000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

(復活)甲斐のほうとう1人軍団「お館様」

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

角松関連

2008.05.25
XML
カテゴリ:角松関連
歌手の角松敏生さんが、昨日、5月24日に再婚なされました。
心より喜び、また良い歌が聴かれると思うとうれしいと一部の熱狂的ファンの女性はさぞかしがっかりなさる事でしょう!ここら辺で落ち着いておめでとう!と祝福を送りたい!






最終更新日  2008.05.25 17:14:17
コメント(2) | コメントを書く


2007.12.14
カテゴリ:角松関連
 角松敏生 player`s player~Returns concert中野サンプラザへ出向きます。
concertは8月以来、4ヶ月月日は早く、もはや冬・・・クリスマスシーズンです。つい8月は良い夏休みをと言っていた角松さん、今度は良いクリスマス&正月をお迎えください!になるのでしょうかねぇ?






最終更新日  2007.12.15 00:36:53
コメント(0) | コメントを書く
2007.12.03
カテゴリ:角松関連
「アルバムジャケット」
 ニューヨークの街並みに左上に赤いハイヒール、右下に白いジャケット、黒のTシャツに赤いネクタイ現在では、変なおじさんに間違えられそうな服装である。何故か、赤い受話器を持った婦人?-裏ジャケットは赤いハイヒールの前方が写っている。LP版とCD版は全く同じである。後に述べるが、完全バンド・スコアが(発行:マーマレード音楽出版)(発売:株式会社 日音楽譜出版社)から出版されており、僕も楽譜を持っています。


「曲紹介」

1.IF YOU・・・
 2回目の「KADOMATSU DE OMA」角松さんのコンサートに行った時だったと思う。ステージの中には「KADOMATSU」の文字がおかれており、確かこの曲から始まったような記憶がある何せ20数年前の事なので、記憶が曖昧だ。カッティングギターがフェードインするこの曲はダイナミック且つ、オープニングにふさわしい曲である。故青木智仁氏のチョッパーベースがもの凄く良い・・・コーラスは当時同じ事務所の国分友里恵。Player’s player Returnsのコンサートでも聞かれた方も多いはず。名曲である。ちなみにドラムは最近のコンサートで良く見かけますね!江口信夫さんです。

2.MIDNIGHT GIRL
 赤いハイヒールを履いている女性を想像してしまう歌だ・・・1人で飲みたい気分であろうか?凍結前コンサートにはSAX演奏者が長~く吹くので、演奏者が皆コケルシーンもありコンサートでは笑わせて頂きました。春名さんだったよね!SAXが強調される曲です。

3.AIRPORT LADY
 スカイ・ハイと同じく有名な飛行機関連の曲です。角松さんの曲には、空港や飛行機関連の曲が多いですよね!その1曲1曲が何故か想い出に残る曲です。僕もこの頃、海外出張が多く仕事が忙しく、成田空港には良く通ったものでした。

4.MAYBE IT’S LOVE AFTER
 初期のコンサートでは、必ずって良いほど聞かれた曲です。女性と遊んでいるというより、遊ばれた曲です。しっかりしてくださいね!チョッパーベースが強調される曲でした。
コーラス(国分友里恵さん)との掛け合いも素敵でした。故青木智仁氏を偲ぶ曲の1つです。

5.WILL YOU WAIT FOR ME
 LPだとA面の最後の曲です。アナログシンセサイザーが流行った頃の曲です。何故か寂しさを感じてしまいコンサートでは聞きたくない曲ですね・・・!

6.STEP IN THE LIGHT
 インストだが、コーラスやナレーションが入っていて、素晴らしい!KADOMATSU DE OMAやSUMMER TIME ROMANCE~KIKIにも挿入曲として入っています。次につながるAFTER 5 CRASHの序曲とでも言いましょうか!ドラムマシーンやシンセサイザーを駆使して、作った1曲です。

7.AFTER 5 CRASH
 このアルバムのメインテーマの曲です。1980年代~90年代を代表するような曲です。
凍結する前は、スペシャルバージョンAFTER 5 CRASH 1990代の曲をコンサートでは披露していただきました。このコンサートの時一番うけたのは、角松さんが、馬鹿殿に曲と曲の中間に変装しこの曲を演奏して会場を笑わせていただいた事を思い出しました。チョッパーベースとカッティングギターが強調されて良い曲に仕上がっています。現在、ギター練習中!

8.NEVER TOUCH AGAIN
 凍結までのコンサートには、稀に演奏された曲です。この曲はなんと言っても、角松さんではなく、バックコーラスの、ジャッキーさん、鈴木和美さんを見ている方が楽しかったです。まぁコンサート行った事が無い方はわかりませんが・・・?角松さんの音声を音源等で変化させ最後の方で歌っていますが意味不明です。

9.I NEED YOU
 ピアノとシンセサイザーのエレピが強調される曲です。しんみりと聞く時には最高な1曲です。ピアノソロが素敵ですね!

