661654 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ハラキリ女のいきる道

PR

X

全73件 (73件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >

ハラキリ女のがんとのつきあい方

2007年09月01日
XML
テーマ:癌(3471)
と、いうわけで(前日参照)
38.4度でフラフラになりながら、自宅から徒歩1分の医院へでかけた。
風邪とかで前はよく行っていたんだけど、最近は大きな病院にお世話になっているので
久しぶり。

「若先生」と呼ばれていたその先生はちょっと白髪が増えていた。

問診で
「何か大きな病気はしましたか?」と聞かれたので
待っていました?とばかり報告。

「じゃあ、あと1年なんですね。もう少しですね」
こう言ってもらえるとうれしい♪

末広亭の名前さえ出てこなかったけど、あの病院もよく知っている感じだ。

一応、風邪らしいが、のどの痛みと発熱、だるさ以外に症状がないので「扁桃炎」かもしれない
とのこと。何か他に症状が出たらまた来るように言われた。

近くにホームドクターがいるってやっぱりいいね。

今日は熱も下がって、元気がでてきた!

(読んだらぽちっと!↓)
にほんブログ村 病気ブログへ←どこか迷走中

banner
人気blogランキングへ







Last updated  2007年09月01日 12時17分38秒


2007年08月22日
テーマ:癌(3471)
おたく評論家の岡田斗司夫氏が50キロのダイエットに成功した、っていうのは本(「いつまでもデブと思うなよ↓」)も出たので知っていたのだけど、今朝、テレ朝の番組で詳しくやっていた。




たぷんたぷんだったのに、別人になっていて驚いた。

内容はシンプルで食事の内容・カロリーを記録しておくこと。
だからレコーディングダイエットというらしい。

それはそれで、うーん、やってみようかな、と思ったのだが、
注目はそれからだった。

コメンテーターの鳥越俊太郎さんが、言った。

「僕は2年前に大腸がんをやってから、ずっと体重をコントロールするために記録しています。毎日体重も測って、少し増えると注意する。だから体重も増えていません。」

鳥越さんすごい。(^▽^;)

ただ本能のおもむくままに食べ、術前より太ってしまった身としては耳が痛い。
最近は体重計にのるのがこわくなった。
やっぱり、太ることはよくないのだわ。

明日からやってみようかな。

明日からかい!

(読んだらぽちっと!↓)
にほんブログ村 病気ブログへ←どこか迷走中

banner
人気blogランキングへ






Last updated  2007年08月22日 23時47分44秒
2007年05月16日
なんとお尻から入れて4分で盲腸到達、7分で終了。
拍子抜けするぐらい楽だった。

最初に検査技師さんに前の検査の時つらかった、と訴えていたので、
検査技師さんもよろこんで?いた。
(結局、この検査はその準備段階が辛いのよね)

しかも前に受けたときと同じ、すごく優しいY先生がやってくれた(末広亭の指名)。

「最初と、左から曲がるときは痛いけど、それを越えると楽になりますからね」
とはげまされていたので、いつ痛いんだろう?とビクビクしていた。

肛門から入れて、元患部だったところはとくに何もみあたらない。
ちょっとお腹は変な感じがしたけど「痛く」はない。
前はあんなに悶絶ものだったのに。
なんで?

いばちんの
「おーおー、おおおおお♪」からはじめた。
(すみません、中日ファン以外の方はわからないと思う)

光の速さでつっぱしーれ♪
ドラマチーイックに~♪

本当に光の速さで、ドラマチックにカメラは突っ走っていたのである。

途中、Y先生が手をふっとお腹の上に出してきた。
先生が励まして手を握ってくれるのかと勘違いした私。
思わず手を握ろうと手を出してしまった。

「今、このあたりにカメラがありますから、ちょっと痛いですよ」
単なる説明のためだった。(恥)

いよいよ痛いヤマ場なのかな?と思っていたら、
「はい、お疲れ様」
と気がつけば、盲腸の折り返しだった。
え?

