2827976 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

はた坊のブログ   家庭菜園を始めて16年目になりました

PR

全53件 (53件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

小松菜

2015.01.23
XML
カテゴリ:小松菜
  • こまつな.JPG





小松菜

ツケナ類(野沢菜、チンゲンサイなど、アブラナ科の非結球葉菜の総称)の一種で、
江戸時代初期に現在の東京都江戸川区小松川付近で、
ククタチナ(茎立ち)を品種改良して栽培され始めたといわれる。
将軍吉宗の鷹狩りの際に献上され、そのときに地名から小松菜の名がつけられた、といわれる。


畑でも ときどき
小松菜が 生えてくる

これも それ

1本だけだけど 収穫した


まあ どこからか 種がとんでくるみたい














みかん おべんきょうその18

カラタチ属
カラタチ Poncirus trifoliata

キンカン属
ニンポウキンカン、ネイハキンカン Fortunella crassifolia
キンズ Fortunella hindsii
マルミキンカン Fortunella japonica
ナガミキンカン Fortunella margarita
チョウジュキンカン、フクシュウキンカン Fortunella obovata
ナガハキンカン、ナガバキンカン Fortunella polyandra

はた坊






最終更新日  2015.01.23 00:38:45
コメント(0) | コメントを書く


2013.01.02
テーマ:家庭菜園(42077)
カテゴリ:小松菜
  • よそのこまつな.JPG




隣の畑の小松菜

左のは大きいが 右のは 小さい苗のまま

種をまくのが 遅すぎたみたい

カバーをしているが やはり 成長は遅い


寒くなると やはり成長は 遅すぎて 小さいままだなあ



隣の畑は 勉強になる
いろんな意味で 参考になる
よーーく 見ておこう



東日本大震災 3月11日発生
1月2日は 既に662日後となった

武田さんのブログ
----------------------------------------------
新春:心配なし:持続性あり!

明けましておめでとうございます。

日本の新春は良いですね。温帯の島国の正月は穏やかで、身の危険を感じることはありません。できれば、お琴や羽根つきの音や子どものはしゃぐ声が道路の方から聞こえてきたら最高なのですが。

ところで、今から20年ほど前に国連を中心として「このままでは文明は持続しない」という考えがでてきました。このような考えは珍しいものではなく、昔は「末法思想」、「この世の終わり」などが来るとされ、さらにマルサスの人口論のようなものも人気になったことがあります。

10年ほど前にはノストルダムスの予言、2012年にはマヤ暦の終末などがあります。人間はなぜか未来に対して漠然とした不安を持っているように思います。でも、「この世の終わり」というのは、地球が爆発するのか、生物が絶滅するのか、人間が居なくなるのか、それとも単に「今使っているエネルギーが少なくなる」とか「日本が衰退する」といった小さいこともあり、意味はハッキリしません。

物理学的には宇宙が無くなるのは150億年程度、地球が太陽に飲み込まれるのが80億年ぐらいと計算されています。また、生物の大絶滅が起こるのは2700万年ごとに落下する巨大隕石ですが、それまでにはまだ1000万年ぐらいはあります。

それより危険なのはCO2が無くなることで、これは2000万年から5000万年後と考えられます。その他、人間という種が無くなる時期についてはハッキリしませんが、地球を支配した多くの種の寿命が2000万年ぐらいということを参考にしますと、すでに人間が誕生してから500万年ぐらい経っていますので、あと1500万年ほどの余裕があると言えます。
・・・・・・・・・
持続性社会が現実になるかという問題は、学問的に冷静に考えれば、「人間に知恵があり、この地球は十分に大きいので、まったく問題はない」という事になります。人口は自動的に調整されますし、エネルギーも資源も十分にあります。小さい人間がどんな生活をしても、それによって地球が変化するという恐れはノストルダムスのようなものです。

科学が進歩しますし、戦争も起こりにくくなり、不完全ですが国民が主人の方に進んでいます. 男女関係もより自由に、そして女性が元気になりました。毎日、額に汗して働き、工夫を凝らし、できるかぎり他人のお恵みから遠ざかれば何の問題もないというのが歴史の経験と生物の原理の示すところです。

被曝だけ注意して、楽しく、幸福にこの一年を過ごすことができると思います。ただ、まだ核兵器が世界に多くあること、日本の学会では「持続性社会を研究する」ということで多くの研究費が出るので、学者としてもっとも大切なこと=「持続性社会という概念は正しいのか?」を考えることをせずに「節約関連」などの研究をしていることは日本を衰退させる結果になると思います.(平成25年元旦)

そうだ そうだ そうなのだ

はた坊






最終更新日  2013.01.02 04:49:02
コメント(1) | コメントを書く
2012.12.28
テーマ:家庭菜園(42077)
カテゴリ:小松菜
  • こまつな.JPG



小松菜

2年前に栽培したが そのご 種が落ちていたらしい

昨年は5-6本の収穫をした

今年も なぜか 生えている  1本あったので 収穫した


こぼれた種からの発芽  2年目も 勝手に生えている

おもしろいなあ  とりあえず 収穫して いただこう




東日本大震災 3月11日発生
12月28日は 既に657日後となった

武田さんのブログ
----------------------------------------------
なぜ、増税になったか(2) (ミクロ) エレベータの補助

なぜ、増税になったかということを国家規模で考えることを先日、行い、それを(マクロ)としました.今回は、(ミクロ)、つまり私たちの生活の行動や考え方が増税につながっていないかを考えてみます。

