2827131 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

はた坊のブログ   家庭菜園を始めて16年目になりました

PR

全43件 (43件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

水菜

2017.03.19
XML
カテゴリ:水菜







2013年
ひさしぶり水菜の種があったので
種まきをした

畑があいているので 水菜  栽培しよう

06月09日 種まきしする
06月16日 発芽している

もう すこし大きくなったら 畑に移動しよう
06月25日 発芽せず あららあ 今回もダメだなあ

10月05日 水菜の苗が2本あったので 買ってきて畑に植えておいた
10月14日 1本かれた  あらあら
10月20日 残りの1本も調子がよくないなあ  虫にかじられている

水菜  在庫は この1本のみ


2014-2015-2016年は 水菜 なし


2017年
01月01日 青梗菜の畝に 水菜 1本 生えていた

今年も 水菜 1本  育てていこう
01月15日 水菜 やや 大きくなりだしている 楽しみだなあ
02月11日 水菜 その後は 成長しないなあ 時期的には 花芽がでるだけのようだなあ
03月11日 水菜 けっきょく サイズはそのまま で 収穫をしておいた




花   おべんきょうその019

文化

言語的文化としては、漢字文化圏では「」と書き日本語には「華やか」「社交界の花」「華がある」などは肯定的表現として用いられている。

「きれいな薔薇にはとげがある(Every rose has its thorn.There's no rose without a thorn.)」=美人に裏がある、といった外国の慣用句も 単純な肯定ではないが、ヒトの感性において美しいと認識する人間を花に例えている。

強い色彩を持つ観賞用の火薬の爆発に「花火」という字を当てるのは漢字文化圏に共通である(ただし、中国語では「烟火」が主)。

自然現象によるものとしては、「雪の花」は形状が花に似ていることに由来する名である。

温泉
の成分が集まることで発生する「湯の花」や、美しい結晶薔薇の花に譬えた "desert rose (砂漠の薔薇)" など、「花」を美的な存在の代名詞として扱う向きは日本でも外国でも見られる。



はた坊






最終更新日  2017.03.19 00:35:36
コメント(0) | コメントを書く


2017.02.19
カテゴリ:水菜






2013年
ひさしぶり水菜の種があったので
種まきをした

畑があいているので 水菜  栽培しよう

06月09日 種まきしする
06月16日 発芽している

もう すこし大きくなったら 畑に移動しよう
06月25日 発芽せず あららあ 今回もダメだなあ

10月05日 水菜の苗が2本あったので 買ってきて畑に植えておいた
10月14日 1本かれた  あらあら
10月20日 残りの1本も調子がよくないなあ  虫にかじられている

水菜  在庫は この1本のみ


2014-2015-2016年は 水菜 なし


2017年
01月01日 青梗菜の畝に 水菜 1本 生えていた

今年も 水菜 1本  育てていこう
01月15日 水菜 やや 大きくなりだしている 楽しみだなあ
02月11日 水菜 その後は 成長しないなあ 時期的には 花芽がでるだけのようだなあ





地球   おべんきょうその036

地球システム

地球の内部熱は外核の対流を起こし、ダイナモ運動から磁場が生じる。

これは地表を突きぬけ宇宙空間に広がり、太陽風を防ぐ。

このため地球大気は水素など軽い元素が宇宙空間に逃れることを防いでいる

一方でこの熱はマントル対流を起こし、これが地殻のプレート運動や造山活動につながり海と陸を形成している

この陸では雨に溶け込んだ二酸化炭素と珪素酸化物と結びつき、炭酸塩となって流れ込んだ海底に沈殿して石灰岩となる。

これはプレート運動で移動し、一部はマントル内に回収されてゆき、火山活動でふたたび地上に供給されるという炭素循環システムを司る。
この炭酸循環はある程度の広さを持った陸地、すなわち大陸が必要になる


