2837391 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

はた坊のブログ   家庭菜園を始めて16年目になりました

PR

全350件 (350件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 35 >

チンゲンサイ

2020.03.18
XML
カテゴリ:チンゲンサイ







2019年
01月03日 青梗菜 雑草のかなでも まあまあ 育ってきている
01月12日 青梗菜 3回目の収獲をした
01月19日 青梗菜 おおきくなっている  まあまあである
01月20日 青梗菜 4回目の収獲をした
01月21日 青梗菜 m-07のもの まだ ある
02月02日 青梗菜 そろそろ 花芽もでてきそうだなあ
02月09日 青梗菜 これで おしまいになりそう
02月16日 青梗菜  これで おしまいになっている
02月17日 青梗菜 5回目の収獲をした これで おしまいに
03月02日 青梗菜 花がさいて賑やかになってきている
03月24日 青梗菜 花だらけになってきている 満開である

秋の青梗菜
08月24日 青梗菜のタネをかってきていおいた
09月01日 庭で 種まきをしておいた
09月04日 ちんげんさい 発芽は早い 4日で 発芽した
09月07日 ちんげんさい m-08の畑に植えつけをしておいた
09月08日 次の青梗菜の種まきをしておいた
09月12日 青梗菜 また 発芽してきている
09月14日 青梗菜 m-08の畝の分 消えてしまっているなあ
09月22日 青梗菜 苗がすくないので 4回目の種まきまをしておいた 発芽はすこしだけ
09月29日 青梗菜 発芽した苗は m-07の畝にうえつけておいた
09月30日 青梗菜の苗 あまり 残っていない で 追加の種をかってきた
10月13日 庭で青梗菜の種まきをしておく
10月20日 青梗菜の種まきした分 発芽してきている
11月03日 青梗菜 残っている分は これだけかな    少ないなあ
11月04日 青梗菜 ここのは 1本だけ 生育している m-7の分
11月09日 青梗菜 すくないが すこしは残ってきている
11月16日 青梗菜 すくないながら 生育はしてきている
11月17日 青梗菜 g-07の分 1本だけ残っている 生存率6パーセント
12月01日 青梗菜 g-01の畝の分 こちらは 苗はまあまあある
12月08日 青梗菜 g-01の畝の分 すこしづつ 生育してきている
12月14日 青梗菜 m-07の畝分 すこし 残っているだけ
12月21日 青梗菜 その後も 生育はしてきている 

2020年
01月01日 青梗菜 収獲できるくらい まあまあ育ってきている
01月02日 青梗菜 ちいさいのも 葉は柔らかそうに育っている 小さくてもokなり
01月04日 青梗菜 残っている分は収獲okなので そろそろ取り込みしよう
01月11日 青梗菜 m-08の畝の分 1本だけが 残っている もう収獲してしまおう
01月25日 青梗菜 こちらのも そろそろ 収獲できそうだなあ
01月26日 青梗菜 収獲をした  おおきいなあ
02月01日 g-01の青梗菜 生育はもう止まっているなあ 収獲はそろそろ
02月08日 g-01の青梗菜 花芽がでてきているなあ 花がもうすぐ咲きそう
02月09日 青梗菜 春らしくなってきている 花芽 どんどん ついているなあ
02月22日 青梗菜 花芽も 収獲をしておいた
02月29日 青梗菜 花芽 収獲をしておいた
03月14日 青梗菜 花が咲いてきている 満開になりつつある












認識論    おべんきょうその036

進化論的認識論

コンラート・ローレンツは、
動物行動学で著名であるが、
哲学者のカール・ポパーと共に、
人間の認識の起源の問題を個々人ではなく、
生物種としての人の認知構造に求め、
知識の変化を進化とみて通時的なアプローチを試みる
「進化論的認識論(英語版)」を主張した。



はた坊






最終更新日  2020.03.18 03:07:49
コメント(0) | コメントを書く


2020.03.07
カテゴリ:チンゲンサイ







2019年
01月03日 青梗菜 雑草のかなでも まあまあ 育ってきている
01月12日 青梗菜 3回目の収獲をした
01月19日 青梗菜 おおきくなっている  まあまあである
01月20日 青梗菜 4回目の収獲をした
01月21日 青梗菜 m-07のもの まだ ある
02月02日 青梗菜 そろそろ 花芽もでてきそうだなあ
02月09日 青梗菜 これで おしまいになりそう
02月16日 青梗菜  これで おしまいになっている
02月17日 青梗菜 5回目の収獲をした これで おしまいに
03月02日 青梗菜 花がさいて賑やかになってきている
03月24日 青梗菜 花だらけになってきている 満開である

秋の青梗菜
08月24日 青梗菜のタネをかってきていおいた
09月01日 庭で 種まきをしておいた
09月04日 ちんげんさい 発芽は早い 4日で 発芽した
09月07日 ちんげんさい m-08の畑に植えつけをしておいた
09月08日 次の青梗菜の種まきをしておいた
09月12日 青梗菜 また 発芽してきている
09月14日 青梗菜 m-08の畝の分 消えてしまっているなあ
09月22日 青梗菜 苗がすくないので 4回目の種まきまをしておいた 発芽はすこしだけ
09月29日 青梗菜 発芽した苗は m-07の畝にうえつけておいた
09月30日 青梗菜の苗 あまり 残っていない で 追加の種をかってきた
10月13日 庭で青梗菜の種まきをしておく
10月20日 青梗菜の種まきした分 発芽してきている
11月03日 青梗菜 残っている分は これだけかな    少ないなあ
11月04日 青梗菜 ここのは 1本だけ 生育している m-7の分
11月09日 青梗菜 すくないが すこしは残ってきている
11月16日 青梗菜 すくないながら 生育はしてきている
11月17日 青梗菜 g-07の分 1本だけ残っている 生存率6パーセント
12月01日 青梗菜 g-01の畝の分 こちらは 苗はまあまあある
12月08日 青梗菜 g-01の畝の分 すこしづつ 生育してきている
12月14日 青梗菜 m-07の畝分 すこし 残っているだけ
12月21日 青梗菜 その後も 生育はしてきている 

