000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ハラキリ女のいきる道

PR

X

全73件 (73件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

ハラキリ女のがんとのつきあい方

2009年07月11日
XML
例のドレスコードは、ムリめSサイズのワンピースで。
ホロホロ鳥と、キャラメルのデザートの盛り合わせ。
おいしかった。
ただシャンパンと、赤ワイン、合わせると・・・軽く後援会年会費ごえ。

平日も夜遅く、週末は遠征続きで部屋が危険水域を越えそうだというと、
片付け上手の唯一の夫持ちが、今度片付けに来てくれるという。
ただし秋以降。
その日のために「下片付け」をしなければ。

レストランを出て、表参道の裏通りを歩く。
こんな感じで町歩きをするのは久しぶり。

原宿に出ると、ありえない人だかり。
みると話題のフォーエバー21の行列だった。しかも隣はH&Mだ。その隣は花畑牧場の生キャラメル・・・

しかし、大人な我々は通過して、風呂敷の専門店へ。
今、実は風呂敷がマイブーム。昨日もネットで1枚買ってしまった。
そのお店の人は、風呂敷で何通りものバッグを魔法のように作ってくれるのだった。
いろいろ使い道がありそうな撥水加工のものを購入。

さて、喉が渇いたからお茶でも、と思ったら。
原宿は大人の女にはやさしくない。適当なカフェがないか、あっても満席。
ようやくたどり着いたお店はコンセプトだけが売りで、中身がついていってないアジア風?レストラン。
ジャスミンティーを注文したけど、ジャスミンの香り全くなし。
お通し?のエビせんべい1人300円。

てなぐあいに、かなりいつもと違う土曜日を過ごしてみた。
変わって明日はわりといつものパターンだけど、行き先がちょい違う。
松本だ。

なぜか?
それは明日のお楽しみ。






Last updated  2009年07月11日 20時49分37秒


2008年11月13日
テーマ:癌(3469)
最近、同じ病気の「後輩」さんたちからブログへのコメントが続きました。
そっか、私一応がん患者「卒業生」なんだ。

不真面目な先輩だし、とくに食べすぎによる失敗は他山の石としてほしいけど、
「励みになる」という言葉は、私自身がとても励みになります。

重ねて、直腸がんは、若い年代でも増えています。
おかしいと思ったら、検査を受けてね。
おかしいと思わなくてもアラフォーからは、検査を受けてね。

万が一がんが見つかっても悲観しないで。
早ければそれだけ助かる可能性高いですから!
進行がんでも、ほれ、5年後にはこのとおり。

だから負けないで、何か目標を持って治療に専念してね。
元気な報告、待ってマース。






Last updated  2008年11月13日 15時13分29秒
2008年09月25日
テーマ:癌(3469)
シコリ発見から1日経ってなんだか、ちょっと気持ちが落ち着かない。
いろいろ考えては落ち込んだり、平気、と思ったり。

そもそも触ってみても、どこにあるのか全然わからない。

最悪でも大腸ガンより生存率いいはずだから、大丈夫。

もしくは良性の、なんともないシコリがたまたま映っただけ。

PETは小さなガンでも見つけられる・・・っていうから
きっとガンになっていても初期。

大腸と比べたら手術になってもそのあとが楽!
すぐご飯食べられるし(←ここかよ)。

えっと、そもそも、本当に悪性腫瘍か?
PETでは打撲とかもシコリに見えてしまうらしいし。

でも胸を打撲した覚えはないぞ・・・

( ̄▽ ̄;) あっ。

あった。
PET受けたのは、あの広島戦の翌々日。
胸のシコリは左胸・・・心臓の近く。

悲しみで胸が押しつぶされてしまったのだったよ。
あれか、あれだったのか~(┯_┯)

