2820900 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

はた坊のブログ   家庭菜園を始めて16年目になりました

PR

全366件 (366件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 37 >

カブラ

2020.03.29
XML
カテゴリ:カブラ







2019年
01月03日 かぶら 収獲をした 4回目なり
01月12日 かぶら 5回目の収獲をした
01月19日 かぶら 6回目の収獲をした
01月20日 かぶら その後も まだまだ ある
02月02日 かぶら 7回目の収獲をしておいた
02月16日 かぶら 残りは これくらいだなあ
02月17日 かぶら 8回目の収獲をしておいた

秋のかぶら
08月25日 かぶら 種をかってきておいた
08月31日 かぶら 発芽してきている
09月01日 かぶら 畑に移動して植え付けをしておいた
09月07日 かぶら g-1の畝にもみがらつけている 半分くらいは無事なり
09月08日 かぶら g-1の畝の分 なんとか かんとか 無事かな
09月14日 かぶら g-1の畝の分 残っているのは 1本くらい 消滅かな

かぶら 第二弾
09月01日 かぶら 種まきをしておいた
09月05日 かふら 発芽してきている
09月08日 かぶら m-08の畝の分 なんとか かんとか 無事かな
09月14日 かぶら m-08の畝の分 残っているのは 1本くらいだなあ

第三弾の種まき
09月07日 かぶら 残りのタネを庭でたねまきをした
09月12日 かぶら すこし発芽してきている
09月21日 かぶら g-01のかぶらの苗 残っているのは わずかなり 少ないなあ
09月29日 かぶら g-01の苗もすなくなっている 今年はかぶら 不調なり

第四弾
10月12日 がふら 苗の移動したもの 3回分ともに 残りはなし 雨不足で消滅した
10月13日 hcで 追加のかぶらのタネを 買ってきた
10月14日 庭でかぶら 種まきをしておいた
10月19日 かぶら 追加で庭の種まきした分 発芽してきている
10月26日 かぶら g-01の畝に植えているが まだ 小さいままだな
11月04日 かぶら 今年の苗はあまり残っていないな まあ なんとか育つだろう
11月16日 かぶら g-01の畝の分 こちらが残っているだけだな まだ 小さい
12月01日 かぶら g-01の畝の分 今年はかなり小さいかぶらになりそう
12月14日 かぶら ちいさいが どこまで おおきくなるか 様子見している
12月15日 かふら 見ると かなり ちいさいな これは5回目の分なので ちいさい
12月21日 かぶら g-01の畝の分 葉の生育は元気になっている

2020年
01月01日 かぶら 根っこをみてみると ちいさいが かぶらになってきている
01月04日 かぶら 根っこ ちいさいが 収獲はokとなっている
01月05日 かぶら 今年は1-2-3弾は全滅 4弾めが やっと育ったが ちいさいぞ
01月11日 かぶら 最近やや 生育をしてきている やや 大きくなりだしたかな
01月18日 かぶら 収獲はokとなっている ちいさいがokだなあ
01月25日 かぶら まあまあ 残っているのは 収獲できるようになっている
01月26日 かぶら 収獲をしておいた まあまあかな
02月01日 かぶら 2月になると それなりに大きくなってきている
02月08日 かぶら 1-3弾のものはなくなったが 4-5弾のものが なんとか収獲できそう
02月15日 かぶら 根っこみてみると やや成長してきているなあ
02月22日 かぶら 花芽 でてきているなあ  早く 収獲をしよう
02月24日 かぶら 収獲をしておいた
02月29日 かぶら 花芽を収獲しておいた
03月14日 かぶら 花だらけになってきている
03月20日 かぶら 花盛りなり 春だなあ












エネルギー   おべんきょうその010

量子力学

量子力学において、物理量や可観測量は通常の実数を用いては必ずしも表現できず、演算子を用いて表現される[12][13]。

系の力学的なエネルギーは、古典論における解析力学と同様に系全体のハミルトニアンによって表されるが、量子力学ではハミルトニアンは状態ベクトルに作用する演算子となる[14]。

測定によって得られる値は、そのハミルトニアンの固有状態に対応した固有値として与えられる[15][注 1]。

ある系について、エネルギーを測定できる限りにおいて、エネルギー固有値は実数に限られるため、系全体のハミルトニアンはエルミート演算子でなければならない。

非相対論的な量子力学では、正準交換関係を通じて運動量を演算子に置き換えることで、運動エネルギーは、
K ( p ) → K ^ ( p ^ ) = p ^ 2 2 m
と定義される[16]。

ここで  ^ K は運動エネルギー演算子、
^ p は運動量演算子である。

運動エネルギーを表す文字としてはしばしば K や T が用いられる。

位置エネルギーも同様に位置演算子の関数に置き換えられる[16]。
V ( r ) → V ^ ( r ^ ) .

ここで V,  ^ V は位置エネルギーおよび位置エネルギー演算子、
r, ^ r は粒子の位置および位置演算子である。

1 粒子系のハミルトニアン
^ H は運動エネルギーと位置エネルギーの和として与えられる。

H ^ ( p ^ , r ^ ) = K ^ ( p ^ ) + V ^ ( r ^ ) = p ^ 2 2 m + V ^ ( r ^ ) .

