2705084 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

歌 と こころ と 心 の さんぽ

2017.02.05
XML
カテゴリ:気まぐれ短歌

♪ 二万人収容ホールに十席のみ画面に眺む歌会始


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



 遅ればせながら、今年度(平成29年)の歌会始。
 お題は「野」で、米国など海外19の国・地域からの163首と、点字での29首を含める、失格を除いた応募総数は2万205首。この内一般入選歌は10首という狭き門。

 今回は応募しそこなったので、来年は是非入選を果たしたい・・・。入選歌を見てもそう特別いい歌もない気がするし、今から準備してたくさん作ればなんとかなるんじゃないかなんて。
 しかし、競争率が半端じゃない。よほど運がいい人でないと無理な気もしてくる。

天皇陛下の御歌

邯鄲の鳴く音聞かむと那須の野に集ひし夜をなつかしみ思ふ

 入選するには、ちょっと違う視点から見た月並みではない、表現に工夫があって観念的でないもの。変に嘘臭くない情景が浮かんでくるような歌が求められる。そんな歌を20~30首ほど作ってみるか。少しは短歌のことが分かって来たので、入選歌を分析してその採られた理由を探り、確率0.0005%に賭けてみようか。

 何にしても集中してモチベーションを持続し、為すべきことを徹底してやることで見えてくるものがある。それをするしか目的を達成する道はないと言っても過言ではない。
 お題は「語」で、締め切りの9月30日まで、時間はたっぷりある。

 皇族と選者、一般の入選歌を記しておきます。
 
皇后陛下
 土筆摘み野蒜を引きてさながらに野にあるごとくここに住み来し
皇太子さま
 岩かげにしたたり落つる山の水大河となりて野を流れゆく
皇太子妃雅子さま
 那須の野を親子三人(みたり)で歩みつつ吾子に教ふる秋の花の名
秋篠宮さま
 山腹の野に放たれし野鶏らは新たな暮らしを求め飛び行く
秋篠宮妃紀子さま
 霧の立つ野辺山のあさ高原の野菜畑に人ら勤(いそ)しむ
秋篠宮家長女眞子さま
 野間馬の小さき姿愛らしく蜜柑運びし歴史を思ふ
秋篠宮家次女佳子さま
 春の野にしろつめ草を摘みながら友と作りし花の冠
常陸宮妃華子さま
 野を越えて山道のぼり見はるかす那須野ヶ原に霞たなびく

 【召人】(敬称略)
久保田淳
 葦茂る野に咲きのぼる沢桔梗(ぎきやう)冴えたる碧に今年も逢
 へり


 【選者】(敬称略)
篠弘(83)歌誌「まひる野」代表
 書くためにすべての資料揃ふるが慣ひとなりしきまじめ野郎
三枝昂之(72)山梨県立文学館長
 さざなみの関東平野よみがへり水張田を風わたりゆくなり
永田和宏(69)京都大名誉教授、朝日歌壇選者
 野に折りて挿されし花よ吾亦紅あの頃われの待たれてありき
今野寿美(64)現代歌人協会会員
 月夜野の工房に立ちひとの吹くびーどろはいま炎(ひ)にほかなら
 ず

内藤明(61)早稲田大教授
 放たれて朝(あした)遥けき野を駆けるふるさと持たぬわが内の馬

 【入選者】(敬称略)(年齢順)
政井繁之(81)元警察官(岐阜県)
 如月の日はかげりつつ吹雪く野に山中(さんちゆう)和紙の楮をさ
 らす

上田国博(81)無職(東京都)
 歩みゆく秋日ゆたけき武蔵野に浅黄斑蝶(あさぎまだら)の旅を見
 送る

小松美佐子(80)主婦(長野県)
 宇宙より帰る人待つ広野には引力といふ地球のちから
斎藤和子(71)主婦(千葉県)
 筆先に小さな春をひそませてふつくら画(ゑが)く里の野山を
平田恭信(68)医師(東京都)
 手術野(しゆじゆつや)をおほふ布地は碧み帯び無菌操作の舞台整
 ふ

西出和代(64)元司会業(東京都)
 父が十野菜の名前言へるまで医師はカルテを書く手とめたり
角田正雄(62)公益財団法人職員(宮城県)
 積み上げし瓦礫の丘に草むして一雨ごとに野に還りゆく
山本英吏子(42)主婦(新潟県)
 友の手をとりてマニキュア塗る時に越後平野に降る雪静か
鴨下彩(17)高校生(東京都)
 野原ならまつすぐ走つてゆけるのに満員電車で見つけた背中
杉本陽香里(17)高校生(新潟県)
 夏野菜今しか出せない色がある僕には出せない茄子の紫


 来年(平成30年)の応募規定など、詳細は「宮内庁」へ。




◆2006年5月8日よりスタートした「日歌」が千首を超えたのを機に、「游歌」とタイトルを変えて、2009年2月中旬より再スタートしました。
◆2011年1月2日からは、楽歌「TNK31」と改題してスタートすることにしました。
◆2014年10月23日から「一日一首」と改題しました。
◆2016年5月8日より「気まぐれ短歌」と改題しました。

「ジグソーパズル」 自作短歌百選(2006年5月~2009年2月)

短歌集「ミソヒトモジ症候群」円居短歌会第四歌集2012年12月発行

「手軽で簡単絞り染め」






最終更新日  2017.02.05 09:05:18
コメント(0) | コメントを書く
[気まぐれ短歌] カテゴリの最新記事


PR

プロフィール


sunkyu

カレンダー

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

◆2006年5月8日よりスタートした「日歌」が千首を超えたのを機に、「游歌」とタイトルを変えて、2009年2月中旬より再スタートしました。
◆2011年1月2日からは、楽歌「TNK31」と改題しました。
◆2014年10月23日から「一日一首」と改題しました。
◆2016年5月8日より「気まぐれ短歌」と改題しました。
◆2017年10月10日より つれずれにつづる「みそひともじ」と心のさんぽに改題しました。
◆2019年6月6日より 「歌とこころと心のさんぽ」に改題しました。
「ジグソーパズル」 自作短歌百選(2006年5月~2009年2月)

◎たまに見るページ

一減一増。捨てネコを保護 2011年9月19日
胸は男女の象徴としてあり 2015年2月12日
好きこそ何とか、ものを創るとは好きを極める事 2015年4月22日
文字の持つ多様な姿 2015年7月27日
他人を寄せ付けるか、あるいは自分が寄っていくか 2015年10月8日




フリーページ

コメント新着


© Rakuten Group, Inc.