あれこれ日記

全36件 (36件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

読書

2019年11月13日
XML
カテゴリ:読書
急に気温が下がりました。お寺様に事務の日です。今年も残り少なくなり、一週間があっという間に過ぎます。パソコンには、Windowsセブンのセキュリティまもなく~~~がチラチラ。心急ぎます!!

 坊守様とお話、世の中便利になり過ぎて~~~この先どうなるのでしょう! 仕事が、無くなる方が
多くなる一方で、人手不足のところも‥。 子供も包丁使わず、スライサー、 温暖化は避けられず~~~でした。


昨日図書館で、本借りてきました。
【大人しく 老てなんかいられない】広瀬 久美子著
夫が、文化塾での感想文書いて、いただいた本【いなしの知恵】涌井 雅之著
 サイン入り。

どちらを先に読もうかな? 
瀬さんの本は、読みやすそう‥ 今の自分に沿わせて~~
涌井さんの班は、日本社会「自然と寄り添い」大切な事だと思うし~

 

昨日も仲間同士で、眠れな~い!が話題に、“ご苦労ね、私は昼間草取りで疲れているからぐっすり眠れる、”人 若干一名。 
私は疲れすぎると眠れぬタイプ。(神経過敏?)

眠れぬ夜のお供にします。







最終更新日  2019年11月13日 20時24分06秒
コメント(0) | コメントを書く


2019年06月14日
カテゴリ:読書
最近、文化会館・小ホールでの待ち時間は、図書館を利用します。

眠れない夜のために‥本を借りてくるのですが、一時期 エッセイ集借りていました。

あるとき、テレビドラマから、旅と歴史のルポライター・浅見光彦が、取材で訪れた全国各地の名所旧跡で様々な 事件に巻き込まれながらも、正義感と名推理で難事件を解決する本を借りたら、名所旧跡が出てきます。ツアーで、ぐるっと巡ったはずですが、頭に残っていません。
 
本を読みながら~~~熊野三山・恐山・九州各地 等々 訪問先、振り返りましたが‥ 何しろ厚くて重い。 ですから‥

永年愛読していた、“暮らしの手帳”に掲載されていた“沢村 貞子さん”の著書借りてきました。
 参考になることが‥
断捨離は引っ越しのために、食器類は3個3枚 家具類は、放送局の美術部に~~~。大正時代のドラマに使えると大喜びだったとか‥


身繕いで老いをカバーする。美しく老いるなんて無理! 鏡を見ないと自分は見えないけど、相手は見えるから、
髪を整えて、お化粧水はつける。口紅もちゃんとつける。でも、塗りたくったら絶対ダメ、年よりはね。
​心にとめておきます。​


私の言葉はなんでも「小」が付くの。小綺麗・こざっぱり・小憎らしいことは言わない。

これも頂き!!ます。​


老いることに、無理はしない。自然が一番! ​お手本に‥​

これから、“老いの道連れ” へ、続きます。







最終更新日  2019年06月14日 20時23分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年12月05日
テーマ:読書(4173)
カテゴリ:読書
生暖かい朝でした。
綺麗だった紅葉も、雨に降られ落葉、特に銀杏の葉は掃いても採れないそうです。
“ぬれ落ち葉”そのものです! だそうです。


師走になって、風邪気味ぐずつきます。

この気温差に付いて行くのが、フーッ! です。

今朝は、お寺様に行く日ですから、残っていた風邪薬服用します。
今度はセーフ!!(一回のみですから)(+_+)


帰宅後、図書館から借りていた本、返さないといけないので急いで読み終わり、
ポストへ~~。


叔母さん応援団 : 曽野 綾子 著

「人生に希望を失っては ならない」「明日はいい日である」
 世界の生活様式もいろいろ


読んでもすぐに忘れます。( ;∀;) コマッタ!

この2編が今記憶に残っています。

 ・白いスニーカー
 ・トンガリ屋根の駅舎 







最終更新日  2018年12月05日 19時56分42秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年11月18日
カテゴリ:読書

急の寒さに、エアコン暖房入れます。

1昨日のリメイク公民館は、11月は我慢しましょう!で暖房なし。 昔は重ね着でしのぎました!!
昨日は、外に出ると寒さが身に沁みます。 考えたら50日弱でお正月。どうしましょう!

冷えと、続けてのサークル・外出で腰痛スッキリしません。休養が足りない?

今日は、立っていたり・椅子に掛けていたりするより横になっていたほうがいいかな? でベッドへ
眠ったら夜寝れないから~~~。と思いますが、本を読むつもりなのにポトリ~~。‥昼間に導入剤代わりになってしまいます。眠い..