2020年
01月01日 青梗菜 収獲できるくらい まあまあ育ってきている
01月02日 青梗菜 ちいさいのも 葉は柔らかそうに育っている 小さくてもokなり
01月04日 青梗菜 残っている分は収獲okなので そろそろ取り込みしよう
01月11日 青梗菜 m-08の畝の分 1本だけが 残っている もう収獲してしまおう
01月25日 青梗菜 こちらのも そろそろ 収獲できそうだなあ
01月26日 青梗菜 収獲をした  おおきいなあ
02月01日 g-01の青梗菜 生育はもう止まっているなあ 収獲はそろそろ
02月08日 g-01の青梗菜 花芽がでてきているなあ 花がもうすぐ咲きそう
02月09日 青梗菜 春らしくなってきている 花芽 どんどん ついているなあ
02月22日 青梗菜 花芽も 収獲をしておいた
02月29日 青梗菜 花芽 収獲をしておいた











コロナウイルス     おべんきょうその012

風邪症候群

SARSコロナウイルスによる重症急性呼吸器症候群 (2002-2004年)

詳細は「重症急性呼吸器症候群」および「SARSコロナウイルス」を参照

2002年に発見されたSARSコロナウイルス (SARS-CoV)による。
キクガシラコウモリが自然宿主であると考えられている[12]。

2002年11月、中国広東省を起源とし中国を中心として全世界で感染が拡大したが、
2003年7月5日にWHOはSARS封じ込め成功を発表した。

ただし、その後も2004年に14人の感染例がある。

最終的な罹患数は世界30ヶ国の8,422人が感染、916人が死亡した(致命率11パーセント)[14]
潜伏期間:2-10日[12]
BSL3施設で扱う、感染症法二種病原体[12]



はた坊






最終更新日  2020.03.07 03:03:39
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.29
カテゴリ:チンゲンサイ







2019年
01月03日 青梗菜 雑草のかなでも まあまあ 育ってきている
01月12日 青梗菜 3回目の収獲をした
01月19日 青梗菜 おおきくなっている  まあまあである
01月20日 青梗菜 4回目の収獲をした
01月21日 青梗菜 m-07のもの まだ ある
02月02日 青梗菜 そろそろ 花芽もでてきそうだなあ
02月09日 青梗菜 これで おしまいになりそう
02月16日 青梗菜  これで おしまいになっている
02月17日 青梗菜 5回目の収獲をした これで おしまいに
03月02日 青梗菜 花がさいて賑やかになってきている
03月24日 青梗菜 花だらけになってきている 満開である

秋の青梗菜
08月24日 青梗菜のタネをかってきていおいた
09月01日 庭で 種まきをしておいた
09月04日 ちんげんさい 発芽は早い 4日で 発芽した
09月07日 ちんげんさい m-08の畑に植えつけをしておいた
09月08日 次の青梗菜の種まきをしておいた
09月12日 青梗菜 また 発芽してきている
09月14日 青梗菜 m-08の畝の分 消えてしまっているなあ
09月22日 青梗菜 苗がすくないので 4回目の種まきまをしておいた 発芽はすこしだけ
09月29日 青梗菜 発芽した苗は m-07の畝にうえつけておいた
09月30日 青梗菜の苗 あまり 残っていない で 追加の種をかってきた
10月13日 庭で青梗菜の種まきをしておく
10月20日 青梗菜の種まきした分 発芽してきている
11月03日 青梗菜 残っている分は これだけかな    少ないなあ
11月04日 青梗菜 ここのは 1本だけ 生育している m-7の分
11月09日 青梗菜 すくないが すこしは残ってきている
11月16日 青梗菜 すくないながら 生育はしてきている
11月17日 青梗菜 g-07の分 1本だけ残っている 生存率6パーセント
12月01日 青梗菜 g-01の畝の分 こちらは 苗はまあまあある
12月08日 青梗菜 g-01の畝の分 すこしづつ 生育してきている
12月14日 青梗菜 m-07の畝分 すこし 残っているだけ
12月21日 青梗菜 その後も 生育はしてきている 

2020年
01月01日 青梗菜 収獲できるくらい まあまあ育ってきている
01月02日 青梗菜 ちいさいのも 葉は柔らかそうに育っている 小さくてもokなり
01月04日 青梗菜 残っている分は収獲okなので そろそろ取り込みしよう
01月11日 青梗菜 m-08の畝の分 1本だけが 残っている もう収獲してしまおう
01月25日 青梗菜 こちらのも そろそろ 収獲できそうだなあ
01月26日 青梗菜 収獲をした  おおきいなあ
02月01日 g-01の青梗菜 生育はもう止まっているなあ 収獲はそろそろ
02月08日 g-01の青梗菜 花芽がでてきているなあ 花がもうすぐ咲きそう
02月09日 青梗菜 春らしくなってきている 花芽 どんどん ついているなあ
02月22日 青梗菜 花芽も 収獲をしておいた












インターネットの歴史   おべんきょうその019

インターネットへの移行

internet という語は
TCPプロトコルに関する最初のRFCである RFC 675:[28] Internet Transmission Control Program(1974年12月)で、
internetworking の省略形として使われ、同義語として使われていた。

一般に internet という語はTCP/IPを使ったネットワーク全般を指す。

1980年代後半、ARPANETとNSFNETが相互接続されたころ、
この語はそのネットワークを指す固有名詞 Internet として使われるようになり[29]、
世界規模のTCP/IPネットワークを指すことになった。

広域ネットワークへの関心が高まり、その上での新たな用途が開発されるにつれて、インターネット技術は世界中に広まっていった。

基盤となる物理ネットワークを問わないTCP/IPの手法は、
既存のネットワーク基盤を容易に流用でき、
例えば IPSS X.25ネットワーク上でインターネットのトラフィックを転送することも容易である。

1984年、
ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンは大西洋横断の通信衛星リンクを TCP/IP over IPSS に置き換えた[30]。

