10200405 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

美味しい物好きで健康志向

PR

X

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

スイーツ 和菓子 最中

January 13, 2021
XML

虎屋​(とらや)のもなか、お供えして安心、忙しくて賞味期限も確認せず、新年すぎると、思いっきり賞味期限きれでした。



もちろん、一口羊羹はまだ大丈夫。

まず、粒あんもなかは、90キロカロリーと意外とカロリーが低い。





そして、茶色はつぶ。あんこの量はおおめかも。
しっかり最中らしいお味と食感になっている。

そして白はこしあん。



ねっとりしたねばりみをおびたこしあんで、味わいが濃い。



あ、なんだ、記憶通りのおいしさだ!



原材料とカロリーは上記の通り。あ、こしのほうが小さく少なく見えるし、お値段だって安いのに、1キロカロリー高い。



さすがとらや!?
賞味期限きれてもおいしかった!




ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←ポチ、お願いします~!(別リンクじゃなくてごめんなさい)

さくらとらやのこがね菊の記事はこちらこちら!御代の春の記事はこちら!くりあんみつの記事はこちら!お題羊羹の記事はこちら!福砂屋コラボの棹がしの記事はこちら!馬の干支の羊羹の記事はこちら!季節限定の棹菓子、あじさいの記事はこちら!柏餅の記事はこちら!菖蒲あわせ羊羹の記事はこちら!栗かの子と栗粉餅の記事はこちら!帝国ホテル内のとらやの生菓子の記事はこちら

トラヤトウキョウ(東京駅)、ランチの記事はこちら!限定販売の人形焼の記事はこちら!お茶とお菓子の記事はこちら!限定、あんぱんの記事はこちら!限定、どら焼き(白小倉あん)は​こちら​!

日本茶とらや工房、干羊羹の記事はこちら








最終更新日  January 13, 2021 08:15:24 PM
コメント(13) | コメントを書く


October 9, 2020
くろぎ茶々です。 茶菓衣 宇治抹茶最中セットです~。料理の鉄人の「アイアンシェフ」をされていたこともあるらしい、黒木純氏がプロデュースされているお店のようです。(道場六三郎のイメージが強すぎて、、、)



HPによれば、宇治抹茶最中セットは、日本文化を代表するお茶に重きをおき、「福寿園」の宇治茶をもとに、本家「くろぎ」の主人「黒木純」が手仕事を加えて「和」を追求した逸品なんだそうな~。



最中皮も宇治抹茶が練りこんであるそうです。
お茶とのセットでした。
食べる直前に餡を詰め最中を作るタイプ。



最中餡は京都羊羹本舗、最中の皮は石川県の加賀種食品工業、売っているのはくろぎ茶々です。

名称: ウジマッチャモナカセット



内容量:宇治抹茶最中8個入り(最中皮8袋、小豆餡165g、抹茶ミルク餡165g)、ほうじ茶15g、玄米茶40g
原材料:最中皮:もち米(国産)、抹茶、着色料(黄4、赤102、赤106、青1)最中餡小豆:砂糖、小豆、寒天、醤油(大豆、小麦を含む)、食塩/還元水飴 最中餡抹茶ミルク:砂糖、牛乳、白生餡、抹茶、寒天
ほうじ茶:緑茶 玄米茶:緑茶、炒り米



片方だけにあんこを詰めてとありますが、ツレにによるともっと入っていてもいい。



モナカの皮は4セットしかないので、私は両面につめることに。



かなり濃厚な抹茶味。甘さもあり、コクがあります。



ホワイトチョコレートも入っているそうですが、ざらっとしたこしあんの舌触りがあり、これはあんこだなと判断させる。



皮はパリッとして、かつ風味がありますー。



フルーツ男子も沢山あんこをつめた。



あと1セットあるが、とてもひと瓶使いきれない。



こだわりの味。残ったものは、、、フルーツ男子が「餅が合いそう。」と提案。
私もそう思う。


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←ポチ、お願いします~!(別リンクじゃなくてごめんなさい)






最終更新日  October 26, 2020 09:04:57 PM
コメント(9) | コメントを書く
May 11, 2020
以前相国最中を紹介したことがある紀の国屋の最中と形が非常に似ていて、名前も旧字と新字の違いだけだったので間違えて買ってしまった、紀の國屋の最中(抹茶)です。京王系のスーパーで見かけて、買い物かごに即断で購入決定~!



調べていたら、紀の國屋さんも、昭和36年から和菓子を作りつづけている地元に愛されている和菓子屋さんのようです。



1個あたり180円だと思います。(もちいりの最中は200円なので200円かな?)



