2450357 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

歌 と こころ と 心 の さんぽ

全551件 (551件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 56 >

一日一首

2016.05.07
XML
カテゴリ:一日一首

♪ 三千と六百五十日前の発句は今日の記念の一首


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



 とうとうやって来た、記念すべきこの日。
 一日一首を掲げて気楽に、時には必死で続けて来た短歌ブログが、今日、十年という大きな区切りの日を迎えた。長かったと言いたいところだが、あっという間の3,650日だった。


 その2006年5月8日の記念の歌
  ♪ アイサツの瞬間(せつな)に少したじろいで
                   視線およがす今朝は初霜

 「話をしたことがない近所の若者に交差点で遭ったとき、こちらからアイサツした時の歌」とあり、アイサツと片仮名表記し、瞬間を「せつな」と読ませるなど、初心者なりに考えて詠んでいるのがいじらしい。


  奈良時代〔和銅3 (710) ~延暦 13 (794) 年〕の末期ごろと言われている万葉集は、約450年間にわたる作品を収めてあり4500余首、多種多様な歌が収められています。
 今から1200年以上も前のものが連綿と受け継がれて今に至っている歌の世界。日本語の言葉の意味は変わっても韻律の心地よさは変わることなく、現在でも様々な形で受け継がれている。世界にも稀な才能を持っている日本人の言語感覚。

 初めは「五七調」として素朴で力強い感じを与えることを特徴としていたものが、時代と共に優しく優雅な感じを与えることを特徴とする「七五調」となってゆく。「今様(今風の、現代的なという意味。75757575で1コーラスを構成)」と呼ばれるようになって、今に至る。

今様-八坂神社
今様-八坂神社の節分祭

 「君が代」は短歌が基になった五七調の歌ではあるが、現代は七五調が様々なものに使われて生きている。そのリズムが、日本人の心に響きやすく覚えやすいため、交通標語や唱歌、歌謡曲などこれ無しでは始まらない。

 百人一首を口ずさみ俳句や川柳にいそしみ、何の疑いも無く七五調のリズムの中に身を置いている日本人。短歌はこれからも微妙に形を変えながら、七五調のリズムを楽しむためのものとして存在していくのでしょう。




◆2006年5月8日よりスタートした「日歌」が千首を超えたのを機に、「游歌」とタイトルを変えて、2009年2月中旬より再スタートしました。
◆2011年1月2日からは、楽歌「TNK31」と改題してスタートすることにしました。。◆2014年10月23日から「一日一首」と改題しました。

「ジグソーパズル」 自作短歌百選(2006年5月~2009年2月)

短歌集「ミソヒトモジ症候群」円居短歌会第四歌集2012年12月発行

「手軽で簡単絞り染め」






最終更新日  2016.05.07 11:15:21
コメント(2) | コメントを書く


2016.05.06
カテゴリ:一日一首
戸車

♪ 戸車を換へし引き戸は反抗期を過ぎて目覚めし非行少年


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



 36年も経っている玄関のガラスの引戸。ちょっとした加減でスムースに動かなくなり、難儀な思いをしていた。それで、戸車に油でも注せば動きが良くなると思い、戸を外してみた。

 なんと戸車の車の縁の部分がボロボロに欠けている。先日、網戸の張替えをやった時に、動きが悪いので油を注したり無くなっていた戸車を取り付けたりしていたので、簡単に考えていた。

戸車2


 ガラス戸は非常に重い。外すまではいいが、一旦取り外して横に置いたものを元へ戻すのに一苦労する。女性の手ではとても無理だ。この重い戸を2個の戸車で支えているのだから、そりゃあ30年以上も使っていれば痛むはずだ。
 ちゃんとレールの上に乗っている内はいいが、引いた時にレールからズレてまともに動かなくなっていたらしい。

 外して、カーマに持って行って同じものを探したが無い。あまりに古いので扱っていないらしい。廃番なのかもしれない。


戸車

 良く良く見れば代替品があるようだ。
 平行型というタイプだと分かり、寸法を計り該当するものを買って来た。

家研  サッシ用取替戸車 15-B-35型
戸車3

 ワンタッチではめ込むだけのもの。車の高さを調整ネジで合わせ、スポッと嵌め込んで完了。
 1,500円余りで新品の動きが戻って来た。長年の便秘が治った様な(経験はないが)爽快な気分。