インターネットに直接接続できない場所では、
当時最も重視された用途である電子メールの転送が可能な単純なゲートウェイを設置することが多かった。

常時接続できない場所では、
UUCPやFidoNetを使ってゲートウェイから電子メールを転送した。

一部のゲートウェイは単なる電子メールの中継に留まらず、
UUCPや電子メール経由でのFTPサイトへのアクセスも提供していた。

最終的にインターネットに残っていた経路の集中する部分は除去された。

ルーティングプロトコルは、EGPから新たな Border Gateway Protocol (BGP) へと置換された。

これによってインターネットはメッシュ型トポロジーとなり、
ARPANETの集中型構造から脱却した。

1994年、
アドレス空間を節約するために Classless Inter-Domain Routing (CIDR) が導入され、
ルーティングテーブルの大きさを低減させた[31]。


はた坊






最終更新日  2020.02.29 02:08:16
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.14
カテゴリ:チンゲンサイ







2019年
01月03日 青梗菜 雑草のかなでも まあまあ 育ってきている
01月12日 青梗菜 3回目の収獲をした
01月19日 青梗菜 おおきくなっている  まあまあである
01月20日 青梗菜 4回目の収獲をした
01月21日 青梗菜 m-07のもの まだ ある
02月02日 青梗菜 そろそろ 花芽もでてきそうだなあ
02月09日 青梗菜 これで おしまいになりそう
02月16日 青梗菜  これで おしまいになっている
02月17日 青梗菜 5回目の収獲をした これで おしまいに
03月02日 青梗菜 花がさいて賑やかになってきている
03月24日 青梗菜 花だらけになってきている 満開である

秋の青梗菜
08月24日 青梗菜のタネをかってきていおいた
09月01日 庭で 種まきをしておいた
09月04日 ちんげんさい 発芽は早い 4日で 発芽した
09月07日 ちんげんさい m-08の畑に植えつけをしておいた
09月08日 次の青梗菜の種まきをしておいた
09月12日 青梗菜 また 発芽してきている
09月14日 青梗菜 m-08の畝の分 消えてしまっているなあ
09月22日 青梗菜 苗がすくないので 4回目の種まきまをしておいた 発芽はすこしだけ
09月29日 青梗菜 発芽した苗は m-07の畝にうえつけておいた
09月30日 青梗菜の苗 あまり 残っていない で 追加の種をかってきた
10月13日 庭で青梗菜の種まきをしておく
10月20日 青梗菜の種まきした分 発芽してきている
11月03日 青梗菜 残っている分は これだけかな    少ないなあ
11月04日 青梗菜 ここのは 1本だけ 生育している m-7の分
11月09日 青梗菜 すくないが すこしは残ってきている
11月16日 青梗菜 すくないながら 生育はしてきている
11月17日 青梗菜 g-07の分 1本だけ残っている 生存率6パーセント
12月01日 青梗菜 g-01の畝の分 こちらは 苗はまあまあある
12月08日 青梗菜 g-01の畝の分 すこしづつ 生育してきている
12月14日 青梗菜 m-07の畝分 すこし 残っているだけ
12月21日 青梗菜 その後も 生育はしてきている 

2020年
01月01日 青梗菜 収獲できるくらい まあまあ育ってきている
01月02日 青梗菜 ちいさいのも 葉は柔らかそうに育っている 小さくてもokなり
01月04日 青梗菜 残っている分は収獲okなので そろそろ取り込みしよう
01月11日 青梗菜 m-08の畝の分 1本だけが 残っている もう収獲してしまおう
01月25日 青梗菜 こちらのも そろそろ 収獲できそうだなあ
01月26日 青梗菜 収獲をした  おおきいなあ
02月01日 g-01の青梗菜 生育はもう止まっているなあ 収獲はそろそろ
02月08日 g-01の青梗菜 花芽がでてきているなあ 花がもうすぐ咲きそう
02月09日 青梗菜 春らしくなってきている 花芽 どんどん ついているなあ













東浩紀  おべんきょうその014

2010年代

『文學界』2010年1月号に堀江貴文との特別対談「日本をすっきりさせるために」が掲載される。

勝間和代がツイッター上でデフレ脱却政策を求めて署名運動を行ったことに対して、
「最近は若い人たちも含め、勝間さんのようなリフレ派に賛同する人が多いですね。
やはり日本人は、
2010年代になろうとする今も、国がなんとかしてくれるはずだと思っています。想像力が追いついていないんですかね。」と発言。

2010年3月に東京工業大学世界文明センターの主催の国際シンポジウム「クール・ジャパノロジーの可能性」に出席。

5日(金)は東、宮台真司(首都大学東京)、毛利嘉孝(東京藝術大学)がパネリストとして、
大塚英志(神戸芸術工科大学)、ジョナサン・エイブル(ペンシルバニア州立大学)、
ヘザー・ボーウェン=ストライク(ロヨラ大学)、
シュテフィ・リヒター(ライプツィヒ大学)がコメンテーターとして、
クッキ・チュー(シンガポール国立大学)がモデレーターとして参加。

6日(土)は東、黒沢清(映画監督)、宮台真司(社会学者)、村上隆(現代美術家)、キース・ヴィンセント(比較文学者)が登壇した。

シンポジウムの内容は同年8月に『日本的想像力の未来――クール・ジャパノロジーの可能性』 として書籍化されている。

4月、浅子佳英、入江哲朗、李明喜らとともに合同会社コンテクチュアズ(出版社)およびコンテクチュアズ友の会を発足させた。友の会の特典としては、
1年分の『bis』、新批評研究会の会報、
公式キャラクター「むりゃかみゆう」のイラストが付いた会員証、会員限定のオフ会を予定していた[40]。
社名であるコンテクチュアズはコンテンツとアーキテクチャを合わせた言葉である。

同年5月、『クォンタム・ファミリーズ』にて第23回三島由紀夫賞受賞。
6月、「東浩紀とニコニコ生編集!~思想地図bis編集会議×新批評研究会~」を主宰。
『新潮』7月号に千葉雅也、國分功一郎との鼎談が掲載される。

8月28日、インターネットラジオ番組「八木たかおの荒野のコナイパー」第16回にゲスト出演。


はた坊






最終更新日  2020.02.14 02:25:28
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.12
カテゴリ:チンゲンサイ