量子力学においては、古典力学とは異なり、
定常状態でとり得るエネルギー固有値 E は非負でなければならず、
固有値は必ずしも連続的ではなくなる[5]。

エネルギーの値がこのように離散的になることの効果が、
特に低温での熱的な性質に顕著に現れる[5]。
「ハミルトニアン」、「固有状態」、および「固有値」も参照



はた坊






最終更新日  2020.03.29 04:10:12
コメント(0) | コメントを書く


2020.03.21
カテゴリ:カブラ







2019年
01月03日 かぶら 収獲をした 4回目なり
01月12日 かぶら 5回目の収獲をした
01月19日 かぶら 6回目の収獲をした
01月20日 かぶら その後も まだまだ ある
02月02日 かぶら 7回目の収獲をしておいた
02月16日 かぶら 残りは これくらいだなあ
02月17日 かぶら 8回目の収獲をしておいた

秋のかぶら
08月25日 かぶら 種をかってきておいた
08月31日 かぶら 発芽してきている
09月01日 かぶら 畑に移動して植え付けをしておいた
09月07日 かぶら g-1の畝にもみがらつけている 半分くらいは無事なり
09月08日 かぶら g-1の畝の分 なんとか かんとか 無事かな
09月14日 かぶら g-1の畝の分 残っているのは 1本くらい 消滅かな

かぶら 第二弾
09月01日 かぶら 種まきをしておいた
09月05日 かふら 発芽してきている
09月08日 かぶら m-08の畝の分 なんとか かんとか 無事かな
09月14日 かぶら m-08の畝の分 残っているのは 1本くらいだなあ

第三弾の種まき
09月07日 かぶら 残りのタネを庭でたねまきをした
09月12日 かぶら すこし発芽してきている
09月21日 かぶら g-01のかぶらの苗 残っているのは わずかなり 少ないなあ
09月29日 かぶら g-01の苗もすなくなっている 今年はかぶら 不調なり

第四弾
10月12日 がふら 苗の移動したもの 3回分ともに 残りはなし 雨不足で消滅した
10月13日 hcで 追加のかぶらのタネを 買ってきた
10月14日 庭でかぶら 種まきをしておいた
10月19日 かぶら 追加で庭の種まきした分 発芽してきている
10月26日 かぶら g-01の畝に植えているが まだ 小さいままだな
11月04日 かぶら 今年の苗はあまり残っていないな まあ なんとか育つだろう
11月16日 かぶら g-01の畝の分 こちらが残っているだけだな まだ 小さい
12月01日 かぶら g-01の畝の分 今年はかなり小さいかぶらになりそう
12月14日 かぶら ちいさいが どこまで おおきくなるか 様子見している
12月15日 かふら 見ると かなり ちいさいな これは5回目の分なので ちいさい
12月21日 かぶら g-01の畝の分 葉の生育は元気になっている

2020年
01月01日 かぶら 根っこをみてみると ちいさいが かぶらになってきている
01月04日 かぶら 根っこ ちいさいが 収獲はokとなっている
01月05日 かぶら 今年は1-2-3弾は全滅 4弾めが やっと育ったが ちいさいぞ
01月11日 かぶら 最近やや 生育をしてきている やや 大きくなりだしたかな
01月18日 かぶら 収獲はokとなっている ちいさいがokだなあ
01月25日 かぶら まあまあ 残っているのは 収獲できるようになっている
01月26日 かぶら 収獲をしておいた まあまあかな
02月01日 かぶら 2月になると それなりに大きくなってきている
02月08日 かぶら 1-3弾のものはなくなったが 4-5弾のものが なんとか収獲できそう
02月15日 かぶら 根っこみてみると やや成長してきているなあ
02月22日 かぶら 花芽 でてきているなあ  早く 収獲をしよう
02月24日 かぶら 収獲をしておいた
02月29日 かぶら 花芽を収獲しておいた
03月14日 かぶら 花だらけになってきている













エネルギー   おべんきょうその02

概説

現在用いられているようなエネルギーという概念が確立したのは19世紀後半のことであるが[5]、概念の確固たる成立はともかくとして、
「エネルギー」という用語は、
19世紀のはじめ、トマス・ヤングが1807年に著書『自然哲学講義』(英: A Course of Lectures on Natural Philosophy) の中で、
従来使われていた「力」を意味するラテン語 vis の代わりとして提案された[4]。

「エネルギー」の語源となったギリシア語の ἐνέργεια (ギリシア語ラテン翻字: energeia) は、ἐνεργός(ギリシア語ラテン翻字: energos) に由来する。
これは、ἐν(エン)と ἔργον(エルゴン)を組み合わせた語で、
ἐν は前置詞、ἔργον (ギリシア語ラテン翻字: ergon) は「仕事」を意味する語である。
つまり、「物体内部に蓄えられた、仕事をする能力」という意味の語である。
エネルギーという概念は「仕事」という概念と深い関わりがあるのである。

このようにエネルギーという語・概念は「物体が仕事をなし得る能力」を意味したが、
その後、自然科学の説明体系が変化し、
熱・光・電磁気もエネルギーを持つことが知られるようになり、
さらに、質量までがエネルギーの一形態である、と理解されるようになった[2]。
英語読みでは「エナジー」であるが、同じ意味である。


はた坊






最終更新日  2020.03.21 03:04:27
コメント(0) | コメントを書く
2020.03.06
カテゴリ:カブラ








2019年
01月03日 かぶら 収獲をした 4回目なり
01月12日 かぶら 5回目の収獲をした
01月19日 かぶら 6回目の収獲をした
01月20日 かぶら その後も まだまだ ある
02月02日 かぶら 7回目の収獲をしておいた
02月16日 かぶら 残りは これくらいだなあ
02月17日 かぶら 8回目の収獲をしておいた

秋のかぶら
08月25日 かぶら 種をかってきておいた
08月31日 かぶら 発芽してきている
09月01日 かぶら 畑に移動して植え付けをしておいた
09月07日 かぶら g-1の畝にもみがらつけている 半分くらいは無事なり
09月08日 かぶら g-1の畝の分 なんとか かんとか 無事かな
09月14日 かぶら g-1の畝の分 残っているのは 1本くらい 消滅かな

かぶら 第二弾
09月01日 かぶら 種まきをしておいた
09月05日 かふら 発芽してきている
09月08日 かぶら m-08の畝の分 なんとか かんとか 無事かな
09月14日 かぶら m-08の畝の分 残っているのは 1本くらいだなあ