◆2006年5月8日よりスタートした「日歌」が千首を超えたのを機に、「游歌」とタイトルを変えて、2009年2月中旬より再スタートしました。
◆2011年1月2日からは、楽歌「TNK31」と改題してスタートすることにしました。。◆2014年10月23日から「一日一首」と改題しました。

「ジグソーパズル」 自作短歌百選(2006年5月~2009年2月)

短歌集「ミソヒトモジ症候群」円居短歌会第四歌集2012年12月発行

「手軽で簡単絞り染め」






最終更新日  2016.05.06 08:18:40
コメント(0) | コメントを書く
2016.05.05
カテゴリ:一日一首
オクラの種まき

♪ ねんごろに愛でしオクラの種をまくねんねんころり芽の出てにこり


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



 昨年、鉢植えしていたオクラの種を採ってあったので、25日にポット蒔きした。暖かくなったと思っていたが、最低気温が一桁まで下がる日が続き、発芽には15度以上が条件らしいのでちょっと早まった感じ。 
 それと、オクラは芽が出にくいので一晩水に浸ける必要があるらしいが、それもしていない。

 2日ほど経ってから、 “ポットごとビニール袋をかぶせてやれば保温出来るじゃん” と天啓のごとく閃いた。さっそく袋をかぶせ、口元を縛って固定。袋の角一か所をハサミで切り取って空気穴を開ける。

 種は、蒔く場所で採れたものが一番いいと聞く。その環境に適合しやすいので生育がいいのだとか。市販の種は「サカタのタネ」でも今は外国生産が主流なので、その環境はかなり違うはずだ。

 そして、5日程が経った5月2日、出た! 発芽を確認。作戦は大成功だ。





 全くの素人なのでやること成すことみながテストケース。思い付きの出たとこ勝負。製本や料理、短歌やアートだって、何をやるにもこんな具合。試行錯誤の繰り返し。それが面白い。 


 息子が新居の母屋の前庭を芝生にしたいという。まだ引っ越したばかりでリフォームも進行中で、荷物の整理も何も出来ていない。家の中がそんな風なのに庭の方に格別の関心があるらしい。
 まあ、美大の専攻がスペースデザインなので、作庭に興味が有るのは必然か。

シバ模様刈り
模様刈り こんな酔狂は無理だが

 当然、手伝う事になる。芝を植える作業なんて初体験だ。これまた金を掛けず、道具もなしに、想像を働かせて粛々とやるだけだ。
 芝は1束で1平方センチ分らしいのでかなりの量が要る。連休明けになるので下手をすると手に入れそこなう恐れがある。こりゃ何か対策が必要だなあ。




◆2006年5月8日よりスタートした「日歌」が千首を超えたのを機に、「游歌」とタイトルを変えて、2009年2月中旬より再スタートしました。
◆2011年1月2日からは、楽歌「TNK31」と改題してスタートすることにしました。。◆2014年10月23日から「一日一首」と改題しました。

「ジグソーパズル」 自作短歌百選(2006年5月~2009年2月)

短歌集「ミソヒトモジ症候群」円居短歌会第四歌集2012年12月発行

「手軽で簡単絞り染め」






最終更新日  2016.05.05 08:16:48
コメント(0) | コメントを書く
2016.05.04
カテゴリ:一日一首
増税

♪ 搾取さる北朝鮮の夜は暗しわが発泡酒も搾取の矢壺


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



 木々が緑色の光を放ち、爽やかな風が吹き渡る。いよいよ本格的なビールシーズン到来だ。
 カミさんが、迷った挙句に新発売のアサヒの発泡酒・プライムリッチを買ってきてくれた。
 初めて飲んだ感想は、アロマホップ100%使用と謳うだけあってホップの香りいいのと、甘みさえ感じるマイルドな口当たり。苦味は殆ど感じない。アルコール度数が6%とちょっと高めなのは酒好きには有り難い。
アサヒ プライムリッチ

