000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ゆうのブログ

PR

Calendar

Category

Comments

春詩@ Re[1]:土屋鞄セール購入品(04/13) アレちゃん01さん オイルヌメのロール…
アレちゃん01@ Re:土屋鞄セール購入品(04/13) 購入された鞄を拝見させていただき、ドキ…
春詩@ Re[1]:土屋鞄製造所セール(04/08) アレちゃん01さん、はじめまして。コメ…
アレちゃん01@ Re:土屋鞄製造所セール(04/08) はじめまして。 土屋セールへ行かれてと…
春詩@ Re:整理券手に入りました(05/29) ☆☆☆手羽先・味噌煮込☆☆☆さん、こんばんは…

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

2008.02.07
XML
カテゴリ:投資
勝間和代さんの『決算書の暗号を解け!』をテキストに、自分の投資先企業の決算書を分析する事を決心してから1日が経ちました。株の投資をして間もない方で、勝間さんのこの本を購入された方には少しは楽しんで頂けるのではないかと思います。

分析対象は全部で13社。この下落相場の中、今年に入ってから購入した株も多く今年購入した株に関しては幸いまだ大損はしていません。(これからか!?)昨年以前に購入した株の運用成績は・・・お察し下さい。分析に費やせるのは仕事後帰宅してから就寝前のわずかな時間ですので、作業は遅々として進みませんがその点はご了承下さい。

本日行った事
◇下準備
1.投資先企業をセクター別(業種別)に分ける。2.業種別に同業他社をピックアップ。3.テキストp96と同じ表(決算短信の損益計算書を抜粋して加工を加えたもの)をエクセルでさっと作る。

◇分析開始:テキストによるとアナリスト目線、会計士目線、投資家目線で順を追って分析するようですが今日はまずアナリスト目線で分析です。今日は決算短信の全体像をつかむ事が目標です。
では早速テキストP118から。チェック項目は8つ。
詳しい説明は本を読んで下さいね。企業が作りあげた利益の質を、財務諸表のどこに着目すれば読み取る事ができるようになるか、とても分かりやすく説明されています。利益が会計操作(合法的に)により作り上げられたものなのか、不正会計により生まれたものなのか、誠実な企業努力による結果、めでたく利益が増えたのかの違いです。

チェック1:会計方法の変更はないか?テキストの例では決算短信(以下短信と表記します)の1ページ目に変更の有無が記載されているとありますが、分析対象A社(東1.サービス業)は1ページ目に記載がありません。おや?2ページ目に無事記載箇所を発見、詳細は短信の14頁に詳細が書かれていました。会計方法の変更があるようです。

チェック2~4:営業、投資キャッシュフローに関するチェック項目を見ていくと、よいとされている基準とは全くの正反対(=対前年比マイナス)

チェック5:ROAの伸び 対前年比0.1%の微増(感想・・微妙)

チェック6:売上高、営業利益、経常利益のバランス テキスト例と比べてあきらかにバランスがおかしい=こうなっていたら要注意の例に似ています。

チェック7:営業利益と営業キャッシュフローの伸びのバランス A社=営業利益は4.2%のアップなのに営業キャッシュフローは36.4%ダウン。なぜでしょうか?

チェック8:来期の業績予想の妥当性の検証 A社=詳しくは書きませんが、これまでの実績からすると、当期純利益の予想額に明らかに無理がありそうです。

今日の作業はこれまでとしますが、この最初のチェック項目を行っただけでもこの本を読まなければ到底気付くことができなかった疑問点が発見できました。その疑問点も勝間さんのテキストを元に、決算短信の中に書かれている企業の説明とあわせてこれから検証していくことになります。

感想:決算短信を用意して、エクセルで一覧表を作って分析という一連の作業は相当面倒なのだろうな~と思いながら作業を開始しましたが、予想に反して初日は楽しく作業ができました。子供の頃に謎解きして遊んだ様な感覚と似ています。

私の会計スキルと簿記のスキル:文章をお読み頂いてわかる通り、全くの素人です。投資の有無に限らず社会人にとっては必須スキルと考えますので、これから勉強しようと思っています。











Last updated  2008.02.07 23:01:24
コメント(0) | コメントを書く
[投資] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.