春子のお着物生活&英語多読生活

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

英語 Littlesシリーズ

2012.04.07
XML

えーっと、とっても季節はずれです。
熱のせいだと思ってください。(笑)

図書館にLittlesのシリーズで読んでいない巻が入っているのを見つけて、喜んでお借りしてきたんです。
ところが、熱を出すわ、どんどん返却期限は近づいてくるわ。

いつもの風邪のときは身体を休めながら本くらいは読めたのですが、今回は熱が高くてヘロヘロ~。
やっと読めました。

     Product Details

★The Littles and the Perfect Christmas / Joel Peterson

ちいさい人たちリトルさんたち。彼らにはしっぽがあるんです♪
彼らはビッグさんの家の壁の裏に暮らしています。

季節はクリスマス、でもビッグさんのお父さんとお母さんは深刻なお話をしています。
お父さんがなんと失業してしまった!!!
器用なお父さんは息子にクリスマスのプレゼントを作っています。
リトルさんちの子どもトムとルーシーはそのプレゼントに間違いがあることに気が付きます。
ビッグさんがいなくなったすきにリトル一家は間違いを正すため働きます。

なんだか『こびとの靴屋』みたい♪
このシリーズですが、この巻は作者の名前が違うんですよ~。
以前はJhon Petersonさん。今回はJoel Petersonさんですよ~。
息子さんとかかしら???







最終更新日  2012.04.10 16:52:51
コメント(0) | コメントを書く


2010.08.26
遠いほうの図書館でお借りしているLittlesのシリーズがもう一冊ありました♪
本当はあと2冊出版されているようです。
図書館にはないの~たぶん、ちょっと残念。

毎回書いているように、このシリーズは巻の順がわかりません。

The Littles  
The Littles Take a Trip 
The Littles to the Rescue 
The Littles and the Trash Tinies
The Littles and the Lost Children
The Littles Have a Wedding
・The Littles Give a Party 
The Littles Go Exploring
The Littles Go to School
・The Littles and Their Amazing New Friend(今回読んだ本)

だいたいこんな感じかな?
今回読んだThe Littles and Their Amazing New FriendにはThe Littles Go Exploringでみつかったおじいさんが出てくるのです。
だからその後であることだけはたしかですね。


          

★The Littles and Their Amazing New Friend / Jhon Peterson

トムとニックおじさんはひょんなことから今まで行ったことのない処ににたどり着きます。
そこにも今まであったことのないタイニーたち(小さい人)が住んでいました。
でも言葉も少し違っているし、着ているものもクラシック...。
このタイニーたちは、大きな人たち(普通の人?)の戦争(たぶん南北戦争?)をのがれ平和なところをさがして今のところに住み着いたらしい。
外の世界から離れて暮らしていたために彼らは昔のままの暮らしを続けていました。


おもしろいですよ~。
なんとタイニーたちはメイフラワー号に乗って大きな人たちにかくれて新大陸にやってきたらしい!
その時、なんと小さい馬やヤギなどの動物も連れてきたってーーー。
じゃ、イギリスにタイニーたちの親戚がいるわけだね。

図書館にあるLittlesのシリーズはこれでおしまいみたいです。






最終更新日  2010.09.03 12:24:08
コメント(0) | コメントを書く
2010.08.11
図書館でお借りしているLittlesのシリーズ。
アマゾンでも手に入らないので、きっとこのシリーズはどなたかの寄贈に違いない。
うれし~な~。

最初の1巻を読んでいなかったのでちょっと気になっていたのですが、図書館でみつけました。
他の巻は順番がわからないですが1巻だけはわかりますね。

・The Littles  
The Littles Take a Trip 
The Littles to the Rescue 
The Littles and the Trash Tinies
The Littles and the Lost Children
The Littles Have a Wedding
・The Littles Give a Party 
The Littles Go Exploring
The Littles Go to School



       