第三弾の種まき
09月07日 かぶら 残りのタネを庭でたねまきをした
09月12日 かぶら すこし発芽してきている
09月21日 かぶら g-01のかぶらの苗 残っているのは わずかなり 少ないなあ
09月29日 かぶら g-01の苗もすなくなっている 今年はかぶら 不調なり

第四弾
10月12日 がふら 苗の移動したもの 3回分ともに 残りはなし 雨不足で消滅した
10月13日 hcで 追加のかぶらのタネを 買ってきた
10月14日 庭でかぶら 種まきをしておいた
10月19日 かぶら 追加で庭の種まきした分 発芽してきている
10月26日 かぶら g-01の畝に植えているが まだ 小さいままだな
11月04日 かぶら 今年の苗はあまり残っていないな まあ なんとか育つだろう
11月16日 かぶら g-01の畝の分 こちらが残っているだけだな まだ 小さい
12月01日 かぶら g-01の畝の分 今年はかなり小さいかぶらになりそう
12月14日 かぶら ちいさいが どこまで おおきくなるか 様子見している
12月15日 かふら 見ると かなり ちいさいな これは5回目の分なので ちいさい
12月21日 かぶら g-01の畝の分 葉の生育は元気になっている

2020年
01月01日 かぶら 根っこをみてみると ちいさいが かぶらになってきている
01月04日 かぶら 根っこ ちいさいが 収獲はokとなっている
01月05日 かぶら 今年は1-2-3弾は全滅 4弾めが やっと育ったが ちいさいぞ
01月11日 かぶら 最近やや 生育をしてきている やや 大きくなりだしたかな
01月18日 かぶら 収獲はokとなっている ちいさいがokだなあ
01月25日 かぶら まあまあ 残っているのは 収獲できるようになっている
01月26日 かぶら 収獲をしておいた まあまあかな
02月01日 かぶら 2月になると それなりに大きくなってきている
02月08日 かぶら 1-3弾のものはなくなったが 4-5弾のものが なんとか収獲できそう
02月15日 かぶら 根っこみてみると やや成長してきているなあ
02月22日 かぶら 花芽 でてきているなあ  早く 収獲をしよう
02月24日 かぶら 収獲をしておいた
02月29日 かぶら 花芽を収獲しておいた












東浩紀  おべんきょうその034

小説

2002年7月に『新現実』(大塚英志と共編)、2003年9月には『ファウスト』(太田克史編集)、といったサブカルチャー系、あるいはライトノベル系文芸誌の創設に関わり[113]「これからは、アニメがオタク的想像力の中心を占める時代は終わり、ライトノベルとゲームの交差点にある新しいタイプの小説がその位置を占めることになる」と述べた[114]。

影響

東浩紀は、サイエンス・フィクションのファンであり、SF作家小松左京を特に敬愛している。
東が小説家活動と平行して行っている思想家としての活動にも、小松からの大きな影響がある[115]。

例えば、社会思想・社会哲学の論考『一般意志2.0』には、小松左京作品である『神への長い道』からの引用がある[116]。
そして、自身もSF小説家としての道を進むことになった。
同時に文芸批評家していは、著書『セカイからもっと近くに』において、小松左京についての論考を書いている。

また、東浩紀は、新井素子も敬愛している。
特に中学生時代にのめり込み、作家として同じ仕事に携わるようになってからもまともに顔を見て話すことができないほど尊敬しているという[117]。

東浩紀は、新井素子について、「新井素子という作家はぼくにとっていささか特別な存在で、彼女の作品を高く評価しているのかそうでもないのか、自分でもよくわからない。(中略)合理的判断を超えた影響力をぼくにもっている感じがする」と語っている[118]。

小松左京とともに、東は、著書『セカイからもっと近くに』において、新井素子についての論考を書いている。

その他、様々なサイエンス・フィクションからの影響がある。

東浩紀は、美少女ゲームのファンでもあり、泣きゲー作家の麻枝准を非常に高く評価している。

東浩紀最初の単著長編小説であり、三島由紀夫賞を受賞した『クォンタム・ファミリーズ』は、麻枝准率いるKeyの諸作品がなければ存在しなかったとまで言う[119]。

文芸批評家としての側面も持つ東浩紀は、麻枝准と美少女ゲーム文化を文学史に残す試みに意欲を見せることもあった[120]。

美少女ゲーム作家において、文学史的に価値のある作家として、麻枝准と竜騎士07の二人を特に高く評価している[121]。


はた坊






最終更新日  2020.03.06 03:42:49
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.27
カテゴリ:カブラ







2019年
01月03日 かぶら 収獲をした 4回目なり
01月12日 かぶら 5回目の収獲をした
01月19日 かぶら 6回目の収獲をした
01月20日 かぶら その後も まだまだ ある
02月02日 かぶら 7回目の収獲をしておいた
02月16日 かぶら 残りは これくらいだなあ
02月17日 かぶら 8回目の収獲をしておいた

秋のかぶら
08月25日 かぶら 種をかってきておいた
08月31日 かぶら 発芽してきている
09月01日 かぶら 畑に移動して植え付けをしておいた
09月07日 かぶら g-1の畝にもみがらつけている 半分くらいは無事なり
09月08日 かぶら g-1の畝の分 なんとか かんとか 無事かな
09月14日 かぶら g-1の畝の分 残っているのは 1本くらい 消滅かな

かぶら 第二弾
09月01日 かぶら 種まきをしておいた
09月05日 かふら 発芽してきている
09月08日 かぶら m-08の畝の分 なんとか かんとか 無事かな
09月14日 かぶら m-08の畝の分 残っているのは 1本くらいだなあ

第三弾の種まき
09月07日 かぶら 残りのタネを庭でたねまきをした
09月12日 かぶら すこし発芽してきている
09月21日 かぶら g-01のかぶらの苗 残っているのは わずかなり 少ないなあ
09月29日 かぶら g-01の苗もすなくなっている 今年はかぶら 不調なり