10.HARAT DANCING(あいらびゅ音頭)
 何故か同名のソロシングルEP(B面はMIDNIGHT GIRL)である。曲の終わりの告げる頃“角松やれよ”とか最後に花火音が鳴るふざけた楽しい曲です。ちなみにソロシングルHARAT DANCINGは、AFTER 5 CRASHと同じジャケットです。初めて、言ったコンサートが「HARAT DANCINGツアーでした。懐かしい!」

最後にこの頃僕もバンドマンにあこがれ、ドラムセット、シンセサイザー等電子機器類を買いあさり、偶然に株式会社 日音楽譜出版社から発売されているバンドスコアに出会い買った今はもう絶版になっていると思うが僕の宝物の1つだ!「AFTER 5 CRASH」を完全にマスターしたい!

参考文献:完全バンド・スコア 角松敏生 LP「AFTER 5 CRASH」
発行:マーマレード音楽出版  発売:株式会社 日音音譜出版社 昭和59年5月15日発行より

アルバム(1984年4月21日LP発売)






最終更新日  2007.12.04 00:43:49
コメント(0) | コメントを書く
2007.11.27
カテゴリ:角松関連
2ND アルバム WEEKEND FRY TO THE SUN

レコードジャケットを見ると、「ウィークエンドはL.A.ムード…強力なバック・ミュージシャンのサポートを得て創り上げた第2弾!!」と記載されている。この頃アルバムは、角松がプロデュースをしていなくて、“他人任せ”って表現してよいのかわからないが、あまり評価されないアルバムですね!名曲はこの中にもあるのに…古いコンサートでは、このアルバムの中のOFFICE LADYやSPACE SCRAPERは、時々演奏して頂きました!
前作のSEA BREEZEの方がアルバム的には、完成されているような気がします。たまに聞くと、モノラル的な要素があってアナログレコードを聞きたくなってしまいます!


        「曲目紹介」

「OFFICE LADY」
ジリリーンと目覚ましが鳴り、スタートする。ソロの故青木智仁氏のチョッパーベースの出足がかっこいい…仕事終わりに時計を気にしながら、彼とのデートの待ち合わせ…僕の好きな1曲です。

「RUSH HOUR」
ラッシュアワーにうつむいたまま寝ている親父、朝から疲れているOL、おいらが経験した事が無い都会の出勤を思い出せます。角松自信が「シルバーシートのイメージソングにして下さい」とのコメントがこの曲にあります。
何か、角松さんの曲には、乗り物が多いですよね!その第1弾とでもいいましょうか!

「BRUNCH」
せかせか働いているサラリーマンにも、昼休みはちゃんと取らなきゃ駄目と言うような曲です。セカセカ人間追放!ソングです。

「SPACE SCRAPER」
仕事を終えて、これから始まる「合コン」とでもコメントを書いておきましょう!踊りに行くのもいいし、居酒屋でゆっくり飲み明かすのもいいですね!…1980年後半の頃であろうか、名古屋にコンサート言った時に、この曲の間と間に角松が、「前の奴耳をふさげ!」と叫び終わった後、会場前には、クラッカーの大きいのが「パン」と鳴り響き、会場がパーティー化したのを思い出した。コンサート名は忘れたが、数原 晋率いる、TOKYO ENSEMBLE LABと演奏した時のSAXやトロンボーン等のセッションは良かった! 甲府のKADOMATUS DE OMAのコンサートの時うすら覚えで演奏された曲でしたかな?

「FRYDAY TO SUNDAY」
仕事が終わった週末、金曜日の夜から飲み明かすのもいいし、踊り明かしてすごすのもいい!日曜日にはしっかり休んで、月曜日に備えよう!と言う曲です。後に述べるが、SUMMER TIME ROMANCE~KIKIのこの曲も夏らしくて良い!

「~PRELUDE」(インスト)
金曜日から日曜日にはゆっくり休んでリラックスしてね!と聞こえてきそうですね! SUMMER TIME ROMANCE~KIKIのA面(レコードの最後の曲に挿入されていました。)
 
「CRESCENT AVENTURE」
この曲のモデルは、角松が憧れの女優の真野K子だそうだ。そういえば昔、角松と真野K子がラジオ番組?で対談した時、角松さんは、素足にサンダル、ジーパンによれよれのシャツで、憧れの人に逢い、彼女に「だらしないな~」と言われたそうだ…!

「I’LL NEVER LET YOU GO」
「私疲れちゃったから帰るね…いや、今日は帰さないよ。」と聞こえてきそうな曲です。彼を忘れて仕事の事しか話さない…彼女が自分自身を歌った曲です!

「4.A.M」
角松にしては、珍しい超スローテンポの曲です。こんな曲のように彼女と過ごせたらいいね!コンサートでは聞かれませんね!一度で言いから、聞きたい曲です。


1982年4月25日 LP発売


ご意見・ご感想がある方はメッセージにメールを飛ばしてください!また、誹謗中傷等は掲示板には書かないで下さい!記載した場合は管理者の元、削除させていただきます。(尚、メールアドレスや氏名(ニックネーム可)記載して頂かない場合は、ご返事を差し上げられません!)






