181771 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

続.播磨の国は食マルシェ

PR

全10件 (10件中 1-10件目)

1

高砂市高砂町

2019年11月15日
XML
カテゴリ:高砂市高砂町
​​2019年11月9日訪店/魚亭 やつか

山電・高砂駅近くにひっそりと佇む和食店。


とは言え、店舗自体がビルです。すごい。


魚介中心のランチが頂けるとのことで、ここまでやって来ました。


では、いざ、突撃!


エントランスも広い。この右手にはエレベーターもあって、キャパのすごさをまざまざと見せつけられる。


突き当りに日本庭園。豪華さの演出も忘れない。


生け簀には旬の魚たちが舞い踊る。ただし1匹だけ舞い踊ってないな笑。


1階にはこのカウンター席と・・・、


こちらの座敷席がある。あと2階、3階と個室が多数。


そして、このカウンター席の角辺りをキープ。ネタが見えるところが好きなのだ。


カウンター席の後ろからも見れる生け簀、目板カレイ食いたいけどな。


着席後、まずお茶をいただいて、テンションを上げていく。


メニュー物色。刺身や寿司を盛り込んだ豪華な定食たち。


松花堂弁当もええな。


天ぷらや穴子系の定食は、高砂ならではの料理。


各種お寿司。寿司狙いの場合はこのメニュー。


気になったのがお札メニュー。旬の食材の短冊がズラリ。


トロの質もええ感じやな。うまそう~!


配膳タイム。今回は刺身が食べたかったので、「お造り御膳」をオーダー。


順不同だが、マグロ・鯛・甘エビ・イカ・ハマチ・ホタテ・サーモン・イワシ酢〆・タコの9種盛り、うんまい!!!


煮物のエビも大きめ。


和え物。さっぱり系。


お漬物。刺身には意外と漬物が合うのだ。


海鮮丼も基本的に白ご飯派。酢飯で作る海鮮丼は嫌なのだ。だから刺身定食を頼むことが多い。


最後はアイスクリームで締めた。


特に鯛とハマチはコリコリが十分楽しめる新鮮さだった。ただ、贅沢を言うなら、もう一品青物か光物か白身が欲しい。


ごちそうさまでした。

■店名:魚亭 やつか
■ジャンル:割烹 寿司 和食
■住所:兵庫県高砂市高砂町浜田町2-9-20
■TEL:079-442-0478
■営業時間:11:30~14:00/17:00~22:00(LO21:30)
■定休日:火曜日
■お店HP:​http://www.yatsuka.jp/
■食べログ:​https://tabelog.com/hyogo/A2804/A280402/28007778/

◇播磨の国は食マルシェ(旧ブログ)
https://plaza.rakuten.co.jp/harimanokuni/
◇淡路島食道へようこそ(旧ブログ)
​​https://plaza.rakuten.co.jp/shimatamao/diary/

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ​​ ⇦ランキング参加中!ポチッとお願いします。​​
にほんブログ村

​ ⇦こちらもポチッとお願いします。​
近畿ランキング   ​               ​​     
​​






最終更新日  2019年11月15日 08時10分51秒
コメント(0) | コメントを書く


2019年10月07日
カテゴリ:高砂市高砂町
2019年9月24日訪店/千尋

カフェを求めて路地裏をうろついている時に、偶然出会ったそば屋さん。


結構道幅が狭めの路地だが、一応店の横に駐車場はある。


店先にメニューが貼ってあったので確認。


では、いざ、突撃!


カウンターに先客おひとり。昼呑みがうらやましい。


突き当りに座敷もある。


ちょっとごちゃ付いた感はあるが、地元に愛されている路地裏のお店的な雰囲気がいい。


そして、このお方はいつ来たんやろ?


さらに、このお人とは何か関係があるんやろか?


メニュー物色。何となく温かいそばが食べたくなって・・・、


今回はカレーそばをオーダー。紙エプロンがないか尋ねたがなし。代わりにスタッフ用のエプロンを貸してくれた。


玉ねぎと豚肉がたっぷり入っている。


細麺の手打ちそば。のど越しがいいタイプ。


さっぱり目のカレー汁ながら、玉ねぎの甘味と豚肉のコクが良く出ている。


このそばなら、ざるそばでも良かったな。


ごちそうさまでした。

■店名:手打ちそば 千尋                                            
​■ジャンル:手打ちそば 居酒屋
■住所:兵庫県高砂市高砂町細工町1347
■TEL:079-443-3750
■営業時間:11:30~14:00(L.O.13:30)
17:00~23:00(L.O.22:30)
■定休日:日曜日
■食べログ:​https://tabelog.com/hyogo/A2804/A280402/28011251/