第四弾
10月12日 がふら 苗の移動したもの 3回分ともに 残りはなし 雨不足で消滅した
10月13日 hcで 追加のかぶらのタネを 買ってきた
10月14日 庭でかぶら 種まきをしておいた
10月19日 かぶら 追加で庭の種まきした分 発芽してきている
10月26日 かぶら g-01の畝に植えているが まだ 小さいままだな
11月04日 かぶら 今年の苗はあまり残っていないな まあ なんとか育つだろう
11月16日 かぶら g-01の畝の分 こちらが残っているだけだな まだ 小さい
12月01日 かぶら g-01の畝の分 今年はかなり小さいかぶらになりそう
12月14日 かぶら ちいさいが どこまで おおきくなるか 様子見している
12月15日 かふら 見ると かなり ちいさいな これは5回目の分なので ちいさい
12月21日 かぶら g-01の畝の分 葉の生育は元気になっている

2020年
01月01日 かぶら 根っこをみてみると ちいさいが かぶらになってきている
01月04日 かぶら 根っこ ちいさいが 収獲はokとなっている
01月05日 かぶら 今年は1-2-3弾は全滅 4弾めが やっと育ったが ちいさいぞ
01月11日 かぶら 最近やや 生育をしてきている やや 大きくなりだしたかな
01月18日 かぶら 収獲はokとなっている ちいさいがokだなあ
01月25日 かぶら まあまあ 残っているのは 収獲できるようになっている
01月26日 かぶら 収獲をしておいた まあまあかな
02月01日 かぶら 2月になると それなりに大きくなってきている
02月08日 かぶら 1-3弾のものはなくなったが 4-5弾のものが なんとか収獲できそう
02月15日 かぶら 根っこみてみると やや成長してきているなあ
02月22日 かぶら 花芽 でてきているなあ  早く 収獲をしよう
02月24日 かぶら 収獲をしておいた












コロナウイルス     おべんきょうその04

名前

「コロナウイルス」の名称は
ラテン語 corona (コロナ)
およびギリシャ語の王冠または光冠(丸い光の輪)、
花冠を意味する κορώνη (korṓnē コロネ) に由来する。

この名称は
電子顕微鏡によるビリオン (感染性を有するウイルス粒子) の特徴的な外観に由来する。

ビリオンは大きな球状の表面突起の縁をもち、
樹冠や太陽コロナを思わせる像をつくる。

この形態はウイルスのスパイク (S) ペプロマーによってつくられる。

ペプロマーは
ウイルスの表面にあるタンパク質で、
宿主の向性を決定する。



はた坊






最終更新日  2020.02.27 03:10:18
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.24
カテゴリ:カブラ






2019年
01月03日 かぶら 収獲をした 4回目なり
01月12日 かぶら 5回目の収獲をした
01月19日 かぶら 6回目の収獲をした
01月20日 かぶら その後も まだまだ ある
02月02日 かぶら 7回目の収獲をしておいた
02月16日 かぶら 残りは これくらいだなあ
02月17日 かぶら 8回目の収獲をしておいた

秋のかぶら
08月25日 かぶら 種をかってきておいた
08月31日 かぶら 発芽してきている
09月01日 かぶら 畑に移動して植え付けをしておいた
09月07日 かぶら g-1の畝にもみがらつけている 半分くらいは無事なり
09月08日 かぶら g-1の畝の分 なんとか かんとか 無事かな
09月14日 かぶら g-1の畝の分 残っているのは 1本くらい 消滅かな

かぶら 第二弾
09月01日 かぶら 種まきをしておいた
09月05日 かふら 発芽してきている
09月08日 かぶら m-08の畝の分 なんとか かんとか 無事かな
09月14日 かぶら m-08の畝の分 残っているのは 1本くらいだなあ

第三弾の種まき
09月07日 かぶら 残りのタネを庭でたねまきをした
09月12日 かぶら すこし発芽してきている
09月21日 かぶら g-01のかぶらの苗 残っているのは わずかなり 少ないなあ
09月29日 かぶら g-01の苗もすなくなっている 今年はかぶら 不調なり

第四弾
10月12日 がふら 苗の移動したもの 3回分ともに 残りはなし 雨不足で消滅した
10月13日 hcで 追加のかぶらのタネを 買ってきた
10月14日 庭でかぶら 種まきをしておいた
10月19日 かぶら 追加で庭の種まきした分 発芽してきている
10月26日 かぶら g-01の畝に植えているが まだ 小さいままだな
11月04日 かぶら 今年の苗はあまり残っていないな まあ なんとか育つだろう
11月16日 かぶら g-01の畝の分 こちらが残っているだけだな まだ 小さい
12月01日 かぶら g-01の畝の分 今年はかなり小さいかぶらになりそう
12月14日 かぶら ちいさいが どこまで おおきくなるか 様子見している
12月15日 かふら 見ると かなり ちいさいな これは5回目の分なので ちいさい
12月21日 かぶら g-01の畝の分 葉の生育は元気になっている

2020年
01月01日 かぶら 根っこをみてみると ちいさいが かぶらになってきている
01月04日 かぶら 根っこ ちいさいが 収獲はokとなっている
01月05日 かぶら 今年は1-2-3弾は全滅 4弾めが やっと育ったが ちいさいぞ
01月11日 かぶら 最近やや 生育をしてきている やや 大きくなりだしたかな
01月18日 かぶら 収獲はokとなっている ちいさいがokだなあ
01月25日 かぶら まあまあ 残っているのは 収獲できるようになっている
01月26日 かぶら 収獲をしておいた まあまあかな
02月01日 かぶら 2月になると それなりに大きくなってきている
02月08日 かぶら 1-3弾のものはなくなったが 4-5弾のものが なんとか収獲できそう
02月15日 かぶら 根っこみてみると やや成長してきているなあ
02月22日 かぶら 花芽 でてきているなあ  早く 収獲をしよう