最終更新日  2007.11.27 00:57:09
コメント(0) | コメントを書く
2007.11.20
カテゴリ:角松関連
私的 角松敏生ファン歴26年を語るをREFRESH OPENします。年内中には仕上げるつもりです。
NEWREAL OPENまで時間を下さい!






最終更新日  2007.11.20 11:33:53
コメント(0) | コメントを書く
2007.08.11
カテゴリ:角松関連
 おいらは、ふと思う事がある20数年、角松敏生を追いかけてきた。当初は売り子さんだったK氏にも顔を覚えられ、K氏が甲府にきた時は、ワインのプレゼントも行なった。K氏はちょっと髭に白髪交じり・・・年月はこえないものの、K氏とは交流が無いのだが、K氏は僕の事を判って頂いている!

 K氏とは、角松敏生のマネージャーである。20数年前角松さんの甲府のコンサートでは、大ホールで谷村新司、小ホールでは、角松敏生だったそうだ。が、角松さん人と人の待合する時楽屋からホールに出たそうだ。しかし、誰も角松さんとわからなく、客は知らんぷりしたようだった。

 僕の珍しい名前も覚えて頂き、数年前のファン感謝デーには、最後の方で握手をしたら…

「おおおお~ おおおおお~ の感嘆符!!!」

 当時、僕も10年ぶりに、会う角松さんが懐かしく思った。

今日も何所かで、スタジオミュージシャンとして、頑張っているに違いない!

と日記には書きましたが、10年前に何処かの○○○で偶然お会いした事があります。

今は、仕事に忙しいので年に2~3回はコンサート行きますよ!

「GOOD JOB!!」






最終更新日  2007.08.11 07:32:00
コメント(0) | コメントを書く
2007.08.08
カテゴリ:角松関連
記載していた日記が突如消えてしまって、真っ白ですわ!
表題の通り、昨日、代々木球技場隣のSHIBUYA AXライブに行って来ました。しかし、郷土も熱いが東京も蒸し風呂狂態・・・久しぶりに角松さんを目の前に見ました。おいらとは?違い?
 デビュー以来追いかけている私にとって力が湧く一日でした。国立競技場という近さもあり18日に行われる、ホームゲームヴァンフォーレ甲府×浦和レッズの下見も兼ねました。
角松敏生 Player's Player リターンズ は、Dr.江口信夫、BG.松原秀樹、G.今剛、Key.森俊之
CHO.チアキ、凡子を迎え、昨年のアルバムをリターンするようなイメージで各地で行われています。
今回は、4?歳しか判らない曲が「DREAMIN’WALKIN’」演奏されたり、懐かしい「IF YOU・・・」が演奏されたり、懐かしい曲が数曲演奏されましたよ!MORE アンコールでは、「NO END SUMMER」が演奏されました。良い夏休みをと最後にまた、ライブを楽しみにしています。GOOD JOB!






最終更新日  2007.08.09 14:16:32
コメント(0) | コメントを書く
2007.07.26
カテゴリ:角松関連
 現在、まだ何処かのブログに、書き込もうと角松敏生関連のアルバム他の感想を再編集しています。さて、何曲になるかデビューから26年目喜怒哀楽を過ごした日々です。ヴァンフォーレ甲府ファンの方々にも、昔聞いていたよとか、○×の曲は好きだったなァ~と言う人が多かったです。移動したら皆様にも教えます。先は長~い  何ヶ月何年になるか?BBSの誹謗は消しますが、続けて行きたいと思います。また、こちらの掲示板もよろしくお願いします。

http://6023.teacup.com/hatabo/bbs






最終更新日  2007.07.27 01:36:06
コメント(0) | コメントを書く
2007.07.19
カテゴリ:角松関連
 最近、角松関連の日記を書いてないので久ぶりに書く事にする。
朝起きると、20周年記念コンサートか、25周年記念コンサートをタイマーでセットし起床する事にしている。20周年(今から7年前)には、故、銘ベーシスト青木智仁氏、故、銘ギターリスト浅野祥之氏がそろって演奏している姿がDVDに再生でき、25周年には、奇しくもほんの数日前亡くなった。青木さんの遺影(BASS is MYLIFE)とベースギターが会場にはセットされていた。
自分も、昔はどら息子だったので、ドラムセットを今だ飾ってある。ギターもシンセサイザーももっている。最近演奏しないからコードを忘れているような?初心者向けのベースギターセットを安い値で見つけたので今度購入しようと思う。せっせと働こう!と思う気持で一杯である。まずはチョッパーベースから始めましょうか?






最終更新日  2007.07.20 00:47:43
コメント(0) | コメントを書く
2007.04.22
カテゴリ:角松関連
長年、角松敏生のバックバンド等で活躍して、演奏していただいた。銘ギターリスト浅野“ブッチヤ-”祥之氏が20日、肺炎でお亡くなりになりました。まだ、48歳と言う若さでした。去年の6月に故、青木智仁氏を亡くしたばかりで、バンドマンは過酷だなとおもいました。
謹んでご冥福をお祈り、いたします。

http://www.toshiki-kadomatsu.jp/free/information/main.html?select=other&id=1177172049






最終更新日  2007.04.22 12:04:21
コメント(1) | コメントを書く

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.