その後も敗戦続きで胸はつぶれたまま。
よりしっかりしたシコリにもなるわな。

と、冗談はさておき。
女性がなるガンの多くは、出産と関係している。
つまりだ。
出産経験がない私は高リスクなんである。
これからも心しておかないとね。

教訓。
「若いうち 使っておけよ 乳と子宮」






Last updated  2008年09月25日 21時55分29秒
2008年09月24日
テーマ:癌(3469)
今日PETの結果を聞いてまいりました。

んんんん。

末広亭曰く、「念のための確認」のPETという位置づけ。
すっかり解放されるかと思ったのに。

いえね、5年前の直腸ガンの方は転移、再発の兆候もなく大丈夫というお墨付きだったんですが・・・
思わぬ伏兵が潜んでおりました。

「左胸にシコリがある」


「骨盤(子宮内)になにかある」

で、即再検査と相成りました。

ついに、あの、うわさのマンモを受けた次第です。

胸をおせんべい状態にされました。
顔は正面を向くように言われたので、見られなかったのが残念・・・

やっぱり、あれはおせんべいにしちゃいけません。
女性の検査技師にいろいろ形を変えられました。(/-\)いやーん

極めつけは横から片方ずつ撮るとき、片方も写ってしまうので、自分で片方を押さえて、横にひっぱりなさい、と指示されたこと。

マンモの機械を抱きかかえ、息を止めて、はいポーズ。-☆パチッ

私はA○女優ですか。

それが左右2回。

おせんべいにされて痛いですがね。
いろいろ検査してますから、あんな痛さは一瞬のもので、たいしたことありません。

んで、いつものCT(胸と骨盤広範囲バージョン)と胸だけエコー。

エコーを受けたときの女医さん(この人苦手)の反応がちょっとだけ気になった。
左胸を念入りにやって痛みはないか聞かれた。
そういわれると気になるものではあるのだ。

でも万が一、悪性のつまり乳ガンだったとしても
初めてPETで判明したわけだから、きっと初期も初期に違いない。

と、思おう。

だって大腸ガンからやっと卒業と思ったら
乳ガンだなんて、あんまりだもん。
そうそうダブルキャンサーの当たりくじって人生で引く人いなさそうじゃない?
しかも続けて。

ハラキリだけにしたいよ。
結果は来週。
は~あ、長い。

(楽天で書いたら、「わいせつ、もしくは公序良俗に反すると判断された表現が含まれています」だってさ。びっくり。)






Last updated  2008年09月24日 18時30分48秒
2008年09月09日
PETを受けてきた。

5年の闘病生活??の最後を飾るべく。
念のための検査に3万円ちょいはきっついけど、
まあ、いい記念になったわ。

受けたのはPET専門の病院で
ロビーからして高級感ただよう。
むだにスペース広々~
アロマの香り~
一人一人ふかふかのソファーで問診票を書く。
お姉さんがひざまずいて飲み物を持ってきてくれる。

いつも病院で受けているような検査が「エコノミークラス」だとすると
ここは間違いなく「ファーストクラス」(一度だけ乗ったことがある)。

受付、看護師、医師、検査技師・・・
階ごとにどんどん担当がかわり、リレーされる。その都度名前を名乗られる。
ど、どうも。といちいち恐縮。

検査を受けているのは高齢者が多い。
休憩ゾーンからは家族も入れないから、説明も大変だ。

注射を打って撮影を待つ間、自分専用の休憩コーナーで休む。
この椅子がまたラグジュアリ~
リクライニングになってて、フットレストに足を投げ出し、
低反発のクッションをかかえウトウト。

一度撮影をしたあと、念のため1時間後また撮影。
待ち時間中はまた自分のコーナーでウトウト。

待ち時間は長いけど、CTより検査自体は楽だ。
しかもこの待遇。

オール自費でなんて絶対受けられない検査だけに
面白かった。

ただし夕方までは妊娠している人に近づいたり小さな子供を抱きしめたりしないように言われた。すんごい自分が放射能を浴びている感!!

クレジットカードで検査代を払う。
最後にお好きな飴をどうぞ、と言われミルクキャンディーをもらった。

そんなわけで10日後ぐらいには結果がでる予定。
無事卒業となりますように。






Last updated  2008年09月09日 20時48分24秒
2008年08月20日
テーマ:癌(3469)
咳がひどくて夜眠れなくて、
いつの間にか二度寝していて気が付いたら「おお。10時やんけ」

11時すぎ、末広亭の病院に行くと、
なんと待ち時間10分で呼ばれた。

しかも末広亭ってば、
私を見るなり
「セクハラ発言してもいいか?やせた?」

ま、まじですか!?グッド

「えっと、そんなに変わっていないと思いますが」

「2、3キロやせたように見えるぞ。わっははは。」

今日の末広亭はどうも機嫌が良い。

「5年経ったなあ」と、
カルテに大きく5年と書き、周りを花マル◎で囲ってくれた。

何だか、うれしいぞ。泣き笑い

そんないいこと(珍しいこと?)があったから、
仕事先に来たら、スコール雨、雷いなずま、地震富士山と立て続けに起こったじゃないか・・・










Last updated  2008年08月20日 16時44分58秒
2008年08月13日
テーマ:癌(3469)
お盆。
ちょうどこの時期に人間ドックを受けて
しっかり成長していたガンが見つかったんだった。

自分がガンになるなんて、信じたくなかった。
初期ではなく進行していた。
加えて人工肛門になるだの、悪いジョーダンやめちくれ、と思った。

自分はこんなに一大事なのに、
日差しは強くて、せみは鳴いていて、いつもの夏の日と周りは変わらなかった。

久しぶりに闘病記を読んで
5年前の今頃は絶望のズンドコだったんだとしみじみ。

しかし悪運があったおかげで
ほ~れ、こんなに元気になりました。
(まあ~イレウス爆弾と若干お腹が特異体質?)