東浩紀  おべんきょうその025

哲学


中学生の頃、
新潮文庫に収められているノーベル文学賞受賞者の作品を読んでいくというプログラムを立て、
そこでアレクサンドル・ソルジェニーツィンと出会う。

2009年に発表し三島由紀夫賞を受賞した『クォンタム・ファミリーズ』では、
小説の作品世界を通して、哲学の問題を反映させ、可能世界論の問題などを扱っている。

東自身はその哲学の主著の一つである『存在論的、郵便的』の続編だと述べ[73]、
國分功一郎(哲学者)と千葉雅也(哲学者)との鼎談などにおいて、
同書と哲学について言及している[74]。

近代の哲学者ジャン=ジャック・ルソー(18世紀)を主題とした著書『一般意志2.0』は、
「一般に学問の世界では許されない」蛮勇であることを自覚して書いたものである
(後述、社会哲学の節を参照)。

その上で、東浩紀は、自身のそのような「蛮勇」を読んだ後続の若手研究者のなかから、
ゴットフリート・ライプニッツ(17世紀から18世紀)や
バールーフ・デ・スピノザ(17世紀)や
ルネ・デカルト(17世紀)などの近代哲学の古典を
「おれなりに乱暴に読み直す」、
自身のような蛮勇を継承する人物が生まれることを期待している[75]。

18世紀以前の思想を読み返す試みには、東浩紀の思想史観に依拠した理由がある。

19世紀から20世紀にかけて哲学の主流にあった、
ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルの思想から
カール・マルクスの思想を基調とする理性主義というある種のオカルトが破綻したため、
21世紀の思想は、18世紀に回帰していると考えている[76]。

また、思想史的にはマルクスやフリードリヒ・ニーチェがヘーゲルを批判し、
東浩紀自身が研究していたポストモダニズムは思想史の系譜から見てそのマルクスや
ニーチェの直系に位置するのだが、
東浩紀は、
マルクスとニーチェがヘーゲルを乗り越えられていたかどうかについては疑問が残るとした上で、当事者意識として、ポストモダニズムの無力さを感じるとしている[77]。

東浩紀は、徹底した唯物論者である[78]。


はた坊






最終更新日  2020.02.24 22:16:58
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.21
カテゴリ:カブラ







2019年
01月03日 かぶら 収獲をした 4回目なり
01月12日 かぶら 5回目の収獲をした
01月19日 かぶら 6回目の収獲をした
01月20日 かぶら その後も まだまだ ある
02月02日 かぶら 7回目の収獲をしておいた
02月16日 かぶら 残りは これくらいだなあ
02月17日 かぶら 8回目の収獲をしておいた

秋のかぶら
08月25日 かぶら 種をかってきておいた
08月31日 かぶら 発芽してきている
09月01日 かぶら 畑に移動して植え付けをしておいた
09月07日 かぶら g-1の畝にもみがらつけている 半分くらいは無事なり
09月08日 かぶら g-1の畝の分 なんとか かんとか 無事かな
09月14日 かぶら g-1の畝の分 残っているのは 1本くらい 消滅かな

かぶら 第二弾
09月01日 かぶら 種まきをしておいた
09月05日 かふら 発芽してきている
09月08日 かぶら m-08の畝の分 なんとか かんとか 無事かな
09月14日 かぶら m-08の畝の分 残っているのは 1本くらいだなあ

第三弾の種まき
09月07日 かぶら 残りのタネを庭でたねまきをした
09月12日 かぶら すこし発芽してきている
09月21日 かぶら g-01のかぶらの苗 残っているのは わずかなり 少ないなあ
09月29日 かぶら g-01の苗もすなくなっている 今年はかぶら 不調なり

第四弾
10月12日 がふら 苗の移動したもの 3回分ともに 残りはなし 雨不足で消滅した
10月13日 hcで 追加のかぶらのタネを 買ってきた
10月14日 庭でかぶら 種まきをしておいた
10月19日 かぶら 追加で庭の種まきした分 発芽してきている
10月26日 かぶら g-01の畝に植えているが まだ 小さいままだな
11月04日 かぶら 今年の苗はあまり残っていないな まあ なんとか育つだろう
11月16日 かぶら g-01の畝の分 こちらが残っているだけだな まだ 小さい
12月01日 かぶら g-01の畝の分 今年はかなり小さいかぶらになりそう
12月14日 かぶら ちいさいが どこまで おおきくなるか 様子見している
12月15日 かふら 見ると かなり ちいさいな これは5回目の分なので ちいさい
12月21日 かぶら g-01の畝の分 葉の生育は元気になっている

2020年
01月01日 かぶら 根っこをみてみると ちいさいが かぶらになってきている
01月04日 かぶら 根っこ ちいさいが 収獲はokとなっている
01月05日 かぶら 今年は1-2-3弾は全滅 4弾めが やっと育ったが ちいさいぞ
01月11日 かぶら 最近やや 生育をしてきている やや 大きくなりだしたかな
01月18日 かぶら 収獲はokとなっている ちいさいがokだなあ
01月25日 かぶら まあまあ 残っているのは 収獲できるようになっている
01月26日 かぶら 収獲をしておいた まあまあかな
02月01日 かぶら 2月になると それなりに大きくなってきている
02月08日 かぶら 1-3弾のものはなくなったが 4-5弾のものが なんとか収獲できそう
02月15日 かぶら 根っこみてみると やや成長してきているなあ













東浩紀  おべんきょうその021

哲学

東浩紀はフランス現代思想の研究者として出発し、大学在学中より批評活動を行っていた。

『批評空間』において連載していたジャック・デリダに関する論文は
1998年に『存在論的、郵便的―ジャック・デリダについて』として新潮社より単行本化され、
翌1999年、東はそれを博士論文として東京大学へ提出した。

デリダを研究するきっかけとして、
そもそも教科書や童話を除くフランス語文献として
初めて読み通した書物がデリダの『Khôra』(フランス、1993年出版)だったという[57][58]。
以降もデリダ論を扱い、自身をデリディアンとすることもある[59]。