まだ1-9、1番いばちんしか歌っていないんだけど?
であっというまに折り返して、終了。

何回か、「痛い?」って聞かれたけど痛くなかった。
あれからさまざまな痛みに耐えて、痛みに強くなったからなのか?
それともこれが通常の検査だから平気なのか?

腸もきれいなもんだ。
私の見た目には手術した跡やら、つなげた跡やらまったくわからなかった。
(ちょっと期待していたのに)

で、異常なし。次は11月まで行かなくていいんだそうだ。
やったね!

>さんぼさん
楽勝とはいえ、私の場合、まだ下剤が効いていて
お腹も空気を入れたから張ってゴロゴロしています。まだいつもの私ではありません。
だから、大事をとって自宅でお仕事。
うちの病院では検査後、車の運転をしちゃだめ、と指示されます。
(読んだらぽちっと!↓)
にほんブログ村 病気ブログへ←どこか迷走中

banner
人気blogランキングへ







Last updated  2007年05月16日 14時37分36秒
2007年05月15日
テーマ:癌(3471)
今、ラキソベロン飲んで、じっと待機中。
お腹がゴロゴロなっている。

自宅でやらなきゃならない仕事があるんだけど・・・
さすがに集中できなくなってきた。

お風呂だって、よく考えたら落ち着くまでは入れないや。

明日は夕方からでも、某部長に入稿作業に来て欲しいと言われたが、
隣の阪神ファンが同情して(朝から検査食セットで騒いでいたから)
交渉してくれた。

「こんなヘロヘロで検査終わってから仕事させるなんてあんまりですよ」

たまにはいいところがあるじゃない?
まあ、自分でも検査後どうなっているかわかんないんだけどさ。

確かに過去2回のケースは検査後、仕事なんざ無理でごんした。

1回目。素人でもがんとわかるブツと対面の衝撃+通常の検査よりハードな内容
2回目。梅持ちのときの検査。梅からバリウム流されたり、さんざん・・・

神様、明日は楽な検査でありますように!
そして、きれいな腸でありますように!

おーーー???トイレ行ってきます。

(読んだらぽちっと!↓)
にほんブログ村 病気ブログへ←どこか迷走中

banner
人気blogランキングへ











Last updated  2007年05月15日 21時53分45秒
2007年05月14日
テーマ:癌(3471)
あさって、いよいよ術後初の大腸カメラ。
明日はお腹からっぽ大作戦敢行で、朝から検査食。

つまりはまともに食べられるのは今日の夜まで。
どうせなら、おいしいものを食べたかったのに、
某部長様のおかげで残業さ。
(久しぶりに仕事で爆発した。周りはびっくり?)

結局、オリジン弁当の、生姜焼き弁当・・・空しい。

ちなみに明日のスケジュール

朝(上)白がゆ+みそ汁
昼(中)白がゆ(朝より量が少ない)+すまし汁
夜(下)夜7時までにポテトスープ
お腹が減ったら飴、エネルギードリンクを適宜。

午後8時 最初の下剤(つまりこの時間までに帰宅しなくては)
午後9時 第2回目の下剤
(このころからほとんどトイレにこもりきり)

問題は仕事先でのお昼の白がゆ。容器がないので、自宅から持参することにした。

うれしいのは、やせられることぐらいか(どうせすぐ戻るけど)。
あとで体重測っておこう。

(読んだらぽちっと!↓)
にほんブログ村 病気ブログへ←どこか迷走中

banner
人気blogランキングへ






Last updated  2007年05月14日 22時35分03秒
2007年04月25日
テーマ:癌(3471)
末広亭の外来。
そろそろかと思っていたが聞くが早いか、3週間後にしっかり大腸カメラの予約を入れられてしまった。

あの手術前、涙の緊急?!大腸カメラ以来、2回目。
担当のセンセイはあのとき、これは特別つらいケースだから、と励ましてくれたから、
今度は、今度こそは

きっと余裕!

