2834163 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

はた坊のブログ   家庭菜園を始めて16年目になりました

PR

全56件 (56件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

ショーガ

2012.11.05
XML
テーマ:家庭菜園(42178)
カテゴリ:ショーガ
  • しょうが.JPG



畑の生姜   小さいままだった

掘ってみたら やっぱり 小さかった
種イモより 小さい

ありゃりゃ 小さいなあ

まあ 仕方がない  これでけでも収穫しておこう

ショーガは 大失敗になりました




東日本大震災 3月11日発生
11月5日は 既に604日後となった

武田さんのブログ
----------------------------------------------
原発爆発の原因(技術編)

原発爆発の原因を整理しておくことは、科学者としての私が科学技術というものを深く考える上で避けて通れないものであり、社会としては原発再開の是非などに大きく影響する。すでに事故直後から多くの書籍、雑誌や新聞の論考、それに国会などの議論を経てかなりの部分が明らかになっているが、1年半を経た現在、若干冷静になった時期に第一回の整理をしておくことは大切だろう。

そして、原発推進、反対、再開の是非、利権などと離れた純粋に科学技術、および日本国のことだけを念頭においた整理もまた重要である。その面からここでは私のできる範囲で、これまで私が言及したことにもとらわれず(これが一番、難しいが)、私を罵倒した人たちのことも参考にして(これも難しい)、再整理を試みた。

軽水炉(日本の原子炉)の安全性は、次の3つが柱であった。
1)核反応の固有安全性、
2)多重防御、
3)個別の安全対策。
・・・・・・・・・
固有安全性とは、概念的に運転時の状態の方が事故時より危険な状態にあり、従って事故が起こるとより安全な方向に行くというものである。軽水炉の場合は、何らかの理由で原子炉の中に制御棒などが投入できなくなった時、核反応が暴走して原爆のような爆発の危険を生じる。

核反応が暴走するので原子炉内の温度が急激に上がり、冷却水が沸騰する。軽水炉は核反応で発生する中性子を水で減速するから次の核分裂を呼ぶという原理になっているので、水が水蒸気になると中性子の減速能力が低下し、核反応の連鎖が停止するという内容のものである。

従って、軽水炉は固有安全性によって核反応の暴走を止めることができる。2012年の福島原発事故の場合には地震直後に制御棒が原子炉に入ったので、その段階で核反応の暴走の可能性はなくなった。

ただ、きわめて複雑で詳細な議論をしない範囲において、今後の問題として次の危険が明らかになっていない(詳細な研究は存在するが、簡単な原理で説明する段階にない)。
1)地震第一撃やテロによる爆発物によって制御棒が入らない場合、
2)冷却水が蒸発して冷却能力が不足するか、冷却水中のボイドの発生によって循環ポンプが働かなくなった場合、
3)原発への打撃が複数(地震と停電、テロと制御不能(制御室への攻撃が同時に行われた場合))の場合。
・・・・・・・・・
多重防御は、ある異常が発生したら、それに対して複数の防御系が組まれていることであり、たとえば「外堀が突破されたら、内堀、さらに城壁、最後は階段を外して敵の侵入を防ぐ」などと同じ考え方であり、概念としては太古の昔から使われている。福島原発で停電が起こった場合、
1)主電源を地震、津波、テロなどに対して防御しておく、
2)副電源を持つ。ここまでは外部電源。
3)外部電源が損失した場合、まずディーゼル非常用発電機を動かす、
4)最終的に緊急時だけ使える時間限定のバッテリー、
となっていた。

この多重防御は意味をなさなかったが、その第一の原因は主電源、副電源、ディーゼル発電機がともに地下にあって冠水して一度に停止したことである。つまり多重防御ではなかった。バッテリーも複数の理由で働かなかった。

多重防御は地震や津波についても機能しなかった。津波の防御には第一段が防潮堤(5.7メートル)、第二段がタービン建屋(43メートル)であり、津波の高さは15メートルと推定されている。従って、防潮堤を乗り越え、タービン建屋で停止するはずであった。

しかし、現実には防潮堤を乗り越えた津波はタービン建屋の真ん中にある隙間から原子炉に到達した.また津波は原発をめがけて襲ってくる訳ではないので、防潮堤のない南の海岸線を越え、原発の後ろから襲った可能性が高い.原子炉が立っていた標高は約7メートルであり、一階には大きな開口部があるので、実際には防潮堤の高さには依存せず、何らかの理由で7メートル以上の海水面上昇があると電源を失う設計であった.

原発は核反応の熱が90%、崩壊熱が10%であるから、核反応の連鎖を止めても崩壊熱で冷却能力を失い、水素の発生によって原子炉内の圧力が上がり、水素を原子炉外に誘導することによって水素爆発が起こり、さらに放射性物質が漏洩する.
・・・・・・・・・
第三の問題は使用済み核燃料(核廃棄物)の蓄積の問題である.本来なら使用済み核燃料は速やかに原子炉から他の場所に運搬して処理し、格納するのが望ましい.原子炉は大量の放射性物質を包含しているので、運転中の核燃料以外の危険要因は排除しておいた方が良いからである。

しかし、
1)取り出したばかりの使用済み核燃料は崩壊熱、放射線がともに高いので移動は危険である、
2)核廃棄物の最終処分場が無い状態で原子炉を運転しているので、使用済み核燃料がたまりがちになる、
という問題を抱えている.

そこで原発内の使用済み、および使用中核燃料貯蔵プールに大量の核燃料を抱えることになる。これらの核燃料は短寿命核種を含まないという点で原子炉内の核燃料より安全であるが、セシウム、ストロンチウム、プルトニウムという長寿命核種は原子炉内と同等の危険な状態であると言える.

プールが過熱せず、放射性物質が漏洩しないためには、プールもまた「多重防御」になっていなければならないが、冷却装置、倒壊対策、事故時の燃料取りだしなど必要な多重防御は設計されていない.また倒壊によって再臨界などの問題が起こらないかどうかについての簡単で原理的な解析も行われていない.
・・・・・・・・・
その他の安全対策としてはテロによる海上からの奇襲攻撃がもっとも可能性があるが、レーダー装置、自衛隊の常駐、構造面の防御、テロに対する反撃のための砲撃体制、制御室への攻撃に対する防御などほぼ「裸」の状態である.

日本の原発がテロ攻撃を受けないためには技術問題がと並行して外交、政治、経済の影響が大きいが、技術は技術として安全対策を取っておく必要があるが、ほぼ何も為されていない。またここでは原発爆発に至る問題点として3点を上げたが、このほかに航空機の墜落などがある。

このような付随的な問題についてどの程度の防御をするかは「感覚的」に対策を取ることはできず、「安全確率」を定める必要がある。地震、津波、落雷、竜巻、海水面上昇、台風などの自然からの攻撃、テロ、航空機墜落、人為的ミス、サボタージュ、故意の運転妨害などの人為的攻撃について、それぞれの発生確率をだし、何100年に一度、あるいは何1000年に一度というような発生についての社会的合意を得ることが技術と社会を繋ぐ安全対策として必須である.これも曖昧である.
・・・・・・・・・
このような原子炉の安全に対する概念と具体的な構造、運転などを元にして整理をすると、福島原発が爆発した原因は、
1)震度6の地震で原子炉に制御棒が投入されて核反応の連鎖は停止したが、配管が損傷して危険な状態になっていた、
2)高さ15メートルの津波が正面と南側からの迂回によって原子炉の地下に侵入して電源を停止させた、
3)冷却が不可能になり、崩壊熱によって燃料棒表面の金属と水蒸気が反応して水素を発生し原子炉内の圧力が上昇した、
4)原子炉と格納容器の耐圧限度を超えて爆発する可能性があるので、原子炉内のガスを建屋内に放出した結果、建屋内の酸素と結合して水素爆発を起こした、
5)3号機は水素爆発と同時に核燃料が建屋下部に押しつけられ、残存していた核燃料が再臨界をおこして爆発した、
6)4号機は3号機の水素が配管を通って4号機内部に侵入し、そこで水素爆発を起こした(4号機の爆発映像は福島中央テレビ、NHKなどが保有しているが公開されていない)、

と整理できる.
・・・・・・・・・
福島原発の爆発事故の原因を技術的に整理すると、多重防御の対象項目と防御系が概念的に破綻していたことが明らかであり、福島原発は技術設計上の間違いによって爆発したことが明らかである。従って、他の原発も短期間の内に爆発する可能性が高いことが科学的に明らかである.