デリダの作品において、東浩紀が高く評価している書物は『グラマトロジーについて』である[60]。

デリダという哲学者について、東浩紀はTwitter上で次のように述べたことがある。

「【デリダとは】仏哲学者。
20世紀のすぐれた哲学者の常として「哲学なんていみなくね?」というのをすごく哲学的に言って、ややこしくなってしまったひと。
でも基本の着想はいいので哲学の呪縛から解き放たれればいい仕事できた可能性がある。
東浩紀はその可能性を「郵便的」と呼んだ。以上。」[61]



はた坊






最終更新日  2020.02.21 02:56:57
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.14
カテゴリ:カブラ







2019年
01月03日 かぶら 収獲をした 4回目なり
01月12日 かぶら 5回目の収獲をした
01月19日 かぶら 6回目の収獲をした
01月20日 かぶら その後も まだまだ ある
02月02日 かぶら 7回目の収獲をしておいた
02月16日 かぶら 残りは これくらいだなあ
02月17日 かぶら 8回目の収獲をしておいた

秋のかぶら
08月25日 かぶら 種をかってきておいた
08月31日 かぶら 発芽してきている
09月01日 かぶら 畑に移動して植え付けをしておいた
09月07日 かぶら g-1の畝にもみがらつけている 半分くらいは無事なり
09月08日 かぶら g-1の畝の分 なんとか かんとか 無事かな
09月14日 かぶら g-1の畝の分 残っているのは 1本くらい 消滅かな

かぶら 第二弾
09月01日 かぶら 種まきをしておいた
09月05日 かふら 発芽してきている
09月08日 かぶら m-08の畝の分 なんとか かんとか 無事かな
09月14日 かぶら m-08の畝の分 残っているのは 1本くらいだなあ

第三弾の種まき
09月07日 かぶら 残りのタネを庭でたねまきをした
09月12日 かぶら すこし発芽してきている
09月21日 かぶら g-01のかぶらの苗 残っているのは わずかなり 少ないなあ
09月29日 かぶら g-01の苗もすなくなっている 今年はかぶら 不調なり

第四弾
10月12日 がふら 苗の移動したもの 3回分ともに 残りはなし 雨不足で消滅した
10月13日 hcで 追加のかぶらのタネを 買ってきた
10月14日 庭でかぶら 種まきをしておいた
10月19日 かぶら 追加で庭の種まきした分 発芽してきている
10月26日 かぶら g-01の畝に植えているが まだ 小さいままだな
11月04日 かぶら 今年の苗はあまり残っていないな まあ なんとか育つだろう
11月16日 かぶら g-01の畝の分 こちらが残っているだけだな まだ 小さい
12月01日 かぶら g-01の畝の分 今年はかなり小さいかぶらになりそう
12月14日 かぶら ちいさいが どこまで おおきくなるか 様子見している
12月15日 かふら 見ると かなり ちいさいな これは5回目の分なので ちいさい
12月21日 かぶら g-01の畝の分 葉の生育は元気になっている

2020年
01月01日 かぶら 根っこをみてみると ちいさいが かぶらになってきている
01月04日 かぶら 根っこ ちいさいが 収獲はokとなっている
01月05日 かぶら 今年は1-2-3弾は全滅 4弾めが やっと育ったが ちいさいぞ
01月11日 かぶら 最近やや 生育をしてきている やや 大きくなりだしたかな
01月18日 かぶら 収獲はokとなっている ちいさいがokだなあ
01月25日 かぶら まあまあ 残っているのは 収獲できるようになっている
01月26日 かぶら 収獲をしておいた まあまあかな
02月01日 かぶら 2月になると それなりに大きくなってきている
02月08日 かぶら 1-3弾のものはなくなったが 4-5弾のものが なんとか収獲できそう












認識論    おべんきょうその03

概要

知識とは、真であり、かつ、信じられている命題の部分集合であるとの定式は
プラトンに起源をもつ。

多義性

多義的な語なので注意が必要である。

日本語の「認識論」は 独: Erkenntnistheorie の訳語である[2]。

ドイツで初めてこの語を用いたのはドイツの哲学者K・ラインホールトであると言われているが、もちろん認識論的な問題そのものは古代ギリシアから存在した[2]。

英語の Epistemology と仏語の Épistémologie の語源は、
ギリシア語の「知」(希: epistēmē、エピステーメー)と、
合理的な言説(希: logos、ロゴス)を合成したものであり、
スコットランドの哲学者J・フェリエが1854年に出版した「形而上学概論」で
初めて使用したとされる[2]。

英語の Epistemology は theory of knowledge と互換的な意味あいがあるが、
仏語の Épistémologie はそのような意味合いはなく、
あくまで科学哲学の一つの方法論ないし理論であり、
日本語では「科学認識論」と訳される[2]。

フランス語の 仏: Théorie de la connaissance はグノセオロジー(フランス語版) とも呼ばれる。



はた坊






最終更新日  2020.02.14 02:55:44
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.07
カテゴリ:カブラ







2019年
01月03日 かぶら 収獲をした 4回目なり
01月12日 かぶら 5回目の収獲をした
01月19日 かぶら 6回目の収獲をした
01月20日 かぶら その後も まだまだ ある
02月02日 かぶら 7回目の収獲をしておいた
02月16日 かぶら 残りは これくらいだなあ
02月17日 かぶら 8回目の収獲をしておいた

秋のかぶら
08月25日 かぶら 種をかってきておいた
08月31日 かぶら 発芽してきている
09月01日 かぶら 畑に移動して植え付けをしておいた
09月07日 かぶら g-1の畝にもみがらつけている 半分くらいは無事なり
09月08日 かぶら g-1の畝の分 なんとか かんとか 無事かな
09月14日 かぶら g-1の畝の分 残っているのは 1本くらい 消滅かな

かぶら 第二弾
09月01日 かぶら 種まきをしておいた
09月05日 かふら 発芽してきている
09月08日 かぶら m-08の畝の分 なんとか かんとか 無事かな
09月14日 かぶら m-08の畝の分 残っているのは 1本くらいだなあ