「高級な発泡酒」のうたい文句にそん色はないと思う。

 
 政府・与党は、15年度の税制改正大綱で、原材料や製法の違いなどから差をつけてきた「ビール」「発泡酒」「第3のビール」の税額を将来的に一本化する方針を示したが、衆院選があったため具体策は16年度改正に持ち越された。
 「ビール」「発泡酒」「第3のビール」(チューハイも)の酒税を55円程度に一本化する方針だ。

酒税

 ビール類の税額は、350mlミリリットル当たりビール77円、発泡酒47円、第3のビール28円となっている。ビール、発泡酒、新ジャンル商品合計税金が酒税の65.7%を占めている(平成25年度)。

 税率の安い方にスライドしてビールの売り上げが減っているため、税金を搾取する方法に知恵を絞った結果だ。「小癪な!」といって企業努力で創り上げて来た新商品の売り上げからごっそりと税を絞り取る気なのだ。独裁国の悪政に似ていないでもない。

酒税3


 こんな政府の横暴に業を煮やしながら、北朝鮮の夜の衛星画像を観て吃驚した。真っ暗なのだ。

北朝鮮の夜

 NASAのExpedition 38のクルーが今年1月30日にISSから撮影したもので、「平壌からの光の量は韓国のより小さな町に相当」するらしい。
 韓国の国民ひとりあたりの電力使用量は1万162キロワット時なのに対し、北朝鮮ではたったの739キロワット時と13分の1以下しか無いという。
 
 ビールどころか発泡酒も缶チューハイも無い。電気もなければ自由も無い。そろそろミサイルの弾も尽きてき、強硬姿勢も通じないとなれば万策尽きて、果ては食糧危機、餓死者の山の暗黒世界。

 日本は良い国だが、それを支えているのは国民だ。国民あっての国家であって、圧制で国を維持することなどこの時代にはあり得ない。心しろよアベさん。




◆2006年5月8日よりスタートした「日歌」が千首を超えたのを機に、「游歌」とタイトルを変えて、2009年2月中旬より再スタートしました。
◆2011年1月2日からは、楽歌「TNK31」と改題してスタートすることにしました。。◆2014年10月23日から「一日一首」と改題しました。

「ジグソーパズル」 自作短歌百選(2006年5月~2009年2月)

短歌集「ミソヒトモジ症候群」円居短歌会第四歌集2012年12月発行

「手軽で簡単絞り染め」






最終更新日  2017.05.25 07:04:29
コメント(0) | コメントを書く
2016.05.03
カテゴリ:一日一首
パンセ

♪ 連休も仕事も趣味もない猫とパンセのことなど考えている


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



 パスカルは、「パンセ」の中で、人間は何かに熱中していないと生きていけない生き物で、何かに熱中するのはやがて訪れる死の恐怖から目をそらし、死を忘れるためなのだという。

 趣味に打ち込むこともなく、仕事もない状態でじっと部屋に閉じこもっていると、気分がだんだん沈んでいく。人が熱中する仕事も学問も遊戯もみな「自分」という存在の空しさに向き合わないで済むように、意識を絶えず他のものへと散らしておくための「気晴らし」に過ぎないとも。

 全てが「気晴らし」これは真理かも知れない。個人的な見地に立ち返って、こういう風に考えると気が楽になる。

パンセ パンセ断章347【人間は、一本の葦にすぎない。自然の中で、最も弱いもののひとつである。 しかし、それは考える葦なのだ。人間を押しつぶすためには、全宇宙が武装する必要はない。一滴の水でさえ人間を殺すに足りる。
 しかし、たとえ宇宙が人間を押しつぶしたとしても人間は宇宙よりも気高いといえる。なぜなら、人間は自分が死ぬことを、宇宙の方が自分よりはるかに優位であることを知っているからだ。宇宙はこうしたことを何も知らない。
 だから私たちの尊厳は、すべて考えることのなかにある。私たちは、考えるというところから立ち上がらなければならないのだ。】


