2503487 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

楽天版じぶん更新日記

全5648件 (5648件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2021.01.20
XML
テーマ:海外旅行(5626)
カテゴリ:カテゴリ未分類
1月18日に続いて、1979年に乗車した冬のシベリア鉄道のアルバムです。

ハバロフスクに1泊したあと、翌日の昼過ぎ(現地時間)に、ウラジオストク発モスクワ行きのシベリア鉄道に乗車しました。
4人ずつのコンパートメントになっていましたが、当時の車内はあまり清掃されておらず、ウラジオから乗ってハバロフスクで下車した人のベッドには食べ物のカスなどがそのまま残されていました。(もっとも、私自身は、冬の北海道で、4人がけ座席で何日も車中泊をしたこともあり、それ自体は苦になりませんでした。)

列車が出発し、アムール川の上にかかる鉄橋を渡ったあとはすぐに暗くなっていきました。この時期、外の景色が見えているのは朝の8時半から午後の3時頃までのあいだで、それ以外は退屈な時間を過ごすことになりました。

【ハバロフスクで乗車】




【1日目のルートマップ(赤線)。黄色の線は明るい、青の線は真っ暗】




【シベリアに沈む夕日】






【車内の様子】





(ガラス窓も凍結)



(連結通路は暖房がなく、外気と同じ気温。食堂車へ移動するときに通らなければならない。】



【給湯器と洗面所】










最終更新日  2021.01.20 06:20:34
コメント(0) | コメントを書く


2021.01.19
カテゴリ:カテゴリ未分類
まず、1月18日の朝、この日記のアクセス数が250万を超えました。
ご支援に深く感謝申し上げます。
本日は、久しぶりに半田山植物園の写真です。一週間前と比べて、花の様子は殆ど変わっていませんが、晩秋から咲き続けてきた冬の桜に変わって、いろいろな梅の花が主役になりつつあります。

【コブクザクラ(子福桜)】




【ジュウガツザクラ(十月桜)】




【紅枝垂】






【寒紅梅】




【コクチナシの実】




【菜の花の一番花】








最終更新日  2021.01.19 06:20:04
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.18
テーマ:海外旅行(5626)
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日に続いて、冬のシベリア鉄道のアルバムです。
到着したハバロフスクの空港は、1979年当時、ボーディング・ブリッジのようなしゃれた設備は存在せず、乗客はみなタラップを降りてターミナルビルまで歩いて向かうことになっていました。
普通の気候であれば何の問題もないところですが、到着時のハバロフスクは気温が氷点下30℃以下となっていて、飛行機の外で息を吸った瞬間、鼻の中が凍りついて、鼻毛がパラパラと落ちてきたのが思い出されます。また、目出帽を二重にかぶっていると、口の周りが凍りついてつららが垂れ下がってきます。そんな寒さの中でしたが、街の人たちは平気で歩いており、また、不思議なことに、凍結した雪道の上をチェーンをつけない車が普通に走っていました。
ハバロフスクには1泊し、翌日の午後にシベリア鉄道に乗車となりました。

【初日にお参りした日本人墓地】




【ホテルの向かい側にある博物館。最終日に個人で入館した】




【翌日は気温が高め。といってもマイナス16℃】








【全面凍結したアムール川。氷に穴をあけて釣りをしている人たちがいた。最終日の自由時間に、氷の上を歩いてみた。別途掲載予定】














最終更新日  2021.01.18 06:01:58
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.17
テーマ:海外旅行(5626)
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日で1982年1月に訪れたイスラエルの写真の掲載を終わりました。
厳冬期のため相変わらず花の写真が撮れませんので、引き続いて、昔の海外旅行のアルバムを掲載したいと思います。
なお、イスラエルと、少し前に連載したインドヒマラヤ・ザンスカールトレッキングのアルバムを以下の通りまとめました。よろしかったらご覧ください。


今回からは1979年12月から1980年1月に旅行した「冬のシベリア鉄道」の写真です。すでに何枚かの写真を掲載したことはあるのですが、最近、ようやく、アルバムに貼ってあったプリント写真をすべてスキャナで読み込んでデジタル画像化し、いろいろな写真が発掘できました。

【今回のルートマップ】




【前日に泊まった「新潟日和山ユースホステル」前の海岸】




【搭乗したJALの定期便】




【日本海を越えてユーラシア大陸の上空にさしかかる】




【沿海州の山脈】






【蛇行する川もすべて凍結】




【アムール川上空。まもなく着陸】










最終更新日  2021.01.17 06:10:01
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.16
テーマ:海外旅行(5626)
カテゴリ:カテゴリ未分類
ブリュッセルで1泊したあと、往路と同様、アンカレッジ経由で帰国しました。
この航路は当時は日本とヨーロッパを結ぶ最短のルートでしたが、今はシベリア北部を通るルートに変更されておりこの景色を眺めることはできなくなりました(アメリカ東部への直行便は今でも近いルートをたどっているかもしれません)。
さて今回でイスラエル旅行のアルバムは終わりです。明日以降は、不定期ながら、「冬のシベリア鉄道」のアルバムを連載する予定です。


















