2825585 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

歌 と こころ と 心 の さんぽ

歌 と こころ と 心 の さんぽ

2021.04.20
XML

♪ ワクチンの後手後手の声に唱和して新株の名のカノン流れくる

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 家の前の更地の工事が遅れているのは何故か、市の都市計画課で聞いてきた。書類は市から県に行ったのが4月の1日で、審査を行っているところらしい。問題があるという話は来ていないので、年度末と新型コロナの影響で諸々に遅れが出ているせいだろうとのこと。
「元々、宅地だった所だし、遺跡が出てきたわけじゃないからねぇ、問題なんかあるはずがない」と、こっちも思っている事を吐露したりして・・・。

「丸裸になっていて砂ぼこりが家に飛んでくるし、先日のような大雨が降ると家の庭に雨水が流れ込んできて困っているので、早く何とかしてほしい」「連休明けなるのかねぇ」と訊いてみたが、許可が下りる時期は分からないという。やれやれ、そしてちょっとガッカリの朝だった。


 菅総理が、今頃やっとその気になっのか、電話でファイザー社にワクチンの供給を頼んだという。成果を勝ち取ったみたいのことを言っているようだが、実態はまったく違うようだ。

 日米首脳会談の内容もさることながら、新型コロナウイルスワクチン供給をめぐり、見せ場にしようともくろんだ米ファイザーとの交渉は、鼻であしらわれてしまった。それで、CEOを滞在先のワシントンに呼びつけて「首相による直接交渉」の形をとって局面打開を狙ったものの、強気のファイザー社が乗って来るはずもなく、見事に一蹴されてしまった。

 それではと、首脳会談終了後にワシントンの菅とニューヨークのブーラCEOを電話でつなぎ、協議するという目論見を立てる。河野行革相が〈直接ファイザーと話をする〉と交渉役に名乗りを上げると、ファイザー側は〈首相を出してほしい〉と逆指名してきたらしい。一閣僚は相手にしないという強烈な意思を示したことになる。

「新型コロナ対策で対面から電話に切り替えたとされていますが、袖にされた菅首相のメンツを立てたアナウンスに過ぎない」と永田町関係者は飽きれている。
 
 政治ジャーナリストの角谷浩一氏は「ファイザー社には世界中からリクエストが殺到している。日本国総理大臣が訪米するから、直接話そうなんて虫のいい話が通らなかったのでしょう。これをもって後手後手と言わず、何を後手後手と言うのかというほどのお粗末さ。菅首相には国民の暮らしと生命を守る危機管理能力がないことが改めて浮き彫りになったと言っていい」と手厳しい。

””
到着したファイザー製の新型コロナワクチン SankeiBiz より

 まったく、<内弁慶>の<井の中の蛙>そのもの。
 頭の回転が悪い上に記憶力もあまり信頼できそうにない。何せ、今年73歳になるもうじき後期高齢者に仲間入りする年齢だ。この歳で惚けてしまう人は少ないけれど、それまで如何に幅広い多様で柔軟な脳の使い方をして来たかが問題なのだ。
 得意なことばかりやって来た人は偏った脳の使い方しかしていないので、不具合が起こるのも早いと言われている。

 長いこと官房長官なんかやってきて、決まりきった脳の使い方しかしてこなかったのだろう。人事で強権を振り回し、気に入らない意見や人を排斥してきたのも、立場がそれを許し他に過ぎない。それで良い気になってふんぞり返っていたように思う。

 私も同世代なので脳の衰えは良く分かる。記憶力がガクッと落ちて新しい情報が脳に留まってくれない。海馬が嫌々をして、右から左に抜けて行ってしまう。原稿が無かったら喋れない菅総理の状況が、手に取るように分かります。健康長寿ネットより↑

 菅総理は1948年生まれ(名古屋市長の河村たかしも)で、私は1949年生まれの一つ下です。1949年生まれの主だった著名人は次の通り。皆さん、まだまだ元気に頑張っておられるようです。

 村上春樹(作家)、林望(作家・大学教授)、
 北村薫(作家)、
 市村正親(俳優)、風間杜夫(俳優)、
 さとう宗幸(歌手・俳優)、高橋真梨子(歌手)、
 岸部四郎(歌手・俳優)、
 南こうせつ(歌手)、小川知子(女優・歌手)、
 高橋真梨子(歌手)、武田鉄矢(俳優、歌手)、
 伊武雅刀(俳優)、大竹まこと(俳優、タレント)、
 堀内孝雄(歌手)、松崎しげる(歌手)、
 火野 正平(俳優)、矢沢永吉(歌手)、
 ガッツ石松(ボクサー・タレント)、
 テリー伊藤(演出家)、間寛平(タレント)、
 松本隆(作詞家)、
 森田健作(俳優・元千葉県知事)
 宮本文昭(オーボエ奏者・指揮者)、
 海江田万里(政治家・経済評論家)、
 江畑謙介(軍事評論家・ジャーナリスト)、
 手嶋龍一(ジャーナリスト・作家)、
 後藤謙次(ジャーナリスト・大学教授)、
 萩尾望都(漫画家)、諸星大二郎(漫画家)、
 柳井正(ユニクロ代表取締役会長兼社長)、
 関野吉晴(医師・探検家)、
 木村秋則(無農薬農業)、

 因みに、安倍 晋三は1954年生まれ(今年67歳)、ジョー・バイデンは1942年生まれ(今年79歳)。






最終更新日  2021.04.25 18:54:10
コメント(0) | コメントを書く
[新型コロナウイルス] カテゴリの最新記事


PR

プロフィール

sunkyu

sunkyu

カレンダー

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

◆2006年5月8日よりスタートした「日歌」が千首を超えたのを機に、「游歌」とタイトルを変えて、2009年2月中旬より再スタートしました。
◆2011年1月2日からは、楽歌「TNK31」と改題しました。
◆2014年10月23日から「一日一首」と改題しました。
◆2016年5月8日より「気まぐれ短歌」と改題しました。
◆2017年10月10日より つれずれにつづる「みそひともじ」と心のさんぽに改題しました。
◆2019年6月6日より 「歌とこころと心のさんぽ」に改題しました。
「ジグソーパズル」 自作短歌百選(2006年5月~2009年2月)

◎たまに見るページ

一減一増。捨てネコを保護 2011年9月19日
胸は男女の象徴としてあり 2015年2月12日
好きこそ何とか、ものを創るとは好きを極める事 2015年4月22日
文字の持つ多様な姿 2015年7月27日
他人を寄せ付けるか、あるいは自分が寄っていくか 2015年10月8日




フリーページ

コメント新着

sunkyu@ Re[1]:■ 夏雲と一緒に(07/31) 木原東子さんへ 本当にたくさんの閲覧とコ…

© Rakuten Group, Inc.