2019年
01月03日 青梗菜 雑草のかなでも まあまあ 育ってきている
01月12日 青梗菜 3回目の収獲をした
01月19日 青梗菜 おおきくなっている  まあまあである
01月20日 青梗菜 4回目の収獲をした
01月21日 青梗菜 m-07のもの まだ ある
02月02日 青梗菜 そろそろ 花芽もでてきそうだなあ
02月09日 青梗菜 これで おしまいになりそう
02月16日 青梗菜  これで おしまいになっている
02月17日 青梗菜 5回目の収獲をした これで おしまいに
03月02日 青梗菜 花がさいて賑やかになってきている
03月24日 青梗菜 花だらけになってきている 満開である

秋の青梗菜
08月24日 青梗菜のタネをかってきていおいた
09月01日 庭で 種まきをしておいた
09月04日 ちんげんさい 発芽は早い 4日で 発芽した
09月07日 ちんげんさい m-08の畑に植えつけをしておいた
09月08日 次の青梗菜の種まきをしておいた
09月12日 青梗菜 また 発芽してきている
09月14日 青梗菜 m-08の畝の分 消えてしまっているなあ
09月22日 青梗菜 苗がすくないので 4回目の種まきまをしておいた 発芽はすこしだけ
09月29日 青梗菜 発芽した苗は m-07の畝にうえつけておいた
09月30日 青梗菜の苗 あまり 残っていない で 追加の種をかってきた
10月13日 庭で青梗菜の種まきをしておく
10月20日 青梗菜の種まきした分 発芽してきている
11月03日 青梗菜 残っている分は これだけかな    少ないなあ
11月04日 青梗菜 ここのは 1本だけ 生育している m-7の分
11月09日 青梗菜 すくないが すこしは残ってきている
11月16日 青梗菜 すくないながら 生育はしてきている
11月17日 青梗菜 g-07の分 1本だけ残っている 生存率6パーセント
12月01日 青梗菜 g-01の畝の分 こちらは 苗はまあまあある
12月08日 青梗菜 g-01の畝の分 すこしづつ 生育してきている
12月14日 青梗菜 m-07の畝分 すこし 残っているだけ
12月21日 青梗菜 その後も 生育はしてきている 

2020年
01月01日 青梗菜 収獲できるくらい まあまあ育ってきている
01月02日 青梗菜 ちいさいのも 葉は柔らかそうに育っている 小さくてもokなり
01月04日 青梗菜 残っている分は収獲okなので そろそろ取り込みしよう
01月11日 青梗菜 m-08の畝の分 1本だけが 残っている もう収獲してしまおう
01月25日 青梗菜 こちらのも そろそろ 収獲できそうだなあ
01月26日 青梗菜 収獲をした  おおきいなあ
02月01日 g-01の青梗菜 生育はもう止まっているなあ 収獲はそろそろ
02月08日 g-01の青梗菜 花芽がでてきているなあ 花がもうすぐ咲きそう












東浩紀  おべんきょうその012


2007年1月、北田暁大との共著『東京から考える 格差・郊外・ナショナリズム』を刊行。
3月、『ゲーム的リアリズムの誕生』を刊行。
また、それまでのエッセイや論考をまとめ、
『文学環境論集 東浩紀コレクションL』、
『情報環境論集―東浩紀コレクションS』、
『批評の精神分析 東浩紀コレクションD』
(DはDialoguesを指す。宮台真司、村上隆、大澤真幸、巽孝之、斎藤環、高木浩光、
佐藤心、更科修一郎、元長柾木、福嶋亮大、稲葉振一郎、仲俣暁生との対談を収録)
の三つの論文集を講談社「講談社BOX」から刊行した。

2008年2月9日、東京都文京区の千石空房にて宇野常寛と
「決断主義トークラジオ Alive2 ビューティフル・ドリーマー」の公開収録を行う。
同年、『東浩紀のゼロアカ道場』を講談社BOXにて開催。
また、4月にはNHK出版から北田暁大と共編で、思想誌『思想地図』を刊行。
同誌は、後に東自身が立ち上げる出版社ゲンロンに引き継がれ、以降、東の活動拠点となる。
12月に発売されたムック本『アニメージュオリジナル vol.2』にて山本寛と対談。



はた坊






最終更新日  2020.02.12 00:10:07
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.08
カテゴリ:チンゲンサイ








2019年
01月03日 青梗菜 雑草のかなでも まあまあ 育ってきている
01月12日 青梗菜 3回目の収獲をした
01月19日 青梗菜 おおきくなっている  まあまあである
01月20日 青梗菜 4回目の収獲をした
01月21日 青梗菜 m-07のもの まだ ある
02月02日 青梗菜 そろそろ 花芽もでてきそうだなあ
02月09日 青梗菜 これで おしまいになりそう
02月16日 青梗菜  これで おしまいになっている
02月17日 青梗菜 5回目の収獲をした これで おしまいに
03月02日 青梗菜 花がさいて賑やかになってきている
03月24日 青梗菜 花だらけになってきている 満開である

秋の青梗菜
08月24日 青梗菜のタネをかってきていおいた
09月01日 庭で 種まきをしておいた
09月04日 ちんげんさい 発芽は早い 4日で 発芽した
09月07日 ちんげんさい m-08の畑に植えつけをしておいた
09月08日 次の青梗菜の種まきをしておいた
09月12日 青梗菜 また 発芽してきている
09月14日 青梗菜 m-08の畝の分 消えてしまっているなあ
09月22日 青梗菜 苗がすくないので 4回目の種まきまをしておいた 発芽はすこしだけ
09月29日 青梗菜 発芽した苗は m-07の畝にうえつけておいた
09月30日 青梗菜の苗 あまり 残っていない で 追加の種をかってきた
10月13日 庭で青梗菜の種まきをしておく
10月20日 青梗菜の種まきした分 発芽してきている
11月03日 青梗菜 残っている分は これだけかな    少ないなあ
11月04日 青梗菜 ここのは 1本だけ 生育している m-7の分
11月09日 青梗菜 すくないが すこしは残ってきている
11月16日 青梗菜 すくないながら 生育はしてきている
11月17日 青梗菜 g-07の分 1本だけ残っている 生存率6パーセント
12月01日 青梗菜 g-01の畝の分 こちらは 苗はまあまあある
12月08日 青梗菜 g-01の畝の分 すこしづつ 生育してきている
12月14日 青梗菜 m-07の畝分 すこし 残っているだけ
12月21日 青梗菜 その後も 生育はしてきている 