はた坊






最終更新日  2017.02.19 02:18:52
コメント(0) | コメントを書く
2017.01.22
カテゴリ:水菜







2013年
ひさしぶり水菜の種があったので
種まきをした

畑があいているので 水菜  栽培しよう

06月09日 種まきしする
06月16日 発芽している

もう すこし大きくなったら 畑に移動しよう
06月25日 発芽せず あららあ 今回もダメだなあ

10月05日 水菜の苗が2本あったので 買ってきて畑に植えておいた
10月14日 1本かれた  あらあら
10月20日 残りの1本も調子がよくないなあ  虫にかじられている

水菜  在庫は この1本のみ


2014-2015-2016年は 水菜 なし


2017年
01月01日 青梗菜の畝に 水菜 1本 生えていた

今年も 水菜 1本  育てていこう
01月15日 水菜 やや 大きくなりだしている 楽しみだなあ




地球  おべんきようその011

地球楕円体の測定の歴史

近代的な測量により最初に計算された地球楕円体は、
ピエール・ルイ・モーペルテュイが1738年に公表した、
北極圏内のトルネ谷における子午線弧長の測量結果によるものであり、
この測量結果と別途実施されていたフランスでの測量結果との突合により
地球は扁球状であると結論づけているが、
測量誤差の影響のため現代の値より扁平率が大きく見積もられている。

現代の値に相当程度近い結果で初期のものとしては、
ジョージ・エベレストによるインド地方の子午線弧長測量によるもので、1830年に公表された。

この地球楕円体構造により、
地球の中心点からの距離が最も大きいのはエベレスト山頂(北緯28 標高8,848 m)ではなく
南米のチンボラソ山頂(南緯01 標高6,267 m)である
(アフリカ大陸赤道直下のキリマンジャロは南緯03 標高5,895 m)。



はた坊






最終更新日  2017.01.22 00:20:22
コメント(0) | コメントを書く
2017.01.07
カテゴリ:水菜





2013年
ひさしぶり水菜の種があったので
種まきをした

畑があいているので 水菜  栽培しよう

06月09日 種まきしする
06月16日 発芽している

もう すこし大きくなったら 畑に移動しよう
06月25日 発芽せず あららあ 今回もダメだなあ

10月05日 水菜の苗が2本あったので 買ってきて畑に植えておいた
10月14日 1本かれた  あらあら
10月20日 残りの1本も調子がよくないなあ  虫にかじられている

水菜  在庫は この1本のみ


2014-2015-2016年は 水菜 なし


2017年
01月01日 青梗菜の畝に 水菜 1本 生えていた

今年も 水菜 1本  育てていこう




鳥居    おべんきようその03

起源

鳥居の起源については諸説あり、考古学的起源についてはっきりしたことは分かっていない。

単に木と木を縄で結んだものが鳥居の起こりであると考えられる[1]。

文献に徴すれば古くは「於不葦御門(うへふかずのみかど)」(皇太神宮儀式帳[5])と称して、奈良時代から神社建築の門の一種としている[6]。

いずれにせよ、8世紀頃に現在の形が確立している。

そのほか主要な説として、天照大御神(あまてらすおおみかみ)を天岩戸から誘い出すために鳴かせた「常世の長鳴鳥(とこよのながなきどり)」(鶏)に因み、
神前に鶏の止まり木を置いたことが起源であるとする説、
日本の冠木門に起源を求める説、
インド仏教にみられるトラナや中国の華表や鳥竿、牌楼(ぱいろう)、
朝鮮半島の紅箭門(こうぜんもん・ホンサルムン)[7]、
イスラエルの移動型神殿、
雲南省とビルマとの国境地帯に住むアカ族(英: Akha)の「村の門(ロコーン)」など
海外に起源を求める説などがある[8][9][10][11]。

また、ユダヤ教と関連があるとする説もある(日ユ同祖論)[12][13]。

満州には鳥居のような冠木門が見られる[14]。



はた坊






最終更新日  2017.01.07 03:00:03
コメント(0) | コメントを書く
2013.10.22
カテゴリ:水菜
  • みずな.JPG








2011年
第一弾の種まき
09月23日 種まきした
10月10日 m20の畑に移動した
10月23日 苗が消滅 ?? なくなった あらあら


第二弾の種まき
10月23日 再度の種まきをしておく
11月05日 発芽したのを畑に移動する g-22に植えておいた
12月20日 これも 消滅 あらあら 失敗となった