先日、NHKを見ていましたたら、エレベータの安全について、次のように報道していました。

「マンションなどのエレベータで安全に問題のあるものがあり、それを住民が240万円(おおよそ)、国が120万円を補助している例は良いのだが、国の予算が足りない。今後、国の予算を増やすべきだ」(趣旨はこの通り)

ミクロ的に増税の原因となるのは、この場合のように「本来は個人が払うべきものに、税金を使う」ということにあります。私たちが2009年の民主党の公約にダマされたのも、「自分だけ得したい」ということで「そのお金がどこから出るか」について乞食的な醜い感情が支配したからです。

マンションも値段を高くすれば、耐震性も快適さも、エレベータも何から何まで万全を尽くせます。でも、余り高いと売れないので、まあまあのところで妥協し、家を買う方も「このぐらいで仕方が無いな」と思って買います。

私の知っているマンションでは月の家賃が230万円で、エレベータが一つ一つの家に一つずつついています。その結果、エレベータの中で襲われるということはまったくありません。でも、その分だけは家賃が高くなるのは仕方が無いことです。

あるマンションのエレベータの安全対策に国が税金を出すというのはどういうことでしょうか? 税金というのは空から降ってきたり、鳩山元首相のお母さんが出してくれるものではなく、簡単に言えば「そのエレベータに関係の無いお隣さんが、見ず知らずの自分に払ってくれる」ということですから、厳密に言えば「乞食行為」です。

私は健全な日本、善良な日本を取り戻すためには、「真理と正義を愛する」ことや「額に汗して働いた分だけで生活する」、「家族を大切にする」などと思っています。このような見地から言うと、公共的なものは別にして「個人や特定の団体だけがメリットを得るようなところに税金を使うべきではない。税金はあくまでもその恩恵を平等に得るようにしなければならない」と思っています。

高等学校無料化もあまり感心しませんが、実質的に高等学校の進学率が100%に近いので、税金の投入も良いかも知れませんが、100%の進学率なら個人が払うのと、税金で支払うのは実質的に同じです。「自分のすることは自分で」とう原則から見るとやや疑問です。

また高校に進学すると言っても、私立学校もあります。私立学校には税金の投入が少ないのですが、これも理論的な背景はあまりハッキリしません。

まして進学率が50%ぐらいの大学の授業料を全額税金で払うには抵抗があるでしょう。大学に進学するのは自由意思であり、自分の意思で進学するなら、最大限の補助として「奨学金」制度でまかなうべきと思うからです。
・・・・・・・・・
ある人は「学問が大切」と思うでしょうが、東大教授があのように人格劣悪な事を見ても、学問が本当に大切かどうかは不明ですので、そんなものに税金を使うのには反対の人も多いと思います。

また、安全と言っても、公共の道路などの安全にお金を投じるのは良いとしても、個別のマンションに出すのは行きすぎのように思います。さらに、CO2を減らすといってエコポイントなども出しましたが、これも「エコポイントで結果的にはCO2が増えた」と総務省から警告を受けています。

それに、企業が売り上げを増やそうと政府に働きかけて、エコポイントのような補助制度を作るのは税金の公平な使用にも問題がありますし、企業努力を「税金で補填する」ことになりますので、企業の国際競争力を落とします。パナソニックやシャープなどの日本を代表する電気会社が赤字になったのも、このような甘い体制や家電リサイクルのように虚偽の書類を必要とするものに踏みこんだのも一因と考えられます。
・・・・・・・・・
NHKがこのような放送をしたのは、NHKが受信料で運営されているからと考えられます。「努力してもしなくても、お金をもらえる」という環境のもとで人間の魂が正常な状態を保つことができないのは、すでに共産主義の失敗で経験済みです。

これは景気の波が来るのを肯定的に捕らえる考え方でも言われる一般的な事ですが、景気が良いときには若干問題なところもそのままにされるのですが、景気が悪くなると、問題点は一掃され、さらに強い企業ができると言われています.

このような原動力がNHKには働きませんし、NHKの審査などをするところは御用的な審査(NHKに批判的な人は除いて委員会を開く)ですから、これもNHKのためにはなりません。

だから、「エレベータに国がお金を出すのが正しい」という放送になるのですが、NHKの受信料を払うのに苦労している人がいて、その人は民放を見ても生活に困らないという現実に目を背けているからです.
・・・・・・
2012年に「お金が足りないから増税」と言うことになった一つの要因は、日本人が「額に汗して」という考えから「他人のお金をもらえれば」というNHK的考え方になってきたことにもよります。

この社会で「良いと思うこと」というのはいくらでもあり、「良いことだから税金を使う」という思想では税金は無限に増えるでしょう.この問題の根底には「ピンハネ」する人が指導層に多くなったということ、ピンハネ社会を象徴しているように思います。(平成24年12月25日)

ピンハネ 人の金で生きる方法だなあ  良くない

はた坊







最終更新日  2012.12.28 01:25:08
コメント(4) | コメントを書く
2012.03.18
テーマ:家庭菜園(42077)
カテゴリ:小松菜
  • 110こまつな.jpg




2年前の秋の小松菜
第一弾  g-22
9月19日 種蒔きを開始
9月26日 発芽したのが16pot 
10月03日 g-22の畑に移動する

第二弾   m-20
09月26日 畑のm-20で種蒔きをしておく
10月03日 発芽した これでok

弾三弾   m-20
10月03日 庭で種蒔きをしておく pot-16個 
10月10日 発芽してきている
10月17日 苗はm-20の畑の畝に移動をしておく

小松菜の種蒔きも 3つしておいた これでok
今年の小松菜は3つで お終いとする

大きくなったので そろそろと収穫できる
今週から葉物の収穫へ  植えたのは全部で48pots

11月14日 初の収穫をしておく
11月27日 2回目の収穫をしておく
12月05日 3回目の収穫をしておく
12月12日 4回目の収穫をしておく
12月19日 5回目の収穫をしておく
12月31日 6回目の収穫をしておく

昨年の小松菜の収穫は6回
残りは今年の早い目に収穫してしまおう

と 思いながら 1-2月と収穫していなかった
そのまま 放置で 大きくなったまま
もう 葉は硬いはず ??