2020年
01月01日 青梗菜 収獲できるくらい まあまあ育ってきている
01月02日 青梗菜 ちいさいのも 葉は柔らかそうに育っている 小さくてもokなり
01月04日 青梗菜 残っている分は収獲okなので そろそろ取り込みしよう
01月11日 青梗菜 m-08の畝の分 1本だけが 残っている もう収獲してしまおう
01月25日 青梗菜 こちらのも そろそろ 収獲できそうだなあ
01月26日 青梗菜 収獲をした  おおきいなあ
02月01日 g-01の青梗菜 生育はもう止まっているなあ 収獲はそろそろ












エストニア   おべんきょうその024

在外者、エストニア系

ミーナ・スヴァーリ - アメリカ合衆国の女優。
ボリス・ブラッハー - ドイツの現代音楽の作曲家。
ヘルマン・ヘッセ - ドイツの作家。

エストニアで活躍した人物

西村英将 - 日本人声楽家・合唱指揮者・作曲家。エストニアを活動の拠点としている。
ズラブ・ノガイデリ - グルジアの政治家、現グルジア首相。エストニア科学アカデミーで研修を受ける。
マイケル・パーク - イギリスのラリー選手(コ・ドライバー)。マルッコ・マルティンのパートナー。2005年、競技中に事故死。タリンに記念碑が建てられている。
ジェルマン・アンリ・ヘス - スイス出身、のちロシアに居住した科学者。エストニアの大学で学ぶ。


はた坊






最終更新日  2020.02.08 21:27:58
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.03
カテゴリ:チンゲンサイ






2019年
01月03日 青梗菜 雑草のかなでも まあまあ 育ってきている
01月12日 青梗菜 3回目の収獲をした
01月19日 青梗菜 おおきくなっている  まあまあである
01月20日 青梗菜 4回目の収獲をした
01月21日 青梗菜 m-07のもの まだ ある
02月02日 青梗菜 そろそろ 花芽もでてきそうだなあ
02月09日 青梗菜 これで おしまいになりそう
02月16日 青梗菜  これで おしまいになっている
02月17日 青梗菜 5回目の収獲をした これで おしまいに
03月02日 青梗菜 花がさいて賑やかになってきている
03月24日 青梗菜 花だらけになってきている 満開である

秋の青梗菜
08月24日 青梗菜のタネをかってきていおいた
09月01日 庭で 種まきをしておいた
09月04日 ちんげんさい 発芽は早い 4日で 発芽した
09月07日 ちんげんさい m-08の畑に植えつけをしておいた
09月08日 次の青梗菜の種まきをしておいた
09月12日 青梗菜 また 発芽してきている
09月14日 青梗菜 m-08の畝の分 消えてしまっているなあ
09月22日 青梗菜 苗がすくないので 4回目の種まきまをしておいた 発芽はすこしだけ
09月29日 青梗菜 発芽した苗は m-07の畝にうえつけておいた
09月30日 青梗菜の苗 あまり 残っていない で 追加の種をかってきた
10月13日 庭で青梗菜の種まきをしておく
10月20日 青梗菜の種まきした分 発芽してきている
11月03日 青梗菜 残っている分は これだけかな    少ないなあ
11月04日 青梗菜 ここのは 1本だけ 生育している m-7の分
11月09日 青梗菜 すくないが すこしは残ってきている
11月16日 青梗菜 すくないながら 生育はしてきている
11月17日 青梗菜 g-07の分 1本だけ残っている 生存率6パーセント
12月01日 青梗菜 g-01の畝の分 こちらは 苗はまあまあある
12月08日 青梗菜 g-01の畝の分 すこしづつ 生育してきている
12月14日 青梗菜 m-07の畝分 すこし 残っているだけ
12月21日 青梗菜 その後も 生育はしてきている 

2020年
01月01日 青梗菜 収獲できるくらい まあまあ育ってきている
01月02日 青梗菜 ちいさいのも 葉は柔らかそうに育っている 小さくてもokなり
01月04日 青梗菜 残っている分は収獲okなので そろそろ取り込みしよう
01月11日 青梗菜 m-08の畝の分 1本だけが 残っている もう収獲してしまおう
01月25日 青梗菜 こちらのも そろそろ 収獲できそうだなあ
01月26日 青梗菜 収獲をした  おおきいなあ












新庄剛志     おべんきょうその062

関連情報
栄典・野球以外での表彰

栄典
紺綬褒章 (2007年) - 前述を参照。

ファッション関連

日本メガネベストドレッサー賞 (スポーツ界部門:2001年)
ベストドレッサー賞 (スポーツ・芸能部門:2001年)
日本ジュエリーベストドレッサー賞 (男性部門:2002年)

ベストフォーマリスト (男性部門:2005年)
BEST STYLE IN SNEAKERS (2005年) ※MTV主催(MTV THE SNEAKER SHOW 2005より)。[439]

ダンディ大賞 (スポーツ部門:2006年) ※ダンディハウス主催。[440]
COTTON USAアワード (Mr.COTTON USA:2007年)
ヘアカラーリングアワード (グランプリ:2007年) ※ホーユー主催。[441]
ホワイトティースアワード (2013年) ※デンタルプロ主催。[392]

その他

アクアピースゴールデンハート賞 (2001年) ※アクアピースネットワーク主催。[442]
ハッピーハンド (2006年) ※埼玉県幸手市観光協会主催。[443]


はた坊






最終更新日  2020.02.03 00:10:08
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.01
カテゴリ:チンゲンサイ







