076556 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

スチャラカ鍼灸師の行き当たりばっかり

PR

X

全45件 (45件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

運動と健康

2008年09月07日
XML
カテゴリ:運動と健康
先週の水曜側腹部に痛みが起こりました。

筋肉痛のようなので前日ジムで動いたせいだと思っていたのですが痛みのおさまり方がどうも変です。


肋骨傷めたか?


傷めることをした覚えがないので違うだろうと思っていたのですがもしかすると・・・

だとして肋骨を痛めた原因は運動のせい?

そんなことで傷めたとしたら・・



トシ?





・・・・・



それから今日に至るのですが今も痛みがあるのですがかなり治まってきています。

肋骨を傷めたとするとこんなに早く痛みが治まるはずがないのでどうやら筋肉痛の様です。

筋肉にしても変な傷め方をした?






最終更新日  2008年09月07日 18時18分39秒
コメント(5) | コメントを書く


2007年05月30日
カテゴリ:運動と健康
日曜に研究会に行って来たのですがその中で心肺停止になった時の対応の仕方が少し変わったという講演がありました。

今ではAEDという救命装置が普及しはじめていますがそれがあるからといってすぐに使うものではありません。

まずは119番、次に心肺蘇生措置をおこないます。

その心肺蘇生措置ですが2000年のガイドラインと2005年のガイドラインでは心臓マッサージ、人工呼吸、AEDのおこなう回数が変わっています。

まぁどれが一番重要かと言うことになるのですが、一番重要なのは、


心臓マッサージ。


2000年ではAEDを1サイクルの中で3回おこなっていましたが2005年では1回。

そして脈の確認なしですぐに心臓マッサージをおこないます。

人工呼吸も上手くできないようだったら心臓マッサージをしている方がマシだということになっています。

とにかく心臓マッサージ

僕が聞いていた印象では心臓マッサージをどれだけすればいいかというと、


倒れた人(心臓マッサージをされている人)が、
「もういい」
というまでする。

という感じでしたね。








最終更新日  2007年05月30日 13時33分49秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年03月03日
カテゴリ:運動と健康
インフルエンザが流行っています。

今回は2種類だそうで。

予防接種されているものとされていないものだそうです。

?と思うかもしれませんが予防接種では全種類のインフルエンザのワクチンを投与していません。

今期に流行るであろうと思われるものを選んでワクチンが作られています。

全種類作ればいいのでは?と思うかもしれませんが何か理由があるのでしょうね。

こうなると博打みたいに感じる方もいらっしゃるかもしれませんが当たらずとも遠からずという感じでしょうか。

とういうわけで予防接種を受けている方も油断しないように。

3月に入って流行りはじめるなんて変な感じなんですが・・・






最終更新日  2007年03月03日 07時12分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年02月20日
カテゴリ:運動と健康
この前おこなわれた東京マラソンでAEDによって2名の男性が助かったという記事がありましたがAEDってご存じでしょうか。

日本語では自動体外式除細動器という難しい名前が付いていますが要は、



心臓が止まったらこれを使え



と言うものです。


訓練を受けていない方でも使用でき、取り扱いも非常に簡単にできてます。
(機械に使い方が書いてあります)

以前ある研究会に参加した時AEDについての講義がありました。

その中でアメリカのカジノで心不全を起こした男性をそこの警備員がAEDを使って蘇生を施したというシーンが監視カメラに写っていたというものを見ました。

ビデオで流れているシーンにテロップが出るのですがその中で警備員が心不全の男性にAEDをつけているシーンで、



結構いい加減。



というコメントが出ました。

笑っちゃいけないのですが真剣なシーンでこのコメントはないだろうと思ってしまいました。

結局男性は助かったのですがさっきのコメントで言いたいのは


いい加減でも良いから臆せず使うべきだということだと思いましたね。

AEDは最近公共施設では設置されるようになり気をつけて見ればすぐに見つかると思います。

もしAEDを使わなければいけないような場面に遭遇したら使ったことがないからといってやらないのではなく、とりあえずやってみることが大切だと思います。


とりあえず覚えているといいことは使う時、

パッドを胸に当てて、

スイッチを入れたらすぐに離れる!