花が咲くのを見てみよう



昨年の小松菜
なし
忘れていた

が 畑をみたら 小松菜などが生えている
昨年の種が残っていたらしい 

すこし収穫できそうだ
11月27日 すこし収穫した
12月04日 残りも収穫した
12月25日 もう1本があったので これも収穫

勝手に生えていた小松菜 美味しくいただきました
最後のは大きくなりすぎていた 大松菜だなあ

今年
01月15日 残りの小松菜 また3本を収穫した
03月11日 また1本の小松菜 収穫できた

かってに生えた小松菜 結構と大きくなっている




東日本大震災 3月11日発生
03月18日は 既に373日後となった



600キロ沖のプランクトンから低濃度セシウム
-----------------------------------------------
東京大など日米の研究チームが、東京電力福島第一原子力発電所の東方約600キロ・メートルで採取したプランクトンから、原発事故由来とみられる放射性セシウムを検出した。

 濃度は国の魚介類の暫定規制値(1キロ・グラムあたり500ベクレル)を大きく下回るが、プランクトンを食べる魚に蓄積する可能性もあり、チームは継続調査が必要としている。27日の日本海洋学会春季大会で発表する。

 東京大大気海洋研究所の西川淳助教らは昨年6月、原発の東方30~600キロの17地点で海水に含まれる動物性プランクトンを採取、全てから放射性セシウム137を検出した。濃度は乾燥状態で1キロ・グラムあたり0・3ベクレル~56・4ベクレルで、遠方ほど低くなる傾向があった。


福島から600kmまでの海のプランクトンが全部がセシウムに汚染されている
魚が食べれば とんでもないことになる 
0.3なら問題はないけど 56.4なら 10回魚が食事したら もう 立派な毒物になる

はた坊






最終更新日  2012.03.18 02:48:14
コメント(0) | コメントを書く
2012.01.17
テーマ:家庭菜園(42077)
カテゴリ:小松菜
5年前の小松菜

1-6弾と種蒔きをしていた 収獲は10月25日より3月25日までで14回となった
第一弾は9月25日の種蒔き  収獲済み
第二弾は10月15日にして既に収獲済み
第三弾は10月25日にやっている  これは収獲済み
第四弾は11月19日の種蒔き  芽が出るまで7日  収獲済み
第五弾は12月09日の種蒔き  芽が出るまで11日  収獲済み
第六弾は12月20日の種蒔き  芽が出るまで11日  3月25日で終わり



4年前の小松菜
第一弾  9月07日種蒔きをした  12月20日5回目の収穫する この分はこれにて終了
第二弾  9月30日種蒔きをした  01月09日9回目の収穫をしておく この分も終わり
第三弾  10月13日種蒔き 8個  02月18日 14回目の収穫をしておく  もうすこしある
第四弾   10月19日種蒔き 8個  02月01日 12回目の収穫をする これで この分も終了
第五弾  11月27日種蒔き 8個  02月18日 すこし成長した
第六弾  12月13日種蒔き 8個   02月18日 ちいさいまま ?
第七弾   01月19日種蒔きをする  02月18日 発芽しているが小さいまま
収穫は合計で16回となっている




3年前 春まき 結局はなし やっていない
秋になったので そろそろ小松菜の出番となった

小松菜 今年も分散して 時差をつくって栽培しよう
まずは 9月6日の日曜より種蒔きとする
1 9月06日
2 9月27日
3 10月12日
4 10月25日と 種蒔きをした

まずは第一弾
9月06日  種蒔き
9月10日  発芽した
9月13日  m-20の畑に移動する
小松菜 第二弾
09月27日 種蒔き
10月01日 発芽する
10月04日 g-22の畑に移動する
小松菜第三弾
10月12日 種蒔きする
10月17日 発芽する  そのまま待機中
10月24日 m-20の畑の畝に移動
小松菜第四弾
10月25日 種蒔きする
10月30日 発芽する そのまま 待機中  g-22に移動

収穫
11月01日 一回目
11月15日 二回目
11月29日 三回目 
12月06日 四回目 かなりゆっとくりとした ペーズで収穫中 
01月31日 5回目の収穫 かなり大きい株だけど 収穫をしておいた
02月28日 撤去 撤去

