始めた断捨離の流れではないかと感じています。

マカオに行ってきました ! ~なぜマカオ ? 編


私の潜在意識、深層心理はこんなことを考えていたらしいのです。

「貧乏でいよう」と。

信じられないですよね(笑)、深層心理って怖すぎ、すごすぎ、楽しすぎ。

私は父との絆が深い魂のようで、どちらかというと母よりも父に可愛がられて育ちました。
母がかわいがってくれなかったわけではなく、
父との関係は前世なども関係して、さらに深い縁だったようです。

父も母もすでに他界しています。

父は職人でした、頑固な職人気質の人間で、仕事一本やり、みたいな生き方をした人です。

その父が私の小さい時に「贅沢は敵だ」みたいなニュアンスの言葉を
かなり繰り返していたような記憶があるのです。

今でいう、清貧の心構えのアレンジバージョンのようなものでしょうか。
その他にも「貧乏暇なし」みたいな言葉も言っていましたし、
「働かざるもの食うべからず」みたいなことも口にしていました。

その刷り込みがあったんでしょう。

私は「贅沢を好むとお父さんに嫌われる。だから貧乏でいよう、
一生馬車馬みたいに働こう、
そうすればずっとお父さんに大事にされる」

そんな意識を抱いたみたいです。

ところが顕在意識では、もちろん貧乏なんて望んでいなくて。
でもあまりにもお金、お金と言うのもはばかられて。

その辺のギャップが自分の中でうまく調整できなかったようです。

以下は自己分析です、こんな流れかな、と。

◎ 私は生まれつき物欲・消費欲がものすごい

◎ でも贅沢をしようとするとお父さんに嫌われる

◎ 貧乏チック ?  (ごめんなさい、ここの表現、ちょっとむずかしいです)な生活をしよう

◎ いつも一生懸命働いて、こまごまとした日用品、消費財などをたくさん買おう。
  でもそれは贅沢ではないから。生きていくのに必要なものだから、
  きっとお父さんもそれに対しては怒らないはず

こんな消費行動の動機ができあがっていたみたいです、私の中で。
みたいです、としているのは先にもお話したように「深層心理」の部分なので
自分の意識下でのこと、

つまり自分の頭では理解できなかった部分だからです。

以前はブランドものとか大好きで、たくさん買い込んでいた時期もありました。
今はそれは卒業。

でもそもそも「物欲」「消費欲」が強い方らしいので、
お買い物をしないと「物欲」「消費欲」のエネルギーが爆発してしまうようです。

これは私に限らず言えることなんですが
「抑圧」したエネルギーは必ずどこかで爆発します。
ですから何を抑圧しているのかに気づき、
それを受け容れてあげることが結果的に「解放」に繋がります。

私はモノの見事に自分の「物欲」「消費欲」をいけないものとして
「抑圧」し続けていたみたいです。
「物欲」「消費欲」は人間なら誰にでもあるもの。
私個人の感覚もそうですが
「物欲」「消費欲」をいけないとし過ぎる傾向が世の中のどこかに感じられていたのかもしれません。

断捨離をしていてわかりました、
大物を買わない代わりに、ステーショナリーや本、さらに化粧品、日用雑貨など
どちらかというとこまごましたもので自分の消費欲を満たす方向に逃げていた私。

