918456 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

はるさめのひとりごと

PR

Profile


はるさめ3428

Recent Posts

Comments

はるさめ3428@ Re[1]:わ~いわ~い(●^o^●)(03/31) みはらももこさんへ このドラマ、日本で…
みはらももこ@ Re:わ~いわ~い(●^o^●)(03/31) こんにちわ、わたしもYouTubeで電視劇微微…
はるさめ3428@ Re[3]:発音はっきり♪(04/10) だって犬が好きさんへ 上海訛り、けっこ…
だって犬が好き@ Re[2]:発音はっきり♪(04/10) はるさめ3428さんへ ふふふふふ、そうい…
はるさめ3428@ Re[1]:発音はっきり♪(04/10) だって犬が好きさんへ 昔はもっと訛って…

Calendar

Favorite Blog

ちゃい二胡奮闘記 ちゃいにこさん
マルチリンガルへの… shizushizuk206さん
台北短期留学日記 台湾トトロさん

Category

Freepage List

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

2018.04.22
XML
カテゴリ:読書
転勤前の職場が超激務のところで、ずっと休日出勤してたものだから休日にお出かけする
習慣がなくなってしまって、誘う友達もなんとなくいなくなってしまった。。。寂しい。

今日は午前中に実家に帰って用事を済ませたり、冬物をクリーニングに出しに行ったり(遅い?)
食糧の買い出しに行ったりしましたが、やはり午後から何もすることがなく。。。

読書、と思いましたが、注文した《烈火如歌》がまだ届かない!
家にあるまだ読んでいない本は厳歌苓先生の作品ですが、これは読む気になれない。。。

というわけでコレ


《三生三世十里桃花》と《三生三世枕上書》。

昨年の盗作騒ぎも自分の中でなんとなく整理がついたので、またまた手に取りました。
全部は読めないので、覚えている胸キュン場面を選んでパラパラ読みました♪

《三生三世枕上書》は《三生三世十里桃花》の続編というかスピンオフ的な作品ですが
《三生三世十里桃花》の反響があまりにも大きかったので、続編を望む世間の期待に応えて
無理やりひねり出した感がありますね~。阿蘭若のくだりは本当に不要だったと思います。

あと、《三生三世十里桃花》の主人公・夜華も《三生三世枕上書》の主人公・東華帝君
もどちらもかなりの寡黙で口数が少なく、
恋人から誤解されて嫌われても絶対言い訳をしません。

で、どちらの作品も最後に第三者が、「夜華(または東華帝君)は何も言わなかったけど、
実はこれこれこういう事情だったのよ!それなのにあなたは。。。涙涙涙」と涙ながらに
真相を白
浅(または鳳九)に話すのですよ。

ここでの第三者は《三生三世十里桃花》では夜華の母親、《三生三世枕上書》では東華帝君
の筆頭召使の重仙者ね。

夜華も東華帝君も寡黙で本当にカッコいいんですけどね。
結局最後は恋人のために身を削ってしたアレコレを第三者にバラされるというパターン。
もうちょっと工夫ができなかったのか?と今日あらためて思いました。

しかし、《三生三世十里桃花》は何度読んでも面白いですね~。

夜華がカッコ良すぎ!
9万歳も年上のお姉さま、白浅を愛する夜華のけなげな姿はおばさまたちの心をわしづかみよ!

天君の後継者・太子と定められ幼い頃から帝王教育を受けているため、
「泰山が目の前で崩れても睫毛一つ動かさない。」
とまで言われる冷静沈着な精神を持った夜華、そんな彼が白浅に関わることだけには
感情を出してしまう。。。この白浅の前でだけ、怒ったりオロオロしたりする夜華が
かわいい(●^o^●)

。。。とまあ、こんな感じで読んでいて、ついついyoutubeで禁断の映画《三生三世十里桃花》
を見てしまいました。去年の夏以来封印していたのですが。。。


これ、去年北京の映画館で見た時のチラシね。

この映画、「訳わからん。」ということで、かなりの不評だったのです。
で、私もあまりの酷評にショックを受けてこの映画については耳を塞いでいたのです。

映画の中の楊洋の夜華。
演じ切れていない感じがありますね~。ファンの皆さんにはすみませんが。

原作を読んでみて思いますが、この原作はあまりにも面白くて魅力的なので熱狂的な
ファンがたくさんついていると思うのです。私もそうですが、何度も何度も何度も読み込むので
心の中にしっかりとした夜華像が出来上がっているのです。
はっきりいって原作者より原作ファンの方がやっかいなのよ!

映画の中の楊洋演じる夜華はちょっと感情を出しすぎでした。普通の若者みたい。
「泰山が目の前で崩れても睫毛一つ動かさない。」←やはりここまで冷静じゃないと!

楊洋が原作を読み込めなかったのか、はたまた監督が原作を重視しなかったのか?
やっぱ、監督だろうな~。原因は。カメラマン出身(張藝謀の映画の撮影担当だった)
なので、映像の美しさのみを追求したものと思われます。

《全職高手》の作者、胡蝶藍さんも《全職高手》の序文の中で「作品の中の個々のキャラクター
については、私よりもファンの方が今や詳しいと思われる。」というようなことを書いています
もんね。

というわけで、話が色々とびましたが、何が言いたいかというと

「原作ものは難しい。」

ってことですね~。そしてその原作が反響があったものであればあるほど難しい。
映像化がファンの期待に沿っていないと普通以上に叩かれる。。。

高校生の頃「はてしない物語」が大好きで、映画化された時はウキウキして見に行きましたが
映画はひどい代物だった。。。ということを思い出しました。

というわけで、楊洋の《全職高手》はどうなるんでしょうかね。
これは期待しないで待つことにしますか。









Last updated  2018.04.22 23:37:31
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.