もう 畑の畝の小松菜は大きくなりすぎている
収穫するのは もうあまりなくなってきた   2月28日にて 小松菜 撤去だあーーー





2年前の秋の小松菜
第一弾  g-22
9月19日 種蒔きを開始
9月26日 発芽したのが16pot 
10月03日 g-22の畑に移動する

第二弾   m-20
09月26日 畑のm-20で種蒔きをしておく
10月03日 発芽した これでok

弾三弾   m-20
10月03日 庭で種蒔きをしておく pot-16個 
10月10日 発芽してきている
10月17日 苗はm-20の畑の畝に移動をしておく

小松菜の種蒔きも 3つしておいた これでok
今年の小松菜は3つで お終いとする

大きくなったので そろそろと収穫できる
今週から葉物の収穫へ  植えたのは全部で48pots

11月14日 初の収穫をしておく
11月27日 2回目の収穫をしておく
12月05日 3回目の収穫をしておく
12月12日 4回目の収穫をしておく
12月19日 5回目の収穫をしておく
12月31日 6回目の収穫をしておく

昨年の小松菜の収穫は6回
残りは今年の早い目に収穫してしまおう

と 思いながら 1-2月と収穫していなかった
そのまま 放置で 大きくなったまま
もう 葉は硬いはず ??

花が咲くのを見てみよう



昨年の小松菜
なし
忘れていた

が 畑をみたら 小松菜などが生えている
昨年の種が残っていたらしい 

すこし収穫できそうだ
11月27日 すこし収穫した
12月04日 残りも収穫した
12月25日 もう1本があったので これも収穫

勝手に生えていた小松菜 美味しくいただきました
最後のは大きくなりすぎていた 大松菜だなあ

今年
01月15日 残りの小松菜 また3本を収穫した

かってに生えた小松菜 結構と大きくなっている




東日本大震災 3月11日発生
01月17日は 既に312日後となった


柏崎刈羽の耐震性、他原発より下…東電提出資料
----------------------------------------------
東京電力柏崎刈羽原子力発電所1、7号機(新潟県)が地震や津波にどれだけ耐えられるかを計算で示した「ストレステスト(耐性検査)」の1次評価結果のうち、想定される地震に対する原子炉の安全性は、これまで提出された他社の原発12基に比べて著しく低いことが16日、東電の提出資料でわかった。

 東電によると、
1号機の原子炉が耐えられるのは想定した揺れ(2300ガル)の1・29倍、
7号機は想定(1209ガル)の1・47倍までで、
他の12基(1・7~2倍)を下回った。
一方、津波は1、7号機とも想定(3・3メートル)の4倍を超す15メートルまで耐えるとし、他の原発と同等以上の結果だった。

 東電は「柏崎刈羽原発は想定の揺れを厳しく見直した。他原発と単純には比較できない」と説明している。


東電はよそのは基準が厳しくないと 言い訳 ????  面白いいい訳している


はた坊






最終更新日  2012.01.17 01:37:49
コメント(0) | コメントを書く
2011.12.28
テーマ:家庭菜園(42077)
カテゴリ:小松菜
4年前の小松菜

1-6弾と種蒔きをしていた 収獲は10月25日より3月25日までで14回となった
第一弾は9月25日の種蒔き  収獲済み
第二弾は10月15日にして既に収獲済み
第三弾は10月25日にやっている  これは収獲済み
第四弾は11月19日の種蒔き  芽が出るまで7日  収獲済み
第五弾は12月09日の種蒔き  芽が出るまで11日  収獲済み
第六弾は12月20日の種蒔き  芽が出るまで11日  3月25日で終わり



3年前の小松菜
第一弾  9月07日種蒔きをした  12月20日5回目の収穫する この分はこれにて終了
第二弾  9月30日種蒔きをした  01月09日9回目の収穫をしておく この分も終わり
第三弾  10月13日種蒔き 8個  02月18日 14回目の収穫をしておく  もうすこしある
第四弾   10月19日種蒔き 8個  02月01日 12回目の収穫をする これで この分も終了
第五弾  11月27日種蒔き 8個  02月18日 すこし成長した
第六弾  12月13日種蒔き 8個   02月18日 ちいさいまま ?
第七弾   01月19日種蒔きをする  02月18日 発芽しているが小さいまま
収穫は合計で16回となっている




2年前 春まき 結局はなし やっていない
秋になったので そろそろ小松菜の出番となった

小松菜 今年も分散して 時差をつくって栽培しよう
まずは 9月6日の日曜より種蒔きとする
1 9月06日
2 9月27日
3 10月12日
4 10月25日と 種蒔きをした

まずは第一弾
9月06日  種蒔き
9月10日  発芽した
9月13日  m-20の畑に移動する
小松菜 第二弾
09月27日 種蒔き
10月01日 発芽する
10月04日 g-22の畑に移動する
小松菜第三弾
10月12日 種蒔きする
10月17日 発芽する  そのまま待機中
10月24日 m-20の畑の畝に移動
小松菜第四弾
10月25日 種蒔きする
10月30日 発芽する そのまま 待機中  g-22に移動

収穫
11月01日 一回目
11月15日 二回目
11月29日 三回目 
12月06日 四回目 かなりゆっとくりとした ペーズで収穫中 
01月31日 5回目の収穫 かなり大きい株だけど 収穫をしておいた
02月28日 撤去 撤去

もう 畑の畝の小松菜は大きくなりすぎている
収穫するのは もうあまりなくなってきた   2月28日にて 小松菜 撤去だあーーー





昨年の秋の小松菜
第一弾  g-22
9月19日 種蒔きを開始
9月26日 発芽したのが16pot 
10月03日 g-22の畑に移動する

第二弾   m-20
09月26日 畑のm-20で種蒔きをしておく
10月03日 発芽した これでok

弾三弾   m-20
10月03日 庭で種蒔きをしておく pot-16個 
10月10日 発芽してきている
10月17日 苗はm-20の畑の畝に移動をしておく

小松菜の種蒔きも 3つしておいた これでok
今年の小松菜は3つで お終いとする

大きくなったので そろそろと収穫できる
今週から葉物の収穫へ  植えたのは全部で48pots

11月14日 初の収穫をしておく
11月27日 2回目の収穫をしておく
12月05日 3回目の収穫をしておく
12月12日 4回目の収穫をしておく
12月19日 5回目の収穫をしておく
12月31日 6回目の収穫をしておく

昨年の小松菜の収穫は6回
残りは今年の早い目に収穫してしまおう

と 思いながら 1-2月と収穫していなかった
そのまま 放置で 大きくなったまま
もう 葉は硬いはず ??

