2831900 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

はた坊のブログ   家庭菜園を始めて16年目になりました

PR

全107件 (107件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

ルッコラとコリアンダ

2020.05.30
XML







2019年
01月03日 バクチ 3回目の収獲をしておいた
01月12日 バクチ その後も 成長はしっかりとしている
01月14日 バクチ m-34の畝の分 元気なり   収獲しておいた
01月20日 バクチ m-34の畝の分  その後も 元気なり
02月02日 バクチ 5回目の収獲をしておいた
02月09日 バクチ m-06のもの たくさんある
02月23日 バクチ m-34の畝の分  生育は良し 収獲はokなり
03月02日 バクチ 6回目の収獲をした
03月03日 バクチ m-34の畝の分  まあまあである
03月16日 バクチ 成長を開始してきているみたい おおきくなりだした
03月23日 バクチ m-07のバクチ こちらも 成長を開始してきている
03月31日 バクチ m-34のも 背が高くなってきている 
04月06日 バクチ 成長してきている かなり花芽もでてきている
04月13日 バクチ 花も咲いてきている これで 種だらけになりそう
04月20日 バクチ 花だらけになってきているなあ
05月05日 バクチ 写真にとってみると 綺麗な花だなあ
06月15日 バクチ 枯れて 種がついてきている 収獲しておこう

秋のバクチ
09月29日 バクチのタネ hcで 売られていたので 買ってきておいた
10月05日 バクチ 庭で種まきをしておいた
10月13日 バクチ 発芽してきている 今年もバクチの苗 畑に植えつけよう
10月22日 バクチ 畑のバクチ 結構と発芽してきている にぎやかになっている
10月26日 バクチ 発芽した苗 あちこちに 勝手に増えてきているなあ
11月03日 バクチ 大量に発芽してきている バクチ たくさんあるなあ m-06
11月04日 バクチ 植え付けした苗 こちらは m-34の畝の分
11月09日 バクチ m-34の苗は その後も 生育はよし
11月10日 バクチ m-06の分 種から発芽して 密集している
11月11日 バクチ 今年も バクチ たくさん 発芽してきている
11月30日 バクチ 密集して生えているが 結構と生育してきている いい感じ
12月01日 バクチ m-34の畝の分 種きました分は 生育がやや遅いなあ
12月08日 バクチ 収獲をしておいた 結構とよく育っている
12月21日 バクチ 大量のバクチ 生育は良し いい感じなり

2020年
01月01日 バクチ たくさんあるので すこし 収獲をしておいた
01月19日 バクチ 霜がふると 真っ白け  日向のは 新鮮な葉である
01月26日 バクチ 霜をかぶっても その後は 元気である
02月01日 バクチ すこし背が高くなりだした 春が近いのかな
02月15日 バクチ 伸びてきている  たくさんあるので収獲していこう
02月22日 バクチ おおきいのを 収獲しておいた
02月29日 バクチ まだまだ たくさんあるなあ
03月14日 バクチ 背が伸びてきて 花芽がでてきそうになりつつある
03月20日 バクチ 収獲をしておいた
04月11日 バクチ 花が満開となってきている m-06の畝の分なり
04月12日 m-34の畝のバクチ こちらは まだ 花は咲いていない
04月26日 バクチ 全部 花が咲いている 満開なり
05月23日 バクチ その後も 花が満開で咲いている 種取をしておこう












非常事態宣言    おべんきょうその06

国家非常事態宣言の一覧

ここでは、先述したように
ほぼ同義である「緊急事態宣言」「非常事態令」等の名称の宣言についても記述する。


1971年
11月23日 - 第三次印パ戦争( パキスタン)
12月3日 - 同( インド)

1975年6月26日 - 野党の抗議活動( インド)

1981年
3月11日 - コソボ暴動( ユーゴスラビア)
11月6日 - サダト大統領暗殺事件( エジプト)



はた坊






最終更新日  2020.05.30 04:00:31
コメント(0) | コメントを書く


2020.05.05








2019年
01月03日 バクチ 3回目の収獲をしておいた
01月12日 バクチ その後も 成長はしっかりとしている
01月14日 バクチ m-34の畝の分 元気なり   収獲しておいた
01月20日 バクチ m-34の畝の分  その後も 元気なり
02月02日 バクチ 5回目の収獲をしておいた
02月09日 バクチ m-06のもの たくさんある
02月23日 バクチ m-34の畝の分  生育は良し 収獲はokなり
03月02日 バクチ 6回目の収獲をした
03月03日 バクチ m-34の畝の分  まあまあである
03月16日 バクチ 成長を開始してきているみたい おおきくなりだした
03月23日 バクチ m-07のバクチ こちらも 成長を開始してきている
03月31日 バクチ m-34のも 背が高くなってきている 
04月06日 バクチ 成長してきている かなり花芽もでてきている
04月13日 バクチ 花も咲いてきている これで 種だらけになりそう
04月20日 バクチ 花だらけになってきているなあ
05月05日 バクチ 写真にとってみると 綺麗な花だなあ
06月15日 バクチ 枯れて 種がついてきている 収獲しておこう