2012年
水菜は 栽培せず
他の野菜で 忙しいので スキップした



2013年
ひさしぶり水菜の種があったので
種まきをした

畑があいているので 水菜  栽培しよう

06月09日 種まきしする
06月16日 発芽している

もう すこし大きくなったら 畑に移動しよう
06月25日 発芽せず あららあ 今回もダメだなあ

10月05日 水菜の苗が2本あったので 買ってきて畑に植えておいた
10月14日 1本かれた  あらあら
10月20日 残りの1本も調子がよくないなあ  虫にかじられている

水菜  在庫は この1本のみ




東日本大震災 3月11日発生
10月22日は 既に955日後となった   阪神大震災は、1月17日で発生から18年

武田さんのブログ
---------------------------------------------
被曝と健康、医療をもう一度、考える 7.専門家の倫理と医師の資格

「07tdyno.401-(10:18).mp3」をダウンロード
このブログでは複数回、記事に載せたが、「専門家の倫理と医師の資格」の問題は福島原発事故で大きな課題として浮かび上がったものの一つである.

専門家とは何であろうか? それは主として二つの要件を持っていると考えられる.

Bandicam_20131003_101301393

一つはこの図に示したように、普遍的法則、たとえば医学に基づき、長期間高度な修練を積むということで、それによって「普遍的であり、一般人とは違うレベルにある」ということが確定する.医師では医学に従い、6年制の大学を卒業して医師試験に合格し、さらに2年から5年の研修期間を終えるのだから、一般人よりかなり高い専門性を有することになる.

更に加えて「不特定多数」に責任を持つという特徴を有する. 患者の人種、性別、年齢、趣味、政治的信条などにかかわらず医師は患者の治療に当たり、手術や薬の投与が収益につながるからという理由ではそれらを実施することもなく、また医療機関の理事長の命令に従って治療する事もしない.完全に個人で独立している.

これは大学教授も同じで、学長や理事長の息子が講義を受け、理事長から合格させるように命じられていても、他の学生と全く同じく取り扱う. 授業料を受け取っている相手の学生を叱ったり、不可をつけて不合格にするのも専門家としての特徴である。

つまりお金をもらう客先、自分の上司のどちらの命令も聞かないということで、それが専門職としての最大の特徴であり、このことを現実的に実施するために国家資格や身分保障などがついている.

Bandicam_20131003_101306493

もう一つは「専門家は自由な発言が制限される」ということで、このことは2011年にイタリアで起こった地震の予知で、予知に失敗した学者が禁固刑になった例で判る. 地震学者で「学問」を専らにしている人は何を言っても罰せられない.それは学問の自由が「内的・精神的自由」に限定されているからだ.

しかし、学者がここでいう「専門家」、つまりはやや狭義の専門家の場合、その言動には強い制約がかかる. 裁判官は被告に死刑の判決をすることもできるが、自ら法律を作ることは禁じられている.医師は患者の両脚を必要に応じて切断しても傷害罪に問われる事は無いが、安楽死を施すことはできない。

教師は自らの研究が学術的に定まっていない状態で、学生に教えてはいけない.つまり専門家の大きな制約は「学問的、または社会的な合意」を出ることができないと言うことを示している.福島原発事故では医師、専門家が法令の基準を逸脱し、自らの判断で「被曝は大丈夫」というような発言をした。医学者が医学会で自らの見解を述べるのには何の制約もないが、それが社会的な影響を持つことが明らかな場所(たとえば福島県が準備した住民の説明会)においては、法令を遵守すること、その内容の説明に限定される.

Bandicam_20131003_101309844

また、医学会においてはランセット論文などに代表される「医療被曝とガンなどの疾病」の問題について深く研究をすることが大切である.

これまで放射線に関係する治療や検査を行ってきた医師が、真の意味で患者の信託・・・患者の治療というメリットと被曝という損害がバランスする以上は被曝させない・・・に応じてきたか、真剣に考えてきたかが問われると考えられる.