花が咲くのを見てみよう



今年の小松菜
なし
忘れていた

が 畑をみたら 小松菜などが生えている
昨年の種が残っていたらしい 

すこし収穫できそうだ
11月27日 すこし収穫した
12月04日 残りも収穫した
12月25日 もう1本があったので これも収穫

勝手に生えていた小松菜 美味しくいただきました
最後のは大きくなりすぎていた 大松菜だなあ




東日本大震災 3月11日発生
12月28日は 既に292日後となった

石原都知事「覚悟持って行動する時が必ず来る」
-----------------------------------------
たちあがれ日本の藤井孝男参院代表は27日、東京・新橋で街頭演説し、東京都の石原慎太郎知事が同党の平沼代表らと20日に会談した際、民主、自民両党に対抗する「新党」構想について「来年は自分自身、覚悟を持って行動しなければならない時が必ず来る」と語ったことを明らかにした

また、「石原氏を中心とした新しい政覚悟治体制を作り、政界再編のきっかけにしたい」と強調した。

自民党 民主党にかわる新しい党 ???
しかし もっと若い人がやらないとねえ  ???

はた坊






最終更新日  2011.12.28 04:52:43
コメント(2) | コメントを書く
2011.12.09
テーマ:家庭菜園(42077)
カテゴリ:小松菜
4年前の小松菜

1-6弾と種蒔きをしていた 収獲は10月25日より3月25日までで14回となった
第一弾は9月25日の種蒔き  収獲済み
第二弾は10月15日にして既に収獲済み
第三弾は10月25日にやっている  これは収獲済み
第四弾は11月19日の種蒔き  芽が出るまで7日  収獲済み
第五弾は12月09日の種蒔き  芽が出るまで11日  収獲済み
第六弾は12月20日の種蒔き  芽が出るまで11日  3月25日で終わり



3年前の小松菜
第一弾  9月07日種蒔きをした  12月20日5回目の収穫する この分はこれにて終了
第二弾  9月30日種蒔きをした  01月09日9回目の収穫をしておく この分も終わり
第三弾  10月13日種蒔き 8個  02月18日 14回目の収穫をしておく  もうすこしある
第四弾   10月19日種蒔き 8個  02月01日 12回目の収穫をする これで この分も終了
第五弾  11月27日種蒔き 8個  02月18日 すこし成長した
第六弾  12月13日種蒔き 8個   02月18日 ちいさいまま ?
第七弾   01月19日種蒔きをする  02月18日 発芽しているが小さいまま
収穫は合計で16回となっている




2年前 春まき 結局はなし やっていない
秋になったので そろそろ小松菜の出番となった

小松菜 今年も分散して 時差をつくって栽培しよう
まずは 9月6日の日曜より種蒔きとする
1 9月06日
2 9月27日
3 10月12日
4 10月25日と 種蒔きをした

まずは第一弾
9月06日  種蒔き
9月10日  発芽した
9月13日  m-20の畑に移動する
小松菜 第二弾
09月27日 種蒔き
10月01日 発芽する
10月04日 g-22の畑に移動する
小松菜第三弾
10月12日 種蒔きする
10月17日 発芽する  そのまま待機中
10月24日 m-20の畑の畝に移動
小松菜第四弾
10月25日 種蒔きする
10月30日 発芽する そのまま 待機中  g-22に移動

収穫
11月01日 一回目
11月15日 二回目
11月29日 三回目 
12月06日 四回目 かなりゆっとくりとした ペーズで収穫中 
01月31日 5回目の収穫 かなり大きい株だけど 収穫をしておいた
02月28日 撤去 撤去

もう 畑の畝の小松菜は大きくなりすぎている
収穫するのは もうあまりなくなってきた   2月28日にて 小松菜 撤去だあーーー





昨年の秋の小松菜
第一弾  g-22
9月19日 種蒔きを開始
9月26日 発芽したのが16pot 
10月03日 g-22の畑に移動する

第二弾   m-20
09月26日 畑のm-20で種蒔きをしておく
10月03日 発芽した これでok

弾三弾   m-20
10月03日 庭で種蒔きをしておく pot-16個 
10月10日 発芽してきている
10月17日 苗はm-20の畑の畝に移動をしておく

小松菜の種蒔きも 3つしておいた これでok
今年の小松菜は3つで お終いとする

大きくなったので そろそろと収穫できる
今週から葉物の収穫へ  植えたのは全部で48pots

11月14日 初の収穫をしておく
11月27日 2回目の収穫をしておく
12月05日 3回目の収穫をしておく
12月12日 4回目の収穫をしておく
12月19日 5回目の収穫をしておく
12月31日 6回目の収穫をしておく

昨年の小松菜の収穫は6回
残りは今年の早い目に収穫してしまおう

と 思いながら 1-2月と収穫していなかった
そのまま 放置で 大きくなったまま
もう 葉は硬いはず ??