【アンカレッジの空港。ここは当時は、東アジアと欧州を結ぶ中継地として賑わっていたが、2012年に再訪した時は、離着陸の少ないローカル空港に変わっていた。】










最終更新日  2021.01.16 06:02:52
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.15
テーマ:海外旅行(5626)
カテゴリ:カテゴリ未分類
イスラエルの観光を終えたあと、サベナ・ベルギー航空(2001年に経営破綻)に乗って帰国しました。写真は、乗り継ぎのためブリュッセルに1泊した時のアルバムです。
ブリュッセルには夜に到着し、市内のホテルに泊まって翌朝にアンカレッジ経由で帰国という日程でしたが、早朝のわずかな時間を利用して、近くの小便小僧を見学に行きました。
海外はいろいろ旅行しましたが、ベルギー観光はこの時一度だけになりそうです。

【テルアビブ上空。イスラエルとお別れ】




【生涯一度のブリュッセル】










【世界三大がっかりスポットの1つとして知られる小便小僧】








最終更新日  2021.01.15 06:14:17
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.14
テーマ:海外旅行(5626)
カテゴリ:カテゴリ未分類
カイザリア観光で最後に訪れたのは、地中海に面したローマ時代の水道橋でした。
地中海を間近に見たのはこの時が初めてのことでした。
この旅行から約1年半後になりますが、テレビで、フィービー・ケイツ主演の「パラダイス」という映画をたまたま観たところ、ラストシーンでこの水道橋そっくりの景色が出てきてビックリしました。
ロケ地が同じ場所だったのか、たまたま似ていたのかは未確認ですが、映画の舞台はバグダッドから砂漠を横断するような話でしたので、カイザリアにたどり着いたとしても矛盾しないと思われます。

【地中海にふれる】








【ローマ時代の水道橋】






【映画「パラダイス」のラストシーン】










最終更新日  2021.01.14 06:15:19
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.13
テーマ:海外旅行(5626)
カテゴリ:カテゴリ未分類
イスラエルのアルバムの続きです。
エルサレムで中3日滞在したあと、最終日にはテルアビブとカイザリアを観光しました。
ここにはローマ皇帝カイザルの名前の通り、ローマ時代の遺跡がありました。
メモをちゃんと取っていなかったため一部、どこで撮影したのか分からない写真もあります。

(途中見かけた鉄道)





















最終更新日  2021.01.13 06:48:52
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.12
テーマ:海外旅行(5626)
カテゴリ:カテゴリ未分類
正月以降、半田山植物園や岡大構内の写真を掲載してきましたが、この季節は花が少なくネタギレとなりました。
そこで間が空いてしまいましたが、12月28日に続いて1982年に訪れたイスラエルのアルバムを再開します。
今回は、イスラエル北部にあるガリラヤ湖のアルバムです。
ガリラヤ湖は面積が166平方キロメートルで、日本のサロマ湖151.59平方キロより少し大きめとなっています。湖面の海抜はマイナス213m。ヨルダン川が流れ込み、また地下から湧出があるということで、死海とは異なり淡水湖になっており、魚が獲れます。
周辺の遺跡や教会も訪れましたが、全く記憶に残っていません。
帰路は地中海方面に山越えし、海沿いの道路から美しい夕日が見えていたような記憶があります。

【ガリラヤ湖】








【湖で獲れたティラピアを食す】




【遺跡と教会。どこだったかすっかり忘れてしまった】








【ガリラヤ湖から山越えで地中海方面へ。途中見かけた褶曲のある山肌】








最終更新日  2021.01.12 06:32:24
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.11
カテゴリ:カテゴリ未分類
1月10日の岡山の最低気温は、昨日と同じ値のマイナス5.7℃となりました【1日の平均気温は0.0℃ジャスト】。
例年なら冬越しのできる植物たちの中にも、この寒さには耐えられなかったものが出てきました。
特に、ベランダに出しっぱなしにしていた鉢物ではかなりの被害が出ています。
半田山植物園でも、数日前、強風で桜の太い枝が折れたりしていました。そのいっぽう、どうにかこうにか寒さに耐えている植物もあります。
少し前から注目しているのは、レンガ造りの建物の屋根に根を下ろした松の木です。最初は建物と重なっているだけかと思いましたが、いろいろな角度から確認したところ、屋根の上のわずかな土に根を下ろしていることが分かりました。

【強風で折れた桜の古木。1月7日撮影】




【寒さに耐えるアメリカディゴ】




【寒さに耐えるエキウム】



(参考:2019年6月8日のエキウム)




【レンガの建物の屋根に根を下ろした松の木】














最終更新日  2021.01.11 07:08:50
コメント(0) | コメントを書く

全5648件 (5648件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.