(前はお尻からカメラだけではなく空気と水を入れられた)

こんなことではへこたれないぞ。
弱音も言わないぞ。
旅立っていったMOMOちゃんの分まで生き抜かなきゃ。

かかってこい!カメラ!
エビちゃんポーズになって挑んでやる。

ところで末広亭は禁煙1年、やせたと言って、私を挑発してきた。
「そういえば貫禄ついてきたな?オレと同じ体型だからな。血糖値も見ておいてやるからな」

大きなお世話です。
前日からのお腹からっぽ作戦でイヤでもやせるしね。

(読んだらぽちっと!↓)
にほんブログ村 病気ブログへ←どこか迷走中

banner
人気blogランキングへ






Last updated  2007年04月26日 10時03分31秒
2007年04月15日
テーマ:癌(3471)
MOMOちゃんのブログにお別れのメッセージが載っていた。

彼女のように、タフで、前向きで、行動力がある「同志」に
会えて、本当によかった。

だから、私は同じ病気だったものとして、精一杯生きてやるよ。
MOMOちゃんのことを思うと涙が自然と出てくるけど、泣かない!
でも、、悔しい。。。

(読んだらぽちっと!↓)
にほんブログ村 病気ブログへ←どこか迷走中

banner
人気blogランキングへ







Last updated  2007年04月15日 23時52分20秒
2007年04月11日
テーマ:癌(3471)
さっき、「ためしてガッテン」の子宮がん特集が放送された。
(虎戦だけど、ついみちゃった)

検診を勧めていたのはわかったし、
「頸がん」と「体がん」があって、
ちゃんと「体がん検診」もやらなきゃ、って勧めていたんだけど。

「出産経験なし」
「生理が不規則」
「デブ」
私はそれなりにリスクも高いのもわかった(泣)。

ただ気になったのは、実際に検診をした人の感想を聞いていたけど、
あくまでも「頸がん」で「体がん」ではなかったこと。

意図的に隠してないですかね?
「体がん検診」は子宮ぐりぐりされて、掃除機で吸い取られるようないやーな感覚があって、とーーても痛かったんですけど。
あれは出産経験ない人にはどえらいキツイ検査だと思うんですけど。
ダメージありすぎて、以来受ける気がしないんですけど。

そんな感想・経験者の声はひとこともいわれていなかったぞ。
ま、そんなのを放送したら、ビビって受けなくなるから、仕方がないか。

実際、大腸ガンのときも「こんなのとっくに知っておる」ってことばかりで
とくにガッテンできなかったんですけどね。

私たち、「がんのエキスパート」をガッテンさせるのは難しいよ。

それにしてもあの体がん検査から、もう3年経過。やはり受けるべきか・・・

(読んだらぽちっと!↓)
にほんブログ村 病気ブログへ←どこか迷走中

banner
人気blogランキングへ







Last updated  2007年04月11日 21時57分00秒
2007年03月15日
テーマ:癌(3471)
先日肝細胞がんで亡くなった鈴木ヒロミツさん。
今朝ある番組で、板東英二さんのコメントが出ていた。
やっぱり今年こそはドラゴンズの日本一が見たい、って言っていたらしい。
ドラファンなら誰しも描く夢。果たされないまま、亡くなった。
(だから、昨年日本一になっておかないとダメだったんじゃああああ!)

話が横にそれたが、なんでも発見時には末期がんになっており、
余命3ヵ月を宣告されたという。肝臓は自覚症状がなく、発見が遅くなったことでの不運だった。
治療はせず自宅療養にして、家族との残りの日々を過ごしたんだそうだ。

余命宣告されたら私なら受け止めるんだろう?
(そもそも「余命」という言葉、嫌いなんだけど)
そしてどんな「余命」を送ればいいんだろう?