 「頭は首の飾りじゃない、使うものだ! もっと頭を使え!」と、親にさんざん言われて育ったという知人がいる。この親はパスカルがパンセが、大好きだったのかも知れない。


パンセを読む
パンセ2
『パスカル パンセ1,2』
(前田陽一/由木康訳
中央公論新社中公クラシックス)




◆2006年5月8日よりスタートした「日歌」が千首を超えたのを機に、「游歌」とタイトルを変えて、2009年2月中旬より再スタートしました。
◆2011年1月2日からは、楽歌「TNK31」と改題してスタートすることにしました。。◆2014年10月23日から「一日一首」と改題しました。

「ジグソーパズル」 自作短歌百選(2006年5月~2009年2月)

短歌集「ミソヒトモジ症候群」円居短歌会第四歌集2012年12月発行

「手軽で簡単絞り染め」







最終更新日  2016.05.03 22:22:16
コメント(0) | コメントを書く
2016.05.02
カテゴリ:一日一首
黄金週間

♪ NHKも添ひて黄金(こがね)の時なりき商業週間今し闌(たけなわ)


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



 「ゴールデンウィーク」は、映画会社(大映と松竹)が昭和26年に競作した獅子文六原作の『自由学校』が大映創設以来最高の売上を記録したのを契機に、映画界でこの時期に多数の動員を生み出すことや活性化を目的として、松山英夫(大映の常務取締役)が作った宣伝用語(和製英語)。
 平賀源内が発案した「土用の丑の日」と同じようなものだね。

 昭和27・8年頃から一般にも使用されるようになり、他の業界にも広まった。最初は「黄金週間」と言っていたがインパクトが無いのでTVのゴールデンタイムに倣って「ゴールデンウィーク」と呼ぶようになったもの。

 NHKや一部の民放、新聞などは「ゴールデンウィーク」という言葉が映画業界用語だったことから、業界の宣伝になることや年配者に分かりづらいという理由などで、単なる「(春の)大型連休」という表現で統一しているんだとか。
 そうなの?NHKでは「ゴールデンウィーク」という言葉は使ってない?今日のニュースで確かめてみよう。


ゴールデンウィーク渋滞


 それにしても、人は商業主義に乗っかるのが好きだねぇ。旅行業者や娯楽施設など諸々の業界がこぞって動員を企てマスコミが煽りたてる。それに連動する形で西へ東へ移動する。
 その混雑は半端なものじゃないのに、敢えて人の多い方を選んで行く節がある。

 群集心理と安心感。みんなで渡れば怖くない赤信号のように、何も考えずにいても平気でいられるという無思考的お気楽行動。
 幇間(太鼓持ち)におだてられ、良い気になって大枚のご祝儀を弾んでいる世間知らずの若旦那を思い描いてしまう私は、文無しのひねくれ者。

ゴールデンウィーク中国
こちらは中国。10月1日からの1週間が「黄金週」。同類だね。


 有名施設は待ち時間が数時間というのもざらで入場料の元も取れず、食事もトイレも長々と待たされて只ただ草臥れ果てて・・。
 往きも帰りも大渋滞。一日の内4~5時間は車の中で現地では何処へ行っても待ち通し、金を使って草臥れ儲け。ああ大型連休とはかくも悲しきものなるや。

 ゴールデンどころか、とってもとってもブルーで残酷な週間だ。ワーストウィークもしくはロストウィークと呼ぶにふさわしいと、我が家の猫が申しておりました。




◆2006年5月8日よりスタートした「日歌」が千首を超えたのを機に、「游歌」とタイトルを変えて、2009年2月中旬より再スタートしました。
◆2011年1月2日からは、楽歌「TNK31」と改題してスタートすることにしました。。◆2014年10月23日から「一日一首」と改題しました。

「ジグソーパズル」 自作短歌百選(2006年5月~2009年2月)

短歌集「ミソヒトモジ症候群」円居短歌会第四歌集2012年12月発行

「手軽で簡単絞り染め」






最終更新日  2016.05.02 21:02:32
コメント(0) | コメントを書く
2016.05.01
カテゴリ:一日一首
孫2

♪ じじとばばが四人揃ひて即興のワンマンショーが始まってゐる


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



 嫁さんの両親が連休を利用して、孫の顔を見に高山からやって来た。
 息子さんと同居しているので毎日孫二人の世話をしているが、娘の子供となれば愛しさが違うのでしょう。