秋のバクチ
09月29日 バクチのタネ hcで 売られていたので 買ってきておいた
10月05日 バクチ 庭で種まきをしておいた
10月13日 バクチ 発芽してきている 今年もバクチの苗 畑に植えつけよう
10月22日 バクチ 畑のバクチ 結構と発芽してきている にぎやかになっている
10月26日 バクチ 発芽した苗 あちこちに 勝手に増えてきているなあ
11月03日 バクチ 大量に発芽してきている バクチ たくさんあるなあ m-06
11月04日 バクチ 植え付けした苗 こちらは m-34の畝の分
11月09日 バクチ m-34の苗は その後も 生育はよし
11月10日 バクチ m-06の分 種から発芽して 密集している
11月11日 バクチ 今年も バクチ たくさん 発芽してきている
11月30日 バクチ 密集して生えているが 結構と生育してきている いい感じ
12月01日 バクチ m-34の畝の分 種きました分は 生育がやや遅いなあ
12月08日 バクチ 収獲をしておいた 結構とよく育っている
12月21日 バクチ 大量のバクチ 生育は良し いい感じなり

2020年
01月01日 バクチ たくさんあるので すこし 収獲をしておいた
01月19日 バクチ 霜がふると 真っ白け  日向のは 新鮮な葉である
01月26日 バクチ 霜をかぶっても その後は 元気である
02月01日 バクチ すこし背が高くなりだした 春が近いのかな
02月15日 バクチ 伸びてきている  たくさんあるので収獲していこう
02月22日 バクチ おおきいのを 収獲しておいた
02月29日 バクチ まだまだ たくさんあるなあ
03月14日 バクチ 背が伸びてきて 花芽がでてきそうになりつつある
03月20日 バクチ 収獲をしておいた
04月11日 バクチ 花が満開となってきている m-06の畝の分なり
04月12日 m-34の畝のバクチ こちらは まだ 花は咲いていない
04月26日 バクチ 全部 花が咲いている 満開なり












2019新型コロナウイルス      おべんきょうその027


外部リンク

新型コロナウイルス感染症 - 日本医師会

新型コロナウイルス感染症 - 日本感染症学会

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応について - 日本環境感染学会



はた坊






最終更新日  2020.05.05 21:03:56
コメント(0) | コメントを書く
2020.04.22






2019年
01月03日 バクチ 3回目の収獲をしておいた
01月12日 バクチ その後も 成長はしっかりとしている
01月14日 バクチ m-34の畝の分 元気なり   収獲しておいた
01月20日 バクチ m-34の畝の分  その後も 元気なり
02月02日 バクチ 5回目の収獲をしておいた
02月09日 バクチ m-06のもの たくさんある
02月23日 バクチ m-34の畝の分  生育は良し 収獲はokなり
03月02日 バクチ 6回目の収獲をした
03月03日 バクチ m-34の畝の分  まあまあである
03月16日 バクチ 成長を開始してきているみたい おおきくなりだした
03月23日 バクチ m-07のバクチ こちらも 成長を開始してきている
03月31日 バクチ m-34のも 背が高くなってきている 
04月06日 バクチ 成長してきている かなり花芽もでてきている
04月13日 バクチ 花も咲いてきている これで 種だらけになりそう
04月20日 バクチ 花だらけになってきているなあ
05月05日 バクチ 写真にとってみると 綺麗な花だなあ
06月15日 バクチ 枯れて 種がついてきている 収獲しておこう

秋のバクチ
09月29日 バクチのタネ hcで 売られていたので 買ってきておいた
10月05日 バクチ 庭で種まきをしておいた
10月13日 バクチ 発芽してきている 今年もバクチの苗 畑に植えつけよう
10月22日 バクチ 畑のバクチ 結構と発芽してきている にぎやかになっている
10月26日 バクチ 発芽した苗 あちこちに 勝手に増えてきているなあ
11月03日 バクチ 大量に発芽してきている バクチ たくさんあるなあ m-06
11月04日 バクチ 植え付けした苗 こちらは m-34の畝の分
11月09日 バクチ m-34の苗は その後も 生育はよし
11月10日 バクチ m-06の分 種から発芽して 密集している
11月11日 バクチ 今年も バクチ たくさん 発芽してきている
11月30日 バクチ 密集して生えているが 結構と生育してきている いい感じ
12月01日 バクチ m-34の畝の分 種きました分は 生育がやや遅いなあ
12月08日 バクチ 収獲をしておいた 結構とよく育っている
12月21日 バクチ 大量のバクチ 生育は良し いい感じなり

2020年
01月01日 バクチ たくさんあるので すこし 収獲をしておいた
01月19日 バクチ 霜がふると 真っ白け  日向のは 新鮮な葉である
01月26日 バクチ 霜をかぶっても その後は 元気である
02月01日 バクチ すこし背が高くなりだした 春が近いのかな
02月15日 バクチ 伸びてきている  たくさんあるので収獲していこう
02月22日 バクチ おおきいのを 収獲しておいた
02月29日 バクチ まだまだ たくさんあるなあ
03月14日 バクチ 背が伸びてきて 花芽がでてきそうになりつつある
03月20日 バクチ 収獲をしておいた
04月11日 バクチ 花が満開となってきている m-06の畝の分なり
04月12日 m-34の畝のバクチ こちらは まだ 花は咲いていない