これらのモノなら、生活必需品としての大義名分が立つだろうと考えていたみたい。

ところが小物なので真ん中の消費欲は満たされず、
結局同じようなものを何個も買い込むという消費行動に走っていました。

これなら細々したモノを買わないでしょっちゅう旅行に行ってプチ贅沢をしたりした方が
どれだけ心が豊かになるか、はじめて気づきました。

買っても買っても満足しない。
買い物依存と同じです。

おそらく、そこからも目を背けていたんだと思います。

私に足りなかったのは、事実を受け容れる勇気と真の心の豊かさ。

それが父の「贅沢は敵だ」の言葉が一因だったとは今までまるで気づきませんでした。

今までの私はお金を使っても心の真ん中が満たされず、
お金に関してさえも、あまり肯定的な感情は抱けていなかったみたいです。

お金って心を豊かにするために使わせてもらうものなんだな、と気づきました。

さらに心の豊かさって、お金やモノの量が指標になるわけではないのだな、とも。

今まで何回も挫折した断捨離ですが、今回はマカオ旅行の前から
二週間くらいいい感じで続いています。

毎日ではなく、できる範囲で。
時には引き出し一つ、時にはバスケット一つ、みたいな整理の仕方。

最初のうちは
使えるけれど不要になってしまったモノを捨てるのにものすごい罪悪感がありました。

ものすごくいけないことをしている感覚。

でもここ数日、いらないって思いながら自分の身の回りにおいておかれるモノたちは
どんな気持ちだろう、
淋しくないかな、
哀しくないかな、

だったら思い切ってさよならをした方がお互いにとって幸せかもしれないな、

と感じられるようになりました。

過去の思い出と一緒みたい。
すごく大切な思い出だけど、でも今はもう手放してもいいのかも。
その方が思い出君たちも喜んでくれるかも、みたいな気持ちです。

実際断捨離の前のわが家は、お仕事の資料と書籍、ステーショナリー、
化粧品(メイクアップ用品のみ)、日用雑貨、さらに洋服であふれかえっていました。

それでも案外わが家にはスペースがありました。
だからよけいタチが悪かったみたい、
捨てなくても場所はあるから、みたいな感じでしょうか。

その一方顕在意識では私はかなり狭い家に住んでいるような気になっていました。
もっと広くてもっと収納の多い部屋に住みたいな、と思ってましたから。

なんだ、快適に暮らせる十分な広さのお家に住まわせてもらっていたんだ。
なんだ、収納スペースは十分にあったんだ、
なんだ、これだけモノを買える経済状況だったんだ。

たまに旅行にも行かせてもらってるし、
本当は自分で思っているより宇宙の豊かさをきちんと受け取らせてもらっていたんだ。

そう、豊かではなかったのは
そのことをきちんと認識できていなかった私の心だけだったのです。

資料としての本の半分はリサイクルに回すことにしました。
本のリサイクルって、実は本を書く立場からいうと微妙な感覚です。

あれだけ苦労して創った本ですからできれば一人でも多くの方に読んでいただきたい。
できれば定価でご購入していただけたら、が本心。

私自身は古本は極力買いません、買えないんです、
ありがとうございます、の思いが強くて定価でないと申し訳なさ過ぎて。

でもそんなことを言っていたら、わが家の本棚は膨れ上がるだけで
整理の方向には向きません。

読者さまにプレゼントしようかな、とも思いましたが
とにかく膨大な量。

どこかで一回リセットは必要だと感じました。
今まで忙しさをタテにして逃げていたところもあるので。

モノへの向き合い方、本当の豊かさとの向き合い方、お金との向き合い方、
愛への向き合い方、

その辺をすべて「リセット」に向けようと。

リセット = 手放し、ですよね。

物理的な手放しはきっと心のリセットにも繋がるはず。
あのたくさんの本も私が手放すことで
きっとどなたかの目に触れるチャンスができることでしょう。

というわけで。

「やっと真の愛と豊かさヒーリング」のセッションの完成です。

真の豊かさは、周りにあるものではなく、
私たち自身の真ん中にあったんです。

お金だけ、モノだけ、を求めるのではなく、
私たち自身が豊かなエネルギーの循環の一部になる、ということですね。

宇宙の豊かさと自分自身が同調する、響き合う、ということです。






私のセッション【わ・カウンセリング】は

ペット君との関係を根本から見直して
ペット君にもママさんにも今よりさらに幸せになっていただくことを目的としたものです。

私のセッションに興味をもってくださった方はよろしければこちらでご確認ください。
すべて「ヒーリング」と「カウンセリング」の融合セッションです。


【至福のレシピ】新セッションのご案内~ 1. 至福・モーニング・エッセンス・ヒーリング

【至福のレシピ】新セッションのご案内~ 2. (新生)至福・マザー・アース・ヒーリング 

【至福のレシピ】新セッションのご案内~ 3. 至福・旅立ち&死生観ヒーリング

​【至福のレシピ】新セッションのご案内~ 5. 至福・大浄化&動物霊解放ヒーリング​

​【至福のレシピ】新セッションのご案内~ 6. 至福・自己愛ド真ん中ヒーリング​ 






断捨離をしていて気づいたこと。
モノを捨てることも「クリエイティビティ」、創造性そのものなんだな、ということ。

モノを捨てる時に、必要なモノ、不要なモノの線引きを自分で創っています。
残された、必要とされるものたちは、これからの自分の生活・人生の大切なパートナーです。

その過程で自分自身でライフ・デザインをしているんです。

モノを捨てる中にも創意工夫だったり、その先の将来展望だったり、
なんとなくそういうことがすべて含まれていることに気づきました。
おそらくその中に天の配剤もあるのだろう、と。