まじっと考えてみたけど、余命宣告についてはどうも末広亭のキャラが邪魔して、想像できない。

「おう。一応余命3ヵ月というところだがな。正直言ってそれは医者でもわからん。神のみぞ知る、だ。」
・・・さすがにそれはないか。

理想は、世界一周チケットを手に即旅立って、「どこかで客死」なんだけど、そんな状態では現実的に歩き回る元気はないだろうし、最後まで迷惑かけやがって、と死後も怒られかねないので、以下、現実路線。

とりあえず「働かない」(というより働けない)。
身辺整理(の準備)。

そして「終の場所」探し。
葬式のダンドリ。
あいつはオモロイ奴だったと言ってもらえるような葬式が希望。
突然死だったらこんな手配できないから、ゆっくり準備したい。

お世話になった人への挨拶、無理なら手紙を書く。

あと、私は「臓器提供意思カード」を持っているので、そこんところの手配確認!
お骨はできれば散骨で、長良川にまいてほしい(木曽川でも可。でもどうせ無理だ)。
鮎の栄養になるなら本望だ。
セカチューならぬ、日本の中心、ニホチューだよ。

ただ、このプランの一番の問題は、いよいよ、というときに枕もとで手を取ってくれる(やっぱりイメージはこうでしょう)家族がいないことなんだよね。
骨を自分で撒くわけにいかないし。あーあ。

私にしては大真面目に考えていることなのだが、
ふざけたこと書きやがって、と怒られそうなのでこの辺で。

(読んだらぽちっと!↓)
にほんブログ村 病気ブログへ←どこかにいる。

banner
人気blogランキングへ






Last updated  2007年03月15日 14時30分43秒
2007年02月15日
テーマ:癌(3471)
※ぜひ、「欧米か!」のノリで、突っ込んでおくんなまし。

プチプチイレウスのあと、お腹が不調。
いつもだったら、少し時間がたてば脇腹の違和感もなくなっていったはずなのに、
どーんとした痛みが気になる。

どうもいつものイレウスのときと違和感を感じる場所が微妙に違う。
これは腸というより、左卵巣あたり???

(あ、自分の側から見れば左だけど、この場合、右?)
生理前のどーんとした痛みに似ているのだ。

気になる材料が3つ。

その1:去年5月のCTで末広亭に「卵巣嚢腫?」といわれた。
あわてて婦人科に行ったが、婦人科のエコーで腫れは見つからず、「単なるホルモンの乱れ」と診断される。
この「ホルモンの乱れ」と診断されたのは計3回。
(つまり婦人科に不調を訴えて行くと毎回、言われている・・・)

その2:12月にダラダラ生理がつづいたあと、メチャメチャ早く2週間で生理がキタ。
お行儀よくほぼ28日周期できていたのに、こりゃびっくり。
(もしや更年期障害??いよいよ機械スクラップか?)
で、プチプチイレウス事件のあとも、ダラダラが続いた。

その3:母(故人)は卵巣嚢腫で、ある日突然、それが破裂したそうだ。それで片方の卵巣を無くし、子供がなかなかできなかった。
ミシンかけていたら、急にお腹が「ポーン」って音がした!
と語っていたっけ。
もちろん遺伝ではないだろうけど、その記憶はなまなましい。

原因がなんなのか。
頼りになりそうな治療院は例の事件直後だから、ちょっと行きにくいし、
また病院に行くにしろ、さすがに婦人体温計をつけようと思った。

で、すごいのを楽天で買ったわ。
生理日の予想までしてくれるやつ。
単なる「ホルモンの乱れ」なのか、これで経過観察。


毎日測るなんて、この私にできるかどうか不安だけど、
左はまだハラキリしていないので、なんとか「川の字」だけは
避けたい。
(あ、真中のキズが長いから「小の字」か!)

(読んだらぽちっと!↓)
にほんブログ村 病気ブログへ←2位あたりでござる。

banner
人気blogランキングへ






Last updated  2007年02月15日 16時00分07秒

全73件 (73件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >


© Rakuten Group, Inc.