258664 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

めしやみらい

PR

カレンダー

プロフィール


暴れ熊チャッキー

2020年04月13日
XML
テーマ:食べ歩き(3964)
去年9月の旅行のお話デス

盛岡での晩ご飯に盛岡冷麺を求め行ったのは
前年にひとり盛岡を訪れた際に
行きたかったのに行けなかったお店
明治32年創業の精肉店が営む焼肉店
肉の米内さん
にくのよない、と読むようです

2軒目のお店の事や
ホテルの夜鳴きラーメンの事など
いろいろ悩みすぎて
大もり冷めんをふたりでシェアする
という事になっちゃった
大もりは予想よりも量があり
二人でシェアするにしても
結果はたぶん普通もりで充分でした


くるくる巻かれこんもりと盛り付けられた冷麺
この冷麺はシメに頂いたんです

米内さんの冷麺はスープからキムチ、麺もかな
すべて手作りなんだそうです

前沢牛からとったというスープは
すっきりしていながらもうま味あり
きゅうりは甘酢に漬けたものでした
添えられたキムチがとても辛かったです

冷麺ってよくゴムみたいって
表現をされると思うんですけど
米内さんの冷麺はゴムはゴムでも
ひと味もふた味も違うゴムというか
モッキュモキュのムッチムチな弾力
その辺の焼肉店などで食べるゴム、
じゃなくて冷麺が軟弱に思えるような麺でした
それとなんか麺が長かったと思います

とてもおいしい冷麺でした
機会があればまた頂きたいです

2軒目に桜山地区のお店を狙っていたので
肉の米内さんでは冷麺だけで良かったのですが
焼肉を焼いていないお客さんは他に見当たらず
冷麺だけの注文はばつが悪く感じたため
まず焼肉から注文いたしました

もちろんビールも

焼肉はもともとあまり頂く気がなかったし
お高い黒毛和牛には行かず
普通のカルビ、ミノ、ホルモンを注文
負け惜しみでなく
お高い和牛って二人ともどうも苦手で
2、3枚でごちそうさまってなります
原因は脂だと思うんですが

厚みのあるカルビはサシがすごくて
カルビと思えない感じのものでした
ふっくらとしたホルモンは
きれいにお掃除がされていて
ミノ同様に丁寧な切り込みが入っていました
オニクはどれもおいしかった

ただ、味付けが強いというか
タレがあまり食べたことがない方向に
とんがっているように感じました
自分には塩からかったです
こちらではこのくらいが普通なのかな

て言うか~、今ネットにある写真を見てみたら
生卵をからめて食べるものだったのかも
それ絶対やりたかった
誰か教えてくれればいいのに
定食には生卵がついているらしいです


壁のタイルとか味のある店内には
テンションが上がりました
米内さんに行けて良かったです
お店あんまり広くなかった気もします

これは去年の9月の話だし
メニュー貼らなくてもいいかとも思うけど





おそらく価格などは今とは違っているでしょう

メニューはお店のホームページからも見られます

生ビールを2つずつ飲み
お会計はふたりで6,170円でありました

外観写真がどれもいまひとつで
こんなになっちゃった

盛岡市紺屋町
焼肉レストラン 米内(よない)


米内さんのある辺りは雰囲気ある町なみでした
お店のすぐ近くの上の橋というのが
ちょっとした名所だったらしいのに
ちゃんと見てないかな
下の写真はそれとは違う与ノ字橋だと思いますが
こちらの橋もなかなかいい感じと思いました

これは米内さんからの帰り道かしら
軽く雨が降っていたので傘をさしながら

行きは途中までバスでした
バスを降りて米内さんに向かうと
前年には歩かなかったあたりが観られました

たぶん紺屋町番屋というのと
菊の司酒造というのだと思います

帰り道には前年に見学した公会堂を眺めたり
名所のひとつ石割桜は次の日だったかな
バスの中からやっと認識

お腹がいっぱいになっちゃったし
ホテルの夜鳴きそばも気になるし2軒目はナシで
前回頂いたじゃじゃ麺の白龍さんなどを見たりと
桜山神社近くを散歩しながらホテルに帰りました
この風情ある桜山地区を守ろうと
太田和彦さんが頑張ってた事もあるみたい

その途中で、びっくりドンキーの
1号店って言っていいのか
ハンバーグレストラン ベルさんを
ツレが抜かりなく発見
よく考えたら自分も前年に
お店の前を通ってるなと後から思いました

盛岡のご当地ヒーロー強そうね

旅行の話はだいたいのところを書いておいて
気づいた部分は後から直していくという
俺様ルールを発動させてみようかしら
なかなか進まないからです






最終更新日  2020年05月25日 22時25分23秒
コメント(0) | コメントを書く
[旅2019 宇都宮 日光 仙台 盛岡ほか] カテゴリの最新記事


バックナンバー

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.