あれこれ日記

全22件 (22件中 1-10件目)

1 2 3 >

美術・博物館

2019年05月11日
XML
カテゴリ:美術・博物館
夏日になりました。やはりお日様晴れが顔を出すと暑いです!
日焼け対策してお墓参りに出かけました。昔は気にならなかった日焼け、一度焼けると、元に戻らなくなりました‥(涙)

食料ほとんど使い切って関門へ、行っていましたので帰路お買い物へ~~。買い込んできました!これで4~5日分。お店が遠いと献立に四苦八苦しますが‥


下関では唐戸市場で ふぐ刺しと海鮮丼で、折尾のかしわ飯、門司の焼きカレーも楽しんできました。 
しばらく、お野菜中にすれば少し体重減かな?


長府の城下町は、人にやさしい町でした。ウロウロする二人にほとんど車は、徐行してくださいます。

道を尋ねると親切に答えてくださいました。感謝です。

高杉晋作の功山寺、 御朱印をいただこうと戸を開けるとお香の香りが~ほっとしました。 

次に、下関市立歴史博物館、企画展「晋作と龍馬」へ、入場すると“年齢を証明するものを、お見せください”で、出します。“全国の高齢者の方無料” だそうです、今までの体験では、市外・県外は通用しませんでしたから、“アラッ”丁寧に、ありがとうございます。でした。

乃木希典の乃木神社では、乃木大将の旧宅・宝物殿を拝観しましたが、質素な生活をされ、世のため人のためにつくされたということです。


二日目の出光美術館では、 出光佐三さんの生涯を、拝見することに‥ 
宗像大社でも少し情報得ていましたが、今回丁寧に拝見、ドラマ仕立ての生涯も知ることになりました。

大きな事業をなされた方は信念が違います。
人間を作ること。経営の原点は人間尊重です。世の中の中心は人間です。金や物じゃない。


爺婆の感想:もうちょっと若いころに出会っていたら~~~。「もう! 遅い! 」ハッハッハーでしたが、
今回は人のやさしさ大切さを感じるところを訪ねることができました。







最終更新日  2019年05月11日 21時32分39秒
コメント(0) | コメントを書く


2019年05月10日
テーマ:天気・気象(145)
カテゴリ:美術・博物館
rblog-20190510124217-01.jpgお天気快晴になりました❗昨日は歩き疲れました❗今日のお出掛けは、門司です。rblog-20190510124217-00.jpg






最終更新日  2019年05月10日 12時42分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年04月29日
カテゴリ:美術・博物館
一日中雨になりました。新緑に囲まれた、九州歴史資料館で 【大宰府と万葉集 - 大伴旅人・家持と梅花の宴-】の講演会、聞いてきました。車で5分、朝11時配布の整理券いただきに10時半に‥96人目でした。募集160人でしたので、早朝、遠いところから、お聞きした方は伊万里だそうでしたから、各地から~~~。  時期が時期だけに500人弱の方がお越しだそうで、会場に入れない方は、テレビ会議の模様で中継だそうです。

万葉集と大宰府、近くに居ながらほとんど知りませんでした。最近メモリアルパークで碑を拝見したぐらいですから‥

今回 元号【令和】にちなんで‥ 

1 官人の悲哀  2 梅花の宴  3蘆城の駅家  最後に大宰府と大伴家持  についての編成

  資料は22ページにわたりますが、丁寧な説明で分かりやすくお話になりました。


​​​梅花の歌 三十二首 の序文。に書かれている、初春の​令​月 気麗しく風らぐ から引用。​​​万葉集・梅花の歌 三十二首が書かれています。知識人の集まりであったことでしょう!

