000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

歌 と こころ と 心 の さんぽ

2017.10.09
XML
カテゴリ:気まぐれ短歌

♪ もやもやと頭を巡る情景を寄せて未本に認(したた)め置かん


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

未本は、手創りの白紙の本



 才能なんか無いのに、色んな事をやりたがる癖がある私は、小説が書きたいとずっと思っていた。文学青年でもないしロクに本も読まないくせにだ。

 大概の事(小さな)は自分で勝手にやってきたが、小説にはさすがに手が出せないでいた。本を読んでこなかったのだから、そんなこと恐れ多くて身の程知らずだとずっと思っていた。そんな事をしている時間も状況もなかったというのも事実。

 しかし、この歳になってもまだ、その書いてみたいという気持ちが無くならない。時間もあり、状況もいい今なら、それが可能だなぁと思い始めている。
 カズオ・イシグロのノーベル文学賞に刺激されたわけでもないのだが・・





10年振りにランキングに参加してみました。ポチッと押していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ









最終更新日  2017.10.09 09:45:23
コメント(2) | コメントを書く
[気まぐれ短歌] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:■ 小説を書く・・(10/09)   sweetranran さん
エッセイでなく小説なんですね!!
ジャンルはファンタジーかな、ミステリーかな、ホラーかな??

すごく期待しちゃいますよ~
ぜひぜひ書いてください。読みたーい!

東野圭吾の「ナミヤ雑貨店の奇蹟」小説すっごくおもしろかったので、映画見てきましたが、やはり本のほうが数倍よかったです。 (2017.10.10 15:25:56)

Re[1]:■ 小説を書く・・(10/09)   sunkyu さん
sweetranranさんへ

ダメですよ!期待なんかしちゃ。
まったくの素人なんだから。
素人の自慢するものって、大概ロクなもんじゃないでしょう。
所詮、世間知らずの自己満足なんだから。

ただ、「書いてみると、自分でも思ってなかったものが出て来たりして楽しいですよ」という経験者もいて、自己満足でもいいから書ければ、それはそれで楽しいだろうなとは思いますよ。

東野圭吾の名前なんか出されたら、困るわー。
横綱に立ち向かう相撲も知らない素人の気分になって、ただただ怖気ずくだけだからねぇ。

まあ極々、個人的な楽しみとして、遠くから眺めていてください。実際、形になるかどうかも分からないしね・・・。

(2017.10.10 17:03:30)

PR

プロフィール


sunkyu

カレンダー

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

◆2006年5月8日よりスタートした「日歌」が千首を超えたのを機に、「游歌」とタイトルを変えて、2009年2月中旬より再スタートしました。
◆2011年1月2日からは、楽歌「TNK31」と改題しました。
◆2014年10月23日から「一日一首」と改題しました。
◆2016年5月8日より「気まぐれ短歌」と改題しました。
◆2017年10月10日より つれずれにつづる「みそひともじ」と心のさんぽに改題しました。
◆2019年6月6日より 「歌とこころと心のさんぽ」に改題しました。
「ジグソーパズル」 自作短歌百選(2006年5月~2009年2月)

◎たまに見るページ

一減一増。捨てネコを保護 2011年9月19日
胸は男女の象徴としてあり 2015年2月12日
好きこそ何とか、ものを創るとは好きを極める事 2015年4月22日
文字の持つ多様な姿 2015年7月27日
他人を寄せ付けるか、あるいは自分が寄っていくか 2015年10月8日




フリーページ

コメント新着

sunkyu@ Re[1]:■ 庭木の剪定作業に入った(06/25) New! 木原東子さんへ 普段使わない筋肉を使っ…

© Rakuten Group, Inc.