1948423 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

楽天版じぶん更新日記

全517件 (517件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 52 >

旅行記録

2012年01月15日
XML
カテゴリ:旅行記録
大学入試センターの試験問題が、新聞やネットで公開されています。
そのなかの、地理Bの問題1にウユニ湖(ウユニ塩原)の写真が掲載されていました。
センター試験の問題はごく一部の科目を除いて殆ど解けませんが、この問題ばっかりは、見ただけでボリビアだと分かりましたね。
なお、私が訪れた時は、塩原の半分は水が溜まっていましたので(写真下)、「塩原」というよりは「塩湖」という印象が強かったですね。水の無いところも大部分はガラスのようにツルツルしていました。
今回の問題に近い風景は、ウユニの5日前に訪れた、
サリーナス・グランデス(Salinas Grandes)でした。写真右に掲載しておきます。

余談ですが、楽天フォト廃止も考慮して、少し前から、
life-xに、過去の旅行の写真を投稿しています。
ウユニ塩原に関しては、

の三部作となっています。
他の旅行先についても、土日祝日を利用して毎週1アルバムの予定で追加していく予定です。
よろしかったらご高覧くださいませ。







最終更新日  2012年01月15日 22時21分25秒
コメント(3) | コメントを書く
2012年01月07日
カテゴリ:旅行記録
今年の年末年始は、雪により中国道がチェーン規制となっていたため、往復とも山陽道を通りました。
写真は、下松サービスエリア(上り線)でみかけた、6星座のモニュメントです。
12月29日の日記に、下り線のさそり座のモニュメントの写真を掲載しましたが、上り線にあるのは、12星座のうち、みずがめ座から、かに座までの6星座のモニュメントでした。下り線のさそり座に匹敵する力作は、やはり、かに座でしょう。うお座もなかなかよくできていると思いました。

余談ですが、占星術が成立した後の歳差の影響で、現在、黄道上には、へびつかい座を含めて13星座があります。但し「黄道十二宮」は、星座そのものではなく等分した黄道上の領域のことを言うそうです。







最終更新日  2012年01月07日 20時21分41秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年01月04日
カテゴリ:旅行記録
妻の実家のある北九州の散歩道で咲いていた年越しの皇帝ダリアです。
皇帝ダリアは霜にあたると一晩にして萎れてしまうことが多いのですが、ここは南東斜面にあるせいか、まだまだ頑張っています。
もっとも、本日1月4日の北九州は朝から風雪模様で、耐えられるかどうか微妙です。
私自身も、1月4日か5日に、高速道路を通って岡山に戻る予定でしたが、4日午前は山口県内がチェーン規制になっていたため、5日に延期で足止めをくっています。

なお、2007年8月に訪れたモンゴル北部大草原オーバーランドツアーのアルバムを、正月中にLife-Xに全面公開しました。
こちらのインデックスで、New!というマークがついているのが今回の追加分です。
モンゴルの景色は単調ですが、過去の旅行先の中でも最も大自然にあふれた所の1つでした。
観光ガイドブックに記されている絶景ではなく、

モンゴル大草原の絶景は自分で作るべしというのが、モンゴル旅行の大原則ではないかと思います。







最終更新日  2012年01月04日 13時56分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年12月29日
カテゴリ:旅行記録
年末年始は、妻の実家のある北九州で過ごすことになりました。
年休をとって、28日昼前に岡山を出発、山陽道経由で16時すぎに北九州に到着しました。
写真は、途中で立ち寄った下松サービスエリアです。
ここは、「星の降る町」にちなんで、上り線と下り線それぞれ6星座、全部で12星座のモニュメントがあります。
なかでも、さそり座のモニュメントはなかなかの力作だと思います。
2003年3月29日にも、同じモニュメントの写真があります。

なお、帰省期間中は各種雑用のため、この楽天ブログの執筆は不規則となります。






最終更新日  2011年12月29日 10時06分38秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年12月19日
カテゴリ:旅行記録
勝山の町並み保存地区を訪れた後、神庭の滝に立ち寄り、湯原温泉で日帰り入浴してから帰りました。
岡山に住んで21年目になりますが、神庭の滝を訪れたのは今回が初めてでした。
日本の滝百選に選ばれた滝の1つ(岡山県内では唯一)、かつ、西日本最大級の滝だそうです。ついでに付け加えると、私が知っている滝の中では唯一、滝を見るためにお金を払うところです(華厳滝も有料ですが、あれはエレベーター料金)。なぜ有料化したのかは不明です。付近に居るサルたちのエサ代でも無さそうだし...。