(平成25年10月7日)武田邦彦


ふむふむ

はた坊






最終更新日  2013.10.22 02:47:05
コメント(0) | コメントを書く
2013.06.19
テーマ:家庭菜園(42060)
カテゴリ:水菜
  • みずな.JPG






2011年
第一弾の種まき
09月23日 種まきした
10月10日 m20の畑に移動した
10月23日 苗が消滅 ?? なくなった あらあら


第二弾の種まき
10月23日 再度の種まきをしておく
11月05日 発芽したのを畑に移動する g-22に植えておいた
12月20日 これも 消滅 あらあら 失敗となった



2012年
水菜は 栽培せず
他の野菜で 忙しいので スキップした



2013年
ひさしぶり水菜の種があったので
種まきをした

畑があいているので 水菜  栽培しよう

06月09日 種まきしする
06月16日 発芽している

もう すこし大きくなったら 畑に移動しよう





東日本大震災 3月11日発生
6月19日は 既に830日後となった   阪神大震災は、1月17日で発生から18年

武田さんのブログ
---------------------------------------------
反日日本人・発生の経過と原因(2) ロシアの侵略

「hanrosiasinsyututdyno.252-(10:05).mp3」をダウンロード

20世紀の初め、ロシアは雪崩のごとく極東に勢力を伸ばし、モンゴルの領地を取って、さらに満州北部に来て、「ウラジオストック(東の支配)」を建設した。その後、満州を南下して旅順に軍港を作り、さらに現在の韓国・釜山の近くの鎮海湾を軍港にすると宣言した。



地図でわかるとおり、モンゴル(韃靼)、中国(清)、朝鮮の領土を次々と侵略していくロシア・・・今では考えられないことだが、それが20世紀初頭の白人のやり方だった。そして有色人種は圧倒的な白人の軍事力に屈していた。中国(清)は戦わずして満州をロシアにあげ、ロシアが鎮海湾に来るのも間近になった。

もともと鎮海湾は自然の良港で日本に蒙古が襲来したときに軍船が出航した場所である。ロシアは、鎮海湾に軍港を作ったら、ウラジオストックから新潟へ、鎮海湾から佐世保港へ、さらに台湾に進出する計画だった。

今では考えられないことだが、「侵略」とはこういうものだった。ロシア陸軍は最強だったから、陸伝いに韓国の南まで進出するのに妨害できる国はなかった。

当時、ロシア皇帝はニコライ二世だったが、あまりに強引なやり方にドイツ皇帝が「やり方が乱暴ではないか」と注意をしたとき、ニコライ二世は「東洋のサルなど反抗してくるはずはない。余が戦争を為ないつもりなので、戦争など起こらない」と言った記録がある。

日本は日清戦争で朝鮮を独立させ(当時、朝鮮は独力では独立できなかった)、共同でロシア進出を止めようとしたが、朝鮮は戦うことは嫌ったので、鎮海湾にロシアは軍港を作る計画を示したのだ。

日本としては、鎮海湾から佐世保港、台湾、それに新潟を取られるか、それとも戦うかの選択を迫られたのだった。ちょうど、玄関に強盗が来て扉を叩き、あと10分もすると玄関が破られて強盗が家の中に入ってくる・・・家には幼い子どもや女がいる・・・という状況に至ったのだった。

これはアジアの植民地となった他の国とまったく同じだった。植民地になると女性は乱暴され、優れた若者は両手首を切り取る・・・それが当時の白人のやり方だった。

反日日本人はロシアはもちろん、女性を自由に乱暴したポルトガルも、手首を切り落としたイギリスも非難しない。(平成25年6月16日)武田邦彦


ふむふむ

はた坊






最終更新日  2013.06.19 01:03:45
コメント(0) | コメントを書く
2011.11.06
テーマ:家庭菜園(42060)
カテゴリ:水菜
ミズナ(水菜、学名:Brassica rapa var. nipposinica)
アブラナ科の越年草。別名で、キョウナ(京菜)、ヒイラギナ(柊菜)、センスジナ(千筋菜)など。

