2260718 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

歌 と こころ と 心 の さんぽ

2021.05.17
XML
カテゴリ:素晴らしいこと

♪ 先走る季節にまどい巣ごもりに人人たりてものを生みおる

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 旧い親友悦ちゃんが名古屋から、雨の中を作品展に来てくれた。感性と価値観、生き方がよく似たもの同士なのでマスクするのも忘れてあれこれと話しが弾んで、とても楽しかった。
 何でも自分でやって見ようとする英語と料理が得意な前向きな女性で、同じ歳ながらずっとお姉さん的な貫禄と実力をもっている魅力的な人。健康志向がとても強くて添加物の入ったものは一切口にしないし、身体に良いものは進んで摂るようにしている。心も体も健康美人だね。

 そんな彼女が、手作りのパンを持参してくれた。レシピが添えられていて、グローバルな聞いたこともない食材だけで作られているその徹底的な内容を見て驚かない人はいないでしょう。

””

””


 小麦粉、米粉、ふすま粉、全粒粉の生地で、割合はオリジナルなんでしょうか。初体験のパンであることは間違いない。

””

 焼くまえに少し食べてみてて充分美味しかったけれど、オーブントースターで軽く焼いて食べることにした。
 バターなど付けないで、そのままで食べた。 うま~~~~~い!!!
 ムッチムッチのなかにレーズンの甘みが効いて、イチジクの歯触りと胡桃の食感が心地よく味が濃厚でボリュームたっぷり。ホテルの朝食なんか場外にぶっ飛ばし、栄養満点の大谷翔平級の特大ホームランといったところ。何と贅沢で豪勢なパンだこと。ブランチに食べてもよさそうだ。

 こんなの食べたら、大手の工場生産の添加物だらけのパンなんか(比べるのも失礼)食べる気がしなくなっちまう。カミさんが、パンドミが好きでよく買って来るけど、それだってコスパを考えて作ってあるわけで・・。



 先日、東海市に新しいパン屋が出来たらしいので、どんなもんかとウォーキングのついでに買って帰ったことがあった。2種類の食パンのうち、シンプルな方「ひらめき伝説」を選んでみた。これが何と1斤800円もする。「究極のぶどう」の方は1,000円以上の値段が付いていた。これで不味いはずはないだろうと、期待は膨らんだものだ。

”” ””
画像は拡大します。
パンの材料に「他」と付いているのは何を意味しているのか? ちょっとばかり気になる。

 翌朝に食べたわけだけれど、肌理が細かくフワフワ感はまだ十分あって焼かずにそのまま、何も点けずに食べてもみた。“厚切りにして表面だけかりッと焼いて、真ん中を十字に切ってバターを落とす” なんて食べ方を勧められていた。けれど、いかにも甘い、甘すぎる。これじゃあ菓子パンじゃないか。
 蜂蜜を付けて食べることを考えれば、その手間が省けるのかも知れないが、夫婦そろって甘さの強い食パンは苦手なのだ。結局、パン好きのお嫁さんに半分あげてしまった。


 悦ちゃんのパンには値段が付けられないだろうね。手作りというところが良いわけで、金に糸目をつけ付けず徹底して自分の納得できるものを作る。そのことに意味があるし、喜びがある。無添加のものは本当の味がする。それは自分で作るしかない。

 そういえば、カミさんが以前勤めていた歯科医の奥さんが悦ちゃんとよく似た人だった。最高の材料で作るケーキを何度か頂いたことがあるけど、そりゃあもう文句なしに美味しかった。
 味を追求すれば当然オーガニックと無添加に行きつくわけで、決して健康志向だけではないんですね。本物を追求することは生き方にも通じていて、自分軸をしっかり持って周囲に惑わされない。
 人間の本物の味をクロスオーバーしながら作りゆき、相乗効果が全体を包み込むように広がっていく・・・






最終更新日  2021.05.17 21:25:27
コメント(0) | コメントを書く
[素晴らしいこと] カテゴリの最新記事


PR

X

プロフィール


sunkyu

カレンダー

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

◆2006年5月8日よりスタートした「日歌」が千首を超えたのを機に、「游歌」とタイトルを変えて、2009年2月中旬より再スタートしました。
◆2011年1月2日からは、楽歌「TNK31」と改題しました。
◆2014年10月23日から「一日一首」と改題しました。
◆2016年5月8日より「気まぐれ短歌」と改題しました。
◆2017年10月10日より つれずれにつづる「みそひともじ」と心のさんぽに改題しました。
◆2019年6月6日より 「歌とこころと心のさんぽ」に改題しました。
「ジグソーパズル」 自作短歌百選(2006年5月~2009年2月)

◎たまに見るページ

一減一増。捨てネコを保護 2011年9月19日
胸は男女の象徴としてあり 2015年2月12日
好きこそ何とか、ものを創るとは好きを極める事 2015年4月22日
文字の持つ多様な姿 2015年7月27日
他人を寄せ付けるか、あるいは自分が寄っていくか 2015年10月8日




フリーページ

コメント新着

sunkyu@ Re[1]:○ 母の日のBBQに招待された(05/10) 木原東子さんへ でしょぉ~。こんな事初め…

© Rakuten Group, Inc.