ですね。
(一旦作動が終わってまだ蘇生しなければ最初からするのですが)



日本赤十字社のAEDについてはこちら












最終更新日  2007年02月20日 22時16分24秒
コメント(6) | コメントを書く
2007年02月07日
カテゴリ:運動と健康
今は医者に行ってますがそこで口呼吸をしているのではないかと言われました。

僕自身はしているつもりはないのですがどうやら少し口が開いているようです。

少しでも口が開いているとその部分の歯茎が乾燥し、雑菌が繁殖して歯茎を傷めるようです。

口呼吸を矯正する方法ですがいただいたプリントには、

○おしゃぶりをくわえて、日常生活を送る。
(赤ちゃんでなくても、おしゃぶりは効果的だそうです)

○食事の際は姿勢を正して口を閉じ一口30回ほど両側で噛んで食べる。

○医療用テープを口に貼り、そのまま日常をする。

○1日3回、合計1時間ほど口を閉じてガムを噛む。

○鼻腔拡大装置を鼻にはめる。

とあります。

僕としては口角をあげることで少し微笑んだような感じにすることで口を閉じるようにしようかと思ってます。






最終更新日  2007年02月07日 12時40分06秒
コメント(8) | コメントを書く
2007年02月02日
カテゴリ:運動と健康
リハビリの仕事をしている病院の受付の方がインフルエンザにかかりました。

今のところ流行っている様子はないのですが油断は禁物です。

受付の方の中でインフルエンザの予防接種を受けたのはかかったその方一人。

受けてない方がかからず、受けた方がかかるのも変と感じるかもしれませんがインフルエンザの予防接種はそう言うものなんです。

受けたからと言って絶対かからないものではありません。

じゃあ、受けても意味ないかと言えばそうではなく、かかったしても軽く済みます。

受付の方は40度の熱が出たそうですがそこまでなるのはまれです。

インフルエンザの予防接種に関しては受けたからと言って油断しないようにしないといけません。






最終更新日  2007年02月02日 22時31分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年01月21日
カテゴリ:運動と健康
この前三叉神経痛になったと書きましたが、三叉神経とは顔にある知覚神経のことでこれが何らかの原因で痛みだすものが三叉神経痛と言います。

よく患者さんが顔面神経痛といってきますが顔面神経は運動神経がほとんどなので痛みが出ることはほとんどありません。

三叉神経は言葉どうり3つに分かれた神経なので痛む場所も大きく3つに分かれます。
もちろん3ヶ所全部痛むこともあります。

原因がわからないことが多いですが耳の近くから神経が出ておりその付近で何かトラブルがあると発症しやすい感じがあります。

僕の場合ですが耳の下あたりの首の筋肉が強ばってかたくなり、そこの血行が悪くなり神経が炎症を起こしたようです。

そうなった原因はストレスが溜まっていたと言うことだと思いますが。

ですので治療法としては首の緊張をほぐすようにすることでした。

ただそのために首だけ刺激したわけではなく今回は右側だったため右の足の甲(親指側を主に)を押さえたり、右足の内側(骨の際)をほぐすようにもんだり、右手の甲を押したりなどしました。

今回は三叉神経痛の痛みは前回よりもマシだったのですが頭痛まで併発したのでよく寝られなかったのがつらかったです。

特に原因が不明な場合耳の下の緊張が問題になっている場合が多いのでその部分をほぐすようにすると痛みが軽減することがあります。

ただ強い刺激をしすぎるとその時はいいのですが後で痛みがより強くなることもありますので注意が必要です。
その部分を温めるのいいでしょう。
(ただし痛みが強くなれば温めてはいけません)

今は良い薬があるのでお医者さんと相談するのもいいです。








最終更新日  2007年01月21日 19時44分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年01月19日
カテゴリ:運動と健康
今週あけから三叉神経痛が発症していました。

しばらく痛みで仕事が終わると休んでいたという状態でした。

ようやくマシになってブログ書いてます。

三叉神経痛などの詳しいことはまた今度書くつもりで今はとりあえずこれだけ書こうかと。

で、

久しぶりにブログ開いたら管理ページが変わっている・・・






最終更新日  2007年01月19日 14時40分34秒
コメント(4) | コメントを書く
2006年12月20日
カテゴリ:運動と健康
現在咳が時折出だすと止まらない状態になってます。

どうやら扁桃腺の炎症が治まらないためのようですがこれを治めるには体の調子自体をよくしないとだめみたいです。

よく咳は寝ようとすると出るものですがこれは身体を休めようとする神経の働きが咳をする働きと繋がっているためなんです。

よって身体を休めようとすればするほど咳が出る・・

はっきり言って咳を治めるのは難しいものと思っています。

休めようとすれば出るものだし、咳で結構体力消耗するものだし。

いつもの熱い風呂もなかなか効果を出してくれません。

またこれからいろいろ試してみます。

さてどうしようか・・






最終更新日  2006年12月20日 12時18分19秒
コメント(6) | コメントを書く
2006年11月21日
カテゴリ:運動と健康
昨日子供に熱い風呂(子供にとってだが)に入らせたのだが、今日の様子は鼻づまりだけが気になるようだ。(他の症状はなく元気に幼稚園に行っている)

これは上手くいったかどうか悩むところでやはり自らの感覚でわからないと上手くいかないのかもしれない。






最終更新日  2006年11月21日 13時49分25秒
コメント(0) | コメントを書く

全45件 (45件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


© Rakuten Group, Inc.