1879483 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

楽天版じぶん更新日記

全5094件 (5094件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2019年07月17日
XML
テーマ:海外旅行(5043)
カテゴリ:カテゴリ未分類
ジョージア軍用道路(グルジア軍道)を北進し、ステパンツミンダのホテルに到着しました。
「ステパンツミンダ」という町名は、かつての「カズベキ」のことですが、山の上に「ツミンダサメバ教会」があることから推測できるように、「ステパンツ・ミンダ」ではなく「ステパン・ツミンダ」という合成語であるようです。
到着時は小雨模様の悪天候でしたが日没の頃には次第に雲がとれていきました。
幸い、ホテルの3階の北西向きの客室に宿泊したため、明け方から、カズベク山(カズベギ山)をはっきりと眺めることができました。
カズベク山の標高は、少し古い資料には5033mと記されていますが、最近の測量により5047mであると確認されたそうです。ジョージアでは、シュハラ山、ジャンガ山に次いで3番目の高峰です(これらの山の高さも、最近の測量で修正されたようです。)

※カズベク山の左側にある建築物はツミンダサメバ教会です。

【到着日の20時すぎのカズベク山】




【2日目、朝5時すぎのカズベク山】




【2日目の朝5時半頃、朝日に赤く染まるカズベク山】




【2日目の朝7時すぎ、ホテルの近くを散歩】









【3日目の朝4時45分頃。ツミンダサメバ教会がまだライトアップされていた】






【3日目の朝7時10分頃。この日はこのあと雲が出て、山全体は見えなくなった】








最終更新日  2019年07月17日 08時30分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年07月16日
テーマ:海外旅行(5043)
カテゴリ:カテゴリ未分類
7月14日に続いて、コーカサス山麓の花旅のアルバムです。

アナヌリ教会を見学したあと、ジョージア軍用道路を通ってステパンツミンダ(カズベキ)に向かいました。
途中の見どころとしては、2色の川の合流、最高地点の十字架峠(2395m)、赤色の石灰華段などがありましたが、峠付近は往路は強い雨、帰路もバスを降りてまもなく雷雨となり充分に景色を楽しむことはできませんでした。
なお、十字架峠は分水嶺になっており、これより南側の川はアゼルバイジャンを通ってカスピ海に流れていますが、峠を越えたあとの北側にあるテレク川のほうはいったんロシア領内に入り、大コーカサス山脈の北側からカスピ海に注いでいるようです。

【ルートマップ再掲】




【2色の川の合流】




コーカサスの風景はこんなところ?】








【ロシア・ジョージア友好のモニュメント。もっとも、撮影当日もトビリシで反ロシアのデモが起こっており、両国の友好関係はイマイチのようだ。】




【十字架峠は天気悪し】






【通称「オレンジ滝」。小規模な石灰華段。トルコのパムッカレに似ているが鉄分が多いせいか(?)赤くなっていた。】








最終更新日  2019年07月16日 06時54分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年07月15日
カテゴリ:カテゴリ未分類
7月14日の午後、徒歩で近隣の半田山植物園に行ってきました。今年になってから100回目の入場です。
この日は朝から曇りとなっていましたが、念のため、折りたたみ傘を持参したところ、帰り道で雨が降り出し、濡れずに戻れました。
園内では、ヒマワリ、各種の百合が見頃となっていました。

【時計草2輪咲き】




【ヒマワリの二重咲き。写真上は前日撮影。2輪とも同じ株だが枝が重なっている】






【モントブレチア】




【森の中のサクユリ】




【園芸品種各種】




【カノコユリ。何株か咲いているが、枝が垂れ下がったものが多く、タキユリの可能性あり】








最終更新日  2019年07月15日 06時40分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年07月14日
テーマ:海外旅行(5043)
カテゴリ:カテゴリ未分類
7月12日に続いて、コーカサスのアルバムです。
トビリシからジョージア軍用道路(グルジア軍用道路)を通ってステパンツミンダ(カズベギ)に向かう途中、アナヌリ教会に立ち寄りました。この教会はジンヴァリ湖畔の高台に建てられていますが、ジンヴァリ湖自体はダム湖ですので教会より後に造られたようです。またジョージア軍用道路というと、旧ソ連時代にスターリンが造ったような印象がありますが、実際の歴史は遙かに古く、18世紀からすでに通行があったようです。
アナヌリ教会はもともと要塞で、その中に2つの教会や鐘楼、刑務所、市民の建物などが建てられていたとか。ジョージア特有の丸っこい碑文や象徴的な彫刻などがありました。

【ルートマップ。カズベギ(ステパンツミンダ)までの往復】



【教会】




















最終更新日  2019年07月14日 06時44分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年07月13日
カテゴリ:カテゴリ未分類
各種報道によれば、東日本では梅雨寒が続いており、7月12日の東京の最高気温は21.9℃までしか上がらなかったとのこと。いっぽう岡山は午後になってから強い日射しに照らされ、最高気温は31.0℃まで上がりました。午前中はクマゼミ、午後はツクツクボウシのほか、一昨日からアブラゼミの初鳴きを確認しています。
近隣の半田山植物園では、ムクゲ、ハマボウ、アメリカフヨウが見頃を迎えています。
温室内のハイビスカスを含めて、これらの花はよく似ており、特に、ムクゲの大輪はハイビスカスそっくりに見えます。