★The Littles / Jhon Peterson

小さな人(?)たちリトル一家はビックさんの家の壁の裏にひっそりと住んでいます。
ある時、ビックさんたちがホリデーで長期不在。
その間に町から田舎のビックさんの家を借りてホリデーをすごそうと若い夫婦がやってきます。
ふたりは毎日ハンバーガーで簡単に食事をすませるので残り物をいただいて暮らしているリトルさんたちも毎日同じメニュー。
おまけにゴミのしまつもしないでいるのでネズミがでてきてしまいました!
ネズミはリトルさんたちの大敵です。
若い夫婦にネズミがいることを知らせて退治させようとトムを一計を案じます。


毎日ハンバーガーの食事にうんざりするリトルさんたち。
ビッグさんの子供の赤い靴下を片方取ってきて解いてセーターを編むおばあちゃんがなんだかかわいい♪

表紙の猫がかわいいのです。
続きのお話でこの猫の背に乗って移動したりするのですが、1巻で出てきた猫だったんだー。
ネズミ退治に飼われた猫ですがトムと仲良くなるんですね~。






最終更新日  2010.09.01 21:49:54
コメント(0) | コメントを書く
2010.07.29
Littlesのシリーズ。これ何巻かしら?
今まで読んだのは↓

・The Littles  (未読)
The Littles Take a Trip 
The Littles to the Rescue 
The Littles and the Trash Tinies
The Littles and the Lost Children
The Littles Have a Wedding
The Littles Go Exploring
The Littles Go to School

リトルさん家のおばあちゃんのお誕生日のお話です。
おじいさんが出てこないのでThe Littles Go Exploringの前のお話のようです。

        

★The Littles Give a Paty / Jhon Peterson

リトルさん家のおばちゃんは元気がありません。
もうすぐ80歳「私は歳を取りすぎたわ。」と言うのです。
家族はおばあちゃんを元気付けようとパーティーを計画します。

表紙が違ってる~。こっち↓が私が借りた表紙です。

            商品の詳細

屋根の上の雨どいをプールにして、ジャム瓶の蓋を鉄板にしてバーベキューをしたり。
絵をみているとかわいいのですよ~。

パーティーはgive a partyなのに
結婚式はhave a weddingなんですね~。

誰もがしってるはずの単語なのにhaveやgiveなんていう単語の使い方って難しい。
私は読めばわかるけど話す時に出てこないかも~。

このシリーズは読みやすさレベルYL3くらいだと思います。

巻順はわからないけれど...話の内容から推測するとこんな感じかしら?

・The Littles  (未読)
The Littles Take a Trip 
The Littles to the Rescue 
The Littles and the Trash Tinies
The Littles and the Lost Children
The Littles Have a Wedding
・The Littles Give a Party (今回読んだ本)
The Littles Go Exploring
The Littles Go to School






最終更新日  2010.09.01 21:46:22
コメント(0) | コメントを書く
2010.07.22
図書館で新しく入った(といっても誰かが寄贈してくださったので新しい本ではありません。)Littlesのシリーズを3冊お借りしてきました。
順番がわからないシリーズなので3冊をてきとうに手にとって読んでいます。

・The Littles  (未読)
The Littles Take a Trip 
The Littles to the Rescue 
The Littles and the Trash Tinies
The Littles and the Lost Children
The Littles Go Exploring
The Littles Go to School

お話の登場人物から想像してこんな↑順番かなと思います。
そして今日読んだお話は従兄弟のディンキーの結婚式です。
なのでThe Littles and the Rescueより後のお話なのはたしかです。
ニックおじさんがいるのでThe Littles and the Trash Tiniesよりも後のお話かしら?

以前に5冊は読んだのですが3年も前でちょっと記憶があいまいです。

          

★The Littles Have a Wedding/ Jhon Peterson

従兄弟のディンキーが急に結婚を決めました。
リトルさんたちは大喜び!
でもタイニーたち(小さい人たち)の結婚式はなんと大きい人(普通の人間)の結婚式に便乗してするのです。
間近に迫ったディンキーの結婚式、トムは結婚指輪を運ぶ役目をまかされます。

大きい人がもう使わなくなったものから結婚指輪をつくるトム。
お家で結婚をする大きい人の家まで旅をしたり、
時計の置き物の人形に入れ替わって結婚式に参加しちゃうディンキーたち!

かわいくて面白いお話です!