花が咲くのを見てみよう



今年の小松菜
なし
忘れていた

が 畑をみたら 小松菜などが生えている
昨年の種が残っていたらしい 

すこし収穫できそうだ
11月27日 すこし収穫した
12月04日 残りも収穫した

勝手に生えていた小松菜 美味しくいただきました





東日本大震災 3月11日発生
12月09日は 既に273日後となった


群大教授暴言「福島の農家はオウム信者と同じ」
-----------------------------------------
福島第一原発事故による放射能汚染地図をいち早く作製したことで知られる早川由紀夫・群馬大教授(55)(火山学)が、簡易投稿サイト「ツイッター」に、福島県の農家をオウム真理教信者にたとえる書き込みをしたなどとして、同大は7日付で訓告処分にした。

同大によると、問題になったのは「セシウムまみれの水田で毒米つくる行為も、サリンつくったオウム信者と同じことをしてる」「福島の農家が私を殺そうとしている」などの書き込み。6月以降、再三注意したが改善されなかったという。

 早川教授は8日、記者会見を開き、「放射能の危険性を多くの人に迅速に伝えるために、あえて過激にした。処分は学問の自由を奪う行為で、大学の自殺」と批判した。

 同大の堀川光久総務部長は「研究成果とは言えず、言論統制ではない。大学にも多数の苦情が来ている」とし、改善されない場合は懲戒処分も検討するとしている。


福島のセシウムの問題があちこちで 色んなnewsになってきている

オウム真理教  サリンをばら撒こうとして逮捕 実行犯は死刑の判決

東電  対応にミスが重なってセシウムをばら撒いた ?????

意図はなくても 結果は似たものになっているなあ
粉ミルク お米 野菜 牛肉 魚 放射能汚染がどんどん出てきている

政府が対応をしっかりとしないと 混乱が広がって 大変な事態が発生してきそうだ
???????

はた坊






最終更新日  2011.12.09 01:36:35
コメント(0) | コメントを書く
2011.11.27
テーマ:家庭菜園(42077)
カテゴリ:小松菜
4年前の小松菜

1-6弾と種蒔きをしていた 収獲は10月25日より3月25日までで14回となった
第一弾は9月25日の種蒔き  収獲済み
第二弾は10月15日にして既に収獲済み
第三弾は10月25日にやっている  これは収獲済み
第四弾は11月19日の種蒔き  芽が出るまで7日  収獲済み
第五弾は12月09日の種蒔き  芽が出るまで11日  収獲済み
第六弾は12月20日の種蒔き  芽が出るまで11日  3月25日で終わり



3年前の小松菜
第一弾  9月07日種蒔きをした  12月20日5回目の収穫する この分はこれにて終了
第二弾  9月30日種蒔きをした  01月09日9回目の収穫をしておく この分も終わり
第三弾  10月13日種蒔き 8個  02月18日 14回目の収穫をしておく  もうすこしある
第四弾   10月19日種蒔き 8個  02月01日 12回目の収穫をする これで この分も終了
第五弾  11月27日種蒔き 8個  02月18日 すこし成長した
第六弾  12月13日種蒔き 8個   02月18日 ちいさいまま ?
第七弾   01月19日種蒔きをする  02月18日 発芽しているが小さいまま
収穫は合計で16回となっている




2年前 春まき 結局はなし やっていない
秋になったので そろそろ小松菜の出番となった

小松菜 今年も分散して 時差をつくって栽培しよう
まずは 9月6日の日曜より種蒔きとする
1 9月06日
2 9月27日
3 10月12日
4 10月25日と 種蒔きをした

まずは第一弾
9月06日  種蒔き
9月10日  発芽した
9月13日  m-20の畑に移動する
小松菜 第二弾
09月27日 種蒔き
10月01日 発芽する
10月04日 g-22の畑に移動する
小松菜第三弾
10月12日 種蒔きする
10月17日 発芽する  そのまま待機中
10月24日 m-20の畑の畝に移動
小松菜第四弾
10月25日 種蒔きする
10月30日 発芽する そのまま 待機中  g-22に移動

収穫
11月01日 一回目
11月15日 二回目
11月29日 三回目 
12月06日 四回目 かなりゆっとくりとした ペーズで収穫中 
01月31日 5回目の収穫 かなり大きい株だけど 収穫をしておいた
02月28日 撤去 撤去

もう 畑の畝の小松菜は大きくなりすぎている
収穫するのは もうあまりなくなってきた   2月28日にて 小松菜 撤去だあーーー





昨年の秋の小松菜
第一弾  g-22
9月19日 種蒔きを開始
9月26日 発芽したのが16pot 
10月03日 g-22の畑に移動する

第二弾   m-20
09月26日 畑のm-20で種蒔きをしておく
10月03日 発芽した これでok

弾三弾   m-20
10月03日 庭で種蒔きをしておく pot-16個 
10月10日 発芽してきている
10月17日 苗はm-20の畑の畝に移動をしておく

小松菜の種蒔きも 3つしておいた これでok
今年の小松菜は3つで お終いとする

大きくなったので そろそろと収穫できる
今週から葉物の収穫へ  植えたのは全部で48pots

11月14日 初の収穫をしておく
11月27日 2回目の収穫をしておく
12月05日 3回目の収穫をしておく
12月12日 4回目の収穫をしておく
12月19日 5回目の収穫をしておく
12月31日 6回目の収穫をしておく

昨年の小松菜の収穫は6回
残りは今年の早い目に収穫してしまおう

と 思いながら 1-2月と収穫していなかった
そのまま 放置で 大きくなったまま
もう 葉は硬いはず ??