2016-4-30前田さん来る
ステンの容器を頭から被って、「いないないバー」を何度も何度も
繰り返しては笑いを取る。



2016-4-30前田さん来る3 2016-4-30前田さん来る2
右手人差し指1本で弾くようになった。   かなり重いが、気に入っている様子。



2016-4-30前田さん来る6 2016-4-30前田さん来る7
初めて手にしたものはどんなものでもオモチャになる。ちょっと手を貸してやれば、
どんどん遊び方が広がっていく。



スーパーボール
このスーパーボールは大いに役に立っている。アイデア次第で色んな
バリエーションで遊べるので、とても重宝している。



2016-4-30前田さん来る5

 先が読めない、全てが初めて尽くしの即興パフォーマンス。かくしてワンマンショーは笑いの中で進行したが、そろそろ幕の下りる時間となった。
 こちらの言う事は大分分かって来たが、自分の意思を伝えられないもどかしさの中で「きょうは、きのうと違う初めての一日」を精いっぱい生きている。

 脳細胞がドンドン増殖していく様を眺めているのは、何物も及ばない魅力と驚きに満ちている。
 何だって教えてやるよ。
 また会おうぜ。




◆2006年5月8日よりスタートした「日歌」が千首を超えたのを機に、「游歌」とタイトルを変えて、2009年2月中旬より再スタートしました。
◆2011年1月2日からは、楽歌「TNK31」と改題してスタートすることにしました。。◆2014年10月23日から「一日一首」と改題しました。

「ジグソーパズル」 自作短歌百選(2006年5月~2009年2月)

短歌集「ミソヒトモジ症候群」円居短歌会第四歌集2012年12月発行

「手軽で簡単絞り染め」






最終更新日  2016.05.01 08:59:32
コメント(0) | コメントを書く
2016.04.30
カテゴリ:一日一首
アナログ

♪ 五秒後も二時間前も芋づるの芋としてあるアナログの我


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



 私はアナクロのアナログ人間。未だにレコード段を回して針を落とすし、時計は当然、長針と単針が回っているものでないとダメだ。

 デジタル時計の数字を見ていると、何だか自分を細切れにされている様で落ち着かない。連綿として繋がっている時間は流れるように進行しなければ嘘だ。

 使っている歩数計はデジタルなので、そこに表示される時間は1分ごとに数字が変わっていく。1分と1分の間の経過が読み取れず、何の前触れもなく突然に変わる。こんな理不尽なことは無い。
 どれぐらい過ぎたのか、あとどのぐらい有るのかを知りたいと思うのは、時の概念を持った人間の特権だしごく自然な欲求でもある。結果だけが分かればいいというもんじゃない。

 結果ではなく経過が重要というのは、生活の中で最も重んじなければならないものの一つでしょう。「結果がすべて」なんて言うのはものの本質を分かっていない人の言う科白だ。
 長さも質も個々に違う時間がどういう内容をもって流れたのか、それが結果となって現れるに過ぎない。因果応報は時間と共にある。


時計b
 

 空を流れてゆく雲や体中を駆け巡っている血液、ななつ星やクイーンエリザベス号も、時間という流れに沿って動いている。例え船が停泊していようとも時間という経過の中に取り込まれている存在に過ぎない。
 
 時間を細切れにして場合によっては中抜きだってするデジタルは、自然無視的行為だし人間の本質からは程遠い。そんなことなら砂時計の方がまだましだ。
 24時間式砂時計を作って、全部落ちたら自動的に(鹿威しの様に)くるっと回転して元へ戻す。細かい目盛りを付けておけば事足りるし、多少の誤差なんか気にしないで月に一回修正すれば事足りる。