科 : アブラナ科 Brassicaceae
属 : アブラナ属 Brassica
種 : カブ B. rapa
変種 : ミズナ var. nipposinica
学名 Brassica rapa L.  var. nipposinica (L.H.Bailey) Kitam.
和名 ミズナ(水菜)
英名 Potherb Mustard


5年前
サラダ京水菜は10月より収穫を始めて今年の3月11日まで20回も収穫できた 2月25日に花芽が付き出して3月11日までは食べれたがその後はトウがたって固い固い ギブアップ

4年前
同じくサラダ水菜を作り 収穫は11月8日より3月4日まで14回の収穫をできた


3年年 同じくサラダ水菜植えた  種蒔きは1回のみ

9月30日  種蒔き
10月8日  発芽する
10月10日  苗を畑に移動
02月17日  9回目の収穫にて終了 植えたのが16株のみで少なめだった

水菜は葉が沢山になって茂ってくるので 16本もあればok
しかし2月になれば 大きくならず小さくなってきた
収穫は11月17日より2月17日まで3ヶ月で9回 毎月3回づつの収穫となった



2年前のミズナ  種蒔き9月6日に

残りの種の袋があるので これを使用
09月06日 種蒔き
09月10日 発芽
09月13日 16potを畑に移動  m-20に植え付けておく
10月04日 その後すこし大きくなってきている 数が減ったので追加の種蒔きしておく
10月18日 まあまあ 大きくなってきている 
11月18日 ますます大きくなりつつある
12月24日 収穫はいつでもok
01月04日 そろそろ 収穫だな
01月24日 ミズナ 3株の収穫をした
1月31日 残り3株を収穫した
2月07日 残り3株を収穫した
2月14日 残り3株を収穫した
2月28日 残り2株を収穫した
3月06日 残り2株を収穫した これにて 終了

3月06日は啓蟄 虫が出て来るが 雨で畑の土は水だらけ  ミズナは花の蕾が出てきていた



昨年のミズナ
種蒔きは普通9月だけど 忘れていた
そろそろ 種蒔きをしておく   g-10
10月10日 種蒔きをする 庭のポットにばら撒いておく
10月17日 発芽している 
10月24日 畑への移動をしておく g-10に植え付けをしておく ついでに予備の種蒔き
11月14日 まあまあ小さいながらも生育中
12月19日 大きくなってきた そろそろ収穫してもよさそう

第二段    m-20
10月24日 種まきしておく
11月03日 発芽している
11月14日 畑のm20に移動しておく
12月19日 ぼちぼち生育中 

第三弾   g-10
10月31日 種まきしておく
11月14日 発芽している
11月28日 g-10のはたけに移動しておく
12月19日 こちらのも遅れながらも生育してきている

9月に種まきする分  10月に種まき 12月で収穫できそうになった
第一弾の収穫
02月27日 やっと収穫をしたおいた 3株でも大きいな
03月13日 2株を収穫しておいた
残りも毎週これから収穫しよう




今年の水菜
第一弾の種まき
09月23日 種まきした
10月10日 m20の畑に移動した
10月23日 苗が消滅 ?? なくなった あらあら


第二弾の種まき
10月23日 再度の種まきをしておく
11月05日 発芽したのを畑に移動する g-22に植えておいた





東日本大震災 3月11日発生
11月6日は 既に240日後となった


谷垣氏は反対、石破氏は賛成…TPP交渉参加
-------------------------------------
自民も分裂してきた

【政治】野田首相、11日までにTPP交渉参加を表明へ(11月5日 8:42)
【政治】TPP交渉参加、APECでの表明に反対…自民(11月4日 21:27)
【政治】TPP交渉は日本外交の失敗…谷垣総裁(11月3日 20:4)
【政治】輿石氏、TPPは「10日までに方向性を」(10月29日 11:22)
【経済ニュース】経団連会長に玄葉外相「TPPをまずやる」(10月24日 11:5)