2019新型コロナウイルス      おべんきょうその013

発見と拡大

発見

新型コロナウイルスは2019年11月に中国武漢で発生が確認され、同年12月31日に最初に世界保健機関 (WHO) に報告された[59]。
その後2019年から翌2020年にかけて発生した中国武漢でのアウトブレイクにおいて肺炎患者の核酸検査陽性患者サンプルにより、ゲノム配列が決定された[60][61][62]。

2020年1月20日、
病原体を調査している中国・国家衛生健康委員会 (NHC) 専門家の鍾南山グループ長は、
広東省でヒトからヒトへの感染(ヒト - ヒト感染)が確認されたと発表した[63]。

新しいコロナウイルスに対する特定の治療法はないが、既存の抗ウイルス薬を流用することはできるとしている[64]。

2020年1月下旬時点での主要なアウトブレイクは中国大陸に限局されていたが[65][66][67][68][69][70][71][72][73][74][75]、
その後は東アジア・ヨーロッパを中心とし世界各地に拡散しつつある(#感染の拡大も参照)。


はた坊






最終更新日  2020.04.22 02:30:33
コメント(0) | コメントを書く
2020.04.21







2019年
01月03日 バクチ 3回目の収獲をしておいた
01月12日 バクチ その後も 成長はしっかりとしている
01月14日 バクチ m-34の畝の分 元気なり   収獲しておいた
01月20日 バクチ m-34の畝の分  その後も 元気なり
02月02日 バクチ 5回目の収獲をしておいた
02月09日 バクチ m-06のもの たくさんある
02月23日 バクチ m-34の畝の分  生育は良し 収獲はokなり
03月02日 バクチ 6回目の収獲をした
03月03日 バクチ m-34の畝の分  まあまあである
03月16日 バクチ 成長を開始してきているみたい おおきくなりだした
03月23日 バクチ m-07のバクチ こちらも 成長を開始してきている
03月31日 バクチ m-34のも 背が高くなってきている 
04月06日 バクチ 成長してきている かなり花芽もでてきている
04月13日 バクチ 花も咲いてきている これで 種だらけになりそう
04月20日 バクチ 花だらけになってきているなあ
05月05日 バクチ 写真にとってみると 綺麗な花だなあ
06月15日 バクチ 枯れて 種がついてきている 収獲しておこう

秋のバクチ
09月29日 バクチのタネ hcで 売られていたので 買ってきておいた
10月05日 バクチ 庭で種まきをしておいた
10月13日 バクチ 発芽してきている 今年もバクチの苗 畑に植えつけよう
10月22日 バクチ 畑のバクチ 結構と発芽してきている にぎやかになっている
10月26日 バクチ 発芽した苗 あちこちに 勝手に増えてきているなあ
11月03日 バクチ 大量に発芽してきている バクチ たくさんあるなあ m-06
11月04日 バクチ 植え付けした苗 こちらは m-34の畝の分
11月09日 バクチ m-34の苗は その後も 生育はよし
11月10日 バクチ m-06の分 種から発芽して 密集している
11月11日 バクチ 今年も バクチ たくさん 発芽してきている
11月30日 バクチ 密集して生えているが 結構と生育してきている いい感じ
12月01日 バクチ m-34の畝の分 種きました分は 生育がやや遅いなあ
12月08日 バクチ 収獲をしておいた 結構とよく育っている
12月21日 バクチ 大量のバクチ 生育は良し いい感じなり

2020年
01月01日 バクチ たくさんあるので すこし 収獲をしておいた
01月19日 バクチ 霜がふると 真っ白け  日向のは 新鮮な葉である
01月26日 バクチ 霜をかぶっても その後は 元気である
02月01日 バクチ すこし背が高くなりだした 春が近いのかな
02月15日 バクチ 伸びてきている  たくさんあるので収獲していこう
02月22日 バクチ おおきいのを 収獲しておいた
02月29日 バクチ まだまだ たくさんあるなあ
03月14日 バクチ 背が伸びてきて 花芽がでてきそうになりつつある
03月20日 バクチ 収獲をしておいた
04月11日 バクチ 花が満開となってきている m-06の畝の分なり












神道     おべんきょうその012

由来と教義

実際には、仏教公伝の当初から、廃仏派の物部氏と崇仏派の蘇我氏の間で抗争もあった。

中世には、
伊勢神道をはじめとして、
吉田神道などの諸派が反本地垂迹説など複雑な教理の大系をつくりあげてゆく[33][34]。

近世後期には、
平田篤胤がキリスト教の最後の審判の観念の影響を受けた幽明審判思想を唱えたり、
その門人等が天之御中主神を創造神とする単一神教的な観念を展開するなど、
近代に連なる教理の展開を遂げた。