しかし、技術的に明白なことでも、社会の多くの人が参加すると混乱するし、原子力技術者の中でも「原発は安全だ」と考えている人がいる。それは「どのぐらいの確率で事故が起こるか、もしくは起こっても良いか」という点がほとんど議論されていないことに因る.これらの問題はさらに整理を続けなければならない。

(平成24年11月4日)

もう ほとんどの人が忘れてしまっている原発事故と対策と現状と危険性

はた坊






最終更新日  2012.11.05 01:57:44
コメント(0) | コメントを書く


2012.10.26
テーマ:家庭菜園(42178)
カテゴリ:ショーガ
  • しょうが.JPG





2年前のショーガ
03月21日 hcで種ショーガの買物 大ショーガの種800gの物 980円
04月25日 発泡スチロールの箱にいれている分 すこし発芽してきているのもある
05月05日 g22の畑に植え付けした 20個
06月06日 畑の雑草取りをしておく
06月13日 また 雑草取りをしておく
06月19日 20個のうち やっと 2個の発芽を確認 遅いなあ  ?? また雑草だらけ
07月04日 15の発芽となった
07月08日 発芽したのは17本となった あと3つがまだ
07月17日 それぞれ17本に2つ目の発芽を開始してきている 賑やかになりつつある
07月25日 3-4本目の芽も出てきている 雑草でマルチをしておいた
08月15日 雑草の追加のマルチをしておいた 水が不足気味 やや元気がなさそう
08月22日 晴天が続いて高温の猛暑がつづく かなり水不足が弱ってきているようだ
08月25日 水曜の朝の5時に水遣りに行く
08月29日 日曜にも水をたっぶりとやっておく
09月05日 またまた水をたっぶりとやっておく
09月12日 またまたまた水をたっぶりとやっておく
09月19日 葉も黄色くなってきているので収穫をした  かなり小さい 匂いのみ


水不足でショーガさん 弱って葉も黄色くなった
ショーガの匂いはブンブンしているが 掘り出してみると小さい

8-9月と猛暑が続き 降雨もすくなく水が不足
ショーガは生育気温が25-28cくらいで水が不足すると弱い
気温も高すぎ 水も極端に不足したので こんなに小さいショーガになりました





昨年のショーガ
03月20日 hcで大ショーガ800g-980円のを買ってきた これは昨年と同じだなあ
04月23日 芽がついてきている  そろそろ発芽用の箱にいれよう
04月24日 庭で 発泡スチロールの箱にいれて しばらく暖かくして発芽させよう
05月05日 安い半額の種芋が売られていた ついつい 安いので買い物した
05月22日 発芽したショウガ24個 m-07の畑に植え付けた
発芽用の発泡スチロールに保管して 5月に芽は見えていた
24個 全部 m07の畑に植え付けておいた
06月05日 発芽はまだしてこない  そろろそかなと期待していたが あと10日かかる
06月17日 2本の発芽 確認した  これで 安心だなあ
07月17日 なんとか無事に育っている
08月14日 猛暑が続いているので やや夏バテになっている感じ
09月10日 やや不良だけど 何とか かんとか という感じ そろそろ 収穫時に
09月18日 全部を収穫しておいた  雑草に囲まれた割には なんとかなったかな


ショーガ  やや 夏バテ気味だったけど 香りが良いのが収穫できた 良しとしよう




今年のショーガ
hcで ショーガの種 売り出し中
03月04日 大ショーガの800gのもの 1つ 買ってきた
03月11日 家の庭で箱にいれて芽だしをしておく

今年も ショーガ 作ろう
04月22日 芽もすこしできてきているので畑に移動した 4つを12個に分割して植え付けした
芽が出るのは6月くらい かなり先になる
06月03日 やっと発芽してきている まだ1本だけ
やっと 発芽したあーーーーー
07月01日 発芽下のは7-10本くらいになっている
08月01日 その後もあまり育っていない
08月12日 うーん 残っているのは4-5本だけ 小さいまま

今年のショーガ 雑草にまけて さっぱり
残っているのは4-5本だけ
10月21日 サイズはそのまま 成長していないなあ

今年もショーガは やはり 失敗だなあ  ありゃりゃんりゃん だなあ
ショーガ 意外と難しい  強敵だなあ


東日本大震災 3月11日発生
10月26日は 既に594日後となった

武田さんのブログ
----------------------------------------------
時事寸評 森口氏報道と世論操作報道


iPS報道の中で森口氏の研究や履歴が虚偽だったのではないかと言われている。その中で読売新聞を中心に誤報の調査が行われている。この誤報は最近のマスメディアが「誤報など大したことはない」という認識のもとで「世論操作」をしてきた。その中ではこの誤報は大したことはない。これまでの大きな誤報。

(これからは音声です)

1)2009年の選挙の時に選挙が終わるまで民主党の間違いを報道しない、
2)原発の事故が起こるまで国の委員会で危険だという指摘があっても報道しない、
3)日本人を被曝から守る法律があり、それは1年1ミリなのに、法令の記載が明らかになるまで規制の法令がないと報道する、
4)温暖化すると南極の氷は増えるとIPCCの報告にあるのに、融けると言う報告として報道する、
5)消費税増税の時、マスコミは特例で増税を免れるという密約(財務省と報道機関団体の間にあったとされる)の報道

「目的(民主党に政権を取らせる、原発は安全、温暖化は良いことだ)のために手段を選ばず」という報道はそろそろ止めて欲しい。この極端な例が、宮里藍が国民的アイドルだったとき、関西のテレビで宮里が1位になっていないのに「トップに立った!」とアナウンサーが絶叫したことが思い出される。

マスコミは国民を尊敬して欲しい。世論操作のために虚偽の報道をすることと、一個人が詐欺まがいのことをいい、その検証をよくしなかったというのとは影響が違う。特に増税などについてメディアの利害を優先して報道を控えるなど本来の「報道」、“道”という字がついている職業を踏み外したものだろう。(平成24年10月14日)

最近のマスコミは ペテン師のいうことを そのまま報道したりするんだなあ

はた坊






最終更新日  2012.10.26 01:38:46
コメント(0) | コメントを書く
2012.08.17
テーマ:家庭菜園(42178)
カテゴリ:ショーガ
  • 110しょうが.JPG



2年前のショーガ
03月21日 hcで種ショーガの買物 大ショーガの種800gの物 980円
04月25日 発泡スチロールの箱にいれている分 すこし発芽してきているのもある
05月05日 g22の畑に植え付けした 20個
06月06日 畑の雑草取りをしておく
06月13日 また 雑草取りをしておく
06月19日 20個のうち やっと 2個の発芽を確認 遅いなあ  ?? また雑草だらけ
07月04日 15の発芽となった
07月08日 発芽したのは17本となった あと3つがまだ
07月17日 それぞれ17本に2つ目の発芽を開始してきている 賑やかになりつつある
07月25日 3-4本目の芽も出てきている 雑草でマルチをしておいた
08月15日 雑草の追加のマルチをしておいた 水が不足気味 やや元気がなさそう
08月22日 晴天が続いて高温の猛暑がつづく かなり水不足が弱ってきているようだ
08月25日 水曜の朝の5時に水遣りに行く
08月29日 日曜にも水をたっぶりとやっておく
09月05日 またまた水をたっぶりとやっておく
09月12日 またまたまた水をたっぶりとやっておく
09月19日 葉も黄色くなってきているので収穫をした  かなり小さい 匂いのみ


水不足でショーガさん 弱って葉も黄色くなった
ショーガの匂いはブンブンしているが 掘り出してみると小さい

8-9月と猛暑が続き 降雨もすくなく水が不足
ショーガは生育気温が25-28cくらいで水が不足すると弱い
気温も高すぎ 水も極端に不足したので こんなに小さいショーガになりました





昨年のショーガ
03月20日 hcで大ショーガ800g-980円のを買ってきた これは昨年と同じだなあ
04月23日 芽がついてきている  そろそろ発芽用の箱にいれよう
04月24日 庭で 発泡スチロールの箱にいれて しばらく暖かくして発芽させよう
05月05日 安い半額の種芋が売られていた ついつい 安いので買い物した
05月22日 発芽したショウガ24個 m-07の畑に植え付けた
発芽用の発泡スチロールに保管して 5月に芽は見えていた
24個 全部 m07の畑に植え付けておいた
06月05日 発芽はまだしてこない  そろろそかなと期待していたが あと10日かかる
06月17日 2本の発芽 確認した  これで 安心だなあ
07月17日 なんとか無事に育っている
08月14日 猛暑が続いているので やや夏バテになっている感じ
09月10日 やや不良だけど 何とか かんとか という感じ そろそろ 収穫時に
09月18日 全部を収穫しておいた  雑草に囲まれた割には なんとかなったかな


