あれこれ日記

全58件 (58件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

読書

2021/11/12
XML
カテゴリ:読書
昨日今日と変化の激しいお天気です。


昨夕、寂聴さんの訃報を耳にしました。

家業の傍ら、出産・子育ての大変な時に、ふと出会った「寂庵便り」
最後まで購読できました。目を通しただけですが、心のよりどころに、なったようです。

頂いていたカレンダーは捨てがたく、笑顔を本のしおりに‥


法話も2度ほど‥。従姉妹会で従姉に、「嵯峨野にいらっしゃい」と誘われても、
叶わなかったのが心残りです。

読む時間はほとんどない生活でしたから、積んで置く(積読) 今日、改めて手に取ってみます。綺麗です!(^_-)-☆  動く力は弱りました。読書の時間はたっぷりとあります。せっかく出したから、
読むとして‥

携帯のストラップは、寂庵のお数珠ですから、守っていただきながら
​穏やかな生活をしたいと念じております。         合掌​







Last updated  2021/11/12 04:10:20 PM
コメント(0) | コメントを書く


2021/10/17
テーマ:季節感(166)
カテゴリ:読書
一気に秋の気温に下がりました。

今日は、久しぶりに夫は、お謡いの会ですから、自由の日です!!


本当に久しぶりです。
雨もなし、水やりも躊躇してましたから、液肥を薄めて水やり。
足指今回は、添え木が触って痛いですし、ちょっと立ったままでも疲れます。しょんぼり

包帯まき直し~~、今度は夏物終い、薄手の秋物出します。
それでも、痛い?疲れる?長続きしません。号泣


ゆっくり見れると思ったテレビ、見たいものなし!


日向晴れを探して~~~読書の続き。

黒田官兵衛と、日本人修道士・ジョアンの2人の物語。やっと読み終わりました。ちょき
カタカナ文字と戦国大名の名前に、すぐ眠くなり眠い..~~~進まなかったのです。

次は、ごく普通の江戸の物語、進みます。


夜は続いて「晴天を衝く」


先人あっての現代 波乱の時代の後の平和かな? です。







Last updated  2021/10/17 09:20:35 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/09/30
カテゴリ:読書
今日も、お天気は晴れ 時々くもり 気温高し

何時の頃の事でしょうか? 20年以上前?  子供がお世話になり、ご縁をいただいた方が、教えてくださった事を、思い出しています。

「作家・帚木蓬生さん知ってる?」と聞かれました。「存じません!」と、言いますと、「剣道の教え子で、優秀な子供さんで明善の時に全国大会にでらた」とか‥「本、読んでみたら~」と、“三度の海峡”教えてくださいました。

それから次々に‥

そして、昨今は、帚木さんは、わが市の文化大使として‥
沢山の著書を出版なされております。


今回自粛中、私は葉室さん、夫は帚木さんの本を、一覧表を基に図書館から借りて‥読破しています。(笑)

予約で頼んでいる私、待ち期間中に夫が読み終わった、「風花病棟」を、読み進みました。一人の患者さんに思い出の花 さくら葉花が、書き添えられています。


私も、眠れない時は、美しい花や思い出の場所を想像したら眠れるかな?


本好きだった長男、仕事も出版に携わっていたとか‥
元気だったら、時期を見て帰郷と言っていましたので、
お逢いしたかったのでは~~~

葉室さんは、同じ大学の卒業生、この方にも~~~


色々思い出させてくれている、読書生活の毎日です。







Last updated  2021/09/30 02:17:16 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/09/29
カテゴリ:読書
今日も、良いお天気晴れです。暑そうですが、気分はお出かけ歩く人を誘われます。

最近はずっと本を読み足を休める生活です。
図書館から借りている「乾山晩秋」
華やかな兄、画家尾形光琳と弟、陶工乾山の物語です。光があれば、必ず、影を作者は書かれています。

「永徳翔天」
狩野派の天才絵師とうたわれた狩野源四郎・永徳、信長、秀吉の信頼も厚く、御用絵師として活躍。
安土の天守閣の見事な障壁画が完成した。
本能寺の変で残念なことに、その障壁画は残っていない。

「等伯慕影」
狩野永徳を追う長谷川等伯のお話。
千利休と大徳寺が出てきます。


聞いたことあるような!?

過日京都の従姉に案内してもらったのが、大徳寺でした。ネットで確かめ‥山門に覚えがあります。利休さんの茶室の話 襖絵少しづつ思い出します。まだまだ、行きたかったところがあったのに‥ しょんぼり号泣 

「雪信花匂」

狩野探幽の弟子、女流絵師の物語。井原西鶴「好色一大男」の中で、手書きした着物絵の事に、触れています。

「一蝶幻景」
絵師、多賀朝湖のお話。大奥から四十七士の物語迄。


これらの本読んだ後で、京都に行っていたら、見方感じ方、違ったことだったでしょう!