また、
近世以降の儒家神道も勢力はさほどではなかったものの、
そこで主張された名分論は各神道説に影響を与え、
尊王攘夷思想を広めるとともに討幕の国民的原理ともなっていった。


はた坊






最終更新日  2020.04.21 05:01:59
コメント(0) | コメントを書く
2020.03.29







2019年
01月03日 バクチ 3回目の収獲をしておいた
01月12日 バクチ その後も 成長はしっかりとしている
01月14日 バクチ m-34の畝の分 元気なり   収獲しておいた
01月20日 バクチ m-34の畝の分  その後も 元気なり
02月02日 バクチ 5回目の収獲をしておいた
02月09日 バクチ m-06のもの たくさんある
02月23日 バクチ m-34の畝の分  生育は良し 収獲はokなり
03月02日 バクチ 6回目の収獲をした
03月03日 バクチ m-34の畝の分  まあまあである
03月16日 バクチ 成長を開始してきているみたい おおきくなりだした
03月23日 バクチ m-07のバクチ こちらも 成長を開始してきている
03月31日 バクチ m-34のも 背が高くなってきている 
04月06日 バクチ 成長してきている かなり花芽もでてきている
04月13日 バクチ 花も咲いてきている これで 種だらけになりそう
04月20日 バクチ 花だらけになってきているなあ
05月05日 バクチ 写真にとってみると 綺麗な花だなあ
06月15日 バクチ 枯れて 種がついてきている 収獲しておこう

秋のバクチ
09月29日 バクチのタネ hcで 売られていたので 買ってきておいた
10月05日 バクチ 庭で種まきをしておいた
10月13日 バクチ 発芽してきている 今年もバクチの苗 畑に植えつけよう
10月22日 バクチ 畑のバクチ 結構と発芽してきている にぎやかになっている
10月26日 バクチ 発芽した苗 あちこちに 勝手に増えてきているなあ
11月03日 バクチ 大量に発芽してきている バクチ たくさんあるなあ m-06
11月04日 バクチ 植え付けした苗 こちらは m-34の畝の分
11月09日 バクチ m-34の苗は その後も 生育はよし
11月10日 バクチ m-06の分 種から発芽して 密集している
11月11日 バクチ 今年も バクチ たくさん 発芽してきている
11月30日 バクチ 密集して生えているが 結構と生育してきている いい感じ
12月01日 バクチ m-34の畝の分 種きました分は 生育がやや遅いなあ
12月08日 バクチ 収獲をしておいた 結構とよく育っている
12月21日 バクチ 大量のバクチ 生育は良し いい感じなり

2020年
01月01日 バクチ たくさんあるので すこし 収獲をしておいた
01月19日 バクチ 霜がふると 真っ白け  日向のは 新鮮な葉である
01月26日 バクチ 霜をかぶっても その後は 元気である
02月01日 バクチ すこし背が高くなりだした 春が近いのかな
02月15日 バクチ 伸びてきている  たくさんあるので収獲していこう
02月22日 バクチ おおきいのを 収獲しておいた
02月29日 バクチ まだまだ たくさんあるなあ
03月14日 バクチ 背が伸びてきて 花芽がでてきそうになりつつある
03月20日 バクチ 収獲をしておいた










食のタブー      おべんきょうその01

食のタブー(しょくのタブー)とは、飲食において宗教、文化上の理由でタブー(禁忌)とされる特定の食材や食べ方である。

特定の食材がタブーとされる理由としては、大別して

宗教上、文化上、法律上食べることが禁止されている

心理的な背徳感から食べることができない

食材と考えられていないから食べない

の3種が挙げられる。

世に知られる食慣習やタブーには、既に形骸化し意味を持たなくなっている場合もある。

例えばインドなどアジアの多くの地域で妊娠中から授乳期にかけて妊婦に非常に多くの食の禁忌が定められ、欧米の栄養学者から問題視されている。

しかし、同様の禁忌のあるマラヤで実際に妊婦たちが食べている食品を調査したところ、表向き食べてはいけない多くの食品が摂られていた。

他文化の食のタブーを考える時は、簡単に無知や非合理と捉えず、その禁忌が成立した背景や実態にも目を向ける必要がある[1]。

なお、純粋に医学的な理由から、ある特定の食材を避ける必要がある人もいる。

一例としては食物アレルギーを有する人の場合、
特定の食材がアレルギー症状(場合によってはアナフィラキシーとなり、生命にも関わる)を引き起こすために、該当する食材を避けなければならない。


