2831164 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

歌 と こころ と 心 の さんぽ

歌 と こころ と 心 の さんぽ

2022.05.17
XML
カテゴリ:ウォーキング

♪ 意思のなき艸の調和の美しく異質なものがその和を乱す

 久しぶりに朝(5時50分)のウォーキングに出た。曇天で朝日は見えず、人影が少ない。暑からず寒からず、風もない絶好のコンディションなのに、挨拶が出来たのは20組ほどでちょっと寂しい。

 鶯は3方向から聞こえてきたが、杜鵑は鳴いていないし、小綬鶏の声もない。田植えが終わった田んぼにも蛙の声がほとんど聞こえない。雉が一声発したのを最後に、雉鳩や椋鳥の声がときたまするぐらいでとても静かな朝だ。不順な天候のせいで、人も野鳥もイマイチ季節を謳歌する気分になれないのかも知れない。

 さまざまな花が咲いてとても華やかなこの季節。黄色から紫まで虹色を網羅するごとくに野や庭先を彩っている。

 


 でも最近の私は、自然が作り出す、無作為の衒(てら)いのない風情に心惹かれるようになった。人の手を離れたところで、偶然のうちに絶妙なバランスで整っているそれらこそ「本当の美」のような気がしている。



拡大します

 今朝、ウォーキング中にパークロードで撮って来た写真もそんな要素をもっているものばかり。







 人工的なものでも、手を入れすぎず自然のままの状態を残しておくことで、得も言われぬ味が出て来る。きれいに整いすぎたものには、情感を刺激する「1/ f 揺らぎ」のようなものがないので、味もなければ心を癒してくれるような要素もない。

 なばなの里のイルミネーションとか、きれいに色分けされて植えられたチューリップ庭園などには、全くそんな要素が感じられない。美しいだけの人工的な美は、心のどこにも栄養を与えてくれない。

  * ウクライナ応援の思いを込めて、背景を国旗の色にしています。






最終更新日  2022.05.17 11:04:45
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

プロフィール

sunkyu

sunkyu

カレンダー

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

◆2006年5月8日よりスタートした「日歌」が千首を超えたのを機に、「游歌」とタイトルを変えて、2009年2月中旬より再スタートしました。
◆2011年1月2日からは、楽歌「TNK31」と改題しました。
◆2014年10月23日から「一日一首」と改題しました。
◆2016年5月8日より「気まぐれ短歌」と改題しました。
◆2017年10月10日より つれずれにつづる「みそひともじ」と心のさんぽに改題しました。
◆2019年6月6日より 「歌とこころと心のさんぽ」に改題しました。
「ジグソーパズル」 自作短歌百選(2006年5月~2009年2月)

◎たまに見るページ

一減一増。捨てネコを保護 2011年9月19日
胸は男女の象徴としてあり 2015年2月12日
好きこそ何とか、ものを創るとは好きを極める事 2015年4月22日
文字の持つ多様な姿 2015年7月27日
他人を寄せ付けるか、あるいは自分が寄っていくか 2015年10月8日




フリーページ

コメント新着

sunkyu@ Re[1]:■ 夏雲と一緒に(07/31) 木原東子さんへ 本当にたくさんの閲覧とコ…

© Rakuten Group, Inc.