043949 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

リラックスで生きる。「自己満足」を探求する備忘録。

PR

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

プロフィール


Harry326

お気に入りブログ

紅葉狩り京都セミナ… New! niinoさん

育児でクタクタ ツナ2.0さん

すいませんとありが… やっさんブログさん

宮崎セミナーと、USJ… 大日本☆越中ふんどし王子202さん

教会購入。「ボロ物… CASHFLOW101さん

コメント新着

全28件 (28件中 1-10件目)

1 2 3 >

思った & 気づき

2019.09.09
XML
カテゴリ:思った & 気づき
20代の若者投資家へ、先輩たちのアドバイスはスルーしよう。
5Gの世界で飛躍できる生き方。
​9月8日(日)アップ、健美家コラム第96話のアクセス数が好調だ。
テーマは、
​「不動産投資でリタイアしたい若者たちへ。増やすのは物件ではなく「My不労所得」だよ​
https://www.kenbiya.com/ar/cl/harita/96.html


全国各地で20代の投資家が増殖中らしい。アクセス好調はその影響なのかも。

社会人になる前から資産構築を意識している。
資本主義ルールを楽しむグローバルな思考だと思う。
20代のサラリーマン時代、レールに乗ることがゴールだと盲信していた自分が恥ずかしい。


インターネットのおかげで、バイアスの少ないフラットな思考の情報が得られるようになった。
情報発信の質もコントロール可能だ。
著名人でも、テレビ出演をやめて、YouTubeなどのSNSに特化し始める流れがある。
お金ではなく、情報発信が目的ならば、圧力のかからない平等なステージを求めるのは当然の結果なのだろう。




日本の場合、一週間のうち労働が5日間で、残り2日間が自由に使えるというのが常識だった。
客観的に冷静に考えてみてほしい。
これって「奴隷」の人生じゃないか。

マレーシアには、ちょっとだけ働いて、時間たっぷり楽しそうに生きている人が多い。精神的に解放された豊かな国だと感じる。


もしも今、年収1億円もらえても、私は絶対にサラリーマンという組織の構成員にはならない。
自由という権利に値段など付けられないからだ。


私が20歳前後と若く独身ならば、世界を旅しながら遊んでいると思う。
もうインターネットのおかげで世界のどこにいても大丈夫。
「拠点」という概念自体が溶けていっている。
​​​​​まぁ今も半分やっているようなものだけど。


5Gになったら、これまで信じていた常識がひっくり返る。
価値観の大シャッフルだ。


今40代以上の人は理解不可能が続出して、過去の価値観にしがみついていくだろう。

クルマの装備自慢をしているオヤジ。クルマを所有していること自体がダサいと思っている若者。
別荘を持っている自慢しているオヤジ。そこに思考が向いていること自体がダサいと思っている若者


「仕事のできる人」の定義も変わる。
「成功者」の定義も変わる。
「楽しい」の定義も変わる。


5Gの世界になったら、物理的な所有は不要になる。
知識も必要無い。

「知恵」や「つながり」がポイントになってくるだろう。


なので、若者は親の世代以上の価値観はスルーしてOK。



5Gの世界とは、
「新たな惑星へ引越する」というイメージだ。








YouTubeチャンネルもよろしく〜(^^)
http://bit.ly/2HB0Zmf




​​​​​






最終更新日  2019.09.09 14:41:14
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.16
カテゴリ:思った & 気づき
​​相棒である「ビデオカメラ」
家族との思い出を収めまくっている。


購入した8年前は、
1080p 60fpsはオーバースペックな民生機だと思っていた。

だが現在は、
YouTubeでも4K発信する現代だ。

今では平凡なスペックといえる。
さらに、5Gになったら世界が一変するだろう。

私的には、
さらなる画質の向上よりも、
「機動力」のプライオリティーを優先している。


なので、
GoProHero7を購入。
2台体制で撮影しまくっている。
編集作業が追いついていないけど…

実は、
3台同時購入するプランだったが保留にした。
2台撮影でも編集が大変だから、
1台分を編集環境に予算をまわした。


ここ数年は、
「機動力」に魅力を感じているのだが、

軽快なフットワーク、ノリの良さ、
それらの価値が高まり続けるだろう。


心もカラダも「身軽」でいたい​
​​






最終更新日  2019.04.16 12:20:09
コメント(0) | コメントを書く
2019.02.27
カテゴリ:思った & 気づき
YouTubeがおもしろい。
電子書籍がおもしろい。

