春子のお着物生活&英語多読生活

全28件 (28件中 1-10件目)

1 2 3 >

英語 A to Z Mysteries

2012.05.19
XML
カテゴリ:英語 A to Z Mysteries

A to Z MysteriesのSuper Editionの3巻です。
ちょっと季節外れですが、お借りしている本なので~

A to Z Mysteriesは好きなシリーズです。
Super Editionになって語数が増えています。

でも、単語が難しくなっていませんから読みやすさレベルはYL3くらいでしょう。

同じ作者の書いているCapital Mysteriesシリーズの主人公たちとドッキング♪

   

★White House White-out(A to Z Mysteries Super Edition #3) / Ron Roy

ディンクとジョッシュとルース・ローズの3人はディンクのお父さんに連れられてワシントンDCに観光にきました。
3人はKCとマーシャルの二人に出会います。
KCのママは大統領と結婚したばかり。
KCはホワイトハウスに住んでいるのです!
クリスマス前のこの時期、ホワイトハウスではクリスマスの飾りつけの真っ最中。
そんな時、ファーストドッグ?(大統領のペットの犬)がいなくなります。
探し回る5人の子どもたちですが、犬と一緒に誘拐されてしまいます!

こどもの探偵ものですが、5人がどうなるかとこの巻はどきどきです。

Capital Mysteries のシリーズも気になりだして~
このあたりのレベルの児童書から離れられない私です。







最終更新日  2012.05.22 13:44:13
コメント(0) | コメントを書く


2010.10.15
カテゴリ:英語 A to Z Mysteries
A to Z MysteriesのSuper Editionの#2です。

     

★Mayflower Treasure Hunt(A to Z Mysteries Super Edition #2) / Ron Roy

サンクスギビングデーの季節、メイフラワー号でやってきた人たちをしのんで食事をしようとプリマスにやってきたディンクとジョッシュとルース・ローズの3人とその家族。
メイフラワー号を再現した船の博物館で「盗まれた首飾りの謎」のお話をしります。
ある絵を目にしたジョッシュは「宝の地図だ。」といい始めます。
ディンクはあやしいおばあさんを見かけますが、どうも3人の後をつけてきているようす。
3人はあやしいおばあさんに追われて逃げ回りますが...


A to Zのシリーズはスーパーエディションになって語数が増えました。
この巻も12000語あります。
このレベルの児童書にしては長いほうです。

このシリーズを読み通した子供たちはシリーズを通して何冊も本を読んで、長いお話もなんなく読めるようになっていることでしょうね。

語数が増えてお話の厚みも出て面白くなっているみたい♪
語数の短い26巻までのほうも8000語前後で読みやすさレベルもYL3。
これくらいのレベルになるとお話もしっかりしてきますね~。






最終更新日  2010.10.16 12:55:09
コメント(0) | コメントを書く
2010.08.22
カテゴリ:英語 A to Z Mysteries

A to Z Mysteries をA~Zまで読み終わりました。
なのでSuper Editionなんてのがあります。
こどもたちに人気のあるシリーズだけあって、まだまだこのシリーズのこどもファンは読みたいというわけですね♪

ページ数が増えて語数が2割り増しですが語彙が難しくなっていないので読みやすさレベルYL3くらいかな?

             

★Detective Camp / Ron Roy

サマーキャンプにやってきたディンクとジョッシュとルース・ローズの3人。
宝探しゲーム(探偵ゲームかな?)をするのですが、3人がいろんなところを偵察していると怪しいことがおこります。

お話の中にグランマモーゼスという画家の絵が出てきます。
おばあちゃまのモーゼスさん、お年をめされてから絵を描き始め有名になったかた。
のどかな田園風景を描かれていたり、見ているとほっとする絵です。
実物が見たいなぁ~。

Calender Mysteriesというシリーズが出ているそうです。

           

こっちはディンクとジョッシュとルース・ローズの弟たちが主人公のようです。







最終更新日  2010.08.24 14:56:29
コメント(2) | コメントを書く
2010.08.09
カテゴリ:英語 A to Z Mysteries

ありゃりゃ~、しばらく間があいてしまった。
A to Z Mysteriesシリーズも“Z”です♪

AからZなのでこれでシリーズが終わりなんだ~って思っていたらスペシャルもあるんですね~。
このシリーズ、こどものお話ですがちゃんとミステリーなのです。

       

★The Zombie Zone(A to Z Mysteries#26) / Ron Roy

仲良し3人組みのディンクとジョッシュとルース・ローズ、ルースローズのおばあちゃんとルイジアナへ旅行に来ています。
ガイドさん付きで森にキャンプに行く3人ですが、その森にある村では墓があばかれて騒ぎになっています。
ゾンビを見たという村人もいたりして村の家を出て行ってしまおうという人も出てきました。
森のトレイルには「Zombie Zone」と書かれた立て看板まで...