原材料は上記の通り。



そして、皮はからっとしていて、中のあんこはねっとり、こしあんです。



お茶の味わいがしていて、甘いけれどさわやか系です。




もなかかわの中のあんこは、ぎっしり詰まった内容ではないな~とは思ったけれど、しつこく感じることもなく、お茶のさわやかさを感じつつ、紅茶と美味しく家族でいただきました。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←ポチ、お願いします~!(別リンクじゃなくてごめんなさい)

抹茶スイーツもので続けてみました~!






最終更新日  June 1, 2020 09:27:15 PM
コメント(8) | コメントを書く
January 25, 2020
鶴屋さんの鶴屋は小豆と挽茶味があり、お茶のほうをたべました!



なかなかに風流なパッケージ。モナカの皮は、小豆のほうは茶色。



原材料は上記の通り。



茶色より、見た目が白い挽茶のほうが、ツルっぽくて綺麗かも。あんこは滑らかなこしあん。





あっさりとして、からっとしたやわらかな最中の皮に、お茶の味わいがするあんこの甘さの切れがよく、美味しくいただけました!

鶴屋さんは和菓子のほうが好みだと思いました!

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル ←良かったらクリックお願いします!(別ウィンドウじゃなくてすみません)


鶴屋の丸ぼうろ、以前詳しく内容をUPしております。こちら!2013年の記事はこちら
おりづるパイの記事はこちら!参道ぼうろ2種の記事はこちら!三夜待2種の記事はこちら






最終更新日  January 25, 2020 01:04:35 PM
コメント(10) | コメントを書く
September 18, 2019
御菓子司 ロロ黒船の今度は黒もなかです。


1個あたり190円と開国キャラメル最中より50円安い。ちなみに、椅子の上に置いてあったため、踏んづけてしまったので、割れている。



原材料は上記の通り。黒い色は竹すみによるもの。



あんこは自分で入れるタイプ。北海道産の小豆を使っているのだそう。



こちらも黒光りして、きれいにかたどられている。高級感あり。



あんこはつぶあん。しっかりした感じ。でも
モナカがあっさりしていて、パリッとしているので、よくあう。



くるみの方が好きだけど、こちらも良かった。


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル ←よろしかったらクリックお願いします!(別ウィンドウじゃなくてすみません)

ロロ黒船の開国キャラメル最中の記事はこちら






最終更新日  September 18, 2019 07:28:57 AM
コメント(8) | コメントを書く
September 15, 2019
御菓子司 ロロ黒船の開国キャラメル最中です!



1個あたり240円です。下田(伊豆)ブランドに指定されているそうです。



原材料はご覧の通り。



黒船の形をした最中の皮に、自家製のキャラメルとクルミをはさんだ新感覚のお菓子とお店のホームページにあり。



240円するだけあって、最中の皮は、船のかたどりがかなりキレイです。



なかのキャラメルは、固いタイプではなくやわらかさがあり、バター感もあってコクがある。くるみと混じり合い、こりゃ美味しいー!という感じでした!

家族にも好評でした。

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル ←よろしかったらクリックお願いします!(別ウィンドウじゃなくてすみません)






最終更新日  September 15, 2019 07:44:02 AM
コメント(9) | コメントを書く
September 16, 2018
昭和13年、経堂駅前に暖簾を掲げて70年だという、龜屋の招福もなかを友人からもらいました!

rblog-20180916105746-00.jpg

「招福もなか」は「​世田谷みやげ​」に認定されたはおかしなのだそうです~!
もらってうれしい世田谷のお土産、、、なるほど~!

この、招き猫が作られたルーツに世田谷区の豪徳寺のいわれがあります。

rblog-20180916105746-01.jpg

原材料 砂糖、小豆、大手亡豆、糯米、栗、寒天、水あめ、トレハロース、着色料(赤3号、赤105号)
北海道産の小豆を使っているそうです。

rblog-20180916105746-02.jpg

うふふ~。かわいい!招いています~招いています~!
世田谷の豪徳寺が井伊家の菩提を弔うきっかけになったとされる招き猫の逸話に因んで創製しましたいわれあるお菓子なのだそう。
そして、亀屋さんのの創業者の菩提寺が豪徳寺であることにもちなんでいるのだそう。

rblog-20180916105746-03.jpg

からっとした最中のかわ、そのなかにしろにはこしあん、茶にはつぶあん、そしてピンクには白あんが入っています。
こしあんはなめらかなあんこなにに、しゃりしゃりとした砂糖のかたまりのような(外側が砂糖の結晶となっているようかんの外側みたいな)食感があり、おいしいです!

rblog-20180916105746-04.jpg

めずらしいことに、白あんもそうなのです。砂糖の結晶のような食感と甘さがあります。あんこの味濃厚~という感じがします。ただし白あんの癖のような味わいはあまり感じられます。

あんこの癖のある味わいは、つぶあんが一番あります。ねっとりとしたあんに、つぶ。

それぞれ味わいが違っておいしくいただきました。あ~でも、栗、どこだったんだろう。

世田谷区宮坂3-12-2
03-3429-0208

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←ポチ、お願いします~!(別リンクじゃなくてごめんなさい)