ショーガ  やや 夏バテ気味だったけど 香りが良いのが収穫できた 良しとしよう




今年のショーガ
hcで ショーガの種 売り出し中
03月04日 大ショーガの800gのもの 1つ 買ってきた
03月11日 家の庭で箱にいれて芽だしをしておく

今年も ショーガ 作ろう
04月22日 芽もすこしできてきているので畑に移動した 4つを12個に分割して植え付けした
芽が出るのは6月くらい かなり先になる
06月03日 やっと発芽してきている まだ1本だけ
やっと 発芽したあーーーーー
07月01日 発芽下のは7-10本くらいになっている
08月01日 その後もあまり育っていない
08月12日 うーん 残っているのは4-5本だけ 小さいまま

今年のショーガ 雑草にまけて さっぱり
残っているのは4-5本だけ


東日本大震災 3月11日発生
08月17日は 既に524日後となった

武田さんのブログ
----------------------------------------------
対立の構図 対立は恥ずかしいこと(理科系)

人間には「対立」というのがある。自分の意見が正しくて、相手が間違っているという論理をたてるのだが、理科系の私にはなかなか理解ができない。もし自分が「何の意図もなく、先入観も無い」状態で、相手も「ウソをついていない」場合は、「違う意見になる」ということがあり得ないように思うからだ。
多くの人は「そんなことはない。事実、この世は意見が違う事ばかりだ」と言われるだろう。でも「理科系」の私には「意見が違う」と言うこと自体がおかしいように思われるのである。
第一の問題は、自分が正しくて相手が間違っているのか、自分が間違っていて相手が正しいのかは、自分とその相手がいくら議論しても決まるものではなく、お釈迦様に聞いて見なければならない。「なぜ、ご自分のご意見が正しいと思うのですか?」と聞くと「私がそう思うから」という自信たっぷりの方がおられるが、ある人間が「正しい」と判断したことが「本当に正しい」かどうかは本人には分からないはずだ。
「自分の生きているうちはごまかせる」というぐらいはいけるだろう.
・・・・・・・・・
この「対立の構図」で整理をしてみたいと思っているのは、このことではなく、第二の問題:「意見が対立するというのは、分からないことか、隠していることがあるから」ではないかということだ。
自然科学(普通には科学ということが多い)は「自然現象を解明する」ことが主な仕事で、ついでに「それを応用して工学、農学、医学などを発展させる」という仕事もある。自然現象というのは太古の昔からある原理原則で成り立っているので、「人間が分からない」ということがあっても、「意見が存在する」と言うものではない。
たとえば、かつて人間は「宇宙の中心は地球だ」と信じていて、科学もそれを支持した。でも、これには前提があり「人間の目で見る限りの空」ということであり、かつ「ある種の星(後に惑星であることが分かるが)が逆行することがあること、太陽は往復運動をするはずなのに毎日東から出てくる・・・などはまだ解けない疑問として残すという仮定に基づけばということである。
しかし、望遠鏡が誕生すると「地球は太陽の回りを回っていて、太陽も宇宙の中心ではない」ということがわかる。でもそれも「望遠鏡でみるという前提つき」である。でも今のところ、それが科学なので「地動説」に異議を唱える学者はいない。
ガリレオが「地動説」を唱えたとき、有力な科学者がガリレオに反撃を加えたのではなかった。聖書を信じる教会が彼をバッシングした。科学者は事実を明らかにしようとしているので、ガリレオの地動説が事実ならそれは進歩であり、なにもバッシングする対象ではないからである.
ダーウィンが「進化論」を唱えたとき、それにバッシングを加えたのはこれも牧師であって科学者ではなかった.もし科学者がダーウィンを批判するなら、ダーウィンのデータの科学的な解釈に誤りがあるか、あるいは自分がダーウィンと同じように世界一周をしてきて、つぶさに生物の生態を観察し、反論をしなければならない。
でも、科学者は基本的には「自然を明らかにする」と言うことだから、反論をしても意味が無い。「そんなこともあるのですか!」と感心するのが普通だ.
・・・・・・・・・
科学の論文というのは、実験データ(理論でも良い)を示し、それを整理し、専門家なら誰でも合意できないと結論にならない。実験や理論で合理的と(誰もが)判断できる段階にないと結論は出せないのだ。それまでは単に「酒場の独り言」にしか過ぎない.
私たちは良く仲間や学生と飲んで話をする.その時には「あのデータはこんな風に思うのだけれどどうだろうか?」と話す。そうすると、そこで議論になり、不足が分かり、研鑽を積む.私たちはただ「自然を明らかにする」というのが目的だから、別にいがみ合う必要などない。
若い頃から私がやってきた分離工学、資源、材料などの分野で、「科学的論争」などはなかったし、まして「バッシング」などを経験したことなかった。議論して私が不十分だったら、頭をかきかき再登場するだけである。
ところが、忘れもしない1998年のある学会で、私と学生が「リサイクルは資源を余計に消費する」という計算結果を発表した.そうしたら、私は会場から「売国奴!」とバッシングを受け、学生は攻撃を受けて真っ青になって帰ってきた.その頃、私はリサイクルでお金をもらっている訳でもなく、先入観もなく、ただ社会がリサイクルを始めようとしていたので、それを分離工学と材料工学の手法を使って解析したに過ぎなかった.
正直言って、当初はなにを非難されているのかということ自体が不明だった.そこで、慌てて関係した文献を調べ直してみたら、やはり学問的に計算しているものは「リサイクルは消費を高める」というものがほとんどだった.
ただ、当時、「ライフサイクル・アセスメント(LCA)」という新しい学問の手法が登場して、私たちのような伝統的な学問で計算した結果と違っているものもあった。そこで、LCAで計算している人と何回も研究会をしたが、結局、どちらが正しいかはなかなか分からなかった.新しい学問は大切なものだが、まだ未熟なので、これまでの学問と内容を合わせるということができなかった。
それでも、お互いにバッシングするとか、そういうことは無かった.ただ、伝統的な学問で計算するとリサイクルは資源を余計に使い、LCAで計算すると有効な場合があるということがわかり、「研究を続けましょう」と言うことになっただけだった.
・・・・・・・・・
ところが、そのうち、雲行きが怪しくなった.私が書いた最初のリサイクルの本は「フランケンシュタインの息子たち」という題名が、出版時には「リサイクルしてはいけない」となった。私がフランケンシュタインを出したのは、自分が科学の力で作ったものが、自分を襲ってくる(フランケンシュタイン博士が作った怪物が博士を襲う)ということと、現代の環境問題が類似であるという解釈を題名にしたのだった。
それからというもの、私も世の中の動きに巻き込まれ、対立の中に入っていく。それから程なくしてある本に「武田邦彦はウソをついているのか」という題名がついたとき、「ああ、科学者でもウソをつくとみんなが思っているのだな」ということを知った.(平成24年8月15日)

そうだ

はた坊







最終更新日  2012.08.17 03:04:38
コメント(0) | コメントを書く
2012.07.06
テーマ:家庭菜園(42178)
カテゴリ:ショーガ
  • 110しょうが.JPG




2年前のショーガ
03月21日 hcで種ショーガの買物 大ショーガの種800gの物 980円
04月25日 発泡スチロールの箱にいれている分 すこし発芽してきているのもある
05月05日 g22の畑に植え付けした 20個
06月06日 畑の雑草取りをしておく
06月13日 また 雑草取りをしておく
06月19日 20個のうち やっと 2個の発芽を確認 遅いなあ  ?? また雑草だらけ
07月04日 15の発芽となった
07月08日 発芽したのは17本となった あと3つがまだ
07月17日 それぞれ17本に2つ目の発芽を開始してきている 賑やかになりつつある
07月25日 3-4本目の芽も出てきている 雑草でマルチをしておいた
08月15日 雑草の追加のマルチをしておいた 水が不足気味 やや元気がなさそう
08月22日 晴天が続いて高温の猛暑がつづく かなり水不足が弱ってきているようだ
08月25日 水曜の朝の5時に水遣りに行く
08月29日 日曜にも水をたっぶりとやっておく
09月05日 またまた水をたっぶりとやっておく
09月12日 またまたまた水をたっぶりとやっておく
09月19日 葉も黄色くなってきているので収穫をした  かなり小さい 匂いのみ