2019年
01月03日 青梗菜 雑草のかなでも まあまあ 育ってきている
01月12日 青梗菜 3回目の収獲をした
01月19日 青梗菜 おおきくなっている  まあまあである
01月20日 青梗菜 4回目の収獲をした
01月21日 青梗菜 m-07のもの まだ ある
02月02日 青梗菜 そろそろ 花芽もでてきそうだなあ
02月09日 青梗菜 これで おしまいになりそう
02月16日 青梗菜  これで おしまいになっている
02月17日 青梗菜 5回目の収獲をした これで おしまいに
03月02日 青梗菜 花がさいて賑やかになってきている
03月24日 青梗菜 花だらけになってきている 満開である

秋の青梗菜
08月24日 青梗菜のタネをかってきていおいた
09月01日 庭で 種まきをしておいた
09月04日 ちんげんさい 発芽は早い 4日で 発芽した
09月07日 ちんげんさい m-08の畑に植えつけをしておいた
09月08日 次の青梗菜の種まきをしておいた
09月12日 青梗菜 また 発芽してきている
09月14日 青梗菜 m-08の畝の分 消えてしまっているなあ
09月22日 青梗菜 苗がすくないので 4回目の種まきまをしておいた 発芽はすこしだけ
09月29日 青梗菜 発芽した苗は m-07の畝にうえつけておいた
09月30日 青梗菜の苗 あまり 残っていない で 追加の種をかってきた
10月13日 庭で青梗菜の種まきをしておく
10月20日 青梗菜の種まきした分 発芽してきている
11月03日 青梗菜 残っている分は これだけかな    少ないなあ
11月04日 青梗菜 ここのは 1本だけ 生育している m-7の分
11月09日 青梗菜 すくないが すこしは残ってきている
11月16日 青梗菜 すくないながら 生育はしてきている
11月17日 青梗菜 g-07の分 1本だけ残っている 生存率6パーセント
12月01日 青梗菜 g-01の畝の分 こちらは 苗はまあまあある
12月08日 青梗菜 g-01の畝の分 すこしづつ 生育してきている
12月14日 青梗菜 m-07の畝分 すこし 残っているだけ
12月21日 青梗菜 その後も 生育はしてきている 

2020年
01月01日 青梗菜 収獲できるくらい まあまあ育ってきている
01月02日 青梗菜 ちいさいのも 葉は柔らかそうに育っている 小さくてもokなり
01月04日 青梗菜 残っている分は収獲okなので そろそろ取り込みしよう
01月11日 青梗菜 m-08の畝の分 1本だけが 残っている もう収獲してしまおう
01月25日 青梗菜 こちらのも そろそろ 収獲できそうだなあ













エストニア   おべんきょうその016

国民・言語

詳細は「エストニアの人口統計(英語版)」、「エストニアの言語」、「エストニアの宗教(英語版)」、および「エストニアの国籍」を参照

住民は、フィン・ウゴル系のエストニア人が69.7パーセント、
ロシア人が25.2パーセント、
ウクライナ人が1.7パーセント、
ベラルーシ人が1.0パーセント、
フィンランド人が0.6パーセント、
その他3.8パーセントである(2011年)。

1989年のソ連時代はエストニア人61.5パーセント、
ロシア人30.3パーセントであった。

国語・公用語であるエストニア語は国民の68.54パーセントの母語であり、
フィンランド語と同じく、ウラル語族の言語である。
ロシア語を母語とする人は29.60パーセントを占める。

隣国の言語であるフィンランド語は同じウラル系言語として近接関係にあることと交流の活発化により理解度が高まっている。
そのほか、ドイツ語、英語、スウェーデン語が比較的よく通じる[2]。

宗教はキリスト教圏で、福音ルター派、正教会など。歴史的な問題により、
国民の信仰は比較的薄い。

婚姻の際は、
婚前姓を保持する(夫婦別姓)も、
共通の姓として夫婦いずれかの姓に統一する(同姓)ことも、
配偶者の姓を後置する(複合姓)こともできる[23]。


はた坊






最終更新日  2020.02.01 03:38:08
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.19
カテゴリ:チンゲンサイ






2018年
01月01日 青梗菜  柔らかく うまい野菜なり  どんどん 収穫をしていこう
01月08日 青梗菜 3回目の収穫をしておいた
01月14日 青梗菜 4回目の収穫をしておいた
02月04日 青梗菜 5回目の収穫をしておいた
02月12日 青梗菜 6回目の収穫をしておいた



秋の青梗菜の種まき
08月25日 hcで 青梗菜の種をかってきた
08月26日 庭で 青梗菜の種まきをしておいた   
08月29日 青梗菜 庭でのもの 発芽した  日曜には 畑に移動しよう
09月02日 青梗菜 m-34の畑の畝の苗  無事なり
09月16日 m-34の青梗菜 残っているのは2本くらい 2/32なので生存率は6パーセント
10月21日 m-34の青梗菜 残っているのは 2本だけ
11月10日 m-34の青梗菜 大きくなってきている
11月17日 m-34の青梗菜 これが 一番 おおきい

第二弾
09月02日 庭で 第二弾の青梗菜の種まきをした
09月06日 第二弾の青梗菜の発芽 4日で出る
09月09日 発芽した青梗菜の苗 m-08の畑の畝に移動した
09月16日 m--8の青梗菜  9本が無事 9/32-28パーセントが無事なり
10月14日 m-08の青梗菜 残っている分は 少ないなあ
10月20日 m-08の青梗菜  すこし 成長してきている
10月21日 m-08の青梗菜 残っているのは 6本だけ
11月04日 m-08の青梗菜 まあまあ 大きくなりだした
11月10日 m-08の青梗菜  もう 収獲できるくらいになっている
11月17日 m-08の青梗菜 大きくなっているなあ 2か月経過した

第三弾
09月09日 庭で第三弾の青梗菜の種まきをした
09月13日 第三弾の青梗菜 発芽してきている
09月20日 青梗菜 g-01の畑の畝に移動した
10月06日 g-01の青梗菜 3本が残っている 3/32-9パーセントが 無事なり
10月21日 g-01の青梗菜 残っているのは 2本だけ