花が咲くのを見てみよう



今年の小松菜
なし
忘れていた

が 畑をみたら 小松菜などが生えている
昨年の種が残っていたらしい 

すこし収穫できそうだ
11月27日 すこし収穫した

まだ1回は収穫できる





東日本大震災 3月11日発生
11月28日は 既に262日後となった

大阪市長選で橋下氏、府知事選で松井氏が当選
-------------------------------------
大阪府知事選と大阪市長選が27日、投開票され、市長選は前府知事で地域政党・大阪維新の会代表の橋下徹氏(42)(諸派)、知事選では同会幹事長で前府議の松井一郎氏(47)(諸派)が初当選した。

 府と大阪・堺両市を再編する「大阪都構想」を共通の公約に掲げた両氏は、実現に必要な住民投票や、法整備に向けた国への働きかけに着手する。地域政党が知事・政令市長を独占するのは初めてで、支援した候補が敗れた既成政党には痛手となった。

 知事経験者が政令市長に就くのも全国初。
 午後8時半、大阪市内のホテルに設営された記者会見場に姿を見せた橋下氏は、「都構想を4年で実現できるよう、国に法改正を求める」としたうえで、国が都構想の法整備に動かない場合、「年内にも(国会議員の)候補者擁立の準備を始める。近畿一円で擁立を呼び掛けていく」と、維新の国政進出を明言した


大阪から 自民と民主などを乗り越えた政党が誕生した
この芽を大きくしたら 日本は変わる   
自民と民主も ビビルだろう

はた坊






最終更新日  2011.11.27 23:50:35
コメント(0) | コメントを書く
2011.11.25
テーマ:家庭菜園(42077)
カテゴリ:小松菜
4年前の小松菜

1-6弾と種蒔きをしていた 収獲は10月25日より3月25日までで14回となった
第一弾は9月25日の種蒔き  収獲済み
第二弾は10月15日にして既に収獲済み
第三弾は10月25日にやっている  これは収獲済み
第四弾は11月19日の種蒔き  芽が出るまで7日  収獲済み
第五弾は12月09日の種蒔き  芽が出るまで11日  収獲済み
第六弾は12月20日の種蒔き  芽が出るまで11日  3月25日で終わり



3年前の小松菜
第一弾  9月07日種蒔きをした  12月20日5回目の収穫する この分はこれにて終了
第二弾  9月30日種蒔きをした  01月09日9回目の収穫をしておく この分も終わり
第三弾  10月13日種蒔き 8個  02月18日 14回目の収穫をしておく  もうすこしある
第四弾   10月19日種蒔き 8個  02月01日 12回目の収穫をする これで この分も終了
第五弾  11月27日種蒔き 8個  02月18日 すこし成長した
第六弾  12月13日種蒔き 8個   02月18日 ちいさいまま ?
第七弾   01月19日種蒔きをする  02月18日 発芽しているが小さいまま
収穫は合計で16回となっている




2年前 春まき 結局はなし やっていない
秋になったので そろそろ小松菜の出番となった

小松菜 今年も分散して 時差をつくって栽培しよう
まずは 9月6日の日曜より種蒔きとする
1 9月06日
2 9月27日
3 10月12日
4 10月25日と 種蒔きをした

まずは第一弾
9月06日  種蒔き
9月10日  発芽した
9月13日  m-20の畑に移動する
小松菜 第二弾
09月27日 種蒔き
10月01日 発芽する
10月04日 g-22の畑に移動する
小松菜第三弾
10月12日 種蒔きする
10月17日 発芽する  そのまま待機中
10月24日 m-20の畑の畝に移動
小松菜第四弾
10月25日 種蒔きする
10月30日 発芽する そのまま 待機中  g-22に移動

収穫
11月01日 一回目
11月15日 二回目
11月29日 三回目 
12月06日 四回目 かなりゆっとくりとした ペーズで収穫中 
01月31日 5回目の収穫 かなり大きい株だけど 収穫をしておいた
02月28日 撤去 撤去

もう 畑の畝の小松菜は大きくなりすぎている
収穫するのは もうあまりなくなってきた   2月28日にて 小松菜 撤去だあーーー





昨年の秋の小松菜
第一弾  g-22
9月19日 種蒔きを開始
9月26日 発芽したのが16pot 
10月03日 g-22の畑に移動する

第二弾   m-20
09月26日 畑のm-20で種蒔きをしておく
10月03日 発芽した これでok

弾三弾   m-20
10月03日 庭で種蒔きをしておく pot-16個 
10月10日 発芽してきている
10月17日 苗はm-20の畑の畝に移動をしておく

小松菜の種蒔きも 3つしておいた これでok
今年の小松菜は3つで お終いとする

大きくなったので そろそろと収穫できる
今週から葉物の収穫へ  植えたのは全部で48pots

11月14日 初の収穫をしておく
11月27日 2回目の収穫をしておく
12月05日 3回目の収穫をしておく
12月12日 4回目の収穫をしておく
12月19日 5回目の収穫をしておく
12月31日 6回目の収穫をしておく

昨年の小松菜の収穫は6回
残りは今年の早い目に収穫してしまおう

と 思いながら 1-2月と収穫していなかった
そのまま 放置で 大きくなったまま
もう 葉は硬いはず ??