水不足でショーガさん 弱って葉も黄色くなった
ショーガの匂いはブンブンしているが 掘り出してみると小さい

8-9月と猛暑が続き 降雨もすくなく水が不足
ショーガは生育気温が25-28cくらいで水が不足すると弱い
気温も高すぎ 水も極端に不足したので こんなに小さいショーガになりました





昨年のショーガ
03月20日 hcで大ショーガ800g-980円のを買ってきた これは昨年と同じだなあ
04月23日 芽がついてきている  そろそろ発芽用の箱にいれよう
04月24日 庭で 発泡スチロールの箱にいれて しばらく暖かくして発芽させよう
05月05日 安い半額の種芋が売られていた ついつい 安いので買い物した
05月22日 発芽したショウガ24個 m-07の畑に植え付けた
発芽用の発泡スチロールに保管して 5月に芽は見えていた
24個 全部 m07の畑に植え付けておいた
06月05日 発芽はまだしてこない  そろろそかなと期待していたが あと10日かかる
06月17日 2本の発芽 確認した  これで 安心だなあ
07月17日 なんとか無事に育っている
08月14日 猛暑が続いているので やや夏バテになっている感じ
09月10日 やや不良だけど 何とか かんとか という感じ そろそろ 収穫時に
09月18日 全部を収穫しておいた  雑草に囲まれた割には なんとかなったかな


ショーガ  やや 夏バテ気味だったけど 香りが良いのが収穫できた 良しとしよう




今年のショーガ
hcで ショーガの種 売り出し中
03月04日 大ショーガの800gのもの 1つ 買ってきた
03月11日 家の庭で箱にいれて芽だしをしておく

今年も ショーガ 作ろう
04月22日 芽もすこしできてきているので畑に移動した 4つを12個に分割して植え付けした
芽が出るのは6月くらい かなり先になる
06月03日 やっと発芽してきている まだ1本だけ
やっと 発芽したあーーーーー
07月01日 発芽下のは7-10本くらいになっている

これから これから



東日本大震災 3月11日発生
07月06日は 既に482日後となった

武田さんのブログ
----------------------------------------------
人間の進歩と未来(2)・・・未来を止めるものはない

今から30年ほど前、一冊の本が日本の多くの人の思考力を止めました。その本の名前は「成長の限界」で、内容は「経済の発展には限界がある」というもので、作者はメドウスという真面目で人間の理解が不十分な数学者でした。

もともと学者でも地質学者や生物学者は人間に対する理解が深いものですが、それはこれまでの地球や生物の歴史に通暁しているからです.それに対して私も含めた物理や数学の人は理論が先行しますから、自分勝手で理屈っぽく、視野が狭いのが特徴です.

これはその人の職業がもたらすもので、どちらが悪いというようなことではありません.生物学者はお酒のみで人なつっこく、物理学者は傲慢で付き合いづらい人が多いものです。

メドウスは「1970年の世界がなにも変わらなければ」という前提で未来を計算し、「21世紀に人間の発展は止まる」と本に書いたのです.それをメディアが「何も変わらなければ」という前提を言わずに「発展は止まる」とだけをくり返しました。

なぜ人間の発展が止まるかというと「資源が枯渇し、環境が破壊されるから」とメディアは言ったのです.このこと自体に矛盾が含まれていましたが、多くの人がそれに気がつきませんでした。ちょうど、現在の日本で「温暖化が怖い。石油がなくなる」と言っているのと同じで、石油が無くなれば温暖化の原因となるCO2を出すことができなくなるので、この2つは同時には実現しません。

事実、メドウスもそれは気がついていて、彼の予想では「資源が豊富な方が環境破壊が早く来る」というものでした。資源を失えば活動量が低下しますから、資源が豊富な方が環境技術ができなければ破壊が進むのも当然でもあります。

でも、メドウスに間違いがあったわけではなく、「世界は変わっていく」のが事実ですから、メドウスの前提をよく考えなければならないのです。メドウスの結果は「仮に人間がなにも改善できなければ(人間が人間でなければ)、あと100年以内に発展が止まる」ということですから、「発展が止まると成長に限界がある(発展が止まる)」と言うことでもあるのです。
・・・・・・・・・
今から200年前には電気も蒸気機関車も鉄鋼の大量生産方法もありませんでしたし、100年前には自動車もテレビもコンピュータもなかったのです。時代は「多消費型」だけの方向に進んでいるのではなく、あらゆる方向に進んでいます。

そしてこれからも人間の改善はGDPで言えば年間2から3%ずつ、つまり100年間で活動量は7.2倍から19倍(この計算はそれほどの精度がないので約10倍から20倍といって良いでしょう)になるだけ進歩します。

改善は前方向に進みますから、エネルギーが豊富なら豊富な方向に、無くなればエネルギーがなくなっても大丈夫な社会を作ります。それほど難しい事ではありません。農業はほとんどが水耕栽培になり力仕事はいらないでしょうし、漁業はサカナを自動的に誘導する方法が開発されるでしょう。

楽しみのために旅行に行くことはありますが、ビジネスはすべて電子的に行われ、現在の「出張」がなくなり仕事にはほとんどエネルギーを使わなくなると考えられます。都市の形も大幅に改善され、今でもすでにドーム型都市で冷暖房に使うエネルギーは10分の1が現実になろうとしています。

すべての活動に使うエネルギーが10分の1になれば、おおよそ1000年は持つといわれている化石燃料(石油、石炭、天然ガス)は1万年になり、また別の世界になります。
・・・・・・・・・
もともと、なぜ原始的な単細胞だった緑藻類が人間になったかというと、生物は「改善してやまない性質」を持っているからです.サルが人間になり、ネアンデルタール人が現代人類になり、四大文明が現代文明になりました。すべては「すべての人間が不都合を改善し、すこしでも良い方向に進まなければ気が済まない性質」を持っているからに他なりません。

ただ、人間の頭脳は欠陥があります。その欠陥とは「頭にないことを思い浮かべることができない」というものです。電灯が発明される前、人間は夜は暗いと思っていました。電話が発明される前、人間は大声を出さないと情報を遠くに届けることはできないと思っていました。どうしても必要なときにはのろしや早馬を利用し、それはそれで社会を構成していたのです.

「成長に限界がある」というのは「自分の頭は、頭に入っていないことは思い浮かべない」と言っているに過ぎないことは、37億年の生物の歴史が如実に示しています.(平成24年7月5日)


なるほど

はた坊






最終更新日  2012.07.06 00:33:55
コメント(0) | コメントを書く
2012.06.04
テーマ:家庭菜園(42178)
カテゴリ:ショーガ
  • 110しょうが.JPG




2年前のショーガ
03月21日 hcで種ショーガの買物 大ショーガの種800gの物 980円
04月25日 発泡スチロールの箱にいれている分 すこし発芽してきているのもある
05月05日 g22の畑に植え付けした 20個
06月06日 畑の雑草取りをしておく
06月13日 また 雑草取りをしておく
06月19日 20個のうち やっと 2個の発芽を確認 遅いなあ  ?? また雑草だらけ
07月04日 15の発芽となった
07月08日 発芽したのは17本となった あと3つがまだ
07月17日 それぞれ17本に2つ目の発芽を開始してきている 賑やかになりつつある
07月25日 3-4本目の芽も出てきている 雑草でマルチをしておいた
08月15日 雑草の追加のマルチをしておいた 水が不足気味 やや元気がなさそう
08月22日 晴天が続いて高温の猛暑がつづく かなり水不足が弱ってきているようだ
08月25日 水曜の朝の5時に水遣りに行く
08月29日 日曜にも水をたっぶりとやっておく
09月05日 またまた水をたっぶりとやっておく
09月12日 またまたまた水をたっぶりとやっておく
09月19日 葉も黄色くなってきているので収穫をした  かなり小さい 匂いのみ


水不足でショーガさん 弱って葉も黄色くなった
ショーガの匂いはブンブンしているが 掘り出してみると小さい

8-9月と猛暑が続き 降雨もすくなく水が不足
ショーガは生育気温が25-28cくらいで水が不足すると弱い
気温も高すぎ 水も極端に不足したので こんなに小さいショーガになりました





