2183266 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

歌 と こころ と 心 の さんぽ

2021.03.06
XML
カテゴリ:身辺の変化

♪ 三月や木草(きくさ)弥(いや)生(お)ひ茂りゆく雨は天地の賛歌と思う

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 けっこう降りましたねぇ、昨日の雨は。どこにも行けないと思いつつも、家の外が好きなのでついでかけてしまい、いつもの秘密の場所へ行って一日過ごていた。夕方、泥足で帰って、爺さまに叱られてしまった。
 一階に通用口が出来たので、わざわざ2階まで行かずに済むのはいい。けど、どうしたって外を歩いて来たまま、すぐその足で家の中に入るので家の中がザラザラになっている。雨の日は外出禁止って言われてもねぇ。

””
何か、足の泥を落とすようなものを置いてもらわないと・・・

 昨日の様な雨の日は足が泥だらけだから、そりゃあもう大変だわね。一応雑巾が置いてあるけど、雑巾で足を拭くなんてことは躾られてなしねぇ。それでも、雑巾が砂だらけになっていたので無いよりはましか・・。


””

 一昨日、せっかく取り付けた雨樋があまり効果が無くて、爺さまはガッカリしていた。横に流す樋に傾斜が付けられていないのが原因らしい。「こりゃあ強引にでも受け金具の錆びついた釘を引っこ抜いて、角度を下げてやらんといかんなぁ」。ダメなら元の所へ戻すしかないらしい。車の邪魔になるのは、庇を移動するのでなんとかなるんじゃないかなと。

 幸い今日はいい天気で、最高気温が19℃ぐらいまで上がるらしい。朝のうちに直しとくつもりとか。
 弥生3月。本格的な春がやって来るねぇ。もう、あの気まぐれな寒さは来ないだろうから、嬉しいったらありゃしない。
 玄関のシクラメンはまだ立派に咲いている。これにはほんと、感心してしまう。

””
1月8日に撮影。左のは10月下旬に買ってきたもの。
 右のは一昨年に小さいのを買って、夏もそのまま放置してあった。秋に小さな花芽が出ているのに気づき、一回り大きい鉢に植え替えたらしい。

””

 管理と言うような事は何もしていなくて、液体肥料を1回やっただけらしい。それでもたくさんの花をつぎつぎに開いてくれている。左のピンク方はさすがにもう終わりにちかいけれど、赤い方はまだ持ちそうだ。

「弥生」の語源は、漢字「弥(いや)」は、ますます・いよいよという意味があり、「生(おい)」は、草木が芽吹くこと。それで、三月になると少しずつ春が近づき始め、冬の間は縮こまっていたたくさんの花や木草が一斉に成長する月なので「木草(きくさ)弥(いや)生(お)ひ茂る月」が「弥生(やよい)」と詰まって呼ばれるようになったんだって・・。

””
あまりの暖かさに、アランも朝からこんな感じに・・

「このブログは2020年8月22日より、飼い猫ピピの目線で書いています。タイトルの頭に ◇ が付いてますが一部例外があります。日によって文体が違ったりしますが、未熟さを面白がりつつやり過ごして頂けるとありがたいです。」






最終更新日  2021.03.07 07:09:23
コメント(0) | コメントを書く
[身辺の変化] カテゴリの最新記事


PR

X

プロフィール


sunkyu

カレンダー

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

◆2006年5月8日よりスタートした「日歌」が千首を超えたのを機に、「游歌」とタイトルを変えて、2009年2月中旬より再スタートしました。
◆2011年1月2日からは、楽歌「TNK31」と改題しました。
◆2014年10月23日から「一日一首」と改題しました。
◆2016年5月8日より「気まぐれ短歌」と改題しました。
◆2017年10月10日より つれずれにつづる「みそひともじ」と心のさんぽに改題しました。
◆2019年6月6日より 「歌とこころと心のさんぽ」に改題しました。
「ジグソーパズル」 自作短歌百選(2006年5月~2009年2月)

◎時々見直すページ
 ◆ 一減一増。捨てネコを保護 2011年9月19日
 ◆ 胸は男女の象徴としてあり 2015年2月12日
 ◆ 好きこそ何とか、ものを創るとは好きを極める事 2015年4月22日
 ◆ 文字の持つ多様な姿 2015年7月27日
 ◆ 他人を寄せ付けるか、あるいは自分が寄っていくか 2015年10月8日




フリーページ

コメント新着

sunkyu@ Re[1]:〇 刺激が欲しいけど、リスクは背負いたくないし・・(04/05) New! 木原東子さんへ ありがとうございます。 …

© Rakuten Group, Inc.