サスペンスのつもりだった本。
源氏物語・平家物語にゆかりのあるお寺・秋の七草の名前が、出てきます。
謡曲に出てくる、紅葉狩り・敦盛 等の名前も‥

昨日の脚本家さんもご苦労ありそうだけど、作家さんも、大変だな~。


100寺巡礼、大変そうだけど、そのお寺の持つ、いわれやゆかりを、知るためには行ってみたいナー です。

そのためには、先ず足腰強める事が肝心かな? でした。 

 







最終更新日  2017年11月18日 20時56分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年09月04日
カテゴリ:読書

今朝はちょっとお湿りの雨でした。

先日、図書館でフト目に止まった本 石井ふく子さんの【ありがとう またね】借りてきていました。
「またね」という言葉は相手のことを思いやる言葉と、何かで読んだか?聞いた?ものですから‥

石井さんの身の回りで起こったこと、子供のころのこと、戦時中の体験談、ご自分の演出した舞台・テレビドラやご縁のある方たちのことが書かれていました。

自営業当時は、子育て・仕事で日曜劇場も見れなかった時期があります。

最近の「渡る世間は鬼ばかり」が覚えがあります。
大きなテーマは「渡る世間に鬼はなし」だそうです。
【自分だけは正しい、悪いのは相手「お前は鬼だ!」と相手を罵っているその時、本当の「鬼」は本人の中にいる。
そのことに一刻も早く気づいて、忌まわしい「鬼」さんにサヨナラしてもらい、代わりに「福の神」をおむかえしましょう!人の世は本来、「渡る世間に鬼はなし」であるべきなのですから‥】

最近物騒なニュースが多いです。
世界中で「鬼はなし」になってほしいものです。

眠れぬ夜のための本。 少し早めの ゛読書の秋”でした。







最終更新日  2017年09月04日 20時54分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年08月06日
テーマ:戦争反対(1080)
カテゴリ:読書

台風襲来の予測。昨日買ってきたアサリ、パスタにしようと思ったらパスタがありません。
スーパーへ。沢山の人出~~~。多分台風に備えてかしら?
一緒に花火の日の飲料水買ってきました。最近着色料。甘味料の多い炭酸飲料を、欲しがらなくなった孫たちに、品選びが難しいです。

今日は広島原爆の日です。

過日、吉沢久子さんの日記に書かれていたこと。


『8月、日記には「明日を思わないことを決めてから、何があっても慌てなくなった」と、書き込まれたそうです。

8月7日火曜日社では創立記念日で、上司が苦労して集めた材料で、お祝いの膳、ただ、お腹いっぱい食べられたのがうれしかった。と書いていた。なのに

この日に広島では、世界史上初めてのイノチやモノへの破壊行為がこの日本国土の中で行われたというのに、
私は、あんぱんだショートケーキだと食べたいものを短冊に書いては、つるしていたことを思い出す。
これだけでも今ではとても考えられない当時の暮らしだった。

空襲にも。食料不足にも、そして大切な人との別れにも全て耐えてきたこの幾年かは、何だったのかと、
一番わびしい気持ちになったが、本気で働かなければいけないのはこれからじゃないのかしら、と気を引き締めた。』

その後90歳過ぎの今日まで現役で執筆されています

唯一の核被爆国として、娘達と孫にも読んでほしい本の一冊でした。







最終更新日  2017年08月06日 13時27分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年07月25日
カテゴリ:読書

眠れない夜のための読書。
私の幼児の頃、戦争が激しかったと聞きます。
久留米市の空襲の際は、防空頭巾を水がめにつけ濡らし被せられ、焼夷弾の降る中、祖母に背おわれて逃げた記憶だけ
残っています。その後のことは大人の人の語りだったような気がいたします。
かって孫が「戦争のお話し聞かせて~」と言っても、あまり多く語れませんでした。
      
今回この本で、戦時下の東京の有様を知ることができました。

19年の12月になると、「空襲が激しくなって2ヶ月くらいたった時から、自分の気持ちが投げやりになってきたことを感じる文章が出てきた。 戦争がなぜ起こったか、だれの責任なのか、毎日の空襲にさらされている私たちを守ってくれるのは誰なのかといったことには日記には一切触れていない。
それがなぜなのか読んでいるうちに思い出してきた。“赤紙”と言われた招集令状一枚で、男たちは黙って軍隊に取り込まれていった。残る者たちが、どんな状態で後に残されるかは、一切関わりなく、行かなければならなかった。残された者は、お国の役に立つことを名誉と思えと教えられ黙って従わなければ非国民といわれた。             きわめて個人的なものであるはずの日記にも、そういう思いは書かなかったと思い出した」

寒い冬、防火用水には氷が~~~夜中、空襲警報に起こされ、防火用水の氷を割らないといけない。
焼け跡に友人の安否を確かめ歩き回ったときの靴底から伝わってきた地面の熱さ、あの感覚は何十年たっても忘れない。と記されています

現在の生活では、想像もできないことばかりです。

読んでみてよかった!