昨年のショーガ
03月20日 hcで大ショーガ800g-980円のを買ってきた これは昨年と同じだなあ
04月23日 芽がついてきている  そろそろ発芽用の箱にいれよう
04月24日 庭で 発泡スチロールの箱にいれて しばらく暖かくして発芽させよう
05月05日 安い半額の種芋が売られていた ついつい 安いので買い物した
05月22日 発芽したショウガ24個 m-07の畑に植え付けた
発芽用の発泡スチロールに保管して 5月に芽は見えていた
24個 全部 m07の畑に植え付けておいた
06月05日 発芽はまだしてこない  そろろそかなと期待していたが あと10日かかる
06月17日 2本の発芽 確認した  これで 安心だなあ
07月17日 なんとか無事に育っている
08月14日 猛暑が続いているので やや夏バテになっている感じ
09月10日 やや不良だけど 何とか かんとか という感じ そろそろ 収穫時に
09月18日 全部を収穫しておいた  雑草に囲まれた割には なんとかなったかな


ショーガ  やや 夏バテ気味だったけど 香りが良いのが収穫できた 良しとしよう




今年のショーガ
hcで ショーガの種 売り出し中
03月04日 大ショーガの800gのもの 1つ 買ってきた
03月11日 家の庭で箱にいれて芽だしをしておく

今年も ショーガ 作ろう
04月22日 芽もすこしできてきているので畑に移動した 4つを12個に分割して植え付けした
芽が出るのは6月くらい かなり先になる
06月03日 やっと発芽してきている まだ1本だけ

やっと 発芽したあーーーーー



東日本大震災 3月11日発生
06月4日は 既に450日後となった

武田さんのブログ
----------------------------------------------
日本の子どもに贈るもの(1) 母親に許されたこと

子どもが20人いて、100ヶのパンがあれば「子どもにゆっくり食べさせろ」と教え、子どもが同じく20人いて、パンが10ヶになれば「子どもに急いでパンを取らせろ」と教えます。

これは「この世には矛盾があるので、その時の行動をしめすもの」で「親は我が子を餓死させても他人の子どもを助けるのは不適切だ」というものです。パンが10ヶになって子どもが20人ですから争って食べさせないと我が子が餓死し、譲れば他人の子どもが助かります。

母親に許されたこと、それは我が子だけを救いたいという母親の行動なのです。

この世には矛盾したことが多く、それには大人としての私たちの覚悟がいるのです。その点でこの原理原則があまり行き渡ってなかったこともあって、私たちは大人としての判断にもとるところがあるような気がします。
・・・・・・・・・
それは1990年以来、日本の大人は日本の子どもを餓死させようとしているようにみえるからです。かつて中東からのタンカーは日本の高度成長の原動力として日本に来ていました。ところが、バブルの崩壊に驚いた日本人は官僚とマスコミの作戦にひっかかったとも言えますが、「節約、もったいない」などと思い、「化石燃料の削減」をはじめました。

その結果、中東からの石油などの出荷量や世界のエネルギー需要が変わったわけではないので、たとえば、中東をでたタンカーはマラッカ海峡を通り、日本に入るのではなく中国に行っています。

中国政府は教えを守り、自らの国と国民を大切にしていますが、結果的に日本の政府の政策は日本の子どもを餓死させようとしています。この状態(タンカーが日本に来ないで中国の方に進路を取る)が続けば、50年後には日本は中国にかなりの水をあけられると思います。

なぜ、日本政府がこのような政策をとるかというと、今の日本政府には「日本国と日本の未来を大切にする」という人は見当たらず、「自分だけの名誉と収入」だけを考えているからと考えられます。

「利権」というのは恐ろしいもので、立派な人でも毎日の損得を考えていると、どうしても日本が見えなくなります。一方、情緒的にものを判断する国民性を知っているマスコミは日本人の優れた特徴(節約精神)に訴えて、世論をリードしました。

でも、私たちは子どもを餓死させる訳にはいきません。石油や石炭はまだ多くありますが、無くてもあっても私たちは子どものために節約をしてはいけないのです。

誤解してはいけないのは、家庭生活や自分の人生は「競争のないもの」ですから「節約」は大切で、「節約こそが人生に幸福をもたらす」のは当然ですが、異なる民族同士の厳しい戦いでは、節約は子ども達の命取りになるという現実を直視する勇気がいります。
(平成24年6月3日)

この視点はめずらしい


はた坊







最終更新日  2012.06.04 01:36:44
コメント(0) | コメントを書く
2012.04.25
テーマ:家庭菜園(42178)
カテゴリ:ショーガ
  • 110しょうが.JPG




2年前のショーガ
03月21日 hcで種ショーガの買物 大ショーガの種800gの物 980円
04月25日 発泡スチロールの箱にいれている分 すこし発芽してきているのもある
05月05日 g22の畑に植え付けした 20個
06月06日 畑の雑草取りをしておく
06月13日 また 雑草取りをしておく
06月19日 20個のうち やっと 2個の発芽を確認 遅いなあ  ?? また雑草だらけ
07月04日 15の発芽となった
07月08日 発芽したのは17本となった あと3つがまだ
07月17日 それぞれ17本に2つ目の発芽を開始してきている 賑やかになりつつある
07月25日 3-4本目の芽も出てきている 雑草でマルチをしておいた
08月15日 雑草の追加のマルチをしておいた 水が不足気味 やや元気がなさそう
08月22日 晴天が続いて高温の猛暑がつづく かなり水不足が弱ってきているようだ
08月25日 水曜の朝の5時に水遣りに行く
08月29日 日曜にも水をたっぶりとやっておく
09月05日 またまた水をたっぶりとやっておく
09月12日 またまたまた水をたっぶりとやっておく
09月19日 葉も黄色くなってきているので収穫をした  かなり小さい 匂いのみ


水不足でショーガさん 弱って葉も黄色くなった
ショーガの匂いはブンブンしているが 掘り出してみると小さい

8-9月と猛暑が続き 降雨もすくなく水が不足
ショーガは生育気温が25-28cくらいで水が不足すると弱い
気温も高すぎ 水も極端に不足したので こんなに小さいショーガになりました





昨年のショーガ
03月20日 hcで大ショーガ800g-980円のを買ってきた これは昨年と同じだなあ
04月23日 芽がついてきている  そろそろ発芽用の箱にいれよう
04月24日 庭で 発泡スチロールの箱にいれて しばらく暖かくして発芽させよう
05月05日 安い半額の種芋が売られていた ついつい 安いので買い物した
05月22日 発芽したショウガ24個 m-07の畑に植え付けた
発芽用の発泡スチロールに保管して 5月に芽は見えていた
24個 全部 m07の畑に植え付けておいた
06月05日 発芽はまだしてこない  そろろそかなと期待していたが あと10日かかる
06月17日 2本の発芽 確認した  これで 安心だなあ
07月17日 なんとか無事に育っている
08月14日 猛暑が続いているので やや夏バテになっている感じ
09月10日 やや不良だけど 何とか かんとか という感じ そろそろ 収穫時に
09月18日 全部を収穫しておいた  雑草に囲まれた割には なんとかなったかな


ショーガ  やや 夏バテ気味だったけど 香りが良いのが収穫できた 良しとしよう




今年のショーガ
hcで ショーガの種 売り出し中
03月04日 大ショーガの800gのもの 1つ 買ってきた
03月11日 家の庭で箱にいれて芽だしをしておく

今年も ショーガ 作ろう
04月22日 芽もすこしできてきているので畑に移動した 4つを12個に分割して植え付けした

芽が出るのは6月くらい かなり先になる





東日本大震災 3月11日発生
04月25日は 既に410日後となった

武田さんのブログ
----------------------------------------------
タバコは吸った方が良いか、禁煙運動かのトリック(解説編)

タバコも長い旅になりましたが、なにか終着駅がみえてきたような気もします。というのは「タバコを吸うと肺がんになりにくい」という統計的データと、「肺がんの原因はタバコ」という臨床医師のデータが矛盾しているように感じられたからです(ここで言う肺がんとは喉頭ガンなどの関連のガンも若干含みます)。

このように科学の世界で、相反するデータがある場合、自分の価値観などでどちらが正しいかを決めることはできません。あくまでも、事実→解析→意見→感情、と進まなければならないからです。タバコの煙が嫌いでも、自分がタバコを吸わなくても、感情→事実、と進むのは魔女狩りと同じだからです。

タバコは肺がん以外に、脳疾患、心臓疾患の原因にもなるので、よくお考えの上、お読みください。この記事はタバコと肺がんに絞っています。
・・・・・・・・・
【わかってきたこと】おおざっぱにまずは事実をつかむ(およそ1990年ぐらいの男性に焦点を当てる)
1) タバコを吸う人は3000万人を超えるが、健康な人の調査はほとんどない、
2) 臨床医師の印象は病院に訪れる肺がんの患者のものである、
3) タバコを吸う3000万人に対して、肺がん死の数は5万人にも満たず(1990年、)、その結果、肺がんではタバコを吸う人の0.1%程度の集団を問題にしている、
4) タバコ以外に肺がんの原因は、ディーゼルエンジン排ガス、レントゲン検診、核実験フォールアウトなどがあり、それらは個別には「肺がん発生率」が明らかにされているが、禁煙運動の陰に隠れている、