はた坊






最終更新日  2020.03.29 21:22:47
コメント(0) | コメントを書く
2020.03.16








2019年
01月03日 バクチ 3回目の収獲をしておいた
01月12日 バクチ その後も 成長はしっかりとしている
01月14日 バクチ m-34の畝の分 元気なり   収獲しておいた
01月20日 バクチ m-34の畝の分  その後も 元気なり
02月02日 バクチ 5回目の収獲をしておいた
02月09日 バクチ m-06のもの たくさんある
02月23日 バクチ m-34の畝の分  生育は良し 収獲はokなり
03月02日 バクチ 6回目の収獲をした
03月03日 バクチ m-34の畝の分  まあまあである
03月16日 バクチ 成長を開始してきているみたい おおきくなりだした
03月23日 バクチ m-07のバクチ こちらも 成長を開始してきている
03月31日 バクチ m-34のも 背が高くなってきている 
04月06日 バクチ 成長してきている かなり花芽もでてきている
04月13日 バクチ 花も咲いてきている これで 種だらけになりそう
04月20日 バクチ 花だらけになってきているなあ
05月05日 バクチ 写真にとってみると 綺麗な花だなあ
06月15日 バクチ 枯れて 種がついてきている 収獲しておこう

秋のバクチ
09月29日 バクチのタネ hcで 売られていたので 買ってきておいた
10月05日 バクチ 庭で種まきをしておいた
10月13日 バクチ 発芽してきている 今年もバクチの苗 畑に植えつけよう
10月22日 バクチ 畑のバクチ 結構と発芽してきている にぎやかになっている
10月26日 バクチ 発芽した苗 あちこちに 勝手に増えてきているなあ
11月03日 バクチ 大量に発芽してきている バクチ たくさんあるなあ m-06
11月04日 バクチ 植え付けした苗 こちらは m-34の畝の分
11月09日 バクチ m-34の苗は その後も 生育はよし
11月10日 バクチ m-06の分 種から発芽して 密集している
11月11日 バクチ 今年も バクチ たくさん 発芽してきている
11月30日 バクチ 密集して生えているが 結構と生育してきている いい感じ
12月01日 バクチ m-34の畝の分 種きました分は 生育がやや遅いなあ
12月08日 バクチ 収獲をしておいた 結構とよく育っている
12月21日 バクチ 大量のバクチ 生育は良し いい感じなり

2020年
01月01日 バクチ たくさんあるので すこし 収獲をしておいた
01月19日 バクチ 霜がふると 真っ白け  日向のは 新鮮な葉である
01月26日 バクチ 霜をかぶっても その後は 元気である
02月01日 バクチ すこし背が高くなりだした 春が近いのかな
02月15日 バクチ 伸びてきている  たくさんあるので収獲していこう
02月22日 バクチ おおきいのを 収獲しておいた
02月29日 バクチ まだまだ たくさんあるなあ
03月14日 バクチ 背が伸びてきて 花芽がでてきそうになりつつある











認識論    おべんきょうその034

認識論の現在と未来

自然化された認識論

ウィラード・ヴァン・オーマン・クワインによって提案された
「自然化された認識論(英語版)」は、
自然科学的な方法論によって認識論を行おうという立場であり、
クワイン以降、様々な形で展開されている。

クワインは、まず、古典的な経験主義には二つのドグマがあり、ドクマなき新たな経験主義を確立する必要があると主張する。

彼によれば、
経験主義には、事実に基づく総合的真理と事実問題と独立な意味に基づく分析的真理の間には根本的な相違があるという信念と、
有意味な言明は直接的経験を指示する諸名辞からの論理的構成物と同値であるという信念の二つのドグマがあり、この二つのドグマは同じ根を持つ。

経験主義の伝統においては、真理とは、観念と実在の対応であり、
その場合の観念とは、一つの名辞を単位に考えられていたが、
カルナップらの論理実証主義は、この単位を一つの言明に置き換えた。

つまり、
ここでは、直接的経験によるセンス・データ(感覚所与)言語に翻訳可能であれば、
この言明は有意味であると考えられたのである。

しかしながら、クワインによれば、
このように実在と観念の対応を一つの名辞、
一つの言明に分解していく還元主義は不可能であり、
われわれの認識は一つの言語体系であり、
したがって、とある信念を検証するにあたっては、
一つの理論の全体との関係で、経験の審判を仰がねばならず、
そのコロラリーとして、分析的真理と総合的真理は区別することはできないのである。

クワインは、これを「全体論」と呼んだが、
これによれば、経験による改訂の可能性を原理的に免責されている信念はなく、
もし対立する二つの理論があるときは、
どのような経験によっても、
そのどちらかが完全に否定されることはなく、
どのような信念でも保持しつづけることができることになる。


はた坊






最終更新日  2020.03.16 04:02:51
コメント(0) | コメントを書く
2020.03.08







2019年
01月03日 バクチ 3回目の収獲をしておいた
01月12日 バクチ その後も 成長はしっかりとしている
01月14日 バクチ m-34の畝の分 元気なり   収獲しておいた
01月20日 バクチ m-34の畝の分  その後も 元気なり
02月02日 バクチ 5回目の収獲をしておいた
02月09日 バクチ m-06のもの たくさんある
02月23日 バクチ m-34の畝の分  生育は良し 収獲はokなり
03月02日 バクチ 6回目の収獲をした
03月03日 バクチ m-34の畝の分  まあまあである
03月16日 バクチ 成長を開始してきているみたい おおきくなりだした
03月23日 バクチ m-07のバクチ こちらも 成長を開始してきている
03月31日 バクチ m-34のも 背が高くなってきている 
04月06日 バクチ 成長してきている かなり花芽もでてきている
04月13日 バクチ 花も咲いてきている これで 種だらけになりそう
04月20日 バクチ 花だらけになってきているなあ
05月05日 バクチ 写真にとってみると 綺麗な花だなあ
06月15日 バクチ 枯れて 種がついてきている 収獲しておこう