◇播磨の国は食マルシェ(旧ブログ)
https://plaza.rakuten.co.jp/harimanokuni/
◇淡路島食道へようこそ(旧ブログ)
​​https://plaza.rakuten.co.jp/shimatamao/diary/

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ​​ ⇦ランキング参加中!ポチッとお願いします。​​
にほんブログ村

​ ⇦こちらもポチッとお願いします。​
近畿ランキング     ​ ​​ ​    






最終更新日  2019年10月08日 08時48分32秒
コメント(2) | コメントを書く
2019年09月30日
カテゴリ:高砂市高砂町
​​​​2019年9月28日訪店/スープカフェ すうぷ

高砂町のこのあたりの雰囲気が好きだ。


その路地裏にあるスープ専門カフェが今回のターゲット。


では、いざ、突撃!


お店はカウンター席が5~6席ほど。今回はこの左端の席に陣を張る。


と思ったら、キッチンの奥になにやら隠し部屋が・・・?


小上がりの座敷テーブル部屋ではないか!ここなら芸能人もお忍びで来れるな。


メニュー物色。スープは2種類。


そして、意外と、と言ってはなんだが、ご飯もののランチがある。もちろんスープ付きで。


モーニング。軽食系ならこれがお得。お昼に伺ったが、注文OKとのお応えをいただいたので、これをオーダー。


スープ単品。これから寒くなる季節には、スープでカフェブレイクもいいかも。


フードメニュー注文なら+100円でドリンクが注文出来る。これもお得。


配膳タイム。スープは「野菜ミルクチャウダー」をチョイス。


スープは牛乳ベース、さっぱりしていて無駄な味付けを施していないので、野菜の甘味・旨味エキスがダイレクトに味わえる。うんまい!


根野菜と玉ねぎがたっぷり。スープとしても、サラダとしても成り立っている。


パンは地元パン屋さんから直仕入れ。学校給食として提供されているパンらしい。ほんのり甘味があって、うんまい!!


最後はいつもの如くホットコーヒーで締め。


これからの季節にピッタリのカフェですね(^O^)。

                                       
ごちそうさまでした。

■店名:スープカフェ すうぷ
■ジャンル:スープ カフェ
■住所:兵庫県高砂市高砂町細工町1351  YMコーポ1F
■TEL:080-4649-0070
■営業時間:10:00~15:00
■定休日:月曜日・火曜日・日曜日
■食べログ:
​​https://tabelog.com/hyogo/A2804/A280402/28047058/

◇播磨の国は食マルシェ(旧ブログ)
https://plaza.rakuten.co.jp/harimanokuni/
​​​◇淡路島食道へようこそ(旧ブログ)
​​https://plaza.rakuten.co.jp/shimatamao/diary/

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ⇦ランキング参加中!ポチッとお願いします。
にほんブログ村

 ⇦こちらもポチッとお願いします。
近畿ランキング​ ​  ​​           ​     ​






最終更新日  2019年09月30日 08時41分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年09月27日
カテゴリ:高砂市高砂町
​​​2019年9月21日訪店/キッサコ ノンヤ

なかなか趣きがある建物。


最近増えつつある高砂のカフェ。


その1軒に、いざ、突撃!


いきなり土間にテーブル席。


靴を脱いで部屋に上がる。


レトロな雰囲気を醸し出している古民家カフェやな。


掘りごたつもあり。


トイレ手前のスペース。


店内にはさまざまな装飾品の販売が行われている。


かばんやアクセサリー、食器などが購入できる。


そして、ノスタルジック感を演出するオブジェたち。コロンビアのプレーヤー。


動くかどうか不明だが、年季の入った扇風機。


店内物色を済ませて、今回はこのソファー席に陣張り。


メニュー物色。基本、食事系はない。強いて言えば、トースト系のみ有り。その他スイーツ。


ドリンクメニュー。コーヒー豆は自家焙煎。


そして、今回はそんな自家焙煎のホットコーヒーと甘酒ケーキをオーダー。


深みがあるのに苦味がない珈琲。焙煎の加減が良く、うんまい!


ひと口食べると、ふわっと酒かすの風味が鼻から抜ける。付き合わせのイチジクも、うんまい!!


