3476824 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

歌 と こころ と 心 の さんぽ

歌 と こころ と 心 の さんぽ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2024.06.17
XML

♪ 「田園」をこころに鳴らし水無月の茶店であじわう深煎りブレンド


 東郷町にあるちょっと洒落た店「こんどう珈琲」に立ち寄った。コーヒーにこだわりを持った人気店で、自家焙煎の定番ブレンド「こんどうブレンド」「さわやかブレンド」「とうごうブレンド」「ふかいりブレンド」の4種類ある。「ふかいりブレンド」を飲んだが、美味しかった。

 店内にある観葉植物が目を引いた。名前を聞くと、「カシワバゴムノキ」「ゴムの木じゃないんですけどね」とのこと。



 確かに柏の葉に似ているので通称がそういう名前になっているというらしい。「カシワバアジサイ」なんて言うのもあるし、鯛じゃないのに「〇〇タイ」なんていう例はいくらでもある。

 それで例のごとくググってみると・・。
 学名がFicus lyrata「フィカス・リラータ」。クワ科イチジク属の非耐寒性の常緑性高木。原産地は熱帯アフリカとある。原生地の熱帯アフリカでは高さ12mくらいになる高木とある。

  
17,000円             49,500円          

 けっこう高価なもので、左のものはサイズ:全体の高さ:約175cm/幅:約70cm。プラスティク白鉢(8号)の高さ:26.5㎝/幅:23.5cmが、17,000円で売られていた。右側のなんか、受け皿付きで49,500円だ(サイズは分からない)。
 これから推量するとこの店のものは、10万以上の価値があるんじゃないだろうか。

 しかし、育て方や管理は意外にも簡単らしく、日陰でも育つし冬越しも室内ならばそう難しくは無いようだ。



 よくよく調べると、「フィカス(Ficus)」とは クワ科フィカス属の ゴムの木の仲間だとある。人気者のガジュマルや果物のイチジクも含まれており、800種以上あると言われているとか。
 フィカスの樹液に触れると皮膚がかぶれることがあり、カシワバゴムノキを扱う時も注意した方が良いという記述があった。

 ゴムの木の仲間らしいので、店長が「ゴムの木じゃないんだけどね」と言ったのは間違いだったわけだ。なんだかややこしい。こういう外来種は往々にして、名前や種類が錯綜してごちゃごちゃになったりする。
 英名は「fiddle-leaf fig」。fiddleはヴァイオリンのことで、figはイチジク。“ヴァイオリンの様な葉のイチジク” ということになる。イチジクもゴムの木の仲間らしいので、こういう呼び名でも間違いとは言えないわけだ。
フィカス・リラータ・バンビーノ


 バンビーノ(Bambino)はイタリア語で「男の子・少年」を意味していて、これはフィカス・リラータを矮小化させたタイプだ。


店内はゆったりとしていて、ガラスで仕切られた部屋もある。

 



 周りにはすがしい風が吹く田んぼが有り、田園交響曲が似合う大らかなシチュエーションの中にある。テラス席もあるので4~5月ころは外で、風の香りを聞きながら珈琲を飲むのも良いかもしれない。

 知多郡阿久比町にある「天気輪の柱」もやはり自家焙煎のこだわりの店で、田園を眺めながら珈琲が飲める。ここでは珈琲の木を何本も育てていた。そんなことを思い浮かばせる、ゆったりとしたひと時だった。

天気輪の柱
  
オーナーが宮沢賢治に傾倒し、文筆業もしている人。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024.06.17 12:00:18
コメント(0) | コメントを書く
[ちょっと嬉しいこと] カテゴリの最新記事


PR

プロフィール

sunkyu

sunkyu

カレンダー

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

◆2006年5月8日よりスタートした「日歌」が千首を超えたのを機に、「游歌」とタイトルを変えて、2009年2月中旬より再スタートしました。
◆2011年1月2日からは、楽歌「TNK31」と改題しました。
◆2014年10月23日から「一日一首」と改題しました。
◆2016年5月8日より「気まぐれ短歌」と改題しました。
◆2017年10月10日より つれずれにつづる「みそひともじ」と心のさんぽに改題しました。
◆2019年6月6日より 「歌とこころと心のさんぽ」に改題しました。
「ジグソーパズル」 自作短歌百選(2006年5月~2009年2月)

◎たまに見るページ

一減一増。捨てネコを保護 2011年9月19日
胸は男女の象徴としてあり 2015年2月12日
好きこそ何とか、ものを創るとは好きを極める事 2015年4月22日
文字の持つ多様な姿 2015年7月27日
他人を寄せ付けるか、あるいは自分が寄っていくか 2015年10月8日




フリーページ

コメント新着

sunkyu@ Re[1]:★ 雨上がりの緑陰の中を歩く 短歌10首(05/08) rankoさんへ おはようございます。返信が…

© Rakuten Group, Inc.
X