秋のバクチ
09月29日 バクチのタネ hcで 売られていたので 買ってきておいた
10月05日 バクチ 庭で種まきをしておいた
10月13日 バクチ 発芽してきている 今年もバクチの苗 畑に植えつけよう
10月22日 バクチ 畑のバクチ 結構と発芽してきている にぎやかになっている
10月26日 バクチ 発芽した苗 あちこちに 勝手に増えてきているなあ
11月03日 バクチ 大量に発芽してきている バクチ たくさんあるなあ m-06
11月04日 バクチ 植え付けした苗 こちらは m-34の畝の分
11月09日 バクチ m-34の苗は その後も 生育はよし
11月10日 バクチ m-06の分 種から発芽して 密集している
11月11日 バクチ 今年も バクチ たくさん 発芽してきている
11月30日 バクチ 密集して生えているが 結構と生育してきている いい感じ
12月01日 バクチ m-34の畝の分 種きました分は 生育がやや遅いなあ
12月08日 バクチ 収獲をしておいた 結構とよく育っている
12月21日 バクチ 大量のバクチ 生育は良し いい感じなり

2020年
01月01日 バクチ たくさんあるので すこし 収獲をしておいた
01月19日 バクチ 霜がふると 真っ白け  日向のは 新鮮な葉である
01月26日 バクチ 霜をかぶっても その後は 元気である
02月01日 バクチ すこし背が高くなりだした 春が近いのかな
02月15日 バクチ 伸びてきている  たくさんあるので収獲していこう
02月22日 バクチ おおきいのを 収獲しておいた
02月29日 バクチ まだまだ たくさんあるなあ










インターネットの歴史   おべんきょうその027

商用利用の開始

もう1つの重要な出来事として
1994年1月11日にUCLAの Royce Hall で開催された The Superhighway Summit がある。

これは
「この分野の企業・政府・学界の主要なリーダーが一堂に会した初の公式な会議であり、
情報スーパーハイウェイ構想とその意味について国家的議論を開始した」
ものである[45]。




はた坊






最終更新日  2020.03.08 11:46:59
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.29








2019年
01月03日 バクチ 3回目の収獲をしておいた
01月12日 バクチ その後も 成長はしっかりとしている
01月14日 バクチ m-34の畝の分 元気なり   収獲しておいた
01月20日 バクチ m-34の畝の分  その後も 元気なり
02月02日 バクチ 5回目の収獲をしておいた
02月09日 バクチ m-06のもの たくさんある
02月23日 バクチ m-34の畝の分  生育は良し 収獲はokなり
03月02日 バクチ 6回目の収獲をした
03月03日 バクチ m-34の畝の分  まあまあである
03月16日 バクチ 成長を開始してきているみたい おおきくなりだした
03月23日 バクチ m-07のバクチ こちらも 成長を開始してきている
03月31日 バクチ m-34のも 背が高くなってきている 
04月06日 バクチ 成長してきている かなり花芽もでてきている
04月13日 バクチ 花も咲いてきている これで 種だらけになりそう
04月20日 バクチ 花だらけになってきているなあ
05月05日 バクチ 写真にとってみると 綺麗な花だなあ
06月15日 バクチ 枯れて 種がついてきている 収獲しておこう

秋のバクチ
09月29日 バクチのタネ hcで 売られていたので 買ってきておいた
10月05日 バクチ 庭で種まきをしておいた
10月13日 バクチ 発芽してきている 今年もバクチの苗 畑に植えつけよう
10月22日 バクチ 畑のバクチ 結構と発芽してきている にぎやかになっている
10月26日 バクチ 発芽した苗 あちこちに 勝手に増えてきているなあ
11月03日 バクチ 大量に発芽してきている バクチ たくさんあるなあ m-06
11月04日 バクチ 植え付けした苗 こちらは m-34の畝の分
11月09日 バクチ m-34の苗は その後も 生育はよし
11月10日 バクチ m-06の分 種から発芽して 密集している
11月11日 バクチ 今年も バクチ たくさん 発芽してきている
11月30日 バクチ 密集して生えているが 結構と生育してきている いい感じ
12月01日 バクチ m-34の畝の分 種きました分は 生育がやや遅いなあ
12月08日 バクチ 収獲をしておいた 結構とよく育っている
12月21日 バクチ 大量のバクチ 生育は良し いい感じなり

2020年
01月01日 バクチ たくさんあるので すこし 収獲をしておいた
01月19日 バクチ 霜がふると 真っ白け  日向のは 新鮮な葉である
01月26日 バクチ 霜をかぶっても その後は 元気である
02月01日 バクチ すこし背が高くなりだした 春が近いのかな
02月15日 バクチ 伸びてきている  たくさんあるので収獲していこう
02月22日 バクチ おおきいのを 収獲しておいた