モノを捨てることの罪悪感。
これは以前知人が言ったこんな言葉にも要因があったみたいです。

それは。

「モノを大事にしないとモッタイナイおばけが出るよ」というもの。
私はオバケが苦手なのでモノは捨ててはいけないと、これも一つの刷り込みだったのかもしれません。

手元においておくだけがモノを大切にする、ということではないな、と
感じました。
モノへの命の吹き込み方も自分自身の創造性に委ねられているのです。

縁あって私のところに来てくれたコたちに「ありがとう、お互い幸せになろうね」
と別れを決断することも、モノの大切さに繋がるのでしょう。

いつかは別れるものだから。それが早いか遅いか、だけの違い。

さらに別れは悪いことではないから。
また、新たなるエネルギーと向き合うための準備に過ぎません。

私たちの人生は毎瞬、毎瞬選択の連続です。

その選択の積み重ねがアートとなって人生が形創られるのです、きっと。

ということで、こちらは「芸術性、創造性のセッション」完成に繋がりました。

仮「真の愛と豊かさヒーリング」
仮「芸術性、創造性のセッション」

いずれも二か月くらい前にフレームはできていたのですが、
何かが引っかかっていたんですね、私の潜在意識ちゃんのどこかに。

その何かが、「やっと」浮かびあがってくれたので
抱きしめました、愛をもって。

すると統合され、結果的に解放に繋がります。

このステップはどんなことでも同じですから、
何かの時に思い出していただけるといいかもしれません。

10日は愛猫・海・かいの月命日。
おそらくその直後に、新たなセッションのご案内ができると思います、

大変お待たせしました !

さて、マカオご報告でもお知らせしました、
マカオではグラウンディングとセンタリングのエネルギーを充電してもらい、
同時に物質&精神面のバランスのエネルギーをチャージしてもらいました。

まさしく天の配剤。










さくら 監修 ホリスティック獣医師  渡辺 由香先生 阿部 知弘先生




阿部佐智子オリジナル【有料カウンセリング&ヒーリングサービス】

□ お電話カウンセリング
□ ヒーリング付きお電話カウンセリング
□ 一週間連続ヒーリング
  (飼い主さん&同居しているペット君全員まで~ご希望にお合わせいたします)
□ スピリチュアル・アニマル・コミュニケーション付きカウンセリング

をご提供しています。対面ではありません。お電話での遠隔セッションです。
お電話料金のご負担はありません。詳細はこちらでご確認ください。

下矢印下矢印下矢印

至福のハーモニー 愛 ∞


四つ葉 こんな方におすすめです

ハート(手書き) いろいろ試してみたけれどなかなか犬猫ちゃんの状態が改善しない方
ハート(手書き) ペットロスのお悩みが長引いている方
ハート(手書き) ママさん自身の「心身」の不調を自主的に改善したいと考えている方
ハート(手書き) 犬友さん、猫友さんには話せないお悩みがある方

             ※魂レベルでの自分のお役目を認識したい方
             ※宇宙の話、スピリチュアルな話を思い切りしたい方


ハート(手書き) ご自分の生き方を根本的に見直すきっかけのほしい方











本誌は臨床経験豊かなお二人のホリスティック獣医さんの監修の元
記事化したものです。

【目次】

四つ葉 Why? What's? トッピングごはん
四つ葉 知っていますか? 猫ごはんの真実
四つ葉 トッピングごはんでにゃんこの幸せ寿命は もっとのびる!
四つ葉 トッピングごはんの基本/トッピングスタイル集/トッピングごはんQ&A
四つ葉 トッピングごはん成功のカギは良質なキャットフード選びから/トッピング食材ガイド/ 要注意&NG食材
四つ葉 手作りサプリがあればごはん力がぐ〜んとUP!/子猫・シニア猫・太り気味の猫のごはん
四つ葉 わが家のアイデアごはん13 簡単! トッピングごはんレシピ集
四つ葉 トッピングごはん先輩ママのアイデア拝借1 時短&手抜き術
四つ葉 見て・触ってわかる毎日の健康チェックポイント
四つ葉 トッピングごはん先輩ママのアイデア拝借2 偏食克服!食べてもらうひと工夫
四つ葉 元気な時から強制給餌の練習を!/週に1度のおなかのお掃除【プチ断食】のススメ
四つ葉 3大弱点+免疫力をごはんでパワーアップ



