759251 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

はるのひの気まぐれ通り雨

2015年12月12日
XML
カテゴリ:ふきのとう
まずはこちらをお聞きいただきましょう。

アート・ガーファンクルがS&Gを解散後、最初のソロアルバム「Angel Clare/天使の歌声」(1973年)の中の、Mary Was An Only Child という曲です。
日本用にシングルカットされ「ひとりぼっちのメリー」という邦題が付いています


こ・れ・は ・・・!!


ふきのとうファンの方ならお判りかと思いますが、あの曲の前奏間奏とまんまですよね。
最近知って、驚きました。

まぁ、有名なクラシック曲を間奏に使うのは(パッヘルベルのカノンであるとか、モンティのチャルダッシュであるとか)ままあることで、パクリという悪い意味ではなく、明らかに元ネタはこれですとわかる、引用とでもいうのですかねぇ
敬意を込めるとオマージュというのでしょうか。

ええ、石川鷹彦さんのライブ話をこのブログでも書いたことがありますが、伊勢正三「22才の別れ」や、吉田拓郎「リンゴ」などの印象的なイントロ部分は、アレンジャーである石川さんがメロディーを作ったというように、その本歌の作曲者と、イントロや間奏などその曲全般の編曲を行う人は別であることもあると。

そうすると、「流星ワルツ」の作曲者は山木さんですが、この件のイントロを作ったのは、アレンジャーである瀬尾さんである可能性は高いですね。
もちろん、確認したわけではありませんし、したいとも思いませんが…
(聞いてどうなる?という話ですよね)
そうだったのかな?って、想像して楽しんでいるだけですので。

Wikiで調べると、アルバムのチャートも残ってるぐらいなので、日本でもそこそこヒットしたのか?
しかし、S&Gほど誰でも知っているほどの大ヒット曲から選んだ訳ではなく、ガーファンクルのソロからというのがちょっと捻ったところか…
ポール・サイモンのレコードなら何枚か持っている夫に聞かせてみたけど、ガーファンクルのこの曲は記憶になかったみたい。(ポール・サイモンの方が好きなようですから)

天使の歌声と言われたアート・ガーファンクルと、作詞作曲・ギター演奏の能力に長けたポール・サイモンとのコンビ。後のふきのとうのスタイルにも通じるものがあったのかしら。。

とにかく、40年の時を経てこの曲の発見は、個人的に音楽に関するものでは2015年で一番の驚きと言っても過言ではありませんでした。


にほんブログ村 音楽ブログへ
br_banner_amesho
ランキングに参加しています ポチッとよろしくお願いします(^・ェ・^)






Last updated  2015年12月12日 16時04分07秒
コメント(4) | コメントを書く

PR

Free Space

PVアクセスランキング にほんブログ村

Profile


はるのひ1918

Calendar

Archives

Category

Favorite Blog

相変わらずの実家 New! kokone+さん

マライア・キャリ … New! K’s 2012さん

いきなり夏 New! DY28さん

深夜ブログ便 New! 長七7614さん

第1回ギャラリーコン… key-sanさん

あなぐま。 iku039063さん

ポンちゃんの火曜歌… マダムQさん

くるくるな毎日 てんきあめ2510さん
心の感じるままに・・ うまぽけろんろんさん
親こあらのレトロ館 親こあらさん

Comments

はるのひ1918@ Re[1]:「流星ワルツ」のイントロは◯◯だった?(12/12) wind shipさんへ ようやく確認しました。 …
はるのひ1918@ Re[1]:ふきのとうに初めて出会ったのは(12/23) wind shipさんへ コメントありがとうござ…
wind ship@ Re:ふきうた#20:「Wedding Bell・Holy Night」/ふきのとう(12/12) 🎵私の事を守ってくれる この世で一人の大…
wind ship@ Re:「流星ワルツ」のイントロは◯◯だった?(12/12) あくまでLIVEでの話しですが、当時、「田…
wind ship@ Re:ふきのとうに初めて出会ったのは(12/23) 今頃ここに縁あって来ました。 ダルセーニ…
*guinevere@ Re:山木康世newアルバム「黄昏のビール」12/18発売(12/28) あ、やっぱり?誤解されてたのですね(笑)…
*guinevere@ Re:山木康世newアルバム「黄昏のビール」12/18発売(12/28) はるのひさん♪ ジャケットは写真ですよ♪ …

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Rakuten Ranking


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.