2833973 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

はた坊のブログ   家庭菜園を始めて16年目になりました

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


hatabo1237

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

ナスビ、2回目の収穫 New! choromeiさん

終日曇り、My株蚊帳… New! 愚利公さん

5月に歩いた距離は … でこ&まさやんさん

フェイジョアに挑戦… 園芸侍さん

ロビンソンの ちょっ… ミセスロビンソン53さん

コメント新着

フリーページ

ニューストピックス

2020.04.08
XML
カテゴリ:庭の花と木








裏の庭に柿ノ木を植えている  高さ6mで幹の直径が11センチで竹のような細い柿ノ木

2002-10月 柿の種 ポットに植える
2003-06-1日に芽がでていた
2006-03 3.0m 太さ 3センチ 3年生
2007-03 4.0m 4センチ 4年生
2008-03 4.7m 5センチ 5年生  ただ今 ココ 秋に満6年
2008-11 4.7m 6センチ これで6年と2ヶ月目 発芽してからは5年と5ヶ月
2009-04 4.7m 7センチ すこし太くなる これで6年と8ヶ月 発芽してから5年11ヶ月
2009-06 4.7m 7センチ これで6年と10ヶ月が過ぎた 発芽してからでは6年と1ヶ月
2009-09 5.7m 7センチ これで7年と01ヶ月が過ぎた 発芽してからでは6月と4ヶ月
2009-12 5.7m 9センチ これで7年と04ヶ月が過ぎた 発芽してからでは6年と7ヶ月
2010-04 6.0m 9センチ これで7年と08ヶ月が過ぎた 発芽してからでは6年と11ヶ月
2011-01 6.0m 10センチ これで8年と05ヶ月が過ぎた 発芽してからでは7年と8ヶ月
2012-01 6.0m 10センチ これで9年と05ヶ月が過ぎた 発芽してからでは8年と8ヶ月
2013-02 6.0m 10センチ これで10年と06か月が過ぎた 発芽してからでは9年と9か月
2013-05 6.0m 11センチ これで10年と09か月が過ぎた 発芽してからでは10年
2013-06 3.0m 11センチ ついに 大きくなりすぎたので カットした
2014-05 3.0m 12センチ 今年は半分の高さで再度 枝が増えだしている 11年目となっている
2014-06 2.0m 13センチ 今年もまた 大きくなったので 2mの高さでカット
2015-06 2.0m 13センチ 今年も枝がでたが 花と実はなし  12年目である
2016-01 2.0m 13センチ 今年で 13年目となる
2017-02 2.0m 13センチ 今年で 14年目となる
2018-02 2.5m 13センチ 今年で15年めとなる
2019-12 3.0m 14センチ 今年で16年めとなる

2017年
01月02日 庭の柿の木の枝 芽がついている   今年は 実がつくかな 楽しみにしている
01月15日 庭の柿の木の枝 すこし 膨らみつつあるのかな 4月になると 葉がでてくる
01月22日 庭の柿の木の枝 芽が もう すこし 膨らみつつあるかな
02月12日 庭の柿の木の枝  まあ 剪定していないので にぎやか 今年は実が楽しみである
02月19日 庭の柿の木の枝 芽がすこし 膨らみつつ ある
03月06日 庭の柿の木の枝 もうすぐ 葉もでてきそうだなあ あと1月
03月18日 庭の柿の木の枝 芽もやや膨らんできている 緑の色となってきている
03月25日 庭の柿の木の芽 かなり緑がはっきりとしてきている 4月になれば 葉もでてくる
04月01日 庭の柿の木の芽 もうすぐに 葉もでてくるようだなあ
04月15日 庭の柿の木の芽 全開 もう 葉が一斉に 出てきている
04月29日 庭の柿の木の芽 葉は 全開となっている が 花芽まだないなあ

2013-2014-2015-2016---4年間 実はなし
2017も花芽がなければ 周りの家が増えたので 日光が不足ということになる
花芽なければ これにて カットしてしまおう  

05月05日 庭の柿の木のえだ 半分は カットしておいた  実がならないので 仕方がないな
06月11日 庭の柿の木の枝 カットしたが その横から 若い芽が また でてきている 元気なり
07月15日 庭の柿の木 葉だらけ  でも 実は なし カットしてしまおう 整理していこう
10月22日 庭の柿の木 実がつかないが 葉だけは よくしげっている そろそろ 紅葉するかな
11月19日 庭の柿の木 葉は どんどん 落下してきている 半分は 落ちてしまった



2018年
03月03日 庭の柿の木の葉 芽もでできている
04月04日 葉もたくさんでてきている
05月03日 庭の柿の木の葉 茂っている  花芽もすこしでてきている
05月04日 柿の木の花芽 すこしだけど まあ 実がつくかどうか まだ未定なり
05月12日 柿木の花は まだ3つくらいあるかな  実はまだ みえないな
05月13日 庭の柿の木の実 すこし 見えてきた


