あれこれ日記

全8件 (8件中 1-8件目)

1

薬害

2015年06月29日
XML
カテゴリ:薬害

月曜日、週の始めです。 今週もつつがなく過ごせますように~~~~~(願)


朝ドラの時間に、電話が鳴ります新潟の友人「お元気?」「あまりお元気じゃない。歩けなくなってね」彼女は‭一人暮らしですから「歩くのみ・足には自信がある」だそうです。
親戚の結婚式で、父方の京都の従姉にあったとか…。11月に母方の法事で京都に行くので連絡取るつもりのお話。
今年は、オランダ中止になったので、東北のお祭りを見物に行こうかな?でしたが、
歩けない~~諦め「そのうちに新潟方面行きますね」

体操教室です。お当番で準備。窓を開けたら、よい風が入ってきます。
冷房は「来月からで~す」自然が一番。
自分の体調に合わせて…攣るところはパス。
攣ったらその時飲めばいいというお薬いただいていますが、逆に怖いです。
一緒の友人も同感してくれました。

体操が済むと、友人宅での食事会です。
急だったので爺さまの食事準備はあるもので…「一人で出来るようになるための訓練だそうよ」(^_-)
遅れていったので、二人は食事済んでいました。
混ぜご飯、2種類。自分で作らず、運動の後なので、大きなお茶碗2杯。「ごちそうさま」です。日頃一人で食事の友人、一緒に食べると美味しいね!

ここでお薬のお話。
ビニール袋から出したお薬、6種類だそうです。「わア~」
彼女も、歩けなくなって腎臓が悪くなったかな? で、お医者様に…即「お薬変えましょう」 一緒じゃん!! 治るまで2ヶ月かかったそうです。 (嫌だな~)
彼女「その時、洗濯機が壊れて、家電店では車いすで見て回ったのだけど、自分は慣れない、押す妹は元気で、コツがわからないので、車いすと云えども難しいよ」

わたくし「足が痛くて歩けないより、血圧高くて、用心して暮らす方が楽よね」

夫の友人も山で攣り歩けなくなって、別のグループの方に肩を貸してもらって下山されたそうですが、「死ぬところだった」と申されたら、血圧のお薬出されなくなったとか…

お薬も本人の体調に合わせて~~~~~お願いしたいものです。

 

 







最終更新日  2015年06月29日 21時24分26秒
コメント(0) | コメントを書く


2015年06月27日
カテゴリ:薬害

今日は、文化塾の日です。
百貨店にお中元の予約に行きます。充分時間取ってきたものの混んでいなくて、すぐOK!「アラッ 時間が残った!」横の売り場でパラソルバーゲン中
私のパラソル、歩いていると留め金が緩むのか、傘が閉じます。
「買いかえようかナ~」で覗きます。ここでも、すぐ終わり、お昼ご飯には早い!

新天町ブラブラしたいのですが、脚が~~~~~。
信号機すら思うように渡れません。 今まで感じなかった危険が~~~。

「これなら血圧高いままの方がよかった! 血圧下がった影響が歩けない」と、ブツブツ。

お昼済ますと、地下街へ、傘を差さずに、信号もない。ゆっくりゆっくりでアクロスへ。お席は、今日も良いところが取れました\(^o^)/。

前回の感想文読んでみます。福岡伸一さんの「動的平衡」の言葉に「覚えてる?」その中で、確か?、薬は多かれ少なかれ症状をブロックしたりしますが、体は逆になるを聞いたような?まさに今の私。「帰りに本買って読んで、中一の孫に読ませてみようか?」です。

今日のミニコンサートは、ジャズ。
シンガー : MAYUMIさん
サクソフォーン : 新田はるおさん
ギターリスト :松原 広さん

1 魅惑のワルツ 映画「昼下がりの情事」より
2 Stardust
3 One noto samba
4 いそしぎ~Summer
5 この素晴らしき世界

脚の痛さ忘れて、うっとり、拍子取っています。

高齢者が多く見受けられるこの講座
曲選びも、年齢考えてあるのでしょう。

ご案内のパンフ見てみます。
"バレエの見どころだけを集めたガラ・コンサート”見てみたいナ~でした。

何処に行くのも、脚なおさなきゃ~







最終更新日  2015年06月27日 20時11分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年01月29日
カテゴリ:薬害

先日和服を持って行った折「せっかく買ったから読んでみてください」と、義妹から【ぺコロスの母に会いに行く】の本借りていました。昨年、講演会のご案内もいただいていましたが、何かの都合で行かなかったのです。