とても落ち着くお店でした。


ごちそうさまでした。

■店名:キッサコ ノンヤ
■ジャンル:カフェ
■住所:兵庫県高砂市高砂町北本町1106-3
■TEL:090-7090-3082
■営業時間:10:00~18:00
■定休日:日曜日・月曜日
■食べログ:​https://tabelog.com/hyogo/A2804/A280402/28047060/
​​
◇播磨の国は食マルシェ(旧ブログ)

https://plaza.rakuten.co.jp/harimanokuni/
◇淡路島食道へようこそ(旧ブログ)
​​https://plaza.rakuten.co.jp/shimatamao/diary/

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ​​ ⇦ランキング参加中!ポチッとお願いします。​​
にほんブログ村

​ ⇦こちらもポチッとお願いします。​
近畿ランキング     ​ ​ ​






最終更新日  2019年09月27日 08時17分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年08月06日
カテゴリ:高砂市高砂町
​​​​2019年8月4日訪店/まどいせん

最近、かき氷にハマっている。


今回はこの古民家カフェをロック・オン!


よし、日曜日開いてるな。では、いざ、突撃!


入口を通り抜けるとすぐ左手に雑貨販売棚がある。


その正面にお風呂屋の番台みたいなレジカウンターがあって。。。


靴を脱いで上がると、カジュアルなテーブル席が数卓現れる。


その奥には庭。高砂の古民家の象徴やな。


所々にレトロオブジェを施してお客を迎える。


ミシン、いつの年代物やろ。


さて、手前の席では何やら制作物教室が開かれていたので、端っこのテーブルに陣を張る。


メニュー物色。ターゲットのかき氷は限定5食。


スイーツ系。


そして、配膳タイム。「フルーツ 1,000円(税込)」。かき氷にしてはやや高め?


いや、この6種類のフルーツの量からすると、これくらいの値段は当然か。


大きさも申し分ない。練乳もたっぷり。


さらに、追いシロップと追い練乳付き。最初に山ほど掛かっているので必要ない。


氷を掘り進むと、中から次々と刻んだフルーツが登場。最後まで氷とフルーツのコラボが楽しめる。


あー、生き返ったぁ。。。


ごちそうさまでした。

■店名:まどいせん
■ジャンル:カフェ
■住所:兵庫県高砂市高砂町魚町545
■TEL:070-5654-2987
■営業時間:11:00~16:00
■定休日:水曜日・木曜日・金曜日
■食べログ:​https://tabelog.com/hyogo/A2804/A280402/28042415/

◇播磨の国は食マルシェ(旧ブログ)
https://plaza.rakuten.co.jp/harimanokuni/
◇淡路島食道へようこそ(旧ブログ)
​​https://plaza.rakuten.co.jp/shimatamao/diary/
​​​​​
にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ ⇦ランキング参加中!ポチッとお願いします。
にほんブログ村

 ⇦こちらもポチッとお願いします。
近畿ランキング






最終更新日  2019年08月06日 20時06分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年07月13日
カテゴリ:高砂市高砂町
​​​2019年7月7日訪店/トコトコ

もうオープンして6年になるらしい。


高砂神社のすぐ隣にある由緒正しき佇まい。


ランチがあるのを確認して、いざ、突撃!


色んなものが所狭しと並べられている店内レイアウト。


2階倉庫。このあたりの古民家はこういう造りが多い。


テーブルが4卓、一番入口に近い席を確保。格子がええな。


いろいろ拘りがある。こういうウンチクは好きだ。


落ち着けるコンセプト。


メニュー物色。改めてランチ確認。週替りランチ1,000円、ドリンク付きだ。


デザート系。カフェ使いもいい。


モーニングも存在する。


そうこうしているうちに配膳タイム!野菜モリモリやんかっ!


鶏胸肉をとろみの付いたソースでコーティング、うんまい!


大根のきんぴら風、れんこんも素材そのまま。


味噌汁。具沢山。


雑穀米。小豆の量が多くて健康的。


キッシュと思いきや、野菜山盛りのピザ、うんまい!


これは、お持ち帰りも出来る。


+200円でデザート追加。


甘さ控えめのシフォンにヨーグルトソース。


お腹も落ち着いたら、店内をちょっと物色して見よう。手作りのラスクが気になったので、お土産にGET。


自家製パンもうまそう。


おいしく穏やかなひとときでした。


ごちそうさまでした。

■店名:トコトコ (toco-toco)
■ジャンル:カフェ
■住所:兵庫県高砂市高砂町田町477
■TEL:079-490-3565
■営業時間:8:00~18:00(モーニング8:00~11:00/ランチ   11:30~15:00)
■定休日:月曜日
■お店ブログ:https://ameblo.jp/toco-toco-sweets/
■食べログ:​https://tabelog.com/hyogo/A2804/A280402/28040483/
※只今、同店の食べログの新規投稿はNGとなっていますのでご注意を。

