209979 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Beautiful Life Company Blog

家族の看護、介護のこと

10歳の時の事故での家族の入院から始まり
今に至るまで家族の入院、介護をたくさん経験してきました。

お陰様で病院の手続きはとても慣れていますが
毎回わずらわしい思いをすることはどうしても避けられません。
親世代については健康保険以外何もないので
お金も時間も度々負担がかかることになりました。

仕事の時間も奪われるので収入も減りますし
家事の時間も減りますので支出が増え家の中が乱れます。
できるだけ影響が出ないようにしようと思っても
手術や手続きに病院を往復するだけでも大変です。

家族が何人いても引き受けやすい人が
全てを丸抱えすることになりがちで
病気やけがの状態によっては
その負担は重く鬱になりかけて
自殺を考えたくなるほどになってしまうこともあります。

相談できる相手がいるだけでも心強いですが
やはり経済的にも人的にも協力してもらえる体制があることが大切だなと思います。
口だけ出して手もお金も出さない、という人が一番やっかいです。

大変であるということをアピールすることは悪いことではないのです。
自分が頑張って何とかしないと、と頑張ってしまう人に
いつも負担が大きくのしかかります。
頑張りすぎると先に自分が参ってしまいます。
看護や介護している人に対して優しくなることもできなくなります。

特に介護はいつまで続くかわかりません。
できる限り協力してもらえる体制を作れるように
自分から働きかけて助けてもらうようにしていきましょう。
とにかく上手に息抜きして、自分の心と体のケアも忘れずに
やっていくことが大切です。

家族の看護や介護のために仕事を簡単にやめてしまうことは
自分の将来に負を招くことになります。
親の年金があるから、と言って
自分の仕事を辞めてしまってはいけません。
親の年金があるなら、そのお金で介護サービスや有料のホームヘルパーさんを
うまく使ってやっていくことが得策です。

笑えなくなるほどになってしまったら頑張りすぎです。
SOSを発信して誰かに助けてもらいましょう。
病院の相談室やケアマネージャーさんも相談に乗ってくれます。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.