マンガのところだけ読みました。読んでいてクスッ ・ ハッハッハ―。 
きっと息子さんである作者は笑っておれなかった事でしょう。

今日は、クリニックへ血液検査の結果聞きに行きます。やはり、「コレステロールの数値が高いのでこれは治療に値します」と「「コレステロールを下げるお薬飲んでから体調が狂ってしまいましたから、嫌です。過去お二人の東洋医学の先生はコレステロールは治療しませんとおっしゃっていました」と、はっきりお断りします。

「どのような症状が出ましたか?」に改めて説明。「集中力の低下、ボーっとしているから車の運転も出来ませんでした。信号は赤でも止めない状態や、お金の計算ができません。鼻水・涙 だから耳鼻科・眼科アレルギ―検査異常ナシでした」

勧めようとされていたお薬が副作用があった物です。ご存知でしたが…。「あなたみたいにちゃんと覚えていてくださったからよかった」だそうです。

これに又飲んでいたら本当の認知症になったや?も…危ない!危ない! 私が認知症になっても、息子は“いなーい!”です。

食生活は褒められていますので、年齢からくる衰えか?
血液検査の数値もH・Lといえ許容範囲です。
腎臓機能がHになっています。だから浮腫み。これも確実にコレステロール下げる薬の後遺症です。
益々食事に・塩分に気を付けます。
昼食、夫はおうどん、私は米粉ブドウパンと牛乳。 野菜が足りない分クロレラミンで補います。

 







最終更新日  2014年01月29日 15時14分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年04月09日
カテゴリ:薬害

気温は低いながらも良いお天気です。

緑のカーテンゴーヤときゅうり用の、土を耕してもらいます。
下に生ごみたい肥を入れてもらいますが...

一昨年はモグラに走られて庭中でこぼこ。 生ごみがいけないと聞きましたが?。
ミミズを食べに来るらしい!ミミズが土を肥やす。自然巡回です。
昨年は一切なし!!

今年の生ごみは、ピートモスともみ殻炭の他に、県の環境推進で聞いた竹の粉末で生ごみ処理しています。

作りやすいのは、ピートモスともみ殻炭の方ですが...
ピートモスが輸入品だから竹を使うようにとのおすすめでした。

沢山のたい肥が出来ています。
さて今年はモグラに狙われませんように...。

モグラ封じは、近所のお年寄りに尋ねると、通り道に唐辛子を埋め込みなさいでした。

ある方の言葉だそうです。「化学薬品で壊れたものは、自然の力じゃないと治りません」

いたずらモグラですが、自然のもので撃退です。







最終更新日  2013年04月09日 21時52分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年03月13日
テーマ:健康と美容(218)
カテゴリ:薬害

朝からしとしと一日中雨が降っています。
♪ 遊びに行きたし、傘はなし  ではなく
歩きに行きたくても~~~。雨の中まで...。

家の中の仕事は沢山ありますが、すべてに忘れないうちに~~~。
思い込みが強くなって、時間間違えたり、行動が時々抜けます。(苦笑)

昨日も言われました「そんなにお元気そうだから、役員受けてくださったらよろしいのに~」
会長さん遠慮してありますよ」だそうです。
時々「血圧下がりましたか?」と聞かれています。
「元気なのですが...血圧が上がったり下がったり~。降圧剤が恐ろしくて使えないので...ずいぶん回復していますから、来年まで待ってください」
一度はお世話に回らないといけないでしょうから...

降圧剤の副作用に、認知症や骨粗しょう症が出る方があると聞きました。
私の場合は、認知症に近かった。<`ヘ´>
知人の場合は骨粗しょう症
別の知人は、失神(血圧の下がり過ぎらしい)

沢山の方が降圧剤を飲んでいらっしゃるのに、「どうしてあなたは合わんと?」と、と聞かれますが、「合わないものは合わないのです」。

今夜も体操教室で、程よく頑張ってきます。

食生活と運動で、少しづつ少しづつで回復いいのです。そのあとは
やりたいこと、やらなければいけないことが待っています。







最終更新日  2013年03月13日 18時03分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年09月08日
カテゴリ:薬害

今日は、血液検査の結果聞きに医院に行く予定です。
車の都合で、自分で運転せずに、送ってもらいます。(駐車上も狭い)

検査の結果は、一月の検査の時と同様、案の定コレステロールは数値的にはHです。
他は異常ありません。

東洋医学の先生ですから、厳しくは申されません。
「下げたいなら、西洋薬飲めば下がりますよ。数値を下げるだけでは意味がないから~」
そうなのです。数値下げるために飲んだ西洋薬で体調壊しているので...