第三弾の種まき
09月07日 かぶら 残りのタネを庭でたねまきをした
09月12日 かぶら すこし発芽してきている
09月21日 かぶら g-01のかぶらの苗 残っているのは わずかなり 少ないなあ
09月29日 かぶら g-01の苗もすなくなっている 今年はかぶら 不調なり

第四弾
10月12日 がふら 苗の移動したもの 3回分ともに 残りはなし 雨不足で消滅した
10月13日 hcで 追加のかぶらのタネを 買ってきた
10月14日 庭でかぶら 種まきをしておいた
10月19日 かぶら 追加で庭の種まきした分 発芽してきている
10月26日 かぶら g-01の畝に植えているが まだ 小さいままだな
11月04日 かぶら 今年の苗はあまり残っていないな まあ なんとか育つだろう
11月16日 かぶら g-01の畝の分 こちらが残っているだけだな まだ 小さい
12月01日 かぶら g-01の畝の分 今年はかなり小さいかぶらになりそう
12月14日 かぶら ちいさいが どこまで おおきくなるか 様子見している
12月15日 かふら 見ると かなり ちいさいな これは5回目の分なので ちいさい
12月21日 かぶら g-01の畝の分 葉の生育は元気になっている

2020年
01月01日 かぶら 根っこをみてみると ちいさいが かぶらになってきている
01月04日 かぶら 根っこ ちいさいが 収獲はokとなっている
01月05日 かぶら 今年は1-2-3弾は全滅 4弾めが やっと育ったが ちいさいぞ
01月11日 かぶら 最近やや 生育をしてきている やや 大きくなりだしたかな
01月18日 かぶら 収獲はokとなっている ちいさいがokだなあ
01月25日 かぶら まあまあ 残っているのは 収獲できるようになっている
01月26日 かぶら 収獲をしておいた まあまあかな
02月01日 かぶら 2月になると それなりに大きくなってきている











竹中平蔵    おべんきょうその039

著作

共著


加藤寛著者代表、竹中平蔵・塩川正十郎・宮内義彦ほか述『立国は私なり、公にあらず 日本再生への提言』第一法規出版、2005年。ISBN 4474018532

「シンクタンク2005・日本」編、小泉純一郎・中川秀直・武部勤ほか著『自民党の底力』成甲書房、2007年。ISBN 9784880862149

加藤寛・竹中平蔵著『改革の哲学と戦略 構造改革のマネジメント』日本経済新聞出版社、2008年。ISBN 9784532353032

竹中平蔵・幸田真音著『ニッポン経済の「ここ」が危ない! 最新版・わかりやすい経済学教室』文藝春秋、2008年。ISBN 9784163699103

竹内健蔵・中条潮編著、竹中平蔵ほか述『挑戦日本再生 「公」と「私」の境界を超えて』エヌ・ティ・ティ出版、2008年。ISBN 9784757122161

竹中平蔵著・藤井昌子漫画『竹中先生、経済ってなんですか?』ナレッジフォア、2008年。ISBN 9784903441092


はた坊






最終更新日  2020.02.07 03:28:56
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.02
カテゴリ:カブラ







2019年
01月03日 かぶら 収獲をした 4回目なり
01月12日 かぶら 5回目の収獲をした
01月19日 かぶら 6回目の収獲をした
01月20日 かぶら その後も まだまだ ある
02月02日 かぶら 7回目の収獲をしておいた
02月16日 かぶら 残りは これくらいだなあ
02月17日 かぶら 8回目の収獲をしておいた

秋のかぶら
08月25日 かぶら 種をかってきておいた
08月31日 かぶら 発芽してきている
09月01日 かぶら 畑に移動して植え付けをしておいた
09月07日 かぶら g-1の畝にもみがらつけている 半分くらいは無事なり
09月08日 かぶら g-1の畝の分 なんとか かんとか 無事かな
09月14日 かぶら g-1の畝の分 残っているのは 1本くらい 消滅かな

かぶら 第二弾
09月01日 かぶら 種まきをしておいた
09月05日 かふら 発芽してきている
09月08日 かぶら m-08の畝の分 なんとか かんとか 無事かな
09月14日 かぶら m-08の畝の分 残っているのは 1本くらいだなあ

第三弾の種まき
09月07日 かぶら 残りのタネを庭でたねまきをした
09月12日 かぶら すこし発芽してきている
09月21日 かぶら g-01のかぶらの苗 残っているのは わずかなり 少ないなあ
09月29日 かぶら g-01の苗もすなくなっている 今年はかぶら 不調なり

第四弾
10月12日 がふら 苗の移動したもの 3回分ともに 残りはなし 雨不足で消滅した
10月13日 hcで 追加のかぶらのタネを 買ってきた
10月14日 庭でかぶら 種まきをしておいた
10月19日 かぶら 追加で庭の種まきした分 発芽してきている
10月26日 かぶら g-01の畝に植えているが まだ 小さいままだな
11月04日 かぶら 今年の苗はあまり残っていないな まあ なんとか育つだろう
11月16日 かぶら g-01の畝の分 こちらが残っているだけだな まだ 小さい
12月01日 かぶら g-01の畝の分 今年はかなり小さいかぶらになりそう
12月14日 かぶら ちいさいが どこまで おおきくなるか 様子見している
12月15日 かふら 見ると かなり ちいさいな これは5回目の分なので ちいさい
12月21日 かぶら g-01の畝の分 葉の生育は元気になっている

2020年
01月01日 かぶら 根っこをみてみると ちいさいが かぶらになってきている
01月04日 かぶら 根っこ ちいさいが 収獲はokとなっている
01月05日 かぶら 今年は1-2-3弾は全滅 4弾めが やっと育ったが ちいさいぞ
01月11日 かぶら 最近やや 生育をしてきている やや 大きくなりだしたかな
01月18日 かぶら 収獲はokとなっている ちいさいがokだなあ
01月25日 かぶら まあまあ 残っているのは 収獲できるようになっている
01月26日 かぶら 収獲をしておいた まあまあかな