第四弾1月
09月16日 庭での種まきをしておいた
09月20日 青梗菜 庭の種まきの分 発芽してている
09月26日 青梗菜 m-07の畑の畝に移動した
10月21日 m-07の畑の畝の青梗菜 残っているのは 4本だけ
12月15日 m-34の青梗菜 収獲はokになつている
12月16日 青梗菜 初の収穫をしておいた  よし
12月22日 青梗菜 2回目の収獲をしておいた
12月23日 青梗菜 残っているのは少ないが 大きくなった
12月29日 青梗菜 みごとに育ってきている


2019年
01月03日 青梗菜 雑草のかなでも まあまあ 育ってきている
01月12日 青梗菜 3回目の収獲をした
01月19日 青梗菜 おおきくなっている  まあまあである
01月20日 青梗菜 4回目の収獲をした
01月21日 青梗菜 m-07のもの まだ ある
02月02日 青梗菜 そろそろ 花芽もでてきそうだなあ
02月09日 青梗菜 これで おしまいになりそう
02月16日 青梗菜  これで おしまいになっている
02月17日 青梗菜 5回目の収獲をした これで おしまいに
03月02日 青梗菜 花がさいて賑やかになってきている
03月24日 青梗菜 花だらけになってきている 満開である

秋の青梗菜
08月24日 青梗菜のタネをかってきていおいた
09月01日 庭で 種まきをしておいた
09月04日 ちんげんさい 発芽は早い 4日で 発芽した
09月07日 ちんげんさい m-08の畑に植えつけをしておいた
09月08日 次の青梗菜の種まきをしておいた
09月12日 青梗菜 また 発芽してきている
09月14日 青梗菜 m-08の畝の分 消えてしまっているなあ
09月22日 青梗菜 苗がすくないので 4回目の種まきまをしておいた 発芽はすこしだけ
09月29日 青梗菜 発芽した苗は m-07の畝にうえつけておいた
09月30日 青梗菜の苗 あまり 残っていない で 追加の種をかってきた
10月13日 庭で青梗菜の種まきをしておく
10月20日 青梗菜の種まきした分 発芽してきている
11月03日 青梗菜 残っている分は これだけかな    少ないなあ
11月04日 青梗菜 ここのは 1本だけ 生育している m-7の分
11月09日 青梗菜 すくないが すこしは残ってきている
11月16日 青梗菜 すくないながら 生育はしてきている
11月17日 青梗菜 g-07の分 1本だけ残っている 生存率6パーセント
12月01日 青梗菜 g-01の畝の分 こちらは 苗はまあまあある
12月08日 青梗菜 g-01の畝の分 すこしづつ 生育してきている
12月14日 青梗菜 m-07の畝分 すこし 残っているだけ
12月21日 青梗菜 その後も 生育はしてきている 

2020年
01月01日 青梗菜 収獲できるくらい まあまあ育ってきている
01月02日 青梗菜 ちいさいのも 葉は柔らかそうに育っている 小さくてもokなり
01月04日 青梗菜 残っている分は収獲okなので そろそろ取り込みしよう
01月11日 青梗菜 m-08の畝の分 1本だけが 残っている もう収獲してしまおう










新庄剛志     おべんきょうその047

対人関係

他球団選手

1992年に新庄から得意としていたパームボールを甲子園左翼席へサヨナラ本塁打(前述)された広島・大野豊は、その打たれ方のタイミングや飛距離を受けて、それを機にパームを投げるのを封印した。

新庄は1997年のオールスターゲームにて応援ボイコットなどを受けた試合後にベンチで落ち込んでいた際、大野から「若いもんが、そんな暗い顔をしとったらいかん」と励まされたことに感激し、後に「他のチームの人から、あんな優しい言葉を掛けてもらったのは初めてでした」と振り返った。[377]

佐々木主浩とは、阪神時代のオフに佐々木のラジオ番組へゲスト出演するなど親交があり、1995年の対戦にて放った本塁打性の打球が応援旗により阻まれた件について、もし妨害がなければ本塁打であったか否かを言い合うという[378]。

また投手挑戦中の1999年オープン戦ではフォークボールを得意球とする佐々木より教わった同球種を投じている[238]。

2006年限りでの引退を発表後の9月10日・オリックス戦(京セラドーム大阪)で、
相手チームの清原和博から贈られた労いのメッセージ入りの打撃用手袋(英語版)を着用し、
現役最後となる本塁打を放った[286]。

その後
2008年に引退試合を迎える清原に対して、自身が現役最後のオールスターゲームで着用した打撃用手袋を贈った。

2006年の日本シリーズ(前述を参照)での現役最後の打席は、全3球ストレート勝負を受けての空振り三振であった。

この時涙を流しながら打席に立つ自身に対して、
阪神時代から長年に渡り対戦してきた中日・谷繁元信捕手が
1球目の見逃し後に「泣くな、真っ直ぐいくぞ」と言ってくれたように思ったという。[187]


はた坊






最終更新日  2020.01.19 00:10:05
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.15
カテゴリ:チンゲンサイ






2018年
01月01日 青梗菜  柔らかく うまい野菜なり  どんどん 収穫をしていこう
01月08日 青梗菜 3回目の収穫をしておいた
01月14日 青梗菜 4回目の収穫をしておいた
02月04日 青梗菜 5回目の収穫をしておいた
02月12日 青梗菜 6回目の収穫をしておいた



秋の青梗菜の種まき
08月25日 hcで 青梗菜の種をかってきた
08月26日 庭で 青梗菜の種まきをしておいた   
08月29日 青梗菜 庭でのもの 発芽した  日曜には 畑に移動しよう
09月02日 青梗菜 m-34の畑の畝の苗  無事なり
09月16日 m-34の青梗菜 残っているのは2本くらい 2/32なので生存率は6パーセント
10月21日 m-34の青梗菜 残っているのは 2本だけ
11月10日 m-34の青梗菜 大きくなってきている
11月17日 m-34の青梗菜 これが 一番 おおきい