やはり 戦争は避けるべきでしょう!!







最終更新日  2017年07月25日 10時21分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年05月17日
カテゴリ:読書

昨日は図書館で待ち時間過ごし、20分の間で、三冊借りることができました。

IMG_4022.JPG

以前は、長編や、サスペンス、等読んでいましたが、カタカナ文字の名前の多い外国物は、
名前を覚えきれなくなりハリーポッターでおしまい。サスペンスは犯人捜しでついつい読みふけりますから、
睡眠導入剤代わりになりません。

小ホール前で、友人「よく読みますね、私すぐ眠くなるので、本読みません」だそうです。
私「眠れないから本読むと眠くなるから~ 短めのエッセイ集 借りてくるのです」

【歳を重ねる ことは 面白い】 苦労や不安の先取りはやめる 吉沢 久子
【質素な 性格】 欲はちいさく 野菊のごとき        吉行 和子
【花森安治集】 衣装・着物編                花森 安治

さてどんなことが書かれていますでしょうか?

内容、覚えていると、よろしいのですが、次々に忘れて行きます。
眠りにつく前のひと時のためですから、一つでも参考になることがあれば、幸いです。ハート

 







最終更新日  2017年05月17日 12時00分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年05月14日
カテゴリ:読書

母の日です。いただきました。IMG_4018.JPG ハート           娘「母のおかげで、母になれました」と、母親業に励んでいる様子です。



二日間の睡眠不足に、一昨夜から昨日朝まで8時間ぐっすり熟睡。体調よろしい!の後、

今度は、眠れず今朝は早起きです。導入剤代わりの本読もうと思ったのですが~~~。今回借りてきていません。
“音楽祭のチケット”と“賛助会の申し込み”で図書館寄っていないのでした!!

コーラス練習日は、車の都合で20~30分早く着きます。小ホールは時間にならないと開けられませんので、図書館へ行きます。本借りたり、時間があれば、ソファアで月刊誌パラパラめくります。他にもこのお部屋たくさんの方が利用されていますし、七夕のお姉さま方も数名いらっしゃいます。私にとっては良い図書館です!!


今朝、ふと 明日から市長交代 変えよう!が スローガンでしたので、ア・ラ・ラッ! 変わったら困るな~~~。

眠れないので、下に降りて、お米といでタイマーかけて、パソコンへ。
武雄市図書館で、グッグってみました。評判色々。

若者向きでした!!


昨日会ったおばあさん「なんも知らんやったけん、12年たったら変えにゃん!」で投票なさったらしいです。

どのようになるかわかりませんが~~~~~。私は図書館今のままでよろしいようです。

 







最終更新日  2017年05月14日 11時17分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年04月03日
カテゴリ:読書
昨日は、思わぬ雨に帰路は迎え頼むことに、歩数が伸びません( ;∀;) 演奏も残り2奏者聞かずに帰りました。

今朝は良いお天気です。お当番済んだらのんびり~~~。一番近いのに、開始時間ぎりぎり!(反省!)

移動運動前に「あゝ疲れた!」と、言い合う若い方お休みです。
お姉さま「ボツボツ 行きましょう! 市が推奨している体操も行きますが、とてもとても運動とは言えませんが“楽しいだけ”」だそうです。やはり無理はいけないけどギリギリまでは挑戦でしょう!

あぐりさん読んだばかりですから~~。

土手を散歩していて、見つけた朝顔に、やかんに水入れて持参、水をあげられるそうです。
途中ご友人が出来て、ビニール袋もっていらして公園の水かけしてくださるようになったとか‥
考え付かれることが違います。

新聞で気になる記事があったり、読んでいる本の中に良いな~と、思うことがあったら書き留めていらっしゃるとか‥ 私も時々~~~。

生活習慣十ヵ条が書かれていますが、
10番目に「おかげさまで」「ありがたいことです」の気持ち忘れずに  と書かれております。

先ほど、リサイクルやサンとか?電話がありました。「なんでもよろしいので買います。高く買います!」
佐藤愛子さんの、いらない古いもの出して「サー買い取って!」言いたいけど…やんわりお断り。

のんびりのほうが、元気で長生きのようです。







最終更新日  2017年04月03日 21時04分10秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全36件 (36件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.