2822622 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

歌 と こころ と 心 の さんぽ

歌 と こころ と 心 の さんぽ

2022.06.25
XML
カテゴリ:剪定

♪ 剪定の枝葉を資源として活かす無駄のなき世に戦争の音

 息子の家の庭木の剪定は、とりあえず伸び放題の正面の松の枝を減らす作業に終始して、「高枝切りはさみ」を使うところまではいかず。頭でっかちになってびっしりと枝葉を茂らせていたのを、“これでもか”とばかりに切りまくった。



 切り落した枝が積み重なって、歩くのも大変なものすごい量だ。手の届かないところがまだ残っているし、枝先を「高枝切りはさみ」で切る作業も残っている。

 それはそのままにして、次にウバメガシに取り掛かる。これもものすごい勢いがあって太い枝が大きく手を広げ、登るにも登れないほどに密集して天空をわが物にしている。太い枝を切って細い枝と入れ替える必要がある。入居した直ぐに買った脚立を、狭いところに無理やり立てて作業開始。目の前にある太い枝からつぎつぎと切り落していく。

 
左手前は花梨。これもかなりの勢いで伸びているので、大手術が必要だ。
切り落した枝は脚立が埋まるほどで、5段のブロック塀の高さほどになった。

 切り落した枝が狭い場所に重なって、入り込むことさえできない。樫の木の一種だけあって鋼のように粘りがあって強靭で、広がった枝は踏んでも跳ね返されるほど。こんなになるまで伸ばしちゃいけない。花を付けて、秋には雹のように実を落としてことごとく芽吹くのだから始末が悪い。
 
6年前はブロックとの間に空間があったし、枝もブロックの内側に収まっていた。
 今やもう、いつ崩壊するかもわからない塀を越えていて、枝がブロックに当たるとまずい。今後の事を考えると、木の勢いを止めてやる必要がある。
 大きくなった比翼ヒバも、他の木のような剪定が出来ないのでどう処理したらいいのか分からない。円錐形の裾の直径は5mぐらいあるだろうか。その外側に伸びた枝の中間で切ると、そこからはもう若芽が出ないだろうからね。何とかしたいので、ネットで調べてみるしかない。

 草も生え放題で、芝生は草の勢いに完全に駆逐されている状態。芝刈りならぬ草刈りが必要なので、カミさんが担当するものの左利き用の鎌が無いので難儀している。


伸び放題で、これじゃあ小次郎が走り回ることもできない。
 この草の中のあちこちに小次郎が掘った穴がある。落とし穴となって足を取られ、転びそうになる。下手をすると足をくじく恐れもあって、草刈りといえども侮れない。

 他にも松が2本、マキ、アラカシがあり、全部の剪定を梅雨明け前に終えるのは大変だが、どうもかなり早めに梅雨明けしそうな状況のようだ。切った枝の処分もしなければならず、雨ばかり降っているよりはいいのだが・・。
 家の近くの、月一回の草・枝の資源回収日は、6月から11月の間、第4月曜日 (午前7時30分から8時30分まで)(一部午前7時から8時まで)となっている。次の月曜日に出すとして、明日(日曜日)に枝を整理して、その日の内(回収日の前日)に出してしまうことはできないだろうか。かなりの量があるので、スペースがないと無理だが、どうなんだろう。



我が家のコスモスはすくすくと伸びている。
 先日、アサガオを植えた畑(まだスペースがある)に、緩効性肥料ともみ殻燻炭を梳き込み、残っていたコスモスの種を蒔いた。スペースの割に種が少なかったが仕方がない。

 それと、綿の種を買って家のポットに蒔いてあり、コットンボールが出来る様子を孫にぜひ見せてやりたいので、それも植えてやろうと思っている。
 今朝見たら、水曜日に蒔いたのがもう発芽しかかっている。

  * ウクライナ応援の思いを込めて、背景を国旗の色にしています。






最終更新日  2022.06.25 18:04:57
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:■ 庭木の剪定作業に入った(06/25)   木原東子 さん
これは大変。
よく茂ったものですね。
ドイツでは街中でも庭に5、6メートルもの木がそこら中にあります。庭が広いせいでしょうが。育つままにと言う感じです。

かなりの重労働になりそうですね。
お気をつけてなさってください。
(2022.06.27 20:29:53)

Re[1]:■ 庭木の剪定作業に入った(06/25)   sunkyu さん
木原東子さんへ

普段使わない筋肉を使ったりして、心地いい疲労感に浸っているのは良いんですが、回復が遅いのはどうにも歯がゆいです。

つづきをやろうにも梅雨が明けてしまって、毎日が真夏日、下手をすると猛暑日になったりしますから、やる気が失せてしまいました。
無理してやって熱中症にでもなったら、却って困るのは周りの人たちですからね。

これから3か月間はこの暑さと戦わないといけない。どうしましょう。
(2022.06.28 10:19:04)

PR

プロフィール

sunkyu

sunkyu

カレンダー

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

◆2006年5月8日よりスタートした「日歌」が千首を超えたのを機に、「游歌」とタイトルを変えて、2009年2月中旬より再スタートしました。
◆2011年1月2日からは、楽歌「TNK31」と改題しました。
◆2014年10月23日から「一日一首」と改題しました。
◆2016年5月8日より「気まぐれ短歌」と改題しました。
◆2017年10月10日より つれずれにつづる「みそひともじ」と心のさんぽに改題しました。
◆2019年6月6日より 「歌とこころと心のさんぽ」に改題しました。
「ジグソーパズル」 自作短歌百選(2006年5月~2009年2月)

◎たまに見るページ

一減一増。捨てネコを保護 2011年9月19日
胸は男女の象徴としてあり 2015年2月12日
好きこそ何とか、ものを創るとは好きを極める事 2015年4月22日
文字の持つ多様な姿 2015年7月27日
他人を寄せ付けるか、あるいは自分が寄っていくか 2015年10月8日




フリーページ

コメント新着

sunkyu@ Re[1]:■ 夏雲と一緒に(07/31) 木原東子さんへ 本当にたくさんの閲覧とコ…

© Rakuten Group, Inc.