今年は柿木の実か ひょっとして できるかも 楽しみだなあ

2013-2014-2015-2016-2017--5年間 実はなし
2018は6年ぶりに 実がつくかも

05月19日 庭の柿の木の実 まだ 無事なり  数個はあるが 大きくなるかな
05月27日 庭の柿の木の実  下から見ると 2個 見えている
06月02日 庭の柿の木の実  上から見ると 3個 見えている 合計5個かな
06月16日 庭の柿の木の実  ただいま 6個くらいある すこし大きくなってきている
06月17日 柿の木の実  梅雨になっても まだ6個はある  毎週みていこう
06月23日 庭の柿の木の実 あらあら すこしなくなっている 落下したみたい
06月28日 柿木の実 落下していた分 見た目は良いが なんで 落下したのかな 不思議
06月29日 柿木の最後の1個の実  これだけが残っている
09月20日 庭の柿の木の葉  今年も葉は まあまあ 元気だなあ 今年も 実はなしだなあ
11月17日 庭の柿の木の葉 そろそろ 落葉してきている 半分くらい 落下してきている
12月01日 庭の柿の木の葉 0となっている 全部 落葉した
12月08日 庭の柿の木の枝 細いがたくさん伸びている 周りの日光が届かないので小さい
12月29日 庭の柿の木 幹はカットした 出ている枝は 細いものばかりである


2019年
01月12日 庭の柿の木の姿  細い枝だけとなっている 今年は 実はどうかなあ
02月16日 庭の柿の木の枝の芽 すこし ふくらんできている
03月02日 庭の柿の木の枝の芽 春だなあ いい感じだなあ
03月16日 庭の柿の木の枝の芽 膨らんできている
03月23日 庭の柿の木の枝の芽 もうすぐ 葉がでてくるかな 昨年は4月4日なり
03月31日 庭の柿の木の枝の葉 出てきた 昨年より4日 早く出たあ ほぼ 同じ
04月06日 庭の柿の木の枝の葉 もう ゛とんどん 広がってきている
04月07日 庭の柿の木の枝の葉  青々として 春らしくなってきている
04月13日 庭の柿の木の葉  全面に葉かでてきている
04月27日 庭の柿の木の葉 もう 青々として にぎやかになってきている
05月25日 庭の柿の木の葉はでてきているが 花芽はあまりないなあ
06月22日 庭の柿の木の実 1個だけ ついている 今年は少ないなあ
06月29日 庭の柿の木の実 もう 3wkがすぎている まだ 無事なり
07月29日 庭の柿の木の実 落下してしまったようだなあ
08月29日 庭の柿の木の実 まったく なし
09月29日 庭の柿の木  まわりの家が新築されて 光が当たらなくなった で 実もなし
10月20日 庭の柿の木  枝が伸びているので cutしておいた 上の葉だけ 残しておいた
10月26日 庭の柿の木の様子 これから 枝を上に 上に 伸ばしていこう
11月24日 庭の柿の木  これで 来年も 様子見で 上に伸ばしていこう
12月07日 庭の柿の木の葉  もう 残りは数枚のみである 落葉している
12月14日 庭の柿の木の葉 1枚のみ 残っている 丸裸になっている
12月15日 庭の柿の木の幹 写真でみると太さは14cmになっている高さは5mくらい

2020年
01月01日 庭の柿の木の枝  葉は なし  4月になったら 葉が出てくる
01月18日 庭の柿の木の枝  ただいま6mに戻った もう少し伸びそう
01月25日 庭の柿の木の枝  新芽 たくさんついている もっと上に上に伸ばそう
02月01日 庭の柿の木の枝  4月まで 葉はなし ヤシの木のように伸ばそう
02月08日 庭の柿の木の枝 これから 6mを超えていく予定なり
02月15日 庭の柿の木の枝の芽 はっきりとしてきている  肥料をまいておいた
02月22日 庭の柿の木の元には 米のとぎじる これから かけていこう
02月29日 庭の柿の木の芽 やや膨らんできているように 見える 昨年は3月31日発芽
03月08日 庭の柿の木の芽 緑色になってきている  
03月14日 庭の柿の木の芽 緑いろ はっきりとしてきているなあ
04月04日 庭の柿の木の葉 しっかりと 広がってきている












脳      おべんきょうその016

間脳は視床と視床下部からなる。

視床は、大脳皮質や下位の脳・脊髄との連絡が多く、感覚の中継、
運動制御など多彩な機能に関わる。

視床下部は、身体の恒常性(ホメオスタシス)を保つ働き、
自律神経系の制御、感情などに関与している。

下垂体は、大脳の底部、ほぼ正中にある器官であり、
下垂体柄といわれる細長い部分で大脳の中心部の視床下部とつながっている。

下垂体の前葉からは、副腎皮質刺激ホルモン(コルチコトロピン、ACTH)、
甲状腺刺激ホルモン(サイロトロピン、TSH)、
性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)、成長ホルモン(GH)、プロラクチンなど、
他の内分泌器官の機能を左右し、
そこからのホルモンの分泌を調節する多種のホルモンが分泌される。

中葉からは、メラニン細胞刺激ホルモン(メラノトロピン、MSH)、
神経葉からは、抗利尿ホルモン(バソプレシン)や、オキシトシンが分泌される。

コレステロールは体内の肝臓および皮膚で合成され、全身に輸送される。

視床下部から指令を受け、下垂体からも指令を受けることで、
副腎は、コレステロールを原料に、副腎皮質ホルモンや性ホルモンを合成する。

はた坊






最終更新日  2020.04.08 02:15:21
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.