キャンプに行った3人は怪しい人影をみかけるのです。
「あれはゾンビじゃないよ!腕時計をしてるゾンビなんていないだろ!」と3人はお墓を掘り起こした犯人は誰だ!







最終更新日  2010.08.09 16:53:40
コメント(0) | コメントを書く
2010.06.28
カテゴリ:英語 A to Z Mysteries

やっぱり電車の中で本を読むのが苦手なのかなぁ~。
多読はさっぱり進んでいません。
きっと集中力がないのですねぇ。

なんだかぼーっと窓の外を眺めていたり、考え事をしたり。
片道40分も電車に乗ってるのにもったいないなぁ~。
慣れてきたら読めるようになるかな。

お友達にお借りして読んでいるA to Z Mysteriesシリーズを読んでいます。
「Y」ですわ~、残すはあと「Z」だけ。

           

★The Yellow Yacht(A to Z Mysteries#25) / Ron Roy

仲良し3人組みのディンクとジョッシュとルース・ローズ。
シリーズ11巻The Kidnapped Kingに出てきたある国の王子様サミーに招待されてコストラという島に旅をします。
なんたって王子様に招待されているのですから飛行機に乗って、お泊りは宮殿!
ところが、サミーのお父さん(王さまですね~)の金が盗まれた!
犯人は誰だー!


王さまの金の延べ棒が盗まれたのに解決するのが子供たちって危機管理がなってない国だー、なんて言っていては楽しめないのでその辺は忘れておこう。
A to Z Mysteriesのシリーズは最初のほうの巻より後のほうが面白いなぁ。







最終更新日  2010.07.02 12:43:02
コメント(0) | コメントを書く
2010.06.03
カテゴリ:英語 A to Z Mysteries
鎮痛剤を飲んでいるので頭がぼんやり~。
ときどき耳下腺が痛くなるのです。
風邪をひいたり疲れたりするとなるみたい。
したいことも、しなきゃならないこともあるのになぁ。

多読のお仲間には通勤の時間が本を読む時間という方も多いと思います。
でも、普段は電車に乗って通うことになれていないせいか電車の中のおしゃべりなどが気になって集中できません。
多読があまり進まないの、最近。
ぼちぼちと読んでいます。やさしい本はこんな時うれしいな。

        

★The X'ed-Out X-Ray(A to Z Mysteries#24) / Ron Roy

町にスターがやってきた!
コンサートに行くディンクとジョッシュとルース・ローズの3人。
ところがそのコンサートの休憩時間中にスター歌手のペネロペのダイアモンドのペンダントが盗まれてしまいます!
何の騒ぎだろうと、うっかりしてディンクが回転木馬から落ちて怪我をしてしまいます。
レントゲンに写っていたのは...


子ども向けの本、子どものミステリーですから犯人もわかってしまうのですが、なかなか面白いのですよ、このシリーズ。






最終更新日  2010.06.03 18:01:17
コメント(2) | コメントを書く
2010.05.29
カテゴリ:英語 A to Z Mysteries

A to Z Mysteriesのえ~っと...23巻です。
お友達にお借りしています。
図書館に行く時間がなかなかとれないのです。
なのでお借りしている本が家にあるのはありがたいです~。

WだからあとXYZだわ~ってちょっと寂しく思っていたら
貸してくださった袋にもっと入ってる~。
よく見るとスペシャルエディション!
そうかこのシリーズにはスペシャルエディションがあったんですね~!
スペシャルエディションはページ数も多いようですよ。

       商品の詳細

★The White Wolf(A to Z Mysteries#23) / Ron Roy

ディンクとジョッシュとルース・ローズの3人は知り合いの作家ウォリスの家があるメイン州のアカディアナショナルパークの近くに行きます。
ウォリスは車椅子の少女アビィを養子にしていました。
アビィは近くに住む白いオオカミの母と子を望遠鏡で見守っていましたが、ある日アビィはそのオオカミの子どもたちがさらわれるのを目撃します。
ディンクとジョッジュとルース・ローズの3人は犯人を捜し始めます。