感謝 ♪ 重版決定 !!!
 

下矢印下矢印下矢印

ず~っと幸せに長生きできる !   猫のトッピングごはん




さくら 監修 ホリスティック獣医師  渡辺 由香先生 阿部 知弘先生




プレゼント 犬猫ちゃんの元気と幸せを願って
二人のホリスティック獣医さんと一緒に創った作品です。
全頁オールカラー&写真つきです。


感謝 ♪ 第四版重版出来 !!!
 

下矢印下矢印下矢印
あなたのわんこの幸せ寿命がのびる ! トッピングごはん実践BOOK

クラブ処方食にトッピングできる「心臓」「腎臓」「胃腸」「関節」「皮膚」を応援する
レシピをご紹介しています。



プレゼント電子書籍です。
二人のホリスティック獣医さんの監修本。
カリカリONLYのリスクを減らし、心臓力・腎臓力・肝臓力・免疫力を
アップする手作りごはん&トッピングごはん情報をご紹介しています。

下矢印
愛猫の幸せ寿命を3年延ばすhappy♪猫まんま

猫まんま読者さま体験談はこちらでご覧いただけます。

プレゼント体内にたまった有害物質が「ガン」の素。
解毒・排泄応援=デトックスでガン予防&ケアを心がけましょう。
下矢印下矢印下矢印
【超実践しあわせ健康法】病気知らずの犬猫(わんにゃん)&美人さんを作るHappy♪デトックス
左クリックで内容ご確認いただけます

【ご購入者さま特典】
日本全国主要ホリスティックケア動物病院リスト(約100軒)ご請求権

論より証拠 ご購入者さまのお声はこちらでご覧いただけます。


プレゼントナチュラルケア流わんこのためのストレス管理方法。
PC/スマートフォン対応有料電子書籍です。
ホリスティックアドバイザーのご協力のもと、創らせていただきました。

猫さんのストレス管理用としてもアレンジ可能です。
下矢印下矢印下矢印
『愛犬とあなたの幸せ力を引き出す8つの法則』ストレスバイバイ♪Happyわんこ健康法
『愛犬とあなたの幸せ力を引き出す8つの法則』ストレスバイバイ♪Happyわんこ健康法

4checkシート付き

☆ 論より証拠! 読者さまのお声はこちらでご確認いただけます。









感謝 ♪ 第三版重版決定 !!!
 



プレゼント冷えとり、血流改善、血液サラサラ、腎強化、デトックス、
女性ホルモン力強化レシピ&セルフケア本です。


食べ方とセルフケア~<br />「女性ホルモン力」を上げて40代からの不調を治す本<br />~プレ更年期からの毎日をハッピーに !

監修 

日本抗加齢医学会認定医。
日本のアンチエイジングの第一人者的存在の先生です。



プレゼントママさん、ご家族さまのための
解毒力応援、血液サラサラ、ガン予防レシピ満載です。

『こんな食習慣で見た目年齢が変わる! 若返る食べ方
~血液・血管がよみがえる10のハッピー食習慣』
見た目年齢が変わる!  若返る食べ方<br />~血液・血管がよみがえる10のハッピー食習慣


 食養生の専門家、人間さんのお医者さまと一緒に作った本です。












  個人的なご相談は有料カウンセリングにて承ります。

当ブログの情報は自己責任にてご判断ください。


Copyright(C) SACHIKO ABE All rights reserved. 
当ブログの著作権は私宇宙(そら)・人・ペット調和塾 ~作家 阿部 佐智子にあります。






Last updated  2017.12.08 11:44:42
[至福のレシピ【わ・カウンセリング】至福33333シリーズ] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.