原口・元総務相や前農相、街頭でTPP反対演説
-----------------------------------------
民主党も分裂している

【民主党】TPP交渉参加なら集団離党も…山田前農相(11月3日 17:55)
【民主党】仙谷政調会長代行の辞任要求…TPP巡り前農相(10月31日 12:31)
【政治】山田・前農相、野党各党とも連携しTPP反対へ(10月29日 21:27)
【民主党】野田降ろしにならない?TPP慎重派に温度差(10月22日 9:50)
【民主党】「TPP強行なら民主党内は二分」と山田前農相(10月15日 19:40)


9カ国は知的財産権や労働、環境、サービスなど計24の分野で、時代の変化に即した共通ルールをつくるため、協議を重ねている

与党だけでなく野党内も、TPPについては賛否が分かれている。それだけ国論を二分するテーマだ。これを政局に結びつけようとする動きもみられるが、何より国会の場で議論を深め、国民に十分な判断材料を示す必要がある


野田さん  24の分野の議論と問題点の内容を公開せよーーー


はた坊






最終更新日  2011.11.06 03:27:50
コメント(0) | コメントを書く
2011.03.15
テーマ:家庭菜園(42060)
カテゴリ:水菜
ミズナ(水菜、学名:Brassica rapa var. nipposinica)
アブラナ科の越年草。別名で、キョウナ(京菜)、ヒイラギナ(柊菜)、センスジナ(千筋菜)など。

科 : アブラナ科 Brassicaceae
属 : アブラナ属 Brassica
種 : カブ B. rapa
変種 : ミズナ var. nipposinica
学名 Brassica rapa L.  var. nipposinica (L.H.Bailey) Kitam.
和名 ミズナ(水菜)
英名 Potherb Mustard


5年前
サラダ京水菜は10月より収穫を始めて今年の3月11日まで20回も収穫できた 2月25日に花芽が付き出して3月11日までは食べれたがその後はトウがたって固い固い ギブアップ

4年前
同じくサラダ水菜を作り 収穫は11月8日より3月4日まで14回の収穫をできた


3年年 同じくサラダ水菜植えた  種蒔きは1回のみ

9月30日  種蒔き
10月8日  発芽する
10月10日  苗を畑に移動
02月17日  9回目の収穫にて終了 植えたのが16株のみで少なめだった

水菜は葉が沢山になって茂ってくるので 16本もあればok
しかし2月になれば 大きくならず小さくなってきた
収穫は11月17日より2月17日まで3ヶ月で9回 毎月3回づつの収穫となった



2年前のミズナ  種蒔き9月6日に

残りの種の袋があるので これを使用
09月06日 種蒔き
09月10日 発芽
09月13日 16potを畑に移動  m-20に植え付けておく
10月04日 その後すこし大きくなってきている 数が減ったので追加の種蒔きしておく
10月18日 まあまあ 大きくなってきている 
11月18日 ますます大きくなりつつある
12月24日 収穫はいつでもok
01月04日 そろそろ 収穫だな
01月24日 ミズナ 3株の収穫をした
1月31日 残り3株を収穫した
2月07日 残り3株を収穫した
2月14日 残り3株を収穫した
2月28日 残り2株を収穫した
3月06日 残り2株を収穫した これにて 終了

3月06日は啓蟄 虫が出て来るが 雨で畑の土は水だらけ  ミズナは花の蕾が出てきていた



昨年のミズナ
種蒔きは普通9月だけど 忘れていた
そろそろ 種蒔きをしておく   g-10
10月10日 種蒔きをする 庭のポットにばら撒いておく
10月17日 発芽している 
10月24日 畑への移動をしておく g-10に植え付けをしておく ついでに予備の種蒔き
11月14日 まあまあ小さいながらも生育中
12月19日 大きくなってきた そろそろ収穫してもよさそう

第二段    m-20
10月24日 種まきしておく
11月03日 発芽している
11月14日 畑のm20に移動しておく
12月19日 ぼちぼち生育中 

第三弾   g-10
10月31日 種まきしておく
11月14日 発芽している
11月28日 g-10のはたけに移動しておく
12月19日 こちらのも遅れながらも生育してきている