王義之の蘭亭(集)序を模範に和歌(大和言葉)ではあるが、漢詩沿っている。

20年後、家持が旅人の事を 子供が親の一番輝いていたであろう時期を偲んで話したであろうと‥
追いて筑紫の太宰の時春の苑の梅の花に和ふる一首
・春の家の 楽しき終へは 梅の花 手折り招きつつ遊ぶにあるべし


最後に、旅人の見た風景 福岡(大宰府)が重要な場所であったと思われます。
出土品の木簡に、書かれた・多比(鯛)・生鮑・鯖・都備(螺類の総称)・須志毛(海藻の一種)・割軍布(生鮮海産物)昨今の福岡のおもてなし料理と同じ(笑)でした。


このように素晴らしい施設があるなんて‥と、おいでの方が、申されていました。

こんな近くにいて、学べることは幸せなことだと思ってきました。
小学生用に準備されていたパンフです。 
 判りやすいです。ウィンク








最終更新日  2019年04月29日 19時25分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年11月30日
カテゴリ:美術・博物館
風邪気味の昨日は、内科に処方していただいたお薬飲んで出かけました。
県立美術館「バレル展」です。折角、文化塾で、当選いただいたものです1000名以上の中から15名です。 土曜・日曜避けると昨日が都合がよかったのですが‥

体調はあまり思わしくなく~~~~~。
お昼は、食欲ないのに、連れ合いに合わせて天ぷら。
美術館まで歩きます。



平日なのに多いですが、鑑賞している間は、体調気になりません。

“日ごろ、見ないような作品が多いね”。
寄贈主のバレル卿が、国内での公開を依頼されていたので国外に出ていなかったそうです。
今回美術館の改修に当たり、初公開された模様でした。

撮影を許された作品取らせていただきました。

帰路、バス乗ろう! 時間が18分待ち! だったら歩こう!で、歩き始めたら脚が攣ります。
多分、ヨロヨロしていたのでしょう!
「タクシーが横でドアー開けた!」だそうです。
しばらくしたら別のタクシーも又止まったとか‥。私は気が付きません!! ハッハッハー

帰宅後、昼のお薬服用、お洗濯取り入れた後、吐き気が~~~~~。
しばらく休んでも収まらず~~~~~。 3回の戻しでス~ッと~~。

やはり、風邪薬が合わなかったかな? 先ず胃で受け付けてくれなかった様子。

友人に一人、風邪のための抗生物質で下痢が止まらずコマッタ!と聞いていましたら、
先ほどまた、別の友人は2か月胃腸が変になった!と聞きました。

3人同級生です。それぞれ、自分の身体の衰え自覚しました。


今朝から、“癌だといけないので病院に行くように”言われていますが、“行くと病気になる。

癌でも仕方ない、ここまで生きたから、もういい!」と言う事、聞きませんでした。ふふふ

言う事聞いたのは、“体操教室休むように”だけです。
昨日、7000歩 歩いたから良しとします。







最終更新日  2018年11月30日 14時04分52秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年11月20日
カテゴリ:美術・博物館
17日、昨夜の雨で空気がきれいな朝です。一番にマネン碕へ
 朝日にキラキラ輝く海、写真撮影難しい!

次にやどり浜 

ホノホシ海岸 荒波に洗われる石

高知山展望台 せっかく手すりがあるのですが、階段から遠い~~~。ハブよけ用の杖を借りて上ります。階段の塔には登らずに、下でウロウロ。「上は良かったよ!」だそうな。
霧で全く見えない日もあるらしいのですが、今日は素晴らしい眺めだったそうです。

マングローブパーク
オプションのカヌー体験される方もありますが、我が連れ合い2爺さんはグランドゴルフ。
 
その間、わたくし、カバン持ち トホホ、両肩から下げている姿見てツアーご一緒の方同情です。

奄美パーク  今度はエレベーターがあるので、展望台へ

​​田中一村 美術館   先ずは、想像していた事よりすごい建物におどろき! 