◇播磨の国は食マルシェ(旧ブログ)
https://plaza.rakuten.co.jp/harimanokuni/
​​​

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
 ⇦ランキング参加中!ポチッとお願いします。
にほんブログ村

 ⇦こちらもポチッとお願いします。
近畿ランキング






最終更新日  2019年07月13日 08時22分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月26日
カテゴリ:高砂市高砂町
​​​​2019年5月9日訪店/季のしずく

ランチ後のお茶を求めて、高砂の街をぶらぶら。こんないい雰囲気のお店に出会う。


「季(とき)のしずく」、店名がええな。


暖簾を潜った正面に扉があったので、突撃しようと思ったが、スタッフ専用になっている。


左手に目をやると、お客様専用入口がある。では改めて、いざ、突撃!


畳が敷き詰められた大広間。部屋の仕切りにある梁、いろんな意味で豪華な旧家。


鹿鳴館的な家具。落ち着いた大人な雰囲気。


オブジェ?販売?


レトロな時計は動いているのに、時が止まったかのよう。


中庭には灯篭が鎮座。


趣のある縁側。わびさびやぁ~。


そして、中庭に近いテーブル席に陣張り。


メニュー物色。ドリンクメニュー。


コーヒーへの拘りは強い模様。


和スイーツ。そそるぅ~。


実はランチもあり。この日は既にランチ済なので割愛。


入口にあったイーゼルメニュー。「チョコレートケーキ」が気になったので、コーヒーと合わせてオーダー。


配膳タイム。いい香りと濃さのホットコーヒー、うんまい!


こちらも濃厚。ビジュアルも美しいショコラケーキ。


甘すぎず、カカオの旨味をギュッと凝縮させた逸品。ホイップとの相性サイコー。


これ以上居座ったら、畳の上で寝てまいそうや。


ごちそうさまでした。

■店名:季のしずく(ときのしずく)
■ジャンル:カフェ
■住所:兵庫県高砂市高砂町鍛冶屋町1386
■TEL:080-3800-0429
■営業時間:[月~金]11:30~18:00
[土・日・祝]10:00~18:00
■定休日:水曜日
■お店HP:​https://tokino-shizuku.com/
■食べログ:https://tabelog.com/hyogo/A2804/A280402/28052924/

◇播磨の国は食マルシェ(旧ブログ)
https://plaza.rakuten.co.jp/harimanokuni/
​​​​

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ ⇦ランキング参加中!ポチッとお願いします。
にほんブログ村

 ⇦こちらもポチッとお願いします。
近畿ランキング






最終更新日  2019年05月26日 08時06分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月07日
カテゴリ:高砂市高砂町
​​​​2019年5月5日訪店/はるひ 高砂店

高砂に出来た大衆居酒屋。


ランチをやっているとのことで、いざ、突撃!


ものすごく大衆&酒場を推してくるオブジェ。


さらにノスタルジック感も推してくる。


店内は結構広く、テーブル席多数、奥に大部屋座敷もある。


厨房は店内右手に独立。ここはオープンキッチンにした方が親しみやすい気がする。


う~ん、客層のターゲットがもうひとつ分からん。家族?サラリーマン?


メニュー物色。ランチは数種類。肉系定食の方を推している。


夜メニュー。バラエティーに富んでいる。


定番メニュー。大衆をうたっているが、そんなに安くは感じない。


この日は肉の気分ではなかったので、お造り定食1480円税別をオーダー。


はまち・サーモン・茹でたこ・マグロ・サワラたたき。クオリティー的には大衆の域。


う~ん、もう一工夫必要な気がする。


ごちそうさまでした。

■店名:はるひ 高砂店
■ジャンル:居酒屋
■住所:兵庫県高砂市高砂町栄町373-1
■TEL:079-443-6683
■営業時間:ランチ:11:30~14:30
(L.O. 14:00 ドリンクL.O. 14:00)
17:00~23:59 (料理L.O. 23:00 ドリンクL.O. 23:30)
■定休日:不定休
■お店HP:​https://haruhi-takasago.owst.jp/
■食べログ:​https://tabelog.com/hyogo/A2804/A280402/28054347/

◇播磨の国は食マルシェ(旧ブログ)
​​https://plaza.rakuten.co.jp/harimanokuni/

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ ⇦ランキング参加中!ポチッとお願いします。
にほんブログ村

 ⇦こちらもポチッとお願いします。
近畿ランキング






最終更新日  2019年05月07日 08時08分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年03月04日
カテゴリ:高砂市高砂町
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​2019年3月3日訪店/テ ジャルダン

山電・高砂駅の近くにある、オシャレな紅茶専門カフェ。


こういうお店に、MEN’S一人で入るのが快感。


では、行って見ますかっ!


