675480 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

元SF小説家・春橋哲史のブログ(フクイチ事故は継続中)

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


haruhasi

Calendar

Comments

春橋哲史@ ご理解下さり、ありがとうございます 岡村隆さんへ  長文の記事を読んで下さ…
岡村隆@ Re:運動の品質を低下させる、小出裕章氏の「ネトウヨ並み」の文章(10/02) 春橋哲史様は批判と共に実はこの運動の質…
谷ひろ子@ Re:六ヶ所再処理施設の適合性審査書案に関して、パブコメを提出(06/09) 池上彰さんが「原発はトイレのないマンシ…
春橋哲史@ Re[1]:月刊誌「政経東北」の連載第1・2回(05/05) きのこさんへ  いつも読んで下さり、有…
きのこ@ Re:月刊誌「政経東北」の連載第1・2回(05/05) ALPS処理水に関する意見を、経産省がメー…

Archives

2020.06.15
XML
​​​​極めて異例の「101日間のパブリックコメント」

 現在、経産省では「多核種除去設備等処理水の取扱いに関する書面での意見募集」を行っています。

 元々、5月15日だった提出期限が本日(6/15)まで延長されていましたが、6月12日になって、更に延長されることが発表されました。新たな期限は7月15日・水曜日です。

(リンク)
●​多核種除去設備等処理水の取扱いに係る関係者の御意見を伺う場

 これで、意見募集期間は4月6日~7月15日の101日間となります。パブリック・コメントとしては異例の長さです。​募集期限を再々延長した理由は、「より丁寧に御意見を伺う観点から」とされています。

 1人1件と言うような縛りも有りませんし、名前を書く義務も有りません。ネットがあれば、自宅からでも提出できます。どんどん提出しましょう。私は、期限ギリギリまで状況を見極めた上で提出予定です。

 尚、以下は、パブコメに関する私の基本的な考えです。
 
1.意見募集期間が約100日間も有って提出しないなら、主権者としての行動が問われる。

2.難しく考える必要も義務も無い。「環境中への放出反対」「情報提供が不足している」という一行でも立派な意見。

3.公的チャネルを使って自らの意見を表明するのは、パブコメも選挙も同じ。パブコメ未提出は、選挙の棄権と同じ。


国連特別報告者からの情報提供要請

 意見募集期間の延長と関係しているのかどうか分かりませんが、6月12日に、外務省が「国連特別報告者4名からの情報提供要請に対する回答」をWebサイトにアップしました。
 これは、4月20日に行われた、4名の国連特別報告者(※)からの情報提供要請に対する日本政府からの回答です。

※:調査・報告の為に国際連合の人権理事会から任命された独立の専門家。同専門家の見解は、国連や人権理事会の見解ではない。

 要請の内容や、日本政府からの回答について、この記事で解説する余裕はありません。原文の英語文書・仮訳の日本語文書、何れも下記のリンクからPDFをダウンロードできますので、自らの責任でご確認下さい。

(リンク)
国連特別報告者4名からの情報提供要請に対する回答​(外務省)


春橋哲史
(ツイッターアカウント:haruhasiSF)​​​






Last updated  2020.06.15 08:52:48
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.