もう何年も前ですが、アカディアナショナルパークに行ったことがあります。
とてもいいところで、宿泊しているところから2日続けて行ったくらいです。
持っていった簡単なサンドイッチやトマトを景色を見ながら食べたことを懐かしく思い出しました。







最終更新日  2010.06.03 11:44:50
コメント(0) | コメントを書く
2010.04.19
カテゴリ:英語 A to Z Mysteries
A to Z mysteriesシリーズがまがあいてしまいました。
“U”まで読んでいましたので“V”です♪

妖精のお話に気をとられていましたね~。
でもお話は一冊で読みきりなのでだいじょうぶです。
A to Zの続きもお友達が貸してくれました~、ありがとうございます!

久しぶりにディンクとジョッシュとルース・ローズに出会って懐かしい知り合いに会ったようですよ。

    

★The Vampire's Vacation(A to Z Mysteries#22) / Ron Roy

ディンクとジョッシュとルース・ローズの3人がスーパーマーケットで冷たいものでも買おうとしていると町では見かけない黒ずくめの男を見かけます。
ジョッシュは「バンパイアみたいじゃないか!」と怪しみます。
後を追ってみても入ったはずのお店にも姿が見えません。
まるで消えてしまったようなのです。
それにお店の人の首にはバンドエイドが!


ジョッシュはバンパイアだと疑っていますが、ディンクとルース・ローズはいたって現実的。
3人の性格の違いも面白いです。

いろんな児童書のシリーズが気になってしまって...浮気者ですわ。






最終更新日  2010.04.21 12:39:03
コメント(0) | コメントを書く
2010.03.09
カテゴリ:英語 A to Z Mysteries

A to Z Mysteries シリーズの21巻です。

このシリーズも「U」ですからV、W、X、Y、Zを残すのみ。
このシリーズより易しいディンクとジョッシュとルース・ローズの弟たちのシリーズが出たのだそうです。

頑張って読む、自分の力よりも上のレベルに挑戦するのもたまにはいいなぁって思う。
でも、するすると読めるレベルをたくさん読むことで知らないうちにペーパーバックが読めるようになっていることも事実。

「知らないうちに」っていうのがピンとこないって人もいると思うし、人に伝えるって難しいなぁっておもうの。
信じるも信じないも自分で選べばいいことなんですけれどね。
他人の出した結果って結局他人のものだからね。

              

★The Unwilling Umpire (A to Z Mysteries#21) / Ron Roy

ディンクとジョッシュとルース・ローズの3人はグリーンローンの町の男女対抗野球の試合を見に来ています。
そんな時、展示されていたサインボールが盗まれた!
疑われたのは審判をしていたピート。
ピートは最近町にやってきた人。でも正直そうな人なのに...
自白までしていまうピートの疑いを晴らすことが出来るのか!







最終更新日  2010.03.13 23:12:51
コメント(0) | コメントを書く
2010.01.31
カテゴリ:英語 A to Z Mysteries
A to Z シリーズの20巻です。

私が子供の頃恐竜のブームがあったんです。
よく恐竜展なんかもあったんですよ~。小学校の遠足で行ったりしました。
といっても男の子の間で流行っていたんでしょうが私は好きだったのです。
恐竜の名前なんか覚えたものです。

多読のお仲間の中でよく読まれている「マジックツリーハウス」のシリーズの1巻が恐竜の時代なのです。
これがあまり人気がないというか...恐竜って人気ない?
元恐竜好きのこどもだった私はカタカナで覚えた恐竜の名前が英語で書かれていて「へ~」なんて興味があったんですけどね。

アメリカなんかでは自分の国で恐竜の化石なんか出てくるのですから興味をもつこどもも日本よりは多いのでしょうね。

ABCの順番で題名が作られているのでこれはTだから20巻です。

   

★The Talking T. Rex (A to Z Mysteries#20) / Ron Roy

ディンクとジョッシュとルース・ローズの3人はモンタナで知り合った(14巻)ジュッドと会うことに。
ジュッドは他の二人と一緒にティラノザウルスの模型を買ってそれを使って恐竜博物館を作る資金を稼ごうと各地を回っているというのです。
ところが、ある雨の降る夜のこと今まで稼いだ資金が盗まれてしまった!







最終更新日  2010.02.02 14:25:17
コメント(0) | コメントを書く

全28件 (28件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.