000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

reichel!の美味しい・楽しい・時々お勉強日記~

全12件 (12件中 11-12件目)

< 1 2

裁判傍聴

2007.11.21
XML
カテゴリ:裁判傍聴


 次は刑事事件を傍聴しました。

 1件目は業務上過失致死。
 
 おっと、途中です。そーっと入ります。

 すると、法廷はピリピリと緊迫した空気。

 被告席に座っているのは、顎鬚にスーツの男性で

 何か事件の証言をした証人のよう。

 なにやら逆ギレしている。 

 どうやら、運転手が車体の後ろにいた子どもに気付かず、

 過失致死になった事件で子どもの頭蓋骨に

 稲妻上の切れ目が入るほどの痛ましい事故のようでした。

 運転手がごみが乗り上げたような感じをして、車を停めた、という

 検察側の報告と、証言者の意見が全然異なっていて、

 傷はフックかなにかに引っかかったもので、

 擦過傷(引きずったあと)があるなどと法医学的なコト

 をこねくりまわしているが、素人が聞いても矛盾点ばかり。

 聞けば、この証言者なる男性は、前にも、刑事事件法廷で

 お金をもらって証言などをしており、

 弁護士法違反で罪に問われたこともあったようです。

 この証言者、悪徳弁護士か?と一瞬思ったのですが

 途中から入ったので何者かはよくわからずじまいでした。

 有名な弁護士の見解も真っ向から否定し、

 「そんなことを聞かれるなら、来るんじゃなかった!」と

 キレまくり。

 次回の審理の日程を決め、終了となった。

 有償で(おそらく多額の)被告に有利な証言を

 繰り返しやっているなんて、これまた悪いやっちゃ…。

 と思っていたら、この男性と帰りのエレベーターで同席してしまった。

 なんと入り口側にいたこの男性が「開」を押してくれたのだった。

 うーむ…^^;
 


法廷傍聴へ行こう第4版

オウム裁判傍笑記

大人の社会科見学
designed BY まよ(^-^*)







最終更新日  2007.11.21 20:41:40
コメント(0) | コメントを書く


2007.11.20
カテゴリ:裁判傍聴


  今日は午後からスクールの友人と、なんと裁判所の傍聴に行ってきました。

 場所は、横浜地裁。横浜スタジアムの近く、

 いちょう並木に沿ったところにあります。

  証拠写真(笑)↓
 横浜地裁1
 近づいてみます。
 横浜地裁2

 ご存知かもしれませんが、裁判傍聴は一般人参加OKなのです。

 最初に傍聴したのは、民事裁判。
 
 おっと、途中だ。こっそり入り、席につきます。

 どうやら、被告人は80代の女性トメ子さん(仮名)

 娘マリコ(仮名)の旦那の家に同居することになったトメ子さんは、

 毎月6万円を家に入れていたそうな。

 婿良治(仮名)は、自分の家を担保にした良債権を抱えていたらしく

 姑が善意で家に入れていたお金に対し、贈与税がかかるから

 代物弁済とかなんとかテキトーなことを言って建物の登記を

 何も分からない姑トメ子にかえてしまったらしい。

 原告は債権回収会社で、その建物の登記に対し

 詐害行為だと言って訴訟を起こした。

 (このへん、行書試験の勉強でやったばかり。)

 トメ子さん、良治が金銭トラブルで

 訴訟を抱えていたことなんて何にも知りません。

 ウマイことを言って、良治はトメ子さんにハンコを

 押させてしまったがために、裁判沙汰になってしまったのだった。

 トメ子さんは難しいことは何にもわからない、

 お年寄りだということをいいことに。

 なんて悪い男だ。

 見かねた女性の裁判官は、判決を言うことはできるけれど、

 一応次回は和解の期日をとりましょう、と。

 これからも娘の家で同居を続けるであろう姑を

 気遣ってのことでしょう。

 傍聴席にいた良治の顔をちらっと見てみた。

 かなり悪そうな顔をしている。(主観入ってます。)

 おばぁちゃんのトメ子さんの人柄か、

 終始なごやかムードで今日の審理は終わった。

 よし、次は刑事裁判だ。

 (続く。)
 


裁判長!これで執行猶予は甘くないすか
おススメ!

裁判狂時代

気分はもう、裁判長
designed BY まよ(^-^*)






最終更新日  2007.12.24 21:23:23
コメント(2) | コメントを書く

全12件 (12件中 11-12件目)

< 1 2


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.