9月に種まきする分  10月に種まき 12月で収穫できそうになった



第一弾の収穫
02月27日 やっと収穫をしたおいた 3株でも大きいな
03月13日 2株を収穫しておいた

残りも毎週これから収穫しよう




東日本の皆様 被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます

今回の東日本の大地震はかなり広範囲でおきており
ブレート性の大きな地震で余震なども やや長くなりそうです

津波もおおきく広範囲に起きており まだ余震がつづけば
今後も襲ってくることもあるそうです
まだまだ 警戒が必要だそうです

東電の計画停電も続いてますが 電車は出来るだけ動かすように話し合いがされてます

福島の3個の原発の対策も打たれているが 
1-3号機すべてで炉心溶融の可能性高い」枝野長官との事で厳しい状態が続いている

自衛隊も予備自衛官までも招集する予定をだしている 
しかし支援の米軍にも被爆している隊員がでてきているので こちらも非常事態となっている

金曜に発生した東日本大地震
土曜 日曜 月曜 火曜と5日目に入っている

政府の対策が後手 後手となっているが
なんとか がんばってほしい

想定外で予想以上の被害となっているので初動が遅れ気味となっているけど
そろそろ 腹をくくって がんばろう


はた坊











最終更新日  2011.03.15 04:46:44
コメント(2) | コメントを書く
2011.03.12
テーマ:家庭菜園(42060)
カテゴリ:水菜
ミズナ(水菜、学名:Brassica rapa var. nipposinica)
アブラナ科の越年草。別名で、キョウナ(京菜)、ヒイラギナ(柊菜)、センスジナ(千筋菜)など。

科 : アブラナ科 Brassicaceae
属 : アブラナ属 Brassica
種 : カブ B. rapa
変種 : ミズナ var. nipposinica
学名 Brassica rapa L.  var. nipposinica (L.H.Bailey) Kitam.
和名 ミズナ(水菜)
英名 Potherb Mustard


5年前
サラダ京水菜は10月より収穫を始めて今年の3月11日まで20回も収穫できた 2月25日に花芽が付き出して3月11日までは食べれたがその後はトウがたって固い固い ギブアップ

4年前
同じくサラダ水菜を作り 収穫は11月8日より3月4日まで14回の収穫をできた


3年年 同じくサラダ水菜植えた  種蒔きは1回のみ

9月30日  種蒔き
10月8日  発芽する
10月10日  苗を畑に移動
02月17日  9回目の収穫にて終了 植えたのが16株のみで少なめだった

水菜は葉が沢山になって茂ってくるので 16本もあればok
しかし2月になれば 大きくならず小さくなってきた
収穫は11月17日より2月17日まで3ヶ月で9回 毎月3回づつの収穫となった



2年前のミズナ  種蒔き9月6日に

残りの種の袋があるので これを使用
09月06日 種蒔き
09月10日 発芽
09月13日 16potを畑に移動  m-20に植え付けておく
10月04日 その後すこし大きくなってきている 数が減ったので追加の種蒔きしておく
10月18日 まあまあ 大きくなってきている 
11月18日 ますます大きくなりつつある
12月24日 収穫はいつでもok
01月04日 そろそろ 収穫だな
01月24日 ミズナ 3株の収穫をした
1月31日 残り3株を収穫した
2月07日 残り3株を収穫した
2月14日 残り3株を収穫した
2月28日 残り2株を収穫した
3月06日 残り2株を収穫した これにて 終了

3月06日は啓蟄 虫が出て来るが 雨で畑の土は水だらけ  ミズナは花の蕾が出てきていた



昨年のミズナ
種蒔きは普通9月だけど 忘れていた
そろそろ 種蒔きをしておく   g-10
10月10日 種蒔きをする 庭のポットにばら撒いておく
10月17日 発芽している 
10月24日 畑への移動をしておく g-10に植え付けをしておく ついでに予備の種蒔き
11月14日 まあまあ小さいながらも生育中
12月19日 大きくなってきた そろそろ収穫してもよさそう

第二段    m-20
10月24日 種まきしておく
11月03日 発芽している
11月14日 畑のm20に移動しておく
12月19日 ぼちぼち生育中 

第三弾   g-10
10月31日 種まきしておく
11月14日 発芽している
11月28日 g-10のはたけに移動しておく
12月19日 こちらのも遅れながらも生育してきている

