2412224 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

歌 と こころ と 心 の さんぽ

2021.08.07
XML
カテゴリ:解体と造成

♪ 暇人はいざこざさえも楽しんで氷のグラスにジンなみなみと

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 隣家の庭の上を今までよりも少しだけ電線が多く空を横切るようになって、憤慨している。鳥が止まって糞をするので洗濯物が汚れる率が高くなったという事らしい。中電に言えば鳥が止まれなくするものを付けてくれるらしいとうので、中電に来てもらった。
 車が入れないので取り付け出来ないのと、付けたとしても劣化するので取り替えないといけないらしい。それで電柱を少し移動させるというが、条件が悪くあまり効果が期待できそうにないと、隣家は不服で相変わらずフンガイしている。

””

 電線が私の屋根の上を横切るように電柱を新設したために起こった問題なので、それを許可した私の方にも不満があるらしい(誤解)。それならいっそ、最初に中電に説明を求めた時に代替案として出た、“わが家にもう一本電柱を立ててルート変更する” というのをやってやろうじゃないの、と。

 車が入るのには支障のない場所を検討し、可能だろうと判断。庭に電柱が立つことに、カミさんは抵抗があるらしいが、ああもフンガイしている顔を見たくない。人助けと思って、カミさんにも納得してもらうしかない。

 中電の担当者が丁寧な対応をしているにも拘らず、なぜか慇懃無礼な印象を持ってしまう。どうも理系の持っている言語感覚が文系のそれと違って、実務的な方向に偏っているためらしい。本人は真面目に一生懸命やっているのだろうけど、ある種の言葉が足りないがために誤解されるのだろう。頭は良いのだろうけど・・・っていうやつで、ちょっと残念に思う。。

””
向こうに見える電柱は撤去されることになるらしい。

 コーナーから少し内側にして、屋根を設ける邪魔にならない絶対無二の場所を設定しなければいけない。屋根が出来ればそれと同化して、そんなに目障りにはならないんじゃないかと思う。


 工事はほぼ終わったが、もう一つやることがあると工事の責任者・石黒さんが言っていた。それがこれ。法(のり)面に草の種を吹きつけて崩壊するのを防ぐもくてきにやるもので、知多市の都市計画課?の意向でもあるらしい。石黒さんは「あんまり意味がないと思うんですけどねぇ」と、呟いた。

”” ””

””
まず全体に吹きかけて、濃度の違うもので再度吹き付けていた。

 クローバーと茅系?とあと1種類、3種類の種が混在している。保湿剤と接着剤、肥料とが混ぜてあるのだろう。
 他の雑草が生える前に法面がグリーンに被われるというのは、傍目からも悪くない。嫌でも目に入る身としては、少しでも土の面が隠れるのは有難いことです。

 涼しくなった夕方、ピピが用足しに出てきた。

””

”” ””

 毎日、緊張気味で騒音にも耐えていたが、何となくホッとしているようにも見えるが、工事が終わった事など知るよしもない。


””
かくして一日が暮れていったのでした。







最終更新日  2021.08.07 10:03:44
コメント(0) | コメントを書く


PR

X

プロフィール


sunkyu

カレンダー

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

◆2006年5月8日よりスタートした「日歌」が千首を超えたのを機に、「游歌」とタイトルを変えて、2009年2月中旬より再スタートしました。
◆2011年1月2日からは、楽歌「TNK31」と改題しました。
◆2014年10月23日から「一日一首」と改題しました。
◆2016年5月8日より「気まぐれ短歌」と改題しました。
◆2017年10月10日より つれずれにつづる「みそひともじ」と心のさんぽに改題しました。
◆2019年6月6日より 「歌とこころと心のさんぽ」に改題しました。
「ジグソーパズル」 自作短歌百選(2006年5月~2009年2月)

◎たまに見るページ

一減一増。捨てネコを保護 2011年9月19日
胸は男女の象徴としてあり 2015年2月12日
好きこそ何とか、ものを創るとは好きを極める事 2015年4月22日
文字の持つ多様な姿 2015年7月27日
他人を寄せ付けるか、あるいは自分が寄っていくか 2015年10月8日




フリーページ

コメント新着

sunkyu@ Re[1]:〇 こころの窓を開いておく(10/17) 木原東子さんへ バイリンガルの人がとても…

© Rakuten Group, Inc.