季節の変わり目か? 残暑か?
「キツイです」「キツイってどんなふうに?」どう説明したらよいのか???
「暑くて眠れないし寝てないとキツイ~~~」
「最近は朝晩少し楽になったでしょう。少しお薬変えます。苦いですよ」でした。
薬局で薬剤師さん「お薬少し変わりましたが...」に聞いてみます。
「黄色いお薬は少し苦いです。炎症を取り除きます」
不眠、イライラ解消と書かれています。
「コレステロールは、食後に採決は少し高めだし、食生活で治せる程度なので、
大丈夫ですよ!」
歩けていない運動を、足の爪が良くなったら実行しないといけません。


最近,友人はコレステロールだけが高いそうです。
西洋薬飲みだしたようで「下がりましたよ」ですって、“下がりますよ(数値だけ)。”ふふふ。その代り次回採血、そして胃カメラ予約したそうなのですが...
以前行ったことのある医院のお話でした。

 







最終更新日  2012年09月08日 14時21分46秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年05月23日
カテゴリ:薬害

少しずつ、書類片づけています。

2006年の暮らし豊かに役立つページの新聞切抜き出てきました。
【再考コレステロール上・中・下】
この記事読んでいたからお薬飲まないようにしていたのでしょうか?
又無理に出されないお医者様選んでいたのでしょう!。
・疫学調査では「高めが長寿」
・男女同じ基準はおかしい
・独自基準なら降下薬不要

当時は、総コレステロール値だけを見ての治療に釘をさす。と書かれています。
反論では、総コレステロールが220mgでも安心してはいけないという意味で、
医療現場では総コレステロールだけを目安にして治療しているわけでは無い。
薬が必要な人と不必要な人をいかに見分けて治療するか、とも書かれています。
6年たった今、変わったのでしょうか?

昨日のお集まりでも、後期高齢者の保険料が高くなったと嘆かれていました。
「どうしてこのように高くなるの?」って聞かれたら、使う人がいるから仕方ありませんと、
役所が答えられたとか...。

患者だけの責任?
ある方は、申されました。「お医者様の薬の出し過ぎ...」
「他に悪いところはありませんか?お薬出しておきましょうか?」だって...。


健康診断申込み所が送ってきました。私には国の指導です。と役所の職員答えました。

周囲に薬害で、苦しまれた方がいます。(私も含め)

気持ちがすっきりしない事が起こり始めました。

 

 







最終更新日  2012年05月23日 16時21分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年04月29日
カテゴリ:薬害

土曜日です。
本来なら休んでいいのですが、残務処理とまだ廃業ご存知ないお客様がお見えになります。
知らなくて、ご無礼した牛乳のお客様のお悔やみに行ってきました。

いずれも、噂で聞きます。
お一人は84歳、少し早いかな?と思いつつ、ご自宅で苦しまずに逝かれたと聞き、
安堵いたしました。

お一人は、長男・長女の同級生のお母さん。
こちらは残念でした。というより少々悔しい思いです。

1年半飲み続けた持病のお薬、最後の3週間が命取りになったとか...
気が付いたときは肝臓・腎臓ボロボロだったそうです。

ご家族のお話によると...
私が薬害から復帰していることも、ご家族にお話なさっていたらしい様子です。

諸々のお話から、
お医者様の日常がお忙しいから、お薬の使い方に気が留められていなかったのでしょうか?
"副作用が出たらすぐやめる"の基本が忘れられていたようです。
"3カ所は行ったが良いですよ"
通常いいお医者様というのは人当たりの良いお医者様でした。
お医者様は人当たりや優しさでなく、病気や本人の体質を見極めてほしい。
数値だけに依存することも避けてほしい。

最後は、いろいろの手段を取られたそうです。
相当苦しまれたのではなかったでしょうか?

私は、お医者様だろうと、市の職員だろうと異議申しましたが、
お母様はおとなしい、優しいお母様でした。

裁判しても材料はあるとのことですが...最初は本当に良い先生だったので...と
心にわだかまりが残っていらっしゃる時期のお悔やみでした。







最終更新日  2012年04月30日 11時01分22秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全8件 (8件中 1-8件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.