9月に種まきする分  10月に種まき 12月で収穫できそうになった



第一弾の収穫
02月27日 やっと収穫をしたおいた 3株でも大きいな

残りも毎週これから収穫しよう



11日の巨大地震 まだ実態が把握されていない  
余震もまだ発生中

気象庁もデータがこれほど巨大な地震は経験がないので予報も出来ないとの事


今回の大震災・大津波は、終わっていません。まだ進行中です。
東北だけでなく 長野にも4時に余震で震度6のが続いてます

まだ 余震 被害もほとんど把握されていない
今後の動きも まだまだ 要注意 です

警戒がまだまだ 必要です


はた坊







最終更新日  2011.03.12 04:34:14
コメント(0) | コメントを書く
2011.03.02
テーマ:家庭菜園(42060)
カテゴリ:水菜
ミズナ(水菜、学名:Brassica rapa var. nipposinica)
アブラナ科の越年草。別名で、キョウナ(京菜)、ヒイラギナ(柊菜)、センスジナ(千筋菜)など。

科 : アブラナ科 Brassicaceae
属 : アブラナ属 Brassica
種 : カブ B. rapa
変種 : ミズナ var. nipposinica
学名 Brassica rapa L.  var. nipposinica (L.H.Bailey) Kitam.
和名 ミズナ(水菜)
英名 Potherb Mustard


5年前
サラダ京水菜は10月より収穫を始めて今年の3月11日まで20回も収穫できた 2月25日に花芽が付き出して3月11日までは食べれたがその後はトウがたって固い固い ギブアップ

4年前
同じくサラダ水菜を作り 収穫は11月8日より3月4日まで14回の収穫をできた


3年年 同じくサラダ水菜植えた  種蒔きは1回のみ

9月30日  種蒔き
10月8日  発芽する
10月10日  苗を畑に移動
02月17日  9回目の収穫にて終了 植えたのが16株のみで少なめだった

水菜は葉が沢山になって茂ってくるので 16本もあればok
しかし2月になれば 大きくならず小さくなってきた
収穫は11月17日より2月17日まで3ヶ月で9回 毎月3回づつの収穫となった



2年前のミズナ  種蒔き9月6日に

残りの種の袋があるので これを使用
09月06日 種蒔き
09月10日 発芽
09月13日 16potを畑に移動  m-20に植え付けておく
10月04日 その後すこし大きくなってきている 数が減ったので追加の種蒔きしておく
10月18日 まあまあ 大きくなってきている 
11月18日 ますます大きくなりつつある
12月24日 収穫はいつでもok
01月04日 そろそろ 収穫だな
01月24日 ミズナ 3株の収穫をした
1月31日 残り3株を収穫した
2月07日 残り3株を収穫した
2月14日 残り3株を収穫した
2月28日 残り2株を収穫した
3月06日 残り2株を収穫した これにて 終了

3月06日は啓蟄 虫が出て来るが 雨で畑の土は水だらけ  ミズナは花の蕾が出てきていた



昨年のミズナ
種蒔きは普通9月だけど 忘れていた
そろそろ 種蒔きをしておく   g-10
10月10日 種蒔きをする 庭のポットにばら撒いておく
10月17日 発芽している 
10月24日 畑への移動をしておく g-10に植え付けをしておく ついでに予備の種蒔き
11月14日 まあまあ小さいながらも生育中
12月19日 大きくなってきた そろそろ収穫してもよさそう

第二段    m-20
10月24日 種まきしておく
11月03日 発芽している
11月14日 畑のm20に移動しておく
12月19日 ぼちぼち生育中 

第三弾   g-10
10月31日 種まきしておく
11月14日 発芽している
11月28日 g-10のはたけに移動しておく
12月19日 こちらのも遅れながらも生育してきている

9月に種まきする分  10月に種まき 12月で収穫できそうになった



第一弾の収穫
02月27日 やっと収穫をしたおいた 3株でも大きいな

残りも毎週これから収穫しよう


はた坊






最終更新日  2011.03.02 02:55:36
コメント(0) | コメントを書く

全43件 (43件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.