 実際に一年式の砂時計があるらしい。こんなに仰々しいものになっちまうんだねえ。






◆2006年5月8日よりスタートした「日歌」が千首を超えたのを機に、「游歌」とタイトルを変えて、2009年2月中旬より再スタートしました。
◆2011年1月2日からは、楽歌「TNK31」と改題してスタートすることにしました。。◆2014年10月23日から「一日一首」と改題しました。

「ジグソーパズル」 自作短歌百選(2006年5月~2009年2月)

短歌集「ミソヒトモジ症候群」円居短歌会第四歌集2012年12月発行

「手軽で簡単絞り染め」






最終更新日  2016.04.30 08:35:31
コメント(0) | コメントを書く
2016.04.29
カテゴリ:一日一首
リフォーム半ば

♪ リフォームの半ばに越して避難者のごとくに過ごす長男一家


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



 息子の家から歩いて帰るのは今回で二度目。電車の駅で9つ分で凡そ15~6キロの距離。

 小雨が止んだので出発したが、スッキリしない空。やはり途中からまた降り出した。晩春の雨ゆえそうは苦にならなかったが、途中から本降りとなり5つ目の駅でリタイヤ。

 仕方なく電車に乗ることに。



雨のウォーク

♪ 息子(こ)の家を背にして歩く道すがらまま降る雨に足が早まる 


 





霧雨

♪ 風を待つ発電装置人影のなき浜に辺の霧雨のなか


 





雨雲

♪ 深々とおりきし雲のやわらかに天地の際に水したたらす







回収車

♪ 道半ば本降りとなり鈍行の上り 回収電車となりぬ







◆2006年5月8日よりスタートした「日歌」が千首を超えたのを機に、「游歌」とタイトルを変えて、2009年2月中旬より再スタートしました。
◆2011年1月2日からは、楽歌「TNK31」と改題してスタートすることにしました。。◆2014年10月23日から「一日一首」と改題しました。

「ジグソーパズル」 自作短歌百選(2006年5月~2009年2月)

短歌集「ミソヒトモジ症候群」円居短歌会第四歌集2012年12月発行

「手軽で簡単絞り染め」






最終更新日  2016.04.29 15:02:38
コメント(0) | コメントを書く
2016.04.28
カテゴリ:一日一首
猫の寝場所

♪ 季節ごとに寝場所を変えるお猫様今は吾が椅子 嗚呼お邪魔虫


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



 孫が出来てからというもの、飼い猫の話題がトンと少なくなってしまった。毎日同じ事の繰り返しで、これと言って目新しい話題性のある出来事が無いせいもある。

 7月で5歳になるので、人間に換算すると30代の脂の乗った時期に当たるか。体型と毎日の生活ぶりは、まるで団塊ジュニアのパラサイトの様。何にもすることが無く、毎日喰っちゃ寝、喰っちゃ寝を繰り返し、時々遊んでくれ~と鳴く。

 猫なんてそんなものとは思いつつ、寝ている時以外は給餌と戸の開閉を命じられる身としては、「面倒な」という思いが付いてまわる。





暑からず寒からずのこの時期は、仕事部屋の椅子がお気に入りだ。

 まだ一言たりとも会話が出来ていないので、いい加減に日本語を覚えて欲しい。孫はもうそろそろ言葉も言えるようになるのだ。
 1年前は同じレベルだったのに、とうとう追い越されてしまったぞ。



大好きな次男と、何やら以心伝心している。

 ピピよ、悔しくはないか! そう言ってみても、聞こえない振りをしている。自分の意思は押し通してくるくせに、人の言ってることに耳を貸さない。本当に我が儘なやつだ。



庭で草を食むピピ





◆2006年5月8日よりスタートした「日歌」が千首を超えたのを機に、「游歌」とタイトルを変えて、2009年2月中旬より再スタートしました。
◆2011年1月2日からは、楽歌「TNK31」と改題してスタートすることにしました。。◆2014年10月23日から「一日一首」と改題しました。

「ジグソーパズル」 自作短歌百選(2006年5月~2009年2月)

短歌集「ミソヒトモジ症候群」円居短歌会第四歌集2012年12月発行

「手軽で簡単絞り染め」






最終更新日  2016.04.28 09:25:23
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全551件 (551件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 56 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.