5年間でいろんな世界が広がり、
病気にならなかったら会えなかっただろう友人もたくさんできた。

いつ死んでしまうか(現実性はないけど)人生、わからない。
だったら思い切り今を楽しもう!!!
生きたくても生きられなかった同じ病気の戦友たちの分も、「太く生きる」。

あの夏、ターニングポイントになったのは間違いない。

・・・その結果がこんな日々です。
(楽しみすぎ?)

オリンピックでメダルを取ってインタビューで
「支えてくれた周りのみんなのおかげ」とよく選手は答えているけど
私も同じ気分。

5年無事に、楽しく過ごせたのも周りのみんなのおかげ。
ありがとう。






Last updated  2008年08月14日 16時48分32秒
2008年06月04日
テーマ:癌(3469)
先日お風呂で、ふとハラヌイした、先の方をみてみたら、
(ふだんは見ないエリア)

縫い跡の上に黒いホクロがあった。

クログロしている。

いつからあるか、不明。
だけど、少なくても縫った直後、見通しがいいころにはなかったよなあ。

ハラヌイしたときの説明をちょっと思い出す。

「通常より皮膚ガンになるリスクは高くなる」

いや、まさか。

んー。
でもちょっと気になるので次の外来の時に聞いてみるか。






Last updated  2008年06月04日 23時50分50秒
2008年05月13日
テーマ:癌(3469)
1年ぶりの大腸カメラ。
同じ時間に集められた患者(どう見ても私が最年少)に1リットルのマグコロールが渡され、レーススタート。

三国志のバカ本を読みながらがまんして飲む。
隣の爺は「般若心経」を読んでいる。なんて渋いのだ。
やがて内科からきたおばちゃんも仲間に入る。
「あ、私も本を持ってくればよかったわあ」とおばちゃん。
ヒマなのでいろいろ話しかけられる。
トイレにすばやく行けるように、スカートにしてきたそうだ。

結局、私が一番早く飲みきったのだが、最初に名前を呼ばれてベンの状態を聞かれたときに慎重に報告すると、「じゃあもう少し様子を見ましょう」と言われ、後に回される。

うう。不覚であった。
般若心経爺はゆっくりとマイペースで飲んでいる。さすが般若心経じゃのう。

ここで内科のおばちゃん終了。私の後の番号になった。

とにかく内視鏡室の前は満席。トイレから戻るたびに席がなくなっている。いっそトイレにいた方がゆっくりできる。

わてら外科組はY医師をご指名できる特別待遇?である。
内科は集団検診からのスクリーニング検査らしく、違う先生が担当する。
そのY医師にインフォームドコンセントの患者さんが1人入ったので、待っても待っても呼ばれない。
内科のおばちゃんが先に呼ばれる。

中に呼ばれて、スタンバってからもかなり待たされ、毛布をかけてもらい、ちょっとウトウト。
宇多田とかのBGMが流れている。
なんなんだ、私のこの余裕は?まるで般若心経を読んで無になった境地か?

3回目もY先生。優しくいい先生だ。とくに問題なく、終了。
今回はより慎重に写真を何枚か撮っていた感じ。

で末広亭に呼ばれて言われたのが

大腸異常なし
コレステロールも中性脂肪も正常。血も足りている」
(しかし、なんでコレステロール???なんだよ)

ってことは、全快?
大腸がん患者、終了~?

「他にがんがないか、よく調べておこう」
ということで、一応8月~9月頃、PETをやることになった。
もっともここで何か「他のがん」が見つかったらまたへこみますがね。

終わった後、某出版社に仕事に行こうかと思ったけど(自由人ですみません)、
「携帯のバイブなのか、自分のお腹なのか」わからないぐらいお腹がグルグルなので
帰宅した。

祝杯はまたのちほど。
(いやーん、また壊れちゃうかも?)






Last updated  2008年05月13日 14時41分05秒
2008年05月12日
テーマ:癌(3469)
あのまずいマゴコロールを飲んだ。
で、これからいよいよ本命、下剤を飲みます。

居心地のいいホームから、アウェイのトイレへ。

うーん、キムタクの新ドラマもみられないわ。






Last updated  2008年05月12日 20時59分06秒

全73件 (73件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


© Rakuten Group, Inc.