認識論    おべんきょうその018

認識の起源

哲学的認識論の第一の問題は、
人はどのようにして物事を正しく知ることができるのか、
人はどのようにして物事について誤った考え方を抱くのか、という認識の起源の問題である[2]。

おおむね四つの立場がある。

批判主義
カント(1724年-1804年)

イマヌエル・カントは、
このように合理主義と経験主義が激しく対立する時代に、
観念の発生が経験と共にあることは明らかであるとして合理主義を批判し、
逆に、すべての観念が経験に由来するわけでないとして経験主義を批判し、
二派の対立を統合したとする見方が今日広く受け入れられている。

カントの立場は、このように経験的実在論から出発し、
超越論的観念論に至るというパラドキシカルなものである。

デカルトは、外界にある対象を知覚することによって得る内的な対象を意味する語として
仏: idée の語を充てていたが、
このような構造に関しては経験主義に立つロックも同様の見解をとっていた。

カントは、
これらの受動的に与えられる内的対象と観念ないし概念を短絡させる見方を批判し、
表象(独: Vorstellung)を自己の認識論体系の中心に置いた。

カントは、表象それ自体は説明不能な概念であるとした上で、
表象一般はその下位カテゴリーに意識を伴う表象があり、
その下位には二種の知覚、主観的知覚=感覚と、客観的知覚=認識があるとした。

人間の認識能力には感性と悟性の二種の認識形式がアプリオリにそなわっているが、
これが主観的知覚と客観的知覚にそれぞれ対応する。

感覚は直感によりいわば受動的に与えられるものであるが、認識は悟性の作用によって自発的に思考する。
意識は感性と悟性の綜合により初めて「ある対象」を表象するが、これが現象を構成するのである。

このような考え方を彼は自ら「コペルニクス的転回」と呼んだ。

カントによれば、
「時間」と「空間」、「因果関係」など限られた少数の概念は人間の思考にあらかじめ備わったものであり、
そうした概念を用いつつ、
経験を通じて与えられた認識内容を処理して更に概念や知識を獲得していくのが人間の思考のあり方だということになる。


はた坊






最終更新日  2020.02.29 02:32:12
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.18






2019年
01月03日 バクチ 3回目の収獲をしておいた
01月12日 バクチ その後も 成長はしっかりとしている
01月14日 バクチ m-34の畝の分 元気なり   収獲しておいた
01月20日 バクチ m-34の畝の分  その後も 元気なり
02月02日 バクチ 5回目の収獲をしておいた
02月09日 バクチ m-06のもの たくさんある
02月23日 バクチ m-34の畝の分  生育は良し 収獲はokなり
03月02日 バクチ 6回目の収獲をした
03月03日 バクチ m-34の畝の分  まあまあである
03月16日 バクチ 成長を開始してきているみたい おおきくなりだした
03月23日 バクチ m-07のバクチ こちらも 成長を開始してきている
03月31日 バクチ m-34のも 背が高くなってきている 
04月06日 バクチ 成長してきている かなり花芽もでてきている
04月13日 バクチ 花も咲いてきている これで 種だらけになりそう
04月20日 バクチ 花だらけになってきているなあ
05月05日 バクチ 写真にとってみると 綺麗な花だなあ
06月15日 バクチ 枯れて 種がついてきている 収獲しておこう

秋のバクチ
09月29日 バクチのタネ hcで 売られていたので 買ってきておいた
10月05日 バクチ 庭で種まきをしておいた
10月13日 バクチ 発芽してきている 今年もバクチの苗 畑に植えつけよう
10月22日 バクチ 畑のバクチ 結構と発芽してきている にぎやかになっている
10月26日 バクチ 発芽した苗 あちこちに 勝手に増えてきているなあ
11月03日 バクチ 大量に発芽してきている バクチ たくさんあるなあ m-06
11月04日 バクチ 植え付けした苗 こちらは m-34の畝の分
11月09日 バクチ m-34の苗は その後も 生育はよし
11月10日 バクチ m-06の分 種から発芽して 密集している
11月11日 バクチ 今年も バクチ たくさん 発芽してきている
11月30日 バクチ 密集して生えているが 結構と生育してきている いい感じ
12月01日 バクチ m-34の畝の分 種きました分は 生育がやや遅いなあ
12月08日 バクチ 収獲をしておいた 結構とよく育っている
12月21日 バクチ 大量のバクチ 生育は良し いい感じなり

2020年
01月01日 バクチ たくさんあるので すこし 収獲をしておいた
01月19日 バクチ 霜がふると 真っ白け  日向のは 新鮮な葉である
01月26日 バクチ 霜をかぶっても その後は 元気である
02月01日 バクチ すこし背が高くなりだした 春が近いのかな
02月15日 バクチ 伸びてきている  たくさんあるので収獲していこう













東浩紀  おべんきょうその018

2010年代

2015年3月2日、批評家の佐々木敦とともに「ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾」を始動させた[54]。