人間の価値観や人生哲学みたいなことが、感じられるからだと思う。
テレビ番組では伝わりずらい。
なぜなら、テレビ番組には製作者の主観が入ってしまうからだ。
電子書籍もブログのように個人の思想をそのまま表現できる。
どちらの表現も客観的な視点が欠けてしまいやすいだろう。
だがそれで良いと思う。

ITの進化によって、情報や思想は自分で選択するステージに入ったと感じる。

皆が同じである必要などない。独りよがりの情報も増えるだろう。
教養や知性もバレバレだ。でもそれでいい。
完璧な人間など不要だ。
いかなる着想やあり方も、すべてを受け入れ、どんなことからも学んでいく姿勢でいたい。

なぜ楽しいのか?なぜイラ立つのか?なぜ悲しいのか?自分の気持ちの変化を敏感に感じたい。
押し込めない、スルーしない、無視しない。

なりたい自分をキャッチしながら成長していくプロセスに価値を感じる。






最終更新日  2019.02.27 19:26:58
コメント(0) | コメントを書く
2019.02.14
カテゴリ:思った & 気づき

人間の行動理由を突き詰めていくと、
「愛」or「恐怖」のどちらかが原点だそうだ。

娘たちと遊ぶのは「愛」だけど、
娘たちに勉強させるのは、将来への「恐怖」が原点なのかもしれない。

世の中の商売の多くも「恐怖」につけこんでいる。

そもそも、人間が生まれつき持っている恐れというのは、
「落ちる恐れ」「大きな音への恐れ」だけだそうだ。

つまり、それ以外の恐怖は、後から植え付けられた感情といえる。
両親、学校、会社、テレビ、映画、ニュース、、、

現代は、普通に生活しているだけで、ガッチリと恐怖に取り囲まれしまっている。

私のこれまでの行動の原点のほとんどが、将来への不安だった。
造像力が優れすぎているのか?
もっとリラックスしてもいいだろう。

刷り込まれてきた恐怖を手放したいな。
恐怖が原点になっている行動を卒業していこう。








最終更新日  2019.02.14 14:18:31
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.15
カテゴリ:思った & 気づき
​​21:00 就寝 ➔ 05:00 起床
の予定が、02:00に目覚めてしまった。
こんな時は、ブログを書こう(笑)


マーフィーの法則で有名な、
ジョセフ・マーフィー氏の名言。
​​
「俺は成功なんてどうでもいいや」
などと言う人がいたら、
その人とは、できるだけ早く手を切りなさい。
人生において成功を望まないような人からは、
どんな迷惑を受けるか知れたものではありません。
(ジョセフ・マーフィー)


新たなチャレンジをする時、
応援してくれる人がいい。

否定してくる人には、
相談してはいけない。​


私の場合は、
誰にも相談せずに決めてきた。
事後報告だけだ。

新たなチャレンジは相談してはいけない。
不動産投資の時も、
海外移住の時も、
妻にしか相談しなかった。

親や身内に相談しても、
きっと否定されただろう。
そもそも、
的確なアドバイスがあるとも思えない。

だって、誰も経験していないから。​


新たなチャレンジ、
相談するのは、
その「経験者」だけにしよう!



​​
​——————————————————————​
​​​​

​​​​​↓↓↓ GOGOリンク (^^) ↓↓↓​​​

 ① 健美家コラム​「40才までに勤め人がセミリタイアする方法」
 ② Twitter(偉人名言など)​​
 ③ Instagram(日常のひとこま)​   


 ​​​







​​​

​​​​






最終更新日  2019.01.15 03:51:26
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.10
カテゴリ:思った & 気づき
​【進化での不幸】​

スマホが故障したら困る…
iPadを買い換えるか迷う…
クルマが故障したらどうしよう…
カード情報が心配だ…
所有物を断捨離しなきゃ…


便利さを追求した結果、
ストレスが増えていく。

皮肉だな。


なので、ブレーキをかけて行くことにした。


​「楽しさは」は、
​「めんどくさいことの中」にあったりする。​​






最終更新日  2019.01.10 15:00:13
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.03
カテゴリ:思った & 気づき
10年前の自分へ
2018年→2019年の年越し、
マレーシアのランカウイ島で迎えた。

3人娘の父親となり、
家族で海外年越しするなど、
10年前には想像すら出来なかった。


HSPな自分には、
サラリーマン社会はヘビーだった。

増大しつづける違和感との闘い。

やはり、
限界が訪れた。


自由になりたくて、もがいた。
合理的な収入手段は何だ???