花が咲くのを見てみよう



今年の小松菜
なし
忘れていた

が 畑をみたら 小松菜などが生えている
昨年の種が残っていたらしい 

すこし収穫できそうだ




東日本大震災 3月11日発生
11月25日は 既に259日後となった

冷えすぎても危険…原子炉温度上げる作業開始
-------------------------------------
東京電力は24日、福島第一原子力発電所1-3号機の原子炉への冷却水の注水量を減らし、圧力容器内の温度を上げる作業を始めたと発表した。

 圧力容器には水素が存在していると考えられ、容器が冷えすぎると中の水蒸気が水になって乾燥し、水素に着火する危険が増すため。東電は同時に、中の水素を排出するため、圧力容器に窒素を注入する準備も始めた。

 1号機の注水量を毎時0・5立方メートル(現在の注水量は毎時5・5立方メートル)、2、3号機は毎時1・5立方メートル(同毎時10立方メートル)ずつ減らす。現在、1-3号機の圧力容器底部の温度は70度未満に下がっているが、80度を上回るほどに上げて水蒸気量を確保する。窒素が注入でき次第、注水量を元に戻すという。

原発 水素爆発の危険がまだまだ続いているとの事
政府の発表と 全然 違う
格納納期の中の放射能が爆発で まだ出てくる可能性がかなりあるらしい ??

8ヶ月が過ぎても 原発の中がどうなっているのか まったく判らないままだ ????

はた坊






最終更新日  2011.11.25 02:40:11
コメント(0) | コメントを書く
2011.03.10
テーマ:家庭菜園(42077)
カテゴリ:小松菜
3年前の小松菜

1-6弾と種蒔きをしていた 収獲は10月25日より3月25日までで14回となった
第一弾は9月25日の種蒔き  収獲済み
第二弾は10月15日にして既に収獲済み
第三弾は10月25日にやっている  これは収獲済み
第四弾は11月19日の種蒔き  芽が出るまで7日  収獲済み
第五弾は12月09日の種蒔き  芽が出るまで11日  収獲済み
第六弾は12月20日の種蒔き  芽が出るまで11日  3月25日で終わり



2年前の小松菜
第一弾  9月07日種蒔きをした  12月20日5回目の収穫する この分はこれにて終了
第二弾  9月30日種蒔きをした  01月09日9回目の収穫をしておく この分も終わり
第三弾  10月13日種蒔き 8個  02月18日 14回目の収穫をしておく  もうすこしある
第四弾   10月19日種蒔き 8個  02月01日 12回目の収穫をする これで この分も終了
第五弾  11月27日種蒔き 8個  02月18日 すこし成長した
第六弾  12月13日種蒔き 8個   02月18日 ちいさいまま ?
第七弾   01月19日種蒔きをする  02月18日 発芽しているが小さいまま
収穫は合計で16回となっている




昨年 春まき 結局はなし やっていない
秋になったので そろそろ小松菜の出番となった

小松菜 今年も分散して 時差をつくって栽培しよう
まずは 9月6日の日曜より種蒔きとする
1 9月06日
2 9月27日
3 10月12日
4 10月25日と 種蒔きをした

まずは第一弾
9月06日  種蒔き
9月10日  発芽した
9月13日  m-20の畑に移動する
小松菜 第二弾
09月27日 種蒔き
10月01日 発芽する
10月04日 g-22の畑に移動する
小松菜第三弾
10月12日 種蒔きする
10月17日 発芽する  そのまま待機中
10月24日 m-20の畑の畝に移動
小松菜第四弾
10月25日 種蒔きする
10月30日 発芽する そのまま 待機中  g-22に移動

収穫
11月01日 一回目
11月15日 二回目
11月29日 三回目 
12月06日 四回目 かなりゆっとくりとした ペーズで収穫中 
01月31日 5回目の収穫 かなり大きい株だけど 収穫をしておいた
02月28日 撤去 撤去

もう 畑の畝の小松菜は大きくなりすぎている
収穫するのは もうあまりなくなってきた   2月28日にて 小松菜 撤去だあーーー





今年の秋の小松菜
第一弾  g-22
9月19日 種蒔きを開始
9月26日 発芽したのが16pot 
10月03日 g-22の畑に移動する

第二弾   m-20
09月26日 畑のm-20で種蒔きをしておく
10月03日 発芽した これでok

弾三弾   m-20
10月03日 庭で種蒔きをしておく pot-16個 
10月10日 発芽してきている
10月17日 苗はm-20の畑の畝に移動をしておく

小松菜の種蒔きも 3つしておいた これでok
今年の小松菜は3つで お終いとする

大きくなったので そろそろと収穫できる
今週から葉物の収穫へ  植えたのは全部で48pots

11月14日 初の収穫をしておく
11月27日 2回目の収穫をしておく
12月05日 3回目の収穫をしておく
12月12日 4回目の収穫をしておく
12月19日 5回目の収穫をしておく
12月31日 6回目の収穫をしておく

昨年の小松菜の収穫は6回
残りは今年の早い目に収穫してしまおう

と 思いながら 1-2月と収穫していなかった
そのまま 放置で 大きくなったまま
もう 葉は硬いはず ??

花が咲くのを見てみよう

はた坊







最終更新日  2011.03.10 02:53:19
コメント(0) | コメントを書く

全53件 (53件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.