奄美に移ってからは染色工として働き、お金がたまったら絵を描かれたという。自分の思いを描かれご本人は満足だったらしいのですが、亡くなってから、名画として評価されるのは気の毒と連れ合い二人申しました。未完成の大きな画が2点ありました。完成されたかったでしょうの思いでした。​​

最後!最後!と 言いながら、良い旅に恵まれ、感謝と共に、健康維持の大切さ思います。







最終更新日  2018年11月20日 11時36分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年06月02日
カテゴリ:美術・博物館
今日は、いつもお世話になっている校区公民館の全体掃除の日です。
校区公民館来月から名称が「コミュニティセンター」に代わるそうです。
公民館じゃなぜいけないの?舌かみそう! だんだんカタカナ用語に代わります。アメリカナイズされたらハイカラなのかな? 老女たちのつぶやきでした。

一昨年までは、朝起きれなくて、頭フラフラでしたが、今朝はすんなり行けました。自分に拍手! スマイル

我がサークルは、図書室と入口の展示されているところ。
自称“私おてんばさん” 脚立に乗って高いところ拭いてくださいます。私は、下で雑巾洗いでお許しを‥
私は脚立どころか椅子の上さえ危ないので、展示されているパンフ除いて、埃払って並べなおし~~。

出てきました!!【九歴のパンフレット】「昨日行ったよ。良かったですよ」

午後から、夫は基山登山の予定。九歴まで歩こうかな?と思っていたら、基山止めて付いてくるそうです。
先だって行った観世音寺、メモリアルパークでお話を聞いた大伴旅人、少ない館内、ゆっくり説明読むことができました。

“こんなに素晴らしいところがあるのにもったいないね!”

過日「わが市には、古代から歴史があるのに、紹介が少ないと!」嘆かれていた事を思い出しました。

観光協会さんのお知らせもここは少なく感じていました。

お掃除に行って、情報頂き得した気分!! 高齢者保険証出して無料です。ふふふ






最終更新日  2018年06月02日 16時59分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年03月08日
カテゴリ:美術・博物館

昨夜は、“近くで良い!”という私に“湯治で有名・山に登った時泊まった!”と出かけ、筋湯温泉に泊まりました。
平日とはいえ、花公園の温室・温泉かけ流し・宿の大浴室 ともに貸し切り状態でした。

IMG_4434 - コピー.JPG

今朝は、玖珠町へ~~。以前から、大分道から見える赤鬼。 童話の里 が気になっていました。
ナビによる童話の里は道の駅でした!!アララッ!


この近くに、童話の博物館?がありませんか?と観光案内で聞きますと‥

【久留島武彦 記念館】があります。と聞き丁寧に教えていただき行ってみました。 
昨年できたそうです。【童話の里 くすのひな祭り】IMG_4453 - コピー.JPG
入口で「ちょうど良かったご一緒に説明いたします」と言われてご一緒について~~~。
するとなんと若い館長さん金成妍(キムソンヨン)自らのご案内でした。IMG_4443 - コピー.JPG

10個の部屋に分かれています。
今までに行った博物館等と違って、映像・音声 等、優れています。

知らなかった「久留島武彦文化賞」はたくさんの童謡歌手の方が選ばれて表彰されていました。
音符 夕やけ小やけ の歌も  作詞:久留島武彦 作曲:弘田龍太郎 日ごろ聞いている歌と違っています。
玖珠町では皆さんご存知のようです。

出会いの部屋では、有名な俳人・家人が絵を描かれています。IMG_4447 - コピー.JPG
柳原白蓮さんの絵は館長さんが探されたようですし、古書店に無造作に置かれていたという絵もにも、
気が付かれたそうです。

日本人よりすごい! 日本の文化を伝えてくださっています!

IMG_4449 - コピー.JPG 子供たちの夢の詰まった石の上に建てられた碑です。

童話・韓国に興味あり、の孫に、すぐラインでお知らせ、是非、行って、見て、聞いてきて、ご覧!です。

私は、この二日間 宿探し急がされ「あゝ」嘆きでしたが~~~~~。

身体・目・頭 の保養ができましたきらきら

 







最終更新日  2018年03月08日 19時34分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年11月09日
カテゴリ:美術・博物館

良いお天気になりました。紅葉もはじまり、IMG_4270 - コピー.JPG       真っ赤な紅葉に秋の空気を味わうことができました。

午前中は市内の九州歴史資料館へ。FBでおすすめされていた「福岡県の城」見てきました。
名前を知っている 柳川・有馬・城島。 筑前・筑後は聞き及んでいますが、豊前が大きかったことなど~再確認です。