また、2000年10月6日に起こった鳥取県西部地震の影響で滝上部で落石があり、現在は、撮影した地点から先は立ち入り禁止となっています。ま、熟練した登山者のみが通る道であれば、この程度の危険は自己責任の範囲なのでしょうが、有料施設で観光客相手となると、100年に一度程度の確率であっても、落石の可能性がある限りは、賠償責任回避のため立ち入り禁止を続けるのではないかと思われます。









最終更新日  2011年12月19日 18時09分15秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年12月17日
カテゴリ:旅行記録
NHKの番組のタイトルが「のれんをくぐって、町歩き」となっていましたように、ここはのれんの町として知られています。もっとも平日で、しぐれ模様だったこともあり、当日にかけられていた暖簾はまばらでした。
写真はその中で目についたものです。






最終更新日  2011年12月17日 18時17分43秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年11月29日
カテゴリ:旅行記録
連載2回目は、「白山洞門」と呼ばれる海蝕洞門です。
土佐清水市の案内サイトに、

白山洞門は、白山神社の下方にあり、洞門の大きさは高さ16m、幅17mで波の浸蝕でできた典型的な海蝕洞門です。
 足摺岬は海蝕による洞窟、洞門に恵まれており、この白山洞門は花崗岩の洞門のなかでは、日本一の規模を誇ります。
 この洞門は、今日なお基底を波に洗われており、かつ容易に近づける場所にあるので、研究にも観光にも恵まれた洞門です。

と紹介されています。
 岩のアーチといいますと、外国ではアーチーズ国立公園、国内では新見の
羅生門が思い浮かびますが、ここにご紹介する白山洞門もそれらに引けをとらないスケールでした。
足摺岬を観光される方には、ぜひともここをオススメします。

※ 中段の写真には私が写っています。アーチーズ国立公園もそうですが、洞門やアーチを撮る時は、人間などを写し込んだほうが、大きさの比較ができてよろしいようです。






最終更新日  2011年11月30日 06時56分04秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年11月27日
カテゴリ:旅行記録
昨日の続きです。今回は、平和大通りの北側に設置されたイルミネーション。
シンデレラを描いたもの、タイムトンネル、宮殿などがありました。






最終更新日  2011年11月27日 09時32分54秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年11月26日
カテゴリ:旅行記録
広島に出張中です。
宿泊先として、大浴場つきのビジネスホテルを予約していたのですが、なっなんと、そのホテルの前の平和大通りで大規模なイルミネーションをやっていました。「ひろしまドリミネーション2011」というイベントで、11月17日から来年1月8日までの48日間もやっているそうです。
土曜日だったこともあり、この夜はたいへんな人出になっており、人の影ができてなかなかうまくは撮れませんでした。
今回掲載分は、大通りの南側に設定されていたものの抜粋です。







最終更新日  2011年11月26日 22時40分40秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年11月23日
カテゴリ:旅行記録
録画しておいた、

NHK「鶴瓶の家族に乾杯:愛媛県・大洲市」の後編

をやっと視ました。後編は、大洲とはいっても、平成合併前の旧長浜町や肱川町が中心だったようですね。「肱川あらし」については、昨年5月のNHK
ワンダー×ワンダーで視たことがありましたが、実際にそちらのほうは通ったことがありません。

昨日掲載の佐田岬観光のあとは、当初は肱川河口方面経由の海岸通りを通る予定でしたが、急遽、今回掲載の内子のほうにも行ってみようということになりました。
内子の古い街並みはしっかり保存されていて、見所満載でした。

写真上は、その一部。内子中学の生徒が下校中。ネコは無関心。
写真中は、見事なヒメツルソバの群落。
写真下は、散策マップには特に説明が無かったと思いますが、おそらく、銭湯跡ではないかと思います。ぜひ保存してもらいたい建物です。









最終更新日  2011年11月23日 17時47分13秒
コメント(0) | コメントを書く

全517件 (517件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 52 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.