東自身は批評再生塾のコンセプトを
「いわば批評家養成ギプスmeetsゼロアカ」と説明している[55]。

3月22日には「今回の批評再生塾、おかげさまでたいへん好評。でもそれは大半が佐々木さんの力だと思う。
ぼくの読者はネットでわーわー言うだけで、まず批評塾なんて来ない。金も出さない。
ぼくにはそういう認識があったので、佐々木さんと組むことにした。佐々木さん、すごいですよ」と自身の読者について分析すると共に批評再生塾の盛り上がりをもたらしている佐々木敦を賞賛した[56]。

3月25日、
小林よしのり、宮台真司をゲストに迎えてゲンロンカフェにて
「日本を変えるにはテロしかないのか?」と題したトークイベントを行った。

同年8月から10月にかけて社会学者の開沼博との往復書簡「脱福島論」を毎日新聞上で連載した。

10月、小林よしのり、宮台真司との鼎談をまとめた
『戦争する国の道徳 安保・沖縄・福島』を幻冬舎より刊行。

11月5日、ゲンロンカフェにて『戦争する国の道徳』刊行記念トークイベントを
共著者である小林、宮台を迎えて行った。

11月11日、「民主主義ってどれだ?」と題したニコニコ生放送に出演。
津田大介、奥田愛基、本間信和と語り合った。


はた坊






最終更新日  2020.02.18 02:42:51
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.11







2019年
01月03日 バクチ 3回目の収獲をしておいた
01月12日 バクチ その後も 成長はしっかりとしている
01月14日 バクチ m-34の畝の分 元気なり   収獲しておいた
01月20日 バクチ m-34の畝の分  その後も 元気なり
02月02日 バクチ 5回目の収獲をしておいた
02月09日 バクチ m-06のもの たくさんある
02月23日 バクチ m-34の畝の分  生育は良し 収獲はokなり
03月02日 バクチ 6回目の収獲をした
03月03日 バクチ m-34の畝の分  まあまあである
03月16日 バクチ 成長を開始してきているみたい おおきくなりだした
03月23日 バクチ m-07のバクチ こちらも 成長を開始してきている
03月31日 バクチ m-34のも 背が高くなってきている 
04月06日 バクチ 成長してきている かなり花芽もでてきている
04月13日 バクチ 花も咲いてきている これで 種だらけになりそう
04月20日 バクチ 花だらけになってきているなあ
05月05日 バクチ 写真にとってみると 綺麗な花だなあ
06月15日 バクチ 枯れて 種がついてきている 収獲しておこう

秋のバクチ
09月29日 バクチのタネ hcで 売られていたので 買ってきておいた
10月05日 バクチ 庭で種まきをしておいた
10月13日 バクチ 発芽してきている 今年もバクチの苗 畑に植えつけよう
10月22日 バクチ 畑のバクチ 結構と発芽してきている にぎやかになっている
10月26日 バクチ 発芽した苗 あちこちに 勝手に増えてきているなあ
11月03日 バクチ 大量に発芽してきている バクチ たくさんあるなあ m-06
11月04日 バクチ 植え付けした苗 こちらは m-34の畝の分
11月09日 バクチ m-34の苗は その後も 生育はよし
11月10日 バクチ m-06の分 種から発芽して 密集している
11月11日 バクチ 今年も バクチ たくさん 発芽してきている
11月30日 バクチ 密集して生えているが 結構と生育してきている いい感じ
12月01日 バクチ m-34の畝の分 種きました分は 生育がやや遅いなあ
12月08日 バクチ 収獲をしておいた 結構とよく育っている
12月21日 バクチ 大量のバクチ 生育は良し いい感じなり

2020年
01月01日 バクチ たくさんあるので すこし 収獲をしておいた
01月19日 バクチ 霜がふると 真っ白け  日向のは 新鮮な葉である
01月26日 バクチ 霜をかぶっても その後は 元気である
02月01日 バクチ すこし背が高くなりだした 春が近いのかな













インターネットの歴史   おべんきょうその01

インターネットの歴史

インターネットの歴史(インターネットのれきし)は
1960年代のパケット通信の研究から始まる技術的な系譜で定義される。

直接的な関係は無いが、国際的な通信網はインターネットが初めてではなく、
電信網が初めてである。

19世紀後半には世界中に電信網が張り巡らされ、モールス信号による低速度な符号ベースの通信が行われていた。

1940年代までコンピュータは存在せず、
電信局の局員によるモールス信号の打鍵あるいは交換器で遠隔地にメッセージが転送される方法が主であったが、その時代にも電子商取引や新聞の伝言スペースへの文章投稿などは行われていた。

電信の後に音声を伝達できる電話が考案され、
1950年代には、黎明期にあった電子式コンピュータやテレックス網などを用いて、
遠隔地のコンピュータ間の通信や端末との通信を行うようになった。

インターネットを支える基本技術のひとつである、
初期のパケット通信の研究が始められたのは1960年代からであり、
人類の国際的な通信網の歴史からすると比較的後発である。

はた坊






最終更新日  2020.02.11 05:48:09
コメント(0) | コメントを書く

全107件 (107件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.