最終更新日  2010.07.25 19:50:55
コメント(0) | コメントを書く
2010.07.20

遠いほうの図書館に英語の児童書が増えていました♪
Littlesのシリーズです♪
以前にこの図書館で5冊だけおいてありました。
他も読みたいなぁって思っていたのですが、この本もどなたかの寄贈本のようです。
読みたいと思ってもアマゾンにもない本が図書館に置いてあるとうれしです♪

今ジブリの映画になって話題のメアリー・ノートンの「床下の小人たち」とはちょっと違う小人たちのお話です。
本当はね「床下の小人たち」の原書“The Borrowers”を再読しようかと図書館でお借りしようと思っていたのです。
でも、まだ読んでいなかったLittlesシリーズをお借りしてきました。

アリエッティたちと違ってリトルさんたちはしっぽがあるんです!
でも、ねずみじゃありませんよ。小さい人なんです。

大きな人たち(普通の人間)ビッグズさんの家の壁の中に住むタイニー族のリトルさん一家。
大きな人たちの食べ残したものや使わなくなったものを拝借して暮らしているのです。

"The Borrowers"に似ています。
でも、こちらはアメリカの児童書です。
時代設定も違うのでしょうが雰囲気がずいぶん違っています。

以前に読んだものは

・The Littles  (未読)
The Littles Take a Trip 
The Littles to the Rescue 
The Littles and the Trash Tinies
The Littles and the Lost Children
The Littles Go Exploring

何巻とは書かれていないので巻順は気にしなくてもよさそうに思います。
でも、読んだ内容から上のような順番だなぁ。

おじいさんが出てくるので“The Littles Go Exploring”より後のお話のようです。

      商品の詳細

★The Littles Go to School / Jhon Peterson

家に住むタイニーたち(小さい人たち)はそれぞれ離れて住んでいるので学校を作って通うわけに行きません。
大きい人たちの学校にこっそり参加してお勉強する決まりがあるのですが初めて学校に行くルーシーは気が進みません。
そして偶然トムとルーシーは家族もしらないうちに大きい人の学校へ連れて行かれてしまいました!


Littlesのシリーズは全部で12冊あるようです。
1巻を読んでいませんがどこから読んでも問題ないようです。

かわいいのですよ~、ミニチュアハウスが動き出したようで!







最終更新日  2010.07.23 22:53:18
コメント(0) | コメントを書く
2007.03.14
リトルズシリーズです。図書館で借りています。
でも図書館に置いてあるのは全部ではないようです。
リクエストして置いてもらえるかしら?
シリーズ物ってシリーズ全部読みたくなっちゃうんですよね。無理なのもあるんですけれどね。

・The Littles  (未読)
・The Littles Take a Trip (既読)
・The Littles to the Rescue (既読)
・The Littles and the Trash Tinies(今回読んだ本)
・The Littles and the Lost Children(既読)
・The Littles Go Exploring (既読)

前回読んだこのシリーズのThe Littles and the Lost Childrenより前のお話です。

    Littles and the Trash Tinies.jpg

“The Littles and the Trash Tinies” / John Peterson

リトルズ一家と一緒に暮らすようになったニックおじさん。
事故が起こって怪我をしてしまいます。
リトルズたちはニックおじさんを励まそうと、おじさんがかわいがっていたトラッシュタイニーの子ども達を連れてこようとトラッシュシティーへ向かいます。


意地悪い野良猫が現れたりと危険を冒しておじさんのためにがんばる。
The Littles and the Lost Childrenに出てきたチップとウィンキーがここで出てきます。

表紙のイラストレイターと中のイラストレイターが違うのです。
洋書ではよくあることのようです。中の挿絵の方は古い感じがするかしら。






最終更新日  2007.03.14 18:28:36
コメント(0) | コメントを書く
2007.03.03

図書館に置いてあった本だからと手に取った児童書が好みに合って続けて借りてきています。

The Littlesのシリーズです。
前回の日記に巻の順番が分からないと書いたとおりです。

・The Littles  (未読)
・The Littles Take a Trip (既読)
・The Littles to the Rescue (既読)
・The Littles and the Lost Children(今回読んだ本)
・The Littles Go Exploring (既読)