東浩紀  おべんきょうその03

略歴
1978年4月、三鷹市立東台小学校(現・鷹南学園三鷹市立東台小学校)入学。
後に、東京都三鷹市中原から神奈川県横浜市青葉区に転居

1984年3月、横浜市立みたけ台小学校卒業
1987年3月、筑波大学附属駒場中学校卒業
1990年
3月、筑波大学附属駒場高等学校卒業
4月、東京大学文科一類入学
1994年3月、東京大学教養学部教養学科第一科学史・科学哲学分科卒業

1999年
3月、東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)[9]。
4月、日本学術振興会特別研究員 (PD)

2002年
3月、日本学術振興会特別研究員 (PD) 修了
4月、慶應義塾大学文学部非常勤講師に就任(2004年3月末まで)。

2003年
4月
国際大学グローバル・コミュニケーションセンター主任研究員・助教授に就任。
経済産業研究所リサーチアシスタント
5月、スタンフォード日本センターリサーチフェロー(2006年8月まで)。

2004年
3月、経済産業研究所リサーチアシスタントを退職。
4月、東京大学大学院情報学環・学際情報学府客員助教授
9月、国際大学グローバル・コミュニケーションセンター主幹研究員
11月、国際大学グローバル・コミュニケーションセンター教授
2005年3月、東京大学大学院情報学環・学際情報学府客員助教授を退職

2006年
4月、国際大学グローバル・コミュニケーションセンター副所長
6月、国際大学グローバル・コミュニケーションセンター副所長を辞任。
7月末、国際大学グローバル・コミュニケーションセンター教授・主幹研究員を退職。
10月、東京工業大学世界文明センター人文学院 特任教授
2007年4月、東京工業大学世界文明センター人文学院ディレクター(特任教授は継続)

2010年
4月
早稲田大学文学学術院教授(任期付き)
合同会社コンテクチュアズ(現:株式会社ゲンロン)を創立。代表取締役社長
合同会社コンテクチュアズ(現:株式会社ゲンロン)設立。
『クォンタム・ファミリーズ』(新潮社)で第23回三島由紀夫賞受賞

2013年3月末、早稲田大学文学学術院教授を退職

はた坊






最終更新日  2020.02.02 20:37:30
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.30
カテゴリ:カブラ







2019年
01月03日 かぶら 収獲をした 4回目なり
01月12日 かぶら 5回目の収獲をした
01月19日 かぶら 6回目の収獲をした
01月20日 かぶら その後も まだまだ ある
02月02日 かぶら 7回目の収獲をしておいた
02月16日 かぶら 残りは これくらいだなあ
02月17日 かぶら 8回目の収獲をしておいた

秋のかぶら
08月25日 かぶら 種をかってきておいた
08月31日 かぶら 発芽してきている
09月01日 かぶら 畑に移動して植え付けをしておいた
09月07日 かぶら g-1の畝にもみがらつけている 半分くらいは無事なり
09月08日 かぶら g-1の畝の分 なんとか かんとか 無事かな
09月14日 かぶら g-1の畝の分 残っているのは 1本くらい 消滅かな

かぶら 第二弾
09月01日 かぶら 種まきをしておいた
09月05日 かふら 発芽してきている
09月08日 かぶら m-08の畝の分 なんとか かんとか 無事かな
09月14日 かぶら m-08の畝の分 残っているのは 1本くらいだなあ

第三弾の種まき
09月07日 かぶら 残りのタネを庭でたねまきをした
09月12日 かぶら すこし発芽してきている
09月21日 かぶら g-01のかぶらの苗 残っているのは わずかなり 少ないなあ
09月29日 かぶら g-01の苗もすなくなっている 今年はかぶら 不調なり

第四弾
10月12日 がふら 苗の移動したもの 3回分ともに 残りはなし 雨不足で消滅した
10月13日 hcで 追加のかぶらのタネを 買ってきた
10月14日 庭でかぶら 種まきをしておいた
10月19日 かぶら 追加で庭の種まきした分 発芽してきている
10月26日 かぶら g-01の畝に植えているが まだ 小さいままだな
11月04日 かぶら 今年の苗はあまり残っていないな まあ なんとか育つだろう
11月16日 かぶら g-01の畝の分 こちらが残っているだけだな まだ 小さい
12月01日 かぶら g-01の畝の分 今年はかなり小さいかぶらになりそう
12月14日 かぶら ちいさいが どこまで おおきくなるか 様子見している
12月15日 かふら 見ると かなり ちいさいな これは5回目の分なので ちいさい
12月21日 かぶら g-01の畝の分 葉の生育は元気になっている

2020年
01月01日 かぶら 根っこをみてみると ちいさいが かぶらになってきている
01月04日 かぶら 根っこ ちいさいが 収獲はokとなっている
01月05日 かぶら 今年は1-2-3弾は全滅 4弾めが やっと育ったが ちいさいぞ
01月11日 かぶら 最近やや 生育をしてきている やや 大きくなりだしたかな
01月18日 かぶら 収獲はokとなっている ちいさいがokだなあ
01月25日 かぶら まあまあ 残っているのは 収獲できるようになっている











淡路島   おべんきょうその031

ゆかりの人物

奥華子(シンガーソングライター・作曲家、父親の出身地)
桂吉弥(落語家・俳優、祖母の出身地)
杉良太郎(俳優・歌手、父親の出身地)

増田英彦(お笑いタレント、父親の出身地)
村上信夫(フランス料理のシェフ、父親の出身地)
湊かなえ(小説家、洲本市在住)

反正天皇(第18代天皇)
淳仁天皇(第47代天皇)


はた坊






最終更新日  2020.01.30 01:34:29
コメント(0) | コメントを書く

全366件 (366件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 37 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.