5) 煙に対する人間の嫌悪感、タバコのにおい、就業時間中に堂々とタバコを吸う人への反感、火災の危険性に対するいらだち、人の顔にタバコの煙を吹きかける人への憎しみ・・・などの感情が科学的解析を難しくしている、
6) 自分の好き嫌いで他人の行動を制約して良いという文化や、人間は楽しみが要らないという利権が働いている、
7) 禁煙活動で名誉を得たり、利権を取ることができる人がいる、
などです。

どうも、タバコの問題は次のようにまとめられると思います(最終結論ではない)。

1)20世紀の後半、戦争が終わって世界が落ち着いてくると、健康への関心があつまり、その中でWHOの事務局長が特別な人でもあり、またアングロサクソン・北方系の国(アメリカ、イギリス、ノルウェーなど)を中心に肺がんが多かったので、注目を浴びた。

2)肺がんの原因の多くがタバコであることもあり、またアングロサクソン・北方系の人は「煙」に対する文化的嫌悪感が強く(歴史的にはタバコが有色人種の好むものであることが原因している)、「肺がんの原因がタバコ」ということと「タバコを吸うと肺がんになる」という論理的には関係のないことが社会的に結びつけられた。

3)タバコを吸うと肺がんになる可能性は民族(もしくは生活環境や生活様式)によって大きく異なる。一般的に北方の白人に肺がんが多く、ヨーロッパでもフランスを始めラテン系・南方系の民族は肺がんがすくない。黄色人種は煙に強い。

4)「肺がんの原因がタバコ」ということと「タバコを吸うと肺がんになる」ということとは、論理的にまったく関係がないので、この2つが関係しているというためにはもう一つか二つのデータが必要となる。また、「肺がんになる人は必ずタバコを吸っているとしても、それだけでは直ちにタバコが肺がんの原因とは特定できない」、

5) 数字を入れて考えると、「肺がんの原因が100%タバコだけとしても肺がんになる人が1万人で、タバコを吸っている人が1億人であれば、タバコを吸って肺がんになる人は1万人に1人ということになる」、「何かをして1万人に1人が病気や被害を受けるとすると、この社会は行動が難しい」ということになる。

(たとえば、交通事故は1万人に1人ぐらいの確率なので、「外を歩くと交通事故に遭うので、外を歩くのを止めましょう(外出禁止令と禁煙が同じ)」というような奇妙なことになる。)

6)現実は、3000万人がタバコを吸い、5万人以下の肺がん死が認められるので、「タバコを吸うと肺がんになる」というのは間違いである。

7)喫煙率が下がると肺がんが増えるという統計から、タバコが肺がんの防止になる。毒物がどの毒物によって起こる障害を防止するものとしてワクチン(免疫)、インドに行った日本人の下痢、被曝のホルミシス効果などがあり、特に不思議なことではない、

6)肺がんの原因が複数である可能性も否定できない(タバコ+排気ガスなど)、

7)禁煙運動が、排ガス規制反対、レントゲン検診の批判をかわすこと、民族差別などと関係している可能性も否定できない。

8)厚労省やがんセンター、および関連団体がだしている「タバコと健康」に関する平山論文はじめとしたデータはほとんど信頼できない。データ自身が科学的に処理されていないし、元データの公表を拒否するというおよそ科学的ではない行動が見られる、

9)その結果、喫煙と肺がんばかりではなく、「副流煙」などは全く不明。副流煙の場合も、対象者が数千万人なのに、肺がんの例が200例ぐらいで因果関係は特定できない。

以上のように「できるだけ冷静に」解析していくと、タバコの排斥運動や禁煙運動は、次のような理由で社会に害をもたらし、倫理にもとると思われます(喫煙がダメではなく、禁煙運動がいけないという意味)。

1. 「タバコを吸うと肺がんになる」ということは間違っている、
2. 「副流煙で肺がんになる」というのは間違っている、
3. 禁煙運動は日本国憲法が定める基本的人権に反する。私たちは日本国憲法を守ると誓った人で国を作っているのだから、自分の思想信条で基本的人権を守っている人を排斥してはいけない、
4. 医師が「患者が喫煙している」という理由で診療を拒否したり、あるいはベストを尽くして治療しないのは間違っている(公言している医師もいる)、

5. 国や自治体、公共団体が禁煙を呼びかけたり、規制をするのは日本国憲法に反する、
6. 法を守って善良や人を非難してはいけない(適切な場所でマナーを守ってタバコを吸い、人生を豊かにしている人は「法を守って善良に生活している人」である)。

喫煙している人と、禁煙運動をしている人を見比べると、喫煙している人は善良に見えるし、禁煙運動の人は善良には見えません。日本国憲法の下、日本列島に住んでいる人は他人の人生、健康、思想、信条を認め、尊敬する必要があると思います。

是非、この機会に「肺がんの原因はタバコだが、タバコを吸うと肺がんになるというのは間違っている。まして副流煙を吸うと肺がんになる可能性はきわめて低い」という科学的事実を認め、より明るく正しい日本、善良な人が住む日本に一緒に変えていきたいと思います。

(平成24年4月22日)
(タバコについては、個別のデータなどで少しずつ説明をしていきたいと思います。ただし、私はタバコを吸いませんし、タバコの業界などからの便宜ももらっていません。「得になるからやる」のでもありません。ただ、正しいことが通らない社会はあまり気分は良くないし、被害者をだすと思っています。)

アメリカなどでも嫌煙運動は盛ん  日本も  しかし これは複雑だなあ

はた坊






最終更新日  2012.04.25 02:22:47
コメント(0) | コメントを書く
2012.03.12
テーマ:家庭菜園(42178)
カテゴリ:ショーガ
  • 110はこしょうが.jpg



2年前のショーガ
03月21日 hcで種ショーガの買物 大ショーガの種800gの物 980円
04月25日 発泡スチロールの箱にいれている分 すこし発芽してきているのもある
05月05日 g22の畑に植え付けした 20個
06月06日 畑の雑草取りをしておく
06月13日 また 雑草取りをしておく
06月19日 20個のうち やっと 2個の発芽を確認 遅いなあ  ?? また雑草だらけ
07月04日 15の発芽となった
07月08日 発芽したのは17本となった あと3つがまだ
07月17日 それぞれ17本に2つ目の発芽を開始してきている 賑やかになりつつある
07月25日 3-4本目の芽も出てきている 雑草でマルチをしておいた
08月15日 雑草の追加のマルチをしておいた 水が不足気味 やや元気がなさそう
08月22日 晴天が続いて高温の猛暑がつづく かなり水不足が弱ってきているようだ
08月25日 水曜の朝の5時に水遣りに行く
08月29日 日曜にも水をたっぶりとやっておく
09月05日 またまた水をたっぶりとやっておく
09月12日 またまたまた水をたっぶりとやっておく
09月19日 葉も黄色くなってきているので収穫をした  かなり小さい 匂いのみ


水不足でショーガさん 弱って葉も黄色くなった
ショーガの匂いはブンブンしているが 掘り出してみると小さい

8-9月と猛暑が続き 降雨もすくなく水が不足
ショーガは生育気温が25-28cくらいで水が不足すると弱い
気温も高すぎ 水も極端に不足したので こんなに小さいショーガになりました





昨年のショーガ
03月20日 hcで大ショーガ800g-980円のを買ってきた これは昨年と同じだなあ
04月23日 芽がついてきている  そろそろ発芽用の箱にいれよう
04月24日 庭で 発泡スチロールの箱にいれて しばらく暖かくして発芽させよう
05月05日 安い半額の種芋が売られていた ついつい 安いので買い物した
05月22日 発芽したショウガ24個 m-07の畑に植え付けた
発芽用の発泡スチロールに保管して 5月に芽は見えていた
24個 全部 m07の畑に植え付けておいた
06月05日 発芽はまだしてこない  そろろそかなと期待していたが あと10日かかる
06月17日 2本の発芽 確認した  これで 安心だなあ
07月17日 なんとか無事に育っている
08月14日 猛暑が続いているので やや夏バテになっている感じ
09月10日 やや不良だけど 何とか かんとか という感じ そろそろ 収穫時に
09月18日 全部を収穫しておいた  雑草に囲まれた割には なんとかなったかな