【ハイビスカス】






【ムクゲ】






【ハマボウ。唯一の黄花】




【アメリカフヨウ。いちばんの大輪。輪郭が円に近い】












最終更新日  2019年07月13日 06時24分42秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年07月12日
テーマ:海外旅行(5043)
カテゴリ:カテゴリ未分類
ドーハからジョージア・トビリシに到着後は専用バスに乗って、ステパンツミンダ(カズベギ)に向かいました。
ジョージアに到着してまず戸惑ったのは、ジョージア特有の丸っこい文字でした。広告看板を見ても何の宣伝なのか分からないものがありました。
トイレ休憩と食料調達を兼ねて最初に立ち寄ったのは市内のスーパーでした。
さっそくカードで飲むヨーグルトを購入。
バスは途中、郊外の湖、栃ノ心のふるさとのムツヘタの近くを通り、ジンヴァリ湖畔の聖アナヌリ教会へ向かいました。

【トビリシの空港。すでに廃棄されたと思われる飛行機がなぜか敷地内に点在。】




【スーパーに到着】



【何の広告か分からない看板も】



【飲むヨーグルトを購入】



【黄色い花が多い。エニシダの仲間?】



【途中見かけたアパート。古いものが多かった。】



【郊外の湖。地図では「トビリシ貯水池」という名称。】







【栃ノ心のふるさと、ムツヘタ。町の入口に、栃ノ心を称える看板があるとか。】








最終更新日  2019年07月12日 09時10分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年07月11日
テーマ:海外旅行(5043)
カテゴリ:カテゴリ未分類
前回に続いて、ドーハからトビリシまでの機上からの眺めです。
イラン北西部にさしかかると右手前方に雪の残った独立峰が見えてきました。デジカメのGPSによる推定ではザンジャーンという町の近くの山のようですが、名前は同定できませんでした。標高4000m以上はあると思われます。
その後、左側の窓からも雪山や残雪が見えてきました。左側に座っていた方から到着後に聞いたところでは、雪をかぶったアララット山も見えていたとか。
いっぽう右側の窓からは、セヴァン湖が見え、それから20分も経たないうちにジョージアのトビリシに到着となりました。

【右手に見えた雪山】






【イラン・アルメニア国境近くで左手に見えた雪山】






【セヴァン湖上空を通過】








【アルメニア・ジョージア国境付近の農村地帯と通過してトビリシへ】










最終更新日  2019年07月11日 06時24分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年07月10日
テーマ:海外旅行(5043)
カテゴリ:カテゴリ未分類
先月参加したコーカサス山麓(ジョージア、アルメニア)のフラワーハイキングのアルバムです。
このツアーは深夜に成田を出発し、現地の真夜中にカタールのドーハへ。
ドーハからはイラン上空を通って、ジョージアのトビリシに向かいました。
出発前にEチケット番号に基づいてネットで座席を指定していたため、右側の窓から景色を楽しむことができました。
テーブルマウンテン状の岩山や、赤い湖など、珍しい地形がたくさんありました。

【成田からドーハまでの航路。真夜中のため何も見えず。ホルムズ海峡上空では緊張】




【ドーハからジョージア・トビリシまでの航路。デジカメのGPSにより推定】




【ドーハから離陸。近代的な高層建築が並ぶ】




【イラン上空の珍しい地形】





【赤い湖。Googleの航空写真によれば、Mahalru湖の可能性大。】



【巨大空母のような岩山】













最終更新日  2019年07月10日 06時28分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年07月09日
カテゴリ:カテゴリ未分類
7月8日の岡山は、最高気温は27.8℃どまりでしたが、湿度は64%以上となっており、昨日の48%以上より高く、そのぶん蒸し暑さを感じました。また、この日、ツクツクボウシ(ツクツクホウシ)の初鳴きを確認しました。

写真は最近撮影したトンボいろいろです。
トンボは空中を飛び回っている時の撮影は困難ですが、支柱の上にじっと泊まっている時はきわめて撮りやすい被写体で、ピントもしっかり合わせることができます。
今年はコシアキトンボをよく見かけるいっぽう、チョウトンボはまだ一度も確認していません。

【コシアキトンボ】




【種名を「昆虫写真掲示板」にてお尋ね中】




【オオシオカラトンボ】




【シオカラトンボ】




【オナガサナエ】






【ショウジョウトンボ】












最終更新日  2019年07月09日 07時15分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年07月08日
カテゴリ:カテゴリ未分類
7月7日の岡山は最高気温が31.6℃まで上がり、蒸し暑い1日となりました。
夕刻、耐暑力アップと買い換えた登山靴に履き慣れるため、近隣の龍ノ口グリーンシャワーの森まで行ってきました。ここを訪れるのは5月14日以来、今年に入ってから4回目となります。
珍しいキノコを期待していたのですが、このところ空梅雨模様で地面は乾いており、地面から生えているキノコは殆ど見当たりませんでした。
花のほうは、麓の川沿いにあったネムノキの花程度でした。

【ふもとに広がる水田】




【登山道で見つけた蛾。オニベニシタバ、もしくはその近縁種と思われます。】




【尾根筋の道。残念ながらキノコは見当たらない】




【尾根筋の眺望】




【朽ち木のキノコ】




【高木にひっかかっていた羽衣?】




【ふもとのネムノキの花】










最終更新日  2019年07月08日 06時38分37秒
コメント(0) | コメントを書く

全5094件 (5094件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.