いろいろチャレンジした結果、
フィットしたのが「不動産投資」だった。

そして大家となり、
アパート経営で家賃収入を得るようになった。


今は、
ほぼ働いていないのに、
マレーシアに暮らしている。

いつでも旅行へ行ける。

気の向くまま、
行きたい所へ、
好きなだけ滞在できる。

夢のような日々。

だけど、

宝くじが当たったわけでなない。
遺産相続を受けたわけではない。

​努力した結果でもない。
特別な才能なども必要ない。


その時の自分にフィットした、
「合理的な仕組み」を探しただけ。


未知のことは恐怖だ。
だから大切なのは、
​​「一歩踏み出す勇気」だと思う。​​​






最終更新日  2019.01.03 18:19:30
コメント(0) | コメントを書く
2018.12.29
カテゴリ:思った & 気づき
ブログ開設して3ヶ月が経過。

これまで毎日、
一日も欠かさず更新してきた。

ところが昨日、
4ヶ月目に突入した初日、
初めて更新を逃した。

理由はいろいろある。

だが、せっかくなので、
これをキッカケとして、
ブログの主旨内容を変えていく。

これまでは、
日々の行動や思いついた備忘録的な内容だった。

そんな日記風をやめる。

これからは毎日の更新はしない。
だが、
テーマを深掘りして、
「普遍的な内容」にしていこうと思う。


テーマは2つ

①現在の自分→10年前の自分へ
②10年後の自分→現在の自分へ

​自分自身へのメッセージだ!​



20代の時、
目標も野心も持っていなかった。

だけど、なぜか、
自分なりに、
「まじめな努力」はしていた。

それは、
​​「未来の自分に見られている」
ような感覚があったからだ。


​​






最終更新日  2018.12.29 04:43:13
コメント(0) | コメントを書く
2018.12.27
カテゴリ:思った & 気づき
​年末になると考えてしまうことがある。
「終活」のことだ。

「終活(しゅうかつ)」とは?
 →「人生の終わりのための活動」のこと。

​​​​私自身が、
今すぐ死にそうなワケではない。

心と身体が不健康ではなく、
どちらかというと、
「超健康」だと思う。

だが、事故や災害など、
人生はいつ終わるかは、
誰にもわからない。

どんなに健康だろうと、
万が一のための、
準備が必要だと思う。

以前、​​健美家コラム​​
「アパート経営のやめ方」でも書いた。


デジタルデータの内容については、
明確にしておかないと、
トラブルになるだろう。

というか、
今の自分自身にとっても、
デジタル情報の整理整頓は、
必要だと感じている。

デジタル情報、
お金のこと、
人間関係のこと、

整理整頓したい。

そして、断捨離したい。

シンプル化して身軽になる。
すぐに動ける、
「レスポンス良い自分」にしていく。


なりたい自分像、
キーワードのひとつに、

「ニュートラル」に近づきたい。

そのためには、
心と体に染みついた、
余分な「ぜい肉&ノイズ」を、
どんどん削ぎ落としていく。


​——————————————————————​
​​​​

​​​​​↓↓↓ GOGOリンク (^^) ↓↓↓​​​

 ① 健美家コラム​「40才までに勤め人がセミリタイアする方法」
 ② Twitter(偉人名言など)​​
 ③ Instagram(日常のひとこま)​   


 ​​​







​​​

​​​​
​​






最終更新日  2018.12.28 00:08:22
コメント(0) | コメントを書く
2018.12.26
カテゴリ:思った & 気づき
私には、
克服できない弱点がある。
それは「人混み」

クリスマス、
年末年始、
などのイベントは、
どこも大勢人だらけなので、
テンションが下がる。

大勢での飲み会や、
異業種交流会、
みたいな、
初対面の方だらけはハードに苦しい(^_^;)

そんな私なので、
サラリーマン生活に
適合できなかったのだろう。

気づいたのは、
脱サラ独立した後だけど(笑)

逆に、
「一人でいて寂しくなる」
などは皆無だ。


そんな性格を生かして、
自分らしく生きていく。
世の中に貢献していきたい。

来年は何に時間を使っているのか?
自分自身の行動が楽しみだ。


​——————————————————————​
​​​​

​​​​​↓↓↓ GOGOリンク (^^) ↓↓↓​​​

 ① 健美家コラム​「40才までに勤め人がセミリタイアする方法」
 ② Twitter(偉人名言など)​​
 ③ Instagram(日常のひとこま)​   


 ​​​







​​​

​​​​
​​






最終更新日  2018.12.26 23:39:11
コメント(0) | コメントを書く

全28件 (28件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.