ショーガ  やや 夏バテ気味だったけど 香りが良いのが収穫できた 良しとしよう




今年のショーガ
hcで ショーガの種 売り出し中
03月04日 大ショーガの800gのもの 1つ 買ってきた
03月11日 家の庭で箱にいれて芽だしをしておく

今年も ショーガ 作ろう





東日本大震災 3月11日発生
03月12日は 既に367日後となった

橋下市長の維新、参院の廃止検討など政策に
---------------------------------------------
地域政党・大阪維新の会(代表=橋下徹大阪市長)は10日、大阪市内で開いた全体会議で、次期衆院選公約にあたる維新版「船中八策」を討議し、憲法9条改正の是非を問う国民投票の実施や首相公選制導入、参院の廃止検討を基本政策に据えることを了承した。

消費税や、沖縄の米軍普天間飛行場移設問題、年金制度改革などは議論が必要とし、結論を持ち越した。

 橋下氏は全体会議に「維新政治塾・レジュメ」と題した文書を提示。文書は2月に公表した維新版「船中八策」のたたき台を整理し直したもので、決定済みの政策と、党内や専門家との議論が今後必要になる政策とに仕分けした。

決定済みの政策
憲法9条の国民投票、
首相公選制、
道州制、
参院改革、
憲法改正の発議要件の緩和

「議論が必要」と、検討課題
年金の掛け捨て制導入、
地方交付税廃止と地方間の財政調整制度の導入
消費税
沖縄の米軍普天間飛行場移設問題


維新の提案は良い  実行できるかどうか 
選挙したら 民主と自民を追い越すかも ???

はた坊






最終更新日  2012.03.12 01:11:21
コメント(0) | コメントを書く
2012.03.07
テーマ:家庭菜園(42178)
カテゴリ:ショーガ
  • 110しょうが.jpg




2年前のショーガ
03月21日 hcで種ショーガの買物 大ショーガの種800gの物 980円
04月25日 発泡スチロールの箱にいれている分 すこし発芽してきているのもある
05月05日 g22の畑に植え付けした 20個
06月06日 畑の雑草取りをしておく
06月13日 また 雑草取りをしておく
06月19日 20個のうち やっと 2個の発芽を確認 遅いなあ  ?? また雑草だらけ
07月04日 15の発芽となった
07月08日 発芽したのは17本となった あと3つがまだ
07月17日 それぞれ17本に2つ目の発芽を開始してきている 賑やかになりつつある
07月25日 3-4本目の芽も出てきている 雑草でマルチをしておいた
08月15日 雑草の追加のマルチをしておいた 水が不足気味 やや元気がなさそう
08月22日 晴天が続いて高温の猛暑がつづく かなり水不足が弱ってきているようだ
08月25日 水曜の朝の5時に水遣りに行く
08月29日 日曜にも水をたっぶりとやっておく
09月05日 またまた水をたっぶりとやっておく
09月12日 またまたまた水をたっぶりとやっておく
09月19日 葉も黄色くなってきているので収穫をした  かなり小さい 匂いのみ


水不足でショーガさん 弱って葉も黄色くなった
ショーガの匂いはブンブンしているが 掘り出してみると小さい

8-9月と猛暑が続き 降雨もすくなく水が不足
ショーガは生育気温が25-28cくらいで水が不足すると弱い
気温も高すぎ 水も極端に不足したので こんなに小さいショーガになりました





昨年のショーガ
03月20日 hcで大ショーガ800g-980円のを買ってきた これは昨年と同じだなあ
04月23日 芽がついてきている  そろそろ発芽用の箱にいれよう
04月24日 庭で 発泡スチロールの箱にいれて しばらく暖かくして発芽させよう
05月05日 安い半額の種芋が売られていた ついつい 安いので買い物した
05月22日 発芽したショウガ24個 m-07の畑に植え付けた
発芽用の発泡スチロールに保管して 5月に芽は見えていた
24個 全部 m07の畑に植え付けておいた
06月05日 発芽はまだしてこない  そろろそかなと期待していたが あと10日かかる
06月17日 2本の発芽 確認した  これで 安心だなあ
07月17日 なんとか無事に育っている
08月14日 猛暑が続いているので やや夏バテになっている感じ
09月10日 やや不良だけど 何とか かんとか という感じ そろそろ 収穫時に
09月18日 全部を収穫しておいた  雑草に囲まれた割には なんとかなったかな


ショーガ  やや 夏バテ気味だったけど 香りが良いのが収穫できた 良しとしよう




今年のショーガ
hcで ショーガの種 売り出し中
03月04日 大ショーガの800gのもの 1つ 買ってきた

今年も ショーガ 作ろう




東日本大震災 3月11日発生
03月07日は 既に362日後となった


東日本大震災で浮き彫りになった我々日本人の思考の問題点

震災後これまで日本政府、関係組織に対して、マスコミや有識者から、多くの問題が厳しく指摘されている。

?トップのリーダーシップがない、決断プロセスがない
?決断、意思決定が遅く、それが二次的被害の拡大につながっている
?組織縦割りで対応がバラバラ
?俯瞰したマクロな視点が欠けている
?その場しのぎ、対処療法的である
?現場を無視した施策が多い
?情報が開示されていない。閉鎖的である
?危機意識が欠けている。意識にばらつきがある


この1年間 まったく対応ができていない
事故の対応のまずさ  避難しなかった事  国民を被爆させた事
放射能の計測をしない 隠した事 もう メチャクチャだ

事故の調査もまだ できていない ????


はた坊







最終更新日  2012.03.07 01:56:46
コメント(1) | コメントを書く
2011.09.20
テーマ:家庭菜園(42178)
カテゴリ:ショーガ
4年前はショーガは全部が腐って失敗
3月26日に9個の生姜を880円で買って保管していたがやや皺がきたので急いで4月16日に畑に植えた物  15ピースにして植えたのに6月1日に全部が腐っていた すぐに食料品店で9個のショーガを買って植える事となる 9個が生育して9月29日に無事収獲した

3年前はしっかり 3月に種ショーガちゃあんと植えた 9個
3月25日  種ショーガを買ってくる 500gで598円
9月11日  ショウガの香りがブンブンとしている 
9月25日  試し掘りして2個見てみる okのようだ
9月27日  残りの7個も掘り出した 合計9個の収穫 生姜の新鮮な香りが充満している




2年前も種ショーガを買ってきた 中身は9個くらいかな ??  500gの物で880円
03月28日 hcで種ショウガを購入 500gの三州ショウガ
03月29日 ついでに植え付け前に発芽させるので発泡スチロールの箱に土と共にいれて黒マル     チが囲んでおく
     しばらく日光に当てておく これで発芽したら植え付けの予定
05月05日 ショウガの発芽している種を9個 m-20の畑に移動して定植しておく
05月06日 ショウガを植えた場所に雑草をかけておく 雑草マルチのつもりで日除けとした
05月31日 予想より早く発芽した  めでたし めでたし
06月14日 追加で買ったショーガのg22に植えつけたのも発芽してきている
06月18日 ショーガは2箇所で育てている どちらも発芽したので 安心だなあ
07月18日 m-20のしょうが g-22のしょうが  どちらもすこしづつ生育中
08月22日 まわりの雑草とり それに回りのトマトを撤去して 日当たりがよくなった
08月29日 その後 やや水不足なのかな  あまり元気はないなあ ???
09月13日 まあまあ やや弱弱しいが それなりに茎などならんできている
10月04日 収穫をした まあ日光不足だな 小さい


最初のm-20は5月31日に発芽した  これは10くらいかな生育中
追加のg-22ショーガも6月14日に発芽した  5つくらい生育中
ややトマトなどの日陰になっていたが撤去したので8月22日以降は日当たりが良くなってきた
10月の4日の日曜に収穫した  しかし小さいなあ ??? まあ 日光不足なので仕方がない




昨年のショーガ
03月21日 hcで種ショーガの買物 大ショーガの種800gの物 980円
04月25日 発泡スチロールの箱にいれている分 すこし発芽してきているのもある
05月05日 g22の畑に植え付けした 20個
06月06日 畑の雑草取りをしておく
06月13日 また 雑草取りをしておく
06月19日 20個のうち やっと 2個の発芽を確認 遅いなあ  ?? また雑草だらけ
07月04日 15の発芽となった
07月08日 発芽したのは17本となった あと3つがまだ
07月17日 それぞれ17本に2つ目の発芽を開始してきている 賑やかになりつつある
07月25日 3-4本目の芽も出てきている 雑草でマルチをしておいた
08月15日 雑草の追加のマルチをしておいた 水が不足気味 やや元気がなさそう
08月22日 晴天が続いて高温の猛暑がつづく かなり水不足が弱ってきているようだ
08月25日 水曜の朝の5時に水遣りに行く
08月29日 日曜にも水をたっぶりとやっておく
09月05日 またまた水をたっぶりとやっておく
09月12日 またまたまた水をたっぶりとやっておく
09月19日 葉も黄色くなってきているので収穫をした  かなり小さい 匂いのみ