と思うと、残念な事です。足を治して~もう一度 旅が出来るように励みたいと
本から力もらいました。 







Last updated  2021/09/29 02:40:39 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/08/28
カテゴリ:読書
昨日は、ご近所さんから無花果ジャムいただきました。今朝、お返しはゴーヤの佃煮と実です。
10年ほど前、体調の悪かった頃親切にしていただいた方宅に救急車が来たとか?
ご機嫌伺の電話してみます。 お互いに、体調気を付けましょう!です。
昨日の続きの、本読みです。 登場人物名前、場所頭に入ってきたころから、面白くなりました! 
遣唐使として留学していた、玄昉が女医の竹に五石散についての質問 「五石散は、服薬すると体が温まり散発と言います。散発が無いと毒が体にこもり,害をなします。散発を早めるために、歩き回るのが良いとされております。すなわち、散歩の効用」 
天平7年 大宰府から疫病が流行しているという知らせが入り、今でいう天然痘 発祥地はインドで仏教の伝来と共に‥広がったかもしれない?
疫病の大宰府から都へ近づきが、あまりに早く、人が運んできているような‥
その後、疫病の対処の仕方、をペルシャ人より教わり~~~。後の緒方洪庵と同じ。
天平17年 僧侶の筆頭僧正となった玄昉は筑紫野・観世音寺に左遷。
「法華経奉じる私は、華厳経に帰依された帝に、お役に立たなくなりました。」
・散歩の効用(私の体)  
・人の流れで広まる疫病(コロナ)  
・政を行う、やり方で左遷。まもなく選挙?
750年頃の事 2021年現代 あまり変わらないな~と思いながら読みました。
2014年8月の発行本です。コロナのような疫病が、流行るとは、葉室 燐さん
ご存じなかったことでしょう!






Last updated  2021/08/28 07:28:50 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/07/10
テーマ:読書(4910)
カテゴリ:読書

線状降雨帯 南九州に停滞中とか‥

こちらは、空が明るくなりかけています。
昼から、出かける予定雨降りませんように~~願いです。

昨夜は、早く就寝のつもりが、本に惹かれ読み進み少々寝不足です。


本は佳境に入り、サンダースホームの立ち上げに奔走される沢田さん。
GIや進駐軍とのやり取りスゴイ! 

預かられている、混血の子の中でたった一人だけ、お父さんがはるか日本に残した子を思う心に奔走されます。

戦前訪問した際のアメリカ人の人の好さに比べて、戦後の違い!
これが戦争だと、思いました。


女丈夫‼の本を読むのは好きです。







Last updated  2021/07/10 12:29:38 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/07/07
テーマ:読書(4910)
カテゴリ:読書
梅雨の末期を思わせる雨の降り方。薄日かと思うとザーッ!っと来ます。

お昼、買い物へ、車降りるときは傘どうしようかな? 邪魔だから車の中?
乗り降りの時は幸い、雨ではありませんでした。


母の日の贈り物と、緊急事態中の時間つぶしにと次女に貰った、少し活字大きめの
佐藤藍子さんの3冊の本の中の一冊「人生は 美しいことだけ 覚えていればいい」にかかれていた、
「晩鐘」やっと読み終わりました。

ふれあい館には、なかったのですが、本館にあったのでお取り寄せ~~
葉室麟さんの時代小説に慣れていたので、ちょっと雰囲気違いでしたが‥
やっと、読み終わりました。

「人生は 美しいことだけ 覚えていればいい」佐藤さんの座右の言葉だそうです。
(沢田美喜‥エリザベス・サンダース・ホーム創設者の言葉)

沢田美喜さんの本は、昔々読んだことが、ありそう! でも、忘れていそうですから、
これも一緒にお取り寄せです。

お二人とも戦中戦後の困難を乗り越えてこられた方です。

美しい事、楽しい事、良かった事を 残しつつ~~。参考書です。







Last updated  2021/07/07 06:41:30 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/06/16
カテゴリ:読書
雨も中休み?暑さがしのげています。晴耕雨読!

大きな活字で読んだ本の後は、少し大きな佐藤愛子さんの「気がつけば終着駅」を、夜に‥    
アガサクリスティの「スタイルズ荘の怪事件」昼間に‥小さい字に、時間がかかりました。
やっと読み終わります。


昨夜は、マアマア早く就寝できたと思ったら~~~~~。夜中に目が覚めトイレへ‥

何度も~~~眠る暇がない程。と思ったら、やはり浮腫みすっかりなくなっています。

反動は、頭ボーッ!で、昼間の活字の小さい本2冊目、行ったり来たり~~~。
まして外国のサスペンス、あまり進みませんでした。

「気が付けば終着駅」思い当たることが、沢山!!

昨日、友人から電話です「コロナ済みましたか?」いつものご挨拶。
彼女もまだとか‥諸々のお話。 食事も行けなくなりました。
“晴れて行けるようにたら、ご一緒しましょう!”でしたが‥どうでもよくなりつつ‥


これから10年は、佐藤さんの書かれているように、

食べるもの・着るもの 等々 全てどうでもよくなるのでしょう!

コロナ禍で足ふみしているしている時間は、ないように思うのですが‥







Last updated  2021/06/16 07:58:13 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/05/13
カテゴリ:読書
急事態宣言の連絡で、コミュニティセンターが閉まる! 
ここの図書室の本で二人の作家さん、ほとんど読んでいるけど‥急ぎましたマラソン

“ほとんど、読んだのよね” すると、ここにも3冊はありますと‥
大文字コーナーへ案内して頂き、3冊分借りてきました! 

ところが~~~~~~、やはり! 3回目がありました! しょんぼり
【春風伝】…単行本でも読んでいました。 記憶力無し! 

やはり ゆっくり、ゆったり必要です。








Last updated  2021/05/13 10:30:50 AM
コメント(0) | コメントを書く
2021/05/07
カテゴリ:読書
今日は、体操教室、密を考えて高齢者二人遠慮することに‥ 
歩こうと思ったのに雨になりました。


自粛利用しての、本読み~~~。図書館で
葉室さんの本少なかったこともあり、
下段に見つけた内田康夫さんのミステリー、
借りてきました。


旅や伝説が含まれていますから、過去にも時々。

今回は、戦前戦後のドイツとの交流。楽譜に込められた暗号。


第九の頃になると聞く、久留米 徳島の音楽交流。

前後の時代でしょうか? 読み進めました!!

その時代過ごした母が「学校では、近代史をあまり教えない!」と言っていたことも、思い出しです。







Last updated  2021/05/07 11:55:39 AM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全58件 (58件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.