2821279 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

歌 と こころ と 心 の さんぽ

歌 と こころ と 心 の さんぽ

2022.06.16
XML
カテゴリ:ウォーキング

♪ サプリメント飲んで笑って死にゆかん一日二錠の脳内ホルモン

 昨日は1日中霧雨が降っていて、涼しく過ごしやすい一日だった。明日以降は全国的に梅雨時特有の蒸し暑い日が続く様で、涼しい日を覚えている体にはかなり堪えそうだ。
 16日は、東京で前日より9度高い28度、福島は前日より11度も高い30度と真夏日になる予想。体調管理には、服装の調整が必要になる。

知多市

ウェザーニュース

tenki.com
こうして比べると気温が2~3度違うし、降水確率もずいぶん違う。数字よりも
イメージを持つことの方が大事だろう。

 こういう予想を見ないでウォーキングに出る人が多いようで、無頓着に習慣の服装のままで歩いている。こっちは半袖なのに、いくらなんでも途中で暑くなるだろうに。皮膚の(体温調整)機能を無視していては片手落ちだと、少々気になってしまう。

 「歩くことが認知症の予防になる」という内容の番組が、HHK BS1であった。
 世界ドキュメント「歩行は技術だ!-酸素取り込み、糖燃焼、代謝活性化-」多くの時間を座って過ごす現代人。その生活習慣は喫煙に次ぐくらい危険だと研究者たちは警告を発する。健康効果をもたらすウォーキング、その効果を最新の科学研究から探る(ドイツの研究から)

 ほとんどの時間を座って過ごす現代人。その生活習慣は喫煙に次ぐくらい危険だと研究者たちは警告を発する。一方、歩くことで細胞や臓器、免疫システムが活性化される。糖分を摂取した後に20分程度の歩行を行うことで、糖尿病患者の血糖値が下がる実験結果も。


 残念ながらこの深夜0時放送の番組は見そこなったが、“歩くことは如何に体や脳のために良いことか” 今更言うまでもない。しかし、実行しなければ意味がない。確かにここ数年、歩く人の数が増えているのは実感するところです。



 幻冬舎が「80歳の壁」という新書を出した。老年医学・精神科医によるもので、「人生100歳時代」のための指南書的な本らしい。新聞広告を見ただけだが、見出しの項目を読んだだけで内容は想像がつく。


(左は拡大できます。)
 ここに書いてあることの大方は実行しているし、もっともだと思う事ばかり。70を超えた今は体力の衰えを実感する毎日で、80を超えた時を想像すると先が思いやられる。今とはまったく違う状態がやって来るわけで、自分とどう折り合いをつけていくかが鍵になる。

 確かに80歳の前半に亡くなる人が多い。著名人も84~5歳で亡くなるニュースが目につきます。統計にもハッキリ表れていて、男は84歳が最も多く、女は91歳だ。


厚生労働省「人口動態統計」
72歳が多いのは、団塊の世代の絶対数が多いことによるもの。しかし、
74歳で死ぬ人が少ないのは何故か?


厚生労働省「人口動態統計」
2020年は新型コロナの感染が少し影響している。2000年以降の推移は、男女ともに、高年齢化と多人数化が進んでいることがわかる。男性は女性より高年齢化の進捗度合いが大きいが、女性はもともと高年齢化が進んでいたため変化の幅が狭い。


 なんでも自分で治すのが信条で、家具やちょっとした機械はもちろん、自分の体も最小限の医療を受けながら自分で治せるものは治してきた。それがそうもいかなくなった時が来たらどうするか。

 ♪ 誰だって何かで死ぬと思えども死よりも病を恐れる心 
                       俵万智「未来のサイズ」

 そして一番重要なのは精神的な部分でしょうから、考えてクリアできるものでもない。脳内ホルモンがどう変化するのか、そっちの研究をもっと深めてほしいもの。“体が動かなくても笑って死んでいけるようになる” ことが、優先順位は前のような気がしている。

  * ウクライナ応援の思いを込めて、背景を国旗の色にしています。






最終更新日  2022.06.16 10:48:12
コメント(0) | コメントを書く


PR

プロフィール

sunkyu

sunkyu

カレンダー

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

◆2006年5月8日よりスタートした「日歌」が千首を超えたのを機に、「游歌」とタイトルを変えて、2009年2月中旬より再スタートしました。
◆2011年1月2日からは、楽歌「TNK31」と改題しました。
◆2014年10月23日から「一日一首」と改題しました。
◆2016年5月8日より「気まぐれ短歌」と改題しました。
◆2017年10月10日より つれずれにつづる「みそひともじ」と心のさんぽに改題しました。
◆2019年6月6日より 「歌とこころと心のさんぽ」に改題しました。
「ジグソーパズル」 自作短歌百選(2006年5月~2009年2月)

◎たまに見るページ

一減一増。捨てネコを保護 2011年9月19日
胸は男女の象徴としてあり 2015年2月12日
好きこそ何とか、ものを創るとは好きを極める事 2015年4月22日
文字の持つ多様な姿 2015年7月27日
他人を寄せ付けるか、あるいは自分が寄っていくか 2015年10月8日




フリーページ

コメント新着

sunkyu@ Re[1]:■ 夏雲と一緒に(07/31) 木原東子さんへ 本当にたくさんの閲覧とコ…

© Rakuten Group, Inc.