水不足でショーガさん 弱って葉も黄色くなった
ショーガの匂いはブンブンしているが 掘り出してみると小さい

8-9月と猛暑が続き 降雨もすくなく水が不足
ショーガは生育気温が25-28cくらいで水が不足すると弱い
気温も高すぎ 水も極端に不足したので こんなに小さいショーガになりました





今年のショーガ
03月20日 hcで大ショーガ800g-980円のを買ってきた これは昨年と同じだなあ
04月23日 芽がついてきている  そろそろ発芽用の箱にいれよう
04月24日 庭で 発泡スチロールの箱にいれて しばらく暖かくして発芽させよう
05月05日 安い半額の種芋が売られていた ついつい 安いので買い物した
05月22日 発芽したショウガ24個 m-07の畑に植え付けた
発芽用の発泡スチロールに保管して 5月に芽は見えていた
24個 全部 m07の畑に植え付けておいた
06月05日 発芽はまだしてこない  そろろそかなと期待していたが あと10日かかる
06月17日 2本の発芽 確認した  これで 安心だなあ
07月17日 なんとか無事に育っている
08月14日 猛暑が続いているので やや夏バテになっている感じ
09月10日 やや不良だけど 何とか かんとか という感じ そろそろ 収穫時に
09月18日 全部を収穫しておいた  雑草に囲まれた割には なんとかなったかな


ショーガ  やや 夏バテ気味だったけど 香りが良いのが収穫できた 良しとしよう




東日本大震災 3月11日発生
9月20日は 既に193日後となった


野田首相「消費税は社会保障の税」
-----------------------------
野田首相は19日、東日本大震災の復興財源を確保するための臨時増税から消費税を除外する方針を示したことについて、「消費税は社会保障と税の一体改革の際に考える税目であり、別にした方がいいのではないか。社会保障を支えるための消費税というイメージが国民の間に広がっているときに、あっちもこっちも使うのはどうか」と述べた。

消費税 所得税 法人税 相続税 住民税 復興税

金がなければ 国民から巻き上げる 
これでは 江戸時代と同じ

民主党は
2007年12月26日 民主党税制改革大綱 -
納税者の立場に立ち「公平・透明・納得」の税制を築く

自分でいうたこと  守らないと あかんでーー


はた坊






最終更新日  2011.09.20 01:36:19
コメント(0) | コメントを書く
2011.09.11
テーマ:家庭菜園(42178)
カテゴリ:ショーガ
4年前はショーガは全部が腐って失敗
3月26日に9個の生姜を880円で買って保管していたがやや皺がきたので急いで4月16日に畑に植えた物  15ピースにして植えたのに6月1日に全部が腐っていた すぐに食料品店で9個のショーガを買って植える事となる 9個が生育して9月29日に無事収獲した

3年前はしっかり 3月に種ショーガちゃあんと植えた 9個
3月25日  種ショーガを買ってくる 500gで598円
9月11日  ショウガの香りがブンブンとしている 
9月25日  試し掘りして2個見てみる okのようだ
9月27日  残りの7個も掘り出した 合計9個の収穫 生姜の新鮮な香りが充満している




2年前も種ショーガを買ってきた 中身は9個くらいかな ??  500gの物で880円
03月28日 hcで種ショウガを購入 500gの三州ショウガ
03月29日 ついでに植え付け前に発芽させるので発泡スチロールの箱に土と共にいれて黒マル     チが囲んでおく
     しばらく日光に当てておく これで発芽したら植え付けの予定
05月05日 ショウガの発芽している種を9個 m-20の畑に移動して定植しておく
05月06日 ショウガを植えた場所に雑草をかけておく 雑草マルチのつもりで日除けとした
05月31日 予想より早く発芽した  めでたし めでたし
06月14日 追加で買ったショーガのg22に植えつけたのも発芽してきている
06月18日 ショーガは2箇所で育てている どちらも発芽したので 安心だなあ
07月18日 m-20のしょうが g-22のしょうが  どちらもすこしづつ生育中
08月22日 まわりの雑草とり それに回りのトマトを撤去して 日当たりがよくなった
08月29日 その後 やや水不足なのかな  あまり元気はないなあ ???
09月13日 まあまあ やや弱弱しいが それなりに茎などならんできている
10月04日 収穫をした まあ日光不足だな 小さい


最初のm-20は5月31日に発芽した  これは10くらいかな生育中
追加のg-22ショーガも6月14日に発芽した  5つくらい生育中
ややトマトなどの日陰になっていたが撤去したので8月22日以降は日当たりが良くなってきた
10月の4日の日曜に収穫した  しかし小さいなあ ??? まあ 日光不足なので仕方がない




昨年のショーガ
03月21日 hcで種ショーガの買物 大ショーガの種800gの物 980円
04月25日 発泡スチロールの箱にいれている分 すこし発芽してきているのもある
05月05日 g22の畑に植え付けした 20個
06月06日 畑の雑草取りをしておく
06月13日 また 雑草取りをしておく
06月19日 20個のうち やっと 2個の発芽を確認 遅いなあ  ?? また雑草だらけ
07月04日 15の発芽となった
07月08日 発芽したのは17本となった あと3つがまだ
07月17日 それぞれ17本に2つ目の発芽を開始してきている 賑やかになりつつある
07月25日 3-4本目の芽も出てきている 雑草でマルチをしておいた
08月15日 雑草の追加のマルチをしておいた 水が不足気味 やや元気がなさそう
08月22日 晴天が続いて高温の猛暑がつづく かなり水不足が弱ってきているようだ
08月25日 水曜の朝の5時に水遣りに行く
08月29日 日曜にも水をたっぶりとやっておく
09月05日 またまた水をたっぶりとやっておく
09月12日 またまたまた水をたっぶりとやっておく
09月19日 葉も黄色くなってきているので収穫をした  かなり小さい 匂いのみ


水不足でショーガさん 弱って葉も黄色くなった
ショーガの匂いはブンブンしているが 掘り出してみると小さい

8-9月と猛暑が続き 降雨もすくなく水が不足
ショーガは生育気温が25-28cくらいで水が不足すると弱い
気温も高すぎ 水も極端に不足したので こんなに小さいショーガになりました





今年のショーガ
03月20日 hcで大ショーガ800g-980円のを買ってきた これは昨年と同じだなあ
04月23日 芽がついてきている  そろそろ発芽用の箱にいれよう
04月24日 庭で 発泡スチロールの箱にいれて しばらく暖かくして発芽させよう
05月05日 安い半額の種芋が売られていた ついつい 安いので買い物した
05月22日 発芽したショウガ24個 m-07の畑に植え付けた
発芽用の発泡スチロールに保管して 5月に芽は見えていた
24個 全部 m07の畑に植え付けておいた
06月05日 発芽はまだしてこない  そろろそかなと期待していたが あと10日かかる
06月17日 2本の発芽 確認した  これで 安心だなあ
07月17日 なんとか無事に育っている
08月14日 猛暑が続いているので やや夏バテになっている感じ
09月10日 やや不良だけど 何とか かんとか という感じ そろそろ 収穫時に


ショーガ  水やりするのも日曜だけなので やや 夏バテ気味
9月には 収穫だなあ






東日本大震災 3月11日発生
9月11日は 既に184日後となった


東日本大震災から半年…避難8万人、復興遠く
------------------------------------
東日本大震災は11日、発生から6か月となる。
警察庁などのまとめでは、死者は1万5781人、行方不明者は4086人。

10月には必要とされる約5万2400戸がすべて完成する見通し
一方、東北3県では3月12日から8月21日までに15万3173人が失業手当の手続きをした。前年同期のほぼ倍で、増えたのは震災で失業した人とみられる


菅さん さっぱりダメで野田さんになったが
野田さん ちゃんと やってやーー  

復興はまだ道は半ば
原発は ほとんどそのまま

やることは いっぱいあるが まだまだ
政府は のんびり しすぎているぞーーー


はた坊







最終更新日  2011.09.11 04:37:39
コメント(0) | コメントを書く

全56件 (56件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.