友人からいただいていた九州国立博物チケットがあります。午後から続けて行きます。九博は便利よく行けます。

【桃山展】
アジアの海と信長の覇権~秀吉の世界への眼差し~徳川幕府と「鎖国」への道
日本がヨーロッパやアジアの各地域と様々なかたちに交流した時期でもありました。とパンフに記載されています。
屏風絵・襖絵・漆器・お茶茶碗 などなど

平日の午後ですゆっくり見て回ることができました。

いつもご無礼する、今日は4階へ~~~。写真撮影された場所でパチリ。IMG_4272 - コピー.JPG


訪れたことのある、高台寺・大徳寺の懐かしい思いも加え、今度は奈良へ行かなきゃ~~~。

 







最終更新日  2017年11月09日 17時53分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年03月18日
カテゴリ:美術・博物館

今日午前中は、気分がすぐれず積んでおいた書類・パンフ類を、整理しました。
その中に、見に行こうと言いながら延び延びになっていた一枚見つけました。IMG_3739 - コピー.JPG
「アレッ!今日行かないと行く日ないよ!」で午後から出かけることに~~~。

丁度、義兄から案内受けていた総合美術展も同時開催です。IMG_3737 - コピー.JPG
テーマは “櫨” 写真・絵画・デザイン・工芸の作品を見て短歌を読んだものですが、俳句・川柳ありでした。
夫々の作品も素晴らしかったのですが、自然を見なが読んだ短歌ではなかったので難しかったでしょうねでした。

館内はたくさんの人たちで、暑いほど。外は曇り空肌寒かったのですが、お庭は春の装いIMG_3728 - コピー.JPG  癒しのお時間過ごしてきました。







最終更新日  2017年03月18日 17時32分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年11月16日
カテゴリ:美術・博物館

今日は、チョットおとなしく(安静)したほうが良いかな?  でも、青空澄み切った良いお天気だし、「鳥獣戯画展が開催されている九州国立博物館へ行ってみようか?」 気乗りしない夫へ、山登りで膝が痛いらしく無理できないので、博物館なら~~。
週の中日です。ギター和尚さんのCD聞きながら~~~~スイスイ進みます。

「アレっ! 止まった! 入り口混んでる?」後ろの貸し切りバスから続々人が降りられます。 
入れ替えたフォレスタ男性CD一枚済みました。次は、混声CDへ。 1時間待ち!!
チケット売り場表示【入場まで100分待ち】「 アラッ! 帰ろう! 」夫「折角来たし、やっと駐車できたから…」
九国入口の信号にでもお知らせしてくれてたらよかったのに~とブツブツの私。するとすぐ後ろの、若い方も、
売り場のお嬢さんに、「お知らせしてくださったらよかったのに~」二人で窓口へ~~~。
なんの悪げもありません。黙々とチケット捌いて「次の方どうぞ~~~。」

並んでいる列の係りの方に苦情中の方が‥返事「ネットでお知らせしています」ですって、
私は重いのでガラケイだけ持参中。どのくらいの方がネットのお知らせ知られるのでしょうか? あゝ。

100分+20分 やっと入場できました。音声ガイドは時間がかかるからやめましょう!でした。
鳥獣戯画見始めた途端、お急ぎください。二列に並んで肩越しにご覧ください。
昔の字は読めないけど、鳥獣戯画はよく見ないと~わかりません!!。でも急がせられます。

最後ビデオでの説明を見ていると、入口から大きな声「奥に進んでください。立ち止まらないでください」の
声。「あれッ!まあ! 博物館静かにするものじゃなかったの?」 デス。

夫、「すべて国立経営。嫌なら帰っていいよ! だろう! 」  
休養のつもりが「あゝ疲れた!1時すぎに出発6時過ぎ帰宅閲覧1時間でした!!
先出の若い方もご主人「読みが甘かった!」同感です。

京都に行ったら、こんなに待たなくてよろしいでしょうに~







最終更新日  2016年11月16日 20時53分13秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全22件 (22件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.