The Littles Go Exploring で見つかったおじいさんが出てきませんので今回読んだ本の方が先に来るようです。

           The Littles and the Lost Children.jpg

★The Littles and the Lost Children / John Peterson

リトル一家のニックおじさんがリトル一家と一緒に暮らし始める前の話をトムとルーシーが聞きたがります。
ニックおじさんはゴミ捨て場の地下に住むトラッシュタイニーたちと暮らしていました。
ニックおじさんとトラッシュタイニーたちが迷子の双子ウィンキーとチップを見つけます。
ウィンキーとチップはまだ2歳。名前を言うのが精一杯でした。
トラッシュタイニーたちのトラッシュシティーで大きくなったウィンキーとチップですが、9歳になった頃ウィンキーが毎日夢を見るようになります。
それは小さい頃の記憶だと信じてウィンキーとチップは両親を探そうとニックを訪ねてリトルの家にやってきます。


このシリーズ挿絵がかわいいです。2歳の子ども達の挿絵がとってもかわいいのです。







最終更新日  2007.03.03 14:23:29
コメント(4) | コメントを書く
2007.03.01

図書館で借りてきた本です。
何冊か新しく購入されたようで、まだあまり借りた人がいないみたいです。

私の読んだこのシリーズ3冊目です。でも、何巻とも書いていないし順番が分からないので、手当たりしだいに読んでます。
お話は一冊ごとに完結しているので何処から読んでもOKです。
お行儀よく順番に読みたい人は気持ち悪いかな?

・The Littles  (未読)
・The Littles Take a Trip (既読)
・The Littles to the Rescue (既読)
・The Littles Go Exploring (既読)
とりあえず、この順番でよさそうです。
それぞれの間にまだ読んでいない巻があるかも知れません。

    Littles Go Exploring.jpg

“The Littles Go Exploring” John Peterson

リトル一家のこどもトムとルーシーは隠れた部屋を見つけます。
残されていたものをみると、なんとおじいさんのものだった!
ずいぶん前から行方不明のおじいさん、潜水艦をつくって冒険に出ていたらしい。
「おじいさんはどこかにきっと生きているわ」と思っているおばあさん、生まれたばかりのトムたちの妹まで連れて一家でおじいさん探しの冒険に出るのです。

ミニチュアハウスが好きな私、細かいところを見てると楽しいです。
救命胴衣?はコルク栓。コーンフレークやレーズンをフィルムの入っていた入れ物に入れています。
大きな人たち(人間)が使っている色々なものを拝借しているのです。
乗っている船はおもちゃの船です。かわいいなぁ。







最終更新日  2007.03.02 10:30:29
コメント(0) | コメントを書く
2007.02.17

The Littlesのシリーズ。児童書です。7,8歳が対象でしょうか?
前に読んだ“The Littles Take a Trip”の後のお話です。
でも、私このシリーズの巻の順番が分からないのです。まぁあまり問題はなさそうですが。

小さい人たち6インチくらい、20センチもない人たちのお話です。
人なんですけど、しっぽがあります。女の人はそれをカールしたり、リボンをつけたりしています。

   Littles to the Rescue.jpg
LITTLES TO THE RESCUE,THE(P)
 
“The Littles to the Rescue” John Peterson

もうじき赤ちゃんが生まれるリトル家。
いつ生まれてもおかしくないのに看護婦のリリー叔母さんがまだ来てくれなくて、お母さんは不安になっています。
緊急の電話をかけるおとうさん。でも、大きい人の電話を目を盗んでかけるので大変です。
吹雪の中、息子のグライダーでリトル家に来ようとしたリリー叔母さんですが、グライダーから落っこちてしまいます。
森の中を探しに行くリトルたち。でも、森には危険なグラウンド・タイニー(地下に住む小人)がいると言うのです。
リリー叔母さんは見つかるか!

なかなかかわいいお話です。挿絵もかわいい。
縫い針をサーベルにしたり、鉛筆がベッドの柱になっていたり、ミニチュアハウスを見るようです。

簡略版もあります。(Littles First Readerシリーズ)

   Littles and the Big Blizzard.jpg







最終更新日  2007.02.17 18:44:34
コメント(2) | コメントを書く

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.