いきなり紅茶葉のお出迎え。


何種類あんねん。これだけの種類の茶葉を揃えている店は、この辺ではここだけだと思う。


客席へ。バラエティーに富んだ家具たちが並ぶ。


一番入口に近い席に陣張り。


窓から見える緑が心地良い席を確保できた。


メニュー物色。ランチはバニーニというホットサンドのセットのみで、具をチョイスするシステム。


紅茶メニュー。圧巻の種類。すばらしい!


デザートメニュー。フレンチトーストが食いてぇ~!


デザートには当然、紅茶を合わせるわな。


ティータイムとして訪店するのも有りやな。


とりあえずランチをオーダーして店内物色。なんともメルヘンチックな店内。


まだまだある紅茶葉。


オブジェもオシャレ。


そして、いよいよ配膳タイム。


今回オーダーしたのが、この「スモーキーケバブ」。


肉がはみ出とんねん。


ハッシュドポテト入りで、ボリューム満点。丸ごとガブリついたが、半分に切って、半分ずつ食べる方がベター。


セットのスープ。オニオン系だと思うが、違う気もする。美味けりゃ、何でも良し。


そして、ママさんにワガママを言ってお願いしたデザート。


もともとミニデザートが付いているのだが、どうしてもレギュラーサイズのフレンチトーストが食べたくて、特別に変則オーダー。


濃厚なエキスを心置きなく吸い取ったフランスパン。クリームを合わせて、さらにご機嫌さん。


本日の紅茶は「ジンジャー」。程よいジンジャーの香り、でも決して紅茶葉本来の香りは邪魔しない。うんまい!


1日にコーヒーを5~6杯飲む筆者が、紅茶に目覚めた瞬間だった。
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​
ごちそうさまでした。

■店名:テ ジャルダン
■ジャンル:カフェ 紅茶専門店
■住所:兵庫県高砂市高砂町朝日町1-9-10
■TEL:079-442-8841
■営業時間:10:30~18:00
■定休日:火曜日(祝日は営業)
■食べログ:
https://tabelog.com/hyogo/A2804/A280402/28040827/
旧ブログ:播磨の国は食マルシェ
https://plaza.rakuten.co.jp/harimanokuni/

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ ⇦ランキング参加中!ポチッとお願いします。
にほんブログ村

 ⇦こちらもポチッとお願いします。
近畿ランキング






最終更新日  2019年03月04日 07時56分57秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年01月25日
カテゴリ:高砂市高砂町
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​2019年1月25日/しがらきや

高砂市の老舗商店街、「銀座商店街」。


この商店街の中腹に1軒のギャラリー&カフェがある。


お目当ては。。。こいつです(^O^)。「最強のホットケーキ」、金土日のみの提供。


さて、突撃です。


メインは信楽焼きの陶器のギャラリー。


店一杯に広がる陶器は圧巻。物も良いが、値段もそこそこする。


小物もあるので、じっくり物色してみよう。


さて、今回は2人掛けのテーブル席に陣を張る。


カウンター席もあるが、空いていたので・・・。


こんな席もあるが、外から丸見え。


遅くなりましたが、メニュー物色。結構種類があるのだ。


オーダーしてから焼きあがるまで少々時間が掛かるので、この間にギャラリー巡りをおススメする。


ホットケーキの陶器サンプルもある。こんな感じなのか?


そして、いよいよ配膳タイムへ。今回注文した『最強のオグラ』1,300円也。



どうだ!このビジュアルよ!


背の高さが自慢のホットケーキ。



断面図。この厚みにして、しっかり火が通っている。


餡子もたっぷり乗せていただこう。


途中から黒蜜投入。また違った味が楽しめる。


コーヒーにも拘りがある模様。


とにかくデカいので、お腹を空かせて行った方が良い。


ごちそうさまでした。

■店名:しがらきや
■ジャンル:カフェ
■住所:兵庫県高砂市高砂町鍛冶屋町1406
■TEL:079-443-3300
■営業時間:11:00~16:30(L.O)
■定休日:月・火・水・木曜日
■食べログ:
https://tabelog.com/hyogo/A2804/A280402/28053557/


☆旧ブログ:播磨の国は食マルシェ
https://plaza.rakuten.co.jp/harimanokuni/


にほんブログ村​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​ ☜ランキング参加中!ポチッとお願いします。​​

 ☜こちらのランキングにも参加中!ポチッとお願いします。
近畿ランキング






最終更新日  2019年02月01日 23時54分44秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全10件 (10件中 1-10件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.