000196 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

看護学生*時短勉強・生活

PR

プロフィール


hachi4750

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(1)

勉強

(0)

生活

(1)

料理

(0)

趣味

(0)

日常

(0)

日記/記事の投稿

コメント新着

 はにわ@ Re:<検証><結果>朝起きられるようになる方法(12/07) 初めまして この度新たなブログランキン…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2017年12月07日
XML
カテゴリ:生活
私が看護学生になってから出来た悩みの1つ。

それは、8時間以上寝ないと朝起きられないこと(/ _ ; )
毎日だるい。
眠い。

でも、看護学生が8時間以上寝られる日なんてまず無いですよね。。
寝れても6時間。
課題が大量の日や、テスト続きの日、
ましてや実習期間なんてほとんど寝られない(/ _ ; )


ホント、病気なんじゃないかと思うくらいに起きられない。
寝坊してバタバタする日も沢山ある。
これは流石にヤバイと思い、
起きられないパターンを大きく2つに分けてみました。


1.そもそも目覚まし時計の音に気がつかない。

2.目覚まし時計の音には気がつくけれど、身体がダルいので二度寝する。→寝坊する


まず、この記事ではは1の方から検証した結果をアップしたいと思います。



医療従事者の方や学生の方は知っているかと思いますが、
睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があります。

簡単に説明すると、レム睡眠は浅い睡眠で
ノンレム睡眠は深い睡眠って訳です。

浅い睡眠は90分ごとに来るので、その時に目覚ましが鳴れば起きられる。

逆に深い睡眠の時に目覚ましが鳴ると起きられない。

レム睡眠は回数を重ねる毎に、レム睡眠の時間数が多くなると言われています。
なので睡眠時間の理想が7〜8時間というのは理にかなっていると言えますよね( ´∀`)


脳波を測ったわけでは無いので、
正確な睡眠リズム分かりませんが、
寝た時間と起きた時間の日記を2週間つけてみたところ、


ノンレム睡眠に該当する間は
目覚ましに気がついていませんでした!


なので、睡眠リズムに合わせて
・3時間 →どんな時でも最低確保したい時間
・4時間半→ちょっと頑張りたい日の睡眠時間
・6時間 →通常の睡眠時間
・7時間半→休みの日の睡眠時間



というように起床時間から逆算して
就寝時間を決めるというようにしたら、
高確率で目覚ましに気がつくようになりました。

ただ…睡眠時間3時間の日が2日以上続けると気持ち悪くなってきたので、
その次の日はちょっとでも昼寝をしてみたり、
夜は4時間半以上は寝られるように日中工夫してみます。



あとは、万一起きられなかった時のことを考えると
保険も欲しいですよね…。

私の場合は彼と一緒に住んでいるので、
不安な日の前日には前もって彼に
「朝、目覚ましが鳴っても起きていなかったら殴ってでも起こして」
と言ってあります。

蹴られてもビクともしない日もあったみたいなので(皮下出血できるくらい強く蹴られた)
試しに近くにあったLEDライトを顔に当ててみたところ。
目が覚めた、と言っていました(笑)

JCS300の眠りも眩しい光だと起きる!という事です( ´∀`)

痛み刺激に勝る光刺激!!


光目覚まし時計とか無いんかな〜
欲しいな〜
と探してみたところ、
ありましたありました( ´∀`)!


起きたい時間に合わせて太陽光と同じ強さの光が顔に当たると言われています。

蛍光管の光や私が顔に当ててもらった
LEDライトなどでは光の強さが弱いので、
十分には覚醒しないみたいです。



光目覚まし時計 ウェイクアップライト wake up light ベッドサイドランプ 朝日模擬光 FMラジオ イルミネーションライト 多色ムード アラーム 光療法 音量調節 日英語説明書付メール便配送不可


光時計はほとんどのものが2万円越えなのですが、
この商品は学生にも有難い金額ヽ(;▽;)ノ


実習で睡眠不足続きの朝にもオススメです(^o^)/


看護学生ランキングへ






最終更新日  2017年12月07日 17時36分50秒
コメント(1) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.