2767714 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

歌 と こころ と 心 の さんぽ

2010.01.27

 
XML
テーマ:短歌(1675)
カテゴリ:游歌

♪ 雪ぐもの意思あるごとく流れゆく黙然として佇む窓辺
 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 真っすぐ前を見て、あたかも目的があるかのように雪雲が次から次へ音もなく流れていきます。

 何も手に付かず仕事部屋の机の前に座っている。安定した精神を保ってはいるものの、目標が定まらずモチベーションは行き場を失って空回りしている。

 刺激を求めて図書館までひとっ走り。久しぶりのジョギングだ。
 目的の本は見当たらず、雑誌のコーナへ。芸術新潮の棚を覗く。そこに「小村雪岱(1887―1940)」の特集の一冊を発見。眼を惹きつけられてしまった。



泉鏡花『日本橋』 装丁小村雪岱 (特選 名著復刻全集) 近代文学館

 少年時代から鏡花の幻想的な文学世界に魅(ひ)かれていた雪岱は20歳の時、縁あって作家本人と出会い、1914年、鏡花の小説「日本橋」の装丁を手がけた。
 表紙は、無数のチョウが舞う川の情景を、細い線とさわやかな色彩で表現。見返しには、路地裏を情緒豊かに描いた。







 好みがうるさい鏡花にも認められ、以後、鏡花文学の装丁や口絵のほとんどを担当した。



 多色刷り木版などを使った装丁は、実に素晴らしく贅沢だ。
 細身の女性、雪や雨、柳や草花などの主要モチーフがしっとり感を効果的に演出する一方、構図にメリハリがある。

 黒を大胆に使ったりする挿絵にはぞっとするほどの魅力がある。


泉鏡花「註文帳」/『愛染集』より 「註文帳」の一場面を描いたものか。極端なパースペクティヴ、しどけない姿でたたずむ遊女、そして画面全体を覆い隠すかのような雪、雪、雪。この世のものではない美しさ。




泉鏡花『芍薬の歌』 見返し 大正8年 春陽堂 装釘小村雪岱




泉鏡花『愛艸集』 見返し 大正7年 春陽堂 装釘小村雪岱

 2月14日まで埼玉県立近代美術館で開催中で、実物を見てみたいという思いが募る。





「日歌」が千首を超えたのを機に、「游歌」とタイトルを変えて、2009年2月中旬より再スタートすることにしました。

「ジグソーパズル」 自作短歌百選






最終更新日  2020.01.14 15:51:20
コメント(2) | コメントを書く



PR

プロフィール


sunkyu

カレンダー

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

◆2006年5月8日よりスタートした「日歌」が千首を超えたのを機に、「游歌」とタイトルを変えて、2009年2月中旬より再スタートしました。
◆2011年1月2日からは、楽歌「TNK31」と改題しました。
◆2014年10月23日から「一日一首」と改題しました。
◆2016年5月8日より「気まぐれ短歌」と改題しました。
◆2017年10月10日より つれずれにつづる「みそひともじ」と心のさんぽに改題しました。
◆2019年6月6日より 「歌とこころと心のさんぽ」に改題しました。
「ジグソーパズル」 自作短歌百選(2006年5月~2009年2月)

◎たまに見るページ

一減一増。捨てネコを保護 2011年9月19日
胸は男女の象徴としてあり 2015年2月12日
好きこそ何とか、ものを創るとは好きを極める事 2015年4月22日
文字の持つ多様な姿 2015年7月27日
他人を寄せ付けるか、あるいは自分が寄っていくか 2015年10月8日




フリーページ

コメント新着

sunkyu@ Re[1]:■ 庭木の剪定作業に入った(06/25) 木原東子さんへ 普段使わない筋肉を使っ…

© Rakuten Group, Inc.