第二弾
09月02日 庭で 第二弾の青梗菜の種まきをした
09月06日 第二弾の青梗菜の発芽 4日で出る
09月09日 発芽した青梗菜の苗 m-08の畑の畝に移動した
09月16日 m--8の青梗菜  9本が無事 9/32-28パーセントが無事なり
10月14日 m-08の青梗菜 残っている分は 少ないなあ
10月20日 m-08の青梗菜  すこし 成長してきている
10月21日 m-08の青梗菜 残っているのは 6本だけ
11月04日 m-08の青梗菜 まあまあ 大きくなりだした
11月10日 m-08の青梗菜  もう 収獲できるくらいになっている
11月17日 m-08の青梗菜 大きくなっているなあ 2か月経過した

第三弾
09月09日 庭で第三弾の青梗菜の種まきをした
09月13日 第三弾の青梗菜 発芽してきている
09月20日 青梗菜 g-01の畑の畝に移動した
10月06日 g-01の青梗菜 3本が残っている 3/32-9パーセントが 無事なり
10月21日 g-01の青梗菜 残っているのは 2本だけ

第四弾1月
09月16日 庭での種まきをしておいた
09月20日 青梗菜 庭の種まきの分 発芽してている
09月26日 青梗菜 m-07の畑の畝に移動した
10月21日 m-07の畑の畝の青梗菜 残っているのは 4本だけ
12月15日 m-34の青梗菜 収獲はokになつている
12月16日 青梗菜 初の収穫をしておいた  よし
12月22日 青梗菜 2回目の収獲をしておいた
12月23日 青梗菜 残っているのは少ないが 大きくなった
12月29日 青梗菜 みごとに育ってきている


2019年
01月03日 青梗菜 雑草のかなでも まあまあ 育ってきている
01月12日 青梗菜 3回目の収獲をした
01月19日 青梗菜 おおきくなっている  まあまあである
01月20日 青梗菜 4回目の収獲をした
01月21日 青梗菜 m-07のもの まだ ある
02月02日 青梗菜 そろそろ 花芽もでてきそうだなあ
02月09日 青梗菜 これで おしまいになりそう
02月16日 青梗菜  これで おしまいになっている
02月17日 青梗菜 5回目の収獲をした これで おしまいに
03月02日 青梗菜 花がさいて賑やかになってきている
03月24日 青梗菜 花だらけになってきている 満開である

秋の青梗菜
08月24日 青梗菜のタネをかってきていおいた
09月01日 庭で 種まきをしておいた
09月04日 ちんげんさい 発芽は早い 4日で 発芽した
09月07日 ちんげんさい m-08の畑に植えつけをしておいた
09月08日 次の青梗菜の種まきをしておいた
09月12日 青梗菜 また 発芽してきている
09月14日 青梗菜 m-08の畝の分 消えてしまっているなあ
09月22日 青梗菜 苗がすくないので 4回目の種まきまをしておいた 発芽はすこしだけ
09月29日 青梗菜 発芽した苗は m-07の畝にうえつけておいた
09月30日 青梗菜の苗 あまり 残っていない で 追加の種をかってきた
10月13日 庭で青梗菜の種まきをしておく
10月20日 青梗菜の種まきした分 発芽してきている
11月03日 青梗菜 残っている分は これだけかな    少ないなあ
11月04日 青梗菜 ここのは 1本だけ 生育している m-7の分
11月09日 青梗菜 すくないが すこしは残ってきている
11月16日 青梗菜 すくないながら 生育はしてきている
11月17日 青梗菜 g-07の分 1本だけ残っている 生存率6パーセント
12月01日 青梗菜 g-01の畝の分 こちらは 苗はまあまあある
12月08日 青梗菜 g-01の畝の分 すこしづつ 生育してきている
12月14日 青梗菜 m-07の畝分 すこし 残っているだけ
12月21日 青梗菜 その後も 生育はしてきている 

2020年
01月01日 青梗菜 収獲できるくらい まあまあ育ってきている
01月02日 青梗菜 ちいさいのも 葉は柔らかそうに育っている 小さくてもokなり
01月04日 青梗菜 残っている分は収獲okなので そろそろ取り込みしよう












淡路島   おべんきょうその016

製造業

パナソニック(三洋電機)洲本事業所
パナソニックエナジー社洲本工場 (旧三洋電機モバイルエナジーカンパニー本社)
三洋エナジー南淡、三洋エナジー東浦

東洋合成工業淡路工場
ワールドインダストリーファブリック(ワールドの関連会社)
山本光学淡路工場、北淡工場

ダントーホールディングス
パイオニア (パチスロ)
栗之浦ドック淡路工場(南あわじ造船)

淡路マテリア
イズミフードマシナリ
大昭和精機

ミツ精機・ミツテック
ムネ製薬
三和製作所

森長組
プライミクス


旧鐘淵紡績洲本工場

淡路島の中心地である洲本市は、かつて鐘淵紡績洲本工場(カネボウ)の企業城下町であった。
鐘淵紡績(カネボウ)は1900年(明治33年)に淡路紡績を買収し、
関西の拠点として洲本工場を開設した。

1950年(昭和25年)には従業員数4200人を超えるまでに成長したが、
その後の経済構造の変化により洲本工場は縮小の道を辿り
1985年(昭和60年)に綿紡事業に終止符をうち、
新たに発足したカネボウ電子へ移管され、
そして1986年(昭和61年)に紡績操業を停止するに至った。

カネボウの歴史の中で洲本工場は、
綿紡織事業を手掛けてきた工場として最長(87年)の歴史をもつ。

現在跡地は
洲本市新都心ゾーンとしてイオン洲本ショッピングセンター、エディオン(ミドリ電化洲本店)、兵庫県立淡路医療センター(兵庫県立淡路病院を移転)、洲本市文化体育館、洲本健康福祉館、
みなと銀行洲本支店等が立地し、
洲本市民広場として整備されたエリアに点在する洲本市立図書館や
洲本アルチザンスクエア、
淡路ごちそう館「御食国」等は、
鐘淵紡績洲本工場の近代建築を再生した施設として注目されている。


はた坊






最終更新日  2020.01.15 02:20:14
コメント(0) | コメントを書く

全350件 (350件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 35 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.