最終更新日  September 16, 2018 11:13:51 AM
コメント(8) | コメントを書く
April 9, 2018
こちら​和菓子紀の国屋さんで久々にお買いもの。

相国最中、季節限定さくら葉入り!

rblog-20180408162407-02.jpg

以前ご紹介したのは短冊もなかで、こちらは昔からの大きいサイズで160円です。

短冊最中だと半分の大きさで110円です。なので、倍の大きさで160円はお得感あり。我が家には筋肉男子もいるし、半分したらいいので、大にしてみました!

rblog-20180408162407-00.jpg

お店のかたによると、白あんで栗というところ、相国最中の定番の栗とベースは同じだそう。
だけれども、これは桜葉粉末が入っていて、かつ、色がピンクというところが特別なのだそうな。

rblog-20180408162407-01.jpg

原材料は砂糖、大手亡豆、栗、餅粉、寒天、桜葉粉末、食塩、クチナシ色素、着色料(赤3、赤106)

rblog-20180408162407-03.jpg

この厚み!すごいでしょ!これで160円はすごいと思うの。栗最中は229キロカロリー。半分にすると115キロカロリーといったところ。

皮は雛あられを思わせる、からっとした、ちょっと塩分感じるしっかりした皮です。

rblog-20180408162407-04.jpg

なかのこしの白あんは甘さがしっかりきます。ねっとりとした白あん、そのなかに栗の粒はそれなりに形があるので、「あ、栗の味がする!」と思うし、皮があることによって、甘いだけでない感じになり、食べやすくなっています。

甘いけど、わが家ならお茶があればやっぱり1個いけちゃうな~。

rblog-20180408162407-05.jpg

桜葉のかおりがあることによって、季節も感じます。
おいしくいただきました!

紀の国屋の記事です→。抹茶ういろう相国最中よもぎ大福よもぎ大福(リピ)、桜餅、柏餅(つぶ)、柏餅(こし)、抹茶ういろう(棹もの)抹茶ういろう(リピ・単品)相国もなかのリピ柏餅2種おこじゅ柏餅!短冊最中、桜葉入りの記事は​こちら​!

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←ポチ、お願いします~!(別リンクじゃなくてごめんなさい)






最終更新日  April 9, 2018 06:58:10 AM
コメント(11) | コメントを書く
March 5, 2018
予約推奨のお店、空也(くうや)のモナカを友人からいただきました~!



うれしい~!!!

空也は明治17年に上野池之端で創業した歴史あるお店です。
銀座の並木通りにきたのは昭和24年のことだそう。



あ、包み紙がかわった?
木村荘八の包み紙だったような、、、。
撮ってない!!!

原材料 砂糖、小豆、もち米、水あめ、塩



お日保ち1週間、ただし、時間がたつと、乾燥してきます。

保存料や添加物を使用していません。



空也もなか、大好きです。

外側の皮が香ばしい。



そして、中のあんこはつぶしあんです。



香ばしい皮との取り合わせがよく、甘さがあり、外側が固くなってもそれはそれで、羊羹のまわりが砂糖化したものを好む私としてはうれしい。



固くしたくない人はラップでつつんでおくらしい。



さすが老舗の定番のお味!おいしくいただきました!

HPはないようなので、、、
予約の電話番号 03-3571-3304
住所:東京都中央区銀座6-7-19

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←ポチ、お願いします~!(別リンクじゃなくてごめんなさい)






最終更新日  March 13, 2019 07:48:20 PM
コメント(9) | コメントを書く
September 24, 2017
友人からもらった人気店、吉祥寺の​小ざさ ​​のもなかです!2008年にも​記事​にしています!



1個当たり61円、10月から67円。最中は通販も可能です。
羊羹は早朝から整理券を配り、開店から販売開始のようです。ハードル高いです。



黒あんと白あんとがあります。

まずは黒あんから。
もったりしたあんこ、、つぶが入っています。



皮はからっとしていて、なかのあんこは素朴なのだけれど、甘さがきゅっと味覚にきます!

そして粒の皮が少し口の中を残る感じです~!



そしてしろあん。
白あんは白あんらしいクセのあるお味がのこり、食感はねっとりしています。

もなかの皮がうまくはがれずです。



こちらもねっとりして、甘さがきわだちます。
少し粒が入っていて、あとに食感として残ります。



もなかの香ばしさは白あんのほうが感じる気がする。

私は日をおいたほうが小ざさもなかは好きかなぁ~。お日持ちは1週間。
甘さはありますが、しつこいという点がなく、素朴で、おいしくいただきました!

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←ポチ、お願いします~!(別リンクじゃなくてごめんなさい)






最終更新日  September 24